両方楽しめる!小説が原作のアニメおすすめ10選!名作を厳選、原作との違いも解説!

小説が原作のアニメおすすめ10選!名作を厳選、原作との違いも解説

出典:U-NEXT

小説やコミックが原作の実写作品が評価されることが増えている一方で、小説が原作のアニメも増えています。

2020年4月クールのアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』や、1月クールに放送されていた『虚構推理』などが記憶に新しいのではないでしょうか。

映像化されることで原作とはまた違った彩りを魅せる作品も多いですよね。

ということで、今回はそんな小説が原作のアニメを10作品ご紹介します。

小説が原作のアニメおすすめ10選

『氷菓』


省エネを信条とする高校生・折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前の古典部に入部することになります。

好奇心旺盛な同級生・千反田える、中学時代から腐れ縁の伊原摩耶花、福部里志という個性的な古典部の面々とともに、様々な事件を推理していく学園ミステリーです。

『氷菓』

出典:U-NEXT

人気推理作家・米澤穂信の“<古典部>シリーズ”を原作に第1作の『氷菓』をタイトルとしてアニメ化した作品で、シリーズをほぼ時系列順に構成しています。

省エネという信条のもと安穏に過ごそうとしている主人公の奉太郎が、お嬢様らしい清楚な容姿からは想像が付かないほど活発で好奇心旺盛なヒロイン・えるに振り回される姿が愉快で、ほのぼのとするストーリーです。

しかし、ミステリーは本格的。

uraraurara

決して大きな事件は起こりませんが、日常の中に現れるささやかな謎を解き明かしていく様子はとても見ごたえがあります。

原作小説の丁寧さや緻密さに加えて、可愛らしいキャラクターデザインと美しい情景が心をくすぐる作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』


孤島の研究所で少女時代から隔絶された生活を送る天才プログラマ・真賀田四季。

そんな四季に一目会うため、研究所を訪れた大学准教授・犀川創平と学生の西之園萌絵は、そこで不可思議な密室殺人に出くわします。

ベテラン推理作家・森博嗣による“S&Mシリーズ”の第1作『すべてはFになる』と、“『四季』シリーズ”を原作とした作品です。

孤島の一室での密室殺人は推理ものの定番ともいえる設定ですが、天才プログラマ・真賀田四季という異質の存在によって一風変わったミステリーになっています。

出典:U-NEXT

uraraurara

そして、密室殺人に挑戦する犀川と萌絵もまた天才的な頭脳を持ち、淡々と推理を進めていく過程の会話からは小説原作らしい雰囲気を感じられました。

四季の思考は理解し難いところがあり、結末に賛否両論あるのも頷けますが、その背景や心情描写は興味深いものになっています。

キャラクターデザインは『ソラニン』『おやすみプンプン』などで知られる漫画家・浅野いにおが務めました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『四畳半神話体系』


薔薇色のキャンパスライフを夢見ながらも無意義な2年間を過ごしてきた大学3回生の“私”。

入学時に違うサークルを選んでいれば……と考え始めた“私”は、不思議な並行世界に迷い込んでいきます。

独特な世界観を持つ人気作家・森見登美彦による同名小説のアニメ化です。

監督をヒットメーカー・湯浅政明が、キャラクター原案を数々のCDジャケットや小説の表紙を手掛けてきたイラストレーター・中村佑介が務め、一度ハマったら抜け出せないアニメーションを作り上げています。

『四畳半神話大系』

出典:U-NEXT

uraraurara

もしもあの時違う選択をしていたら…という考えには誰しも至ったことがあると思います。

その考えをあまりにもこじらせた普通じゃない青春はシュールな魅力と焦燥感に溢れ、異次元すぎて「次はどうなるの?」と引き込