『国際市場で逢いましょう』あらすじ・ネタバレ感想!ファン・ジョンミン主演!激動の韓国を生きた男を描くドラマ

『国際市場で逢いましょう』

出典:U-NEXT

2014年に韓国で公開され、歴代2位となる大ヒット作となった『国際市場で逢いましょう』。

人気俳優ファン・ジョンミンが激動の韓国の歴史を生きた男を演じ高い評価を受けました。

ポイント
  • 同年公開の『バトル・オーシャン 海上決戦』に次いで韓国歴代2位の観客動員となったヒューマンドラマ
  • 「1億俳優」ファン・ジョンミンが1人の男の人生を20代~70代まで演じきる
  • 意外と知らない韓国の人々が経てきた激動の時代を約2時間でわかりやすく描く

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事では、ファン・ジョンミン主演『国際市場で逢いましょう』について、ネタバレありでご紹介しています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『国際市場で逢いましょう』作品情報

『国際市場で逢いましょう』

(C)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

作品名 国際市場で逢いましょう
公開日 2015年5月16日
上映時間 127分
監督 ユン・ジェギュン
脚本 ユン・ジェギュン
出演者 ファン・ジョンミン
キム・ユンジン
オ・ダルス
ユンホ
音楽 イ・ビョンウ

【ネタバレ】『国際市場で逢いましょう』あらすじ


1950年:朝鮮戦争で生き別れた家族

韓国の釜山にある国際市場に、1羽の蝶が舞っています。

雑貨店「コップンの店」を営む老人・ドクスは、今日も立ち退きを求める業者との対立を繰り返していました。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、ドクスにはこの店を手放すことができない大切な理由があったのです…。

1950年、朝鮮戦争のさなかにある朝鮮半島の興南(フンナム)。

マルコヤマモトマルコヤマモト

朝鮮戦争で38度線が引かれた後は、北朝鮮に属する街になりました。

アメリカ軍が撤退を強いられ、救出を求め港に押し寄せた多くの人々の中にドクス(ファン・ジョンミン)の一家もいました。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

アメリカ軍による救出作戦が始まり、父親に「妹の手を離すな」と言われたドクスでしたが、船にによじ登ろうとした際に背中に背負っていた妹のマクスンの姿が消えたのです。

ドクスの手元に残っているのは、刺繍が入ったマクスンの着物の切れ端だけでした。

ドクスの父(チョン・ジュヨン)は「今から家長はお前だ。何があっても家族を守れ」とドクスに言い残し、マクスンを探しに行ったまま行方不明になります。

無事、韓国の南にある釜山にたどり着いたドクス一家は、叔母の経営する「コップンの店」に身を寄せることになります。

ドクスは父親との約束通り、靴磨きで生計を立てながらダルグ(オ・ダルス)という悪友とともに成長していきました。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

釜山の国際市場は、朝鮮戦争の闇市として栄えた市場で米軍からの流品や中古品を避難民が売っていました。今では釜山を代表する一大観光地にもなり、今作だけでなく、映画やドラマのロケ地としても有名です。

1960~70年代:西ドイツ炭鉱への労働者派遣

ドクスは成長し、自分の時間を犠牲にしてまで家族を養うために市場で仕事をしていました。

そんななか、友人のダルグから西ドイツへの炭鉱員派遣に誘われます。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

体力測定などの試験をクリアしたドクスとダルグは無事に西ドイツ行きが決まりますが、炭鉱で地獄のような毎日を送っていました。

ある日、ドクスは川辺で悲しげに歌う韓国人の少女・ヨンジャ(キム・ユンジン)と出会います。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ヨンジャという少女も、また看護師派遣で西ドイツに来ていたのでした。
『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

滞在中に2人は距離を縮めますが、炭鉱でガス爆発が発生し、ドクスとダルグが生き埋めになる事件が発生。

韓国人の炭鉱員たちの協力とヨンジャの献身的な看護により、2人は一命をとりとめました。

そしてドクスはビザが切れて帰国します。

家族はドクスの稼いだお金で立派な家に住むことができ、弟はソウル大に合格。

あとで帰国したヨンジャの妊娠が発覚し、ドクスとヨンジャは結婚して家族になりました。

『国際市場で逢いましょう』

(C)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

マルコヤマモトマルコヤマモト

西ドイツへの派遣は戦争後で失業者が増えるなか、500人の募集に対して4万6,000人の応募があったとか。

1970年代:ベトナム戦争

ドクスは結婚を望む自分の妹を見て、ヨンジャに反対されながらも戦争真っ只中のベトナムへダルグを誘って出稼ぎに行きます。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

アメリカ軍への物資調達などの仕事をしていたドクスでしたが、アメリカ大使館の爆破事件に巻き込まれます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

おそらくテト攻勢時の出来事だと思われます。

その際に、ドクスはヨンジャに手紙を送りました。

「辛いことがたくさんあるけど、これを経験するのが自分の子供たちの世代じゃなくて、自分たちで良かった」

ドクスは命の危険にさらされ続けても、前向きに常に家族のことを思い続けていました。

ついに戦場に駆り出されたドクスとダルグは、ベトナムの村人たちと出会います。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

彼らはベトコンからもアメリカ軍からも情報を要求されており、この場所に残れば命はないと言いました。

ドクスは朝鮮戦争のことを思い出し、現地の人々を船に乗せて脱出させますが、脚に銃弾を受けて負傷したまま帰国します。

ダルグはその時に出会ったベトナム人の女性と結婚、韓国で初の国際結婚と当時話題になりました。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

この時に2人を助けたのが、韓国の有名歌謡歌手ナム・ジンという設定でした。東方神起のユンホが演じていることでも話題になりましたね。年を取ったドクスがナム・ジンをずっと推している理由は、過去に助けられたことがあったからでした。

1980年代~現在:離散家族の再会と父親との約束

叔母のコップンが亡くなり、叔父が店を売ろうとしていたところをドクスが店を買いました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

80年代に入り、朝鮮戦争での韓国国内での離散家族を探す動きが起こり始めます。

離散家族を探す広場にでかけたドクスとダルグは、貼り出された様々な情報から父親とマクスンの行方を探していました。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

本当にスゴイ数の張り紙に圧倒されます、この中から情報を見つけ出すなんて…。

さらにテレビ出演を果たしたドクスは、ついに生き別れた妹・マクスンと再会することができました。

マクスンは幼くあまり記憶がない頃にアメリカに引き取られ、ロサンゼルスに暮らしていたのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

カラーテレビの普及や、テレビ中継の技術が発達したことから、離散家族が見つかりやすくなったようです。この番組を通して1万組以上の家族が再会できたと言われています。
『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

マクスンが無事見つかり、家族と再会した1年後に母親が亡くなりました。

現代、ドクスの母親の命日にたくさんの家族が集まります。

子供や孫も増え、ようやく幸せを実感したドクスは1人、自分の部屋へ戻りました。

そして、朝鮮戦争で脱出する際に父親が自分にかけてくれた上着を抱きながら涙したのです。

「お父さん、あなたとの約束をやっと果たしました。…でも辛かった。」

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

何があっても家族を守るという約束を果たしたドクスは、ようやく父親との約束から解放されました。

「釜山の国際市場にあるコップンの店で会おう!」

マルコヤマモトマルコヤマモト

別れる前の父親との約束があったからこそ、ドクスは「コップンの店」をなくすことができなかったのです。

「もう年を取りすぎていて(お父さんは)来ないよ…」

もう父親とは会えないと気づいたドクスは、ついに「コップンの店」を売りに出すことを決意しました。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

ドクスとヨンジャ、2人が釜山の街を眺め、空には蝶が舞っています。

マルコヤマモトマルコヤマモト

釜山の港町が映し出され、物語は終わります。

『国際市場で逢いましょう』感想:1人の男が韓国の歴史とともに駆け抜ける

韓国・激動の時代を2時間で駆け抜ける

マルコヤマモトマルコヤマモト

歴史の1部分をピックアップした映画が製作されることはあるものの、50年ほどの歴史を1つの作品で扱うことは珍しいと思いました!

まるで大河ドラマを見ているようですが、テンポ良く進むので飽きることはありません。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

主人公・ドクスの波乱万丈な人生は、激動の時代背景によるものでした。

朝鮮戦争~西ドイツへの出稼ぎ~ベトナム戦争~離散家族の再会が1つの作品で描かれています。

マルコヤマモトマルコヤマモト

私が知らなかったのは、西ドイツへの出稼ぎと、朝鮮戦争で離れ離れになった家族を探すためのイベントやテレビ番組があったこと。

西ドイツ炭鉱への労働者派遣は1963年~78年まで続いていました。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

また、ドクスの妻となるヨンジャも看護婦として同じように出稼ぎに来ていたように、看護婦の派遣も行われていました。

ドリームというわけではなく、ただ単に経済が苦しく家族を養うために、単身海外へ出稼ぎに行く人が多かったのでしょうね。

離散家族の番組については、1983年にKBS放送が「離散家族を探します」という特別番組を放送したという記録があります。

マルコヤマモトマルコヤマモト

離散家族が再会する姿には、スタジオだけでなくテレビの前の全国民が涙を流していたそうです。

ドクスもこの番組で奇跡的に妹のマクスンを探し出し、無事再会を果たすことができました。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

激動の時代を生き抜いたドクスですが、ベトナムからヨンジャに送った手紙に「辛いことがたくさんあるけど、これを経験するのが自分たちの子供じゃなくて、自分で良かった」という部分があり、本当にそうだなと思うとともに、ドクスの自己犠牲精神に胸が痛みました。

最後まで一度も涙を流さず、家族に対しての笑顔を絶やさなかったドクスだからこそ、ラストシーンでは解き放たれたように泣いたのでしょう。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ドクスの「辛かったよ…」という台詞は彼だけではなく、当時を生き抜いた人全員の代弁でもあり、この作品を通して多くの人が救われたと思います。ありがちかもしれませんが、蝶はきっとお父さんが会いにやってきてくれたのかな?

1人の男の人生を演じきったファン・ジョンミン

今作で主人公のドクスを演じたのは、「1億俳優」ファン・ジョンミン

マルコヤマモトマルコヤマモト

韓国では、主演映画の観客動員数の累計が1億人を突破すると、その人は「1億俳優」と呼ばれます。
『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

悪役から素朴な青年、スパイまで何でもこなすファン・ジョンミンが、『国際市場で逢いましょう』では、主人公の20代~70代までの人生を1人で演じきりました。

70代のドクスは特殊メイクで、メイク時間は3時間を費やしたそう。

マルコヤマモトマルコヤマモト

工作 黒金星と呼ばれた男』での圧倒的存在感に魅了され、ファン・ジョンミン出演作品を徹底的に見漁っています。

スゴイのが『国際市場で逢いましょう』に至るまでに鑑賞したすべての作品が、面白いということ。

まだ未鑑賞の作品もあるのですが、この人が出ている作品は全部面白いんじゃないか…と勝手に予測しています。

『国際市場で逢いましょう』

(C)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

マルコヤマモトマルコヤマモト

個人的には、オ・ダルスとの共演が多いことも嬉しいです。『ベテラン』でも共演していますよ!

SNSでのみんなの感想・評判

1950年代~現代までの韓国の歴史がわかりやすくまとめられている点でも、たくさん知ることがあって勉強になる作品だと思います!

ちょいちょい有名人が登場して主人公に絡んでいく様子も、『フォレスト・ガンプ 一期一会』っぽさがあって面白いアイデアでした。

マルコヤマモトマルコヤマモト

東方神起のユンホが演じていたのは韓国の人気歌謡歌手ナム・ジンでしたね!
『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

その他にもヒュンダイの創設者チョン・ジュヨンや有名ファッションデザイナーのアンドレ・キム、相撲選手イ・マンギなども登場しました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

有名人たちの登場は、戦後の成功者とそうでない者(ドクスたち)との対比という考えもあるようです。

『国際市場で逢いましょう』まとめ:ラストにやっと救われた…

『国際市場で逢いましょう』

マルコヤマモトマルコヤマモト

ファン・ジョンミン主演の『国際市場で逢いましょう』についてご紹介しました。
要点まとめ
  • 1950年代~現在に至るまでの韓国の人々が経てきた出来事がわかりやすく描かれている
  • 家族を守るという父親との約束=呪いのようなものでもあったが、呪いが解けたラストに安堵した
  • 韓国旅行に行きたい気分にさせてくれる!

マルコヤマモトマルコヤマモト

主人公にはいろいろな出来事が起こりましたが、ラストシーンには本当に救われました。

父親との約束はいつしか呪いのようなものになっていて、それが解き放たれた瞬間のドクスの涙には観ている側も、もらい泣きをしてしまうほど。

『国際市場で逢いましょう』

出典:IMDB

辛いことばかりだったドクスの人生でしたが、最後にはたくさん家族が居て、とても幸せになったんじゃないかと思います。

マルコヤマモトマルコヤマモト

というか、ラストで初めて幸せを「実感」したのかもしれない…。

私は釜山・国際市場に実際訪れたことがあるのですが、この作品を知る前だったので今再び行きたい気持ちに駆られています!

マルコヤマモトマルコヤマモト

引き続き、ファン・ジョンミン主演作品についてもミルトモでご紹介していきます。

▼動画の無料視聴はこちら▼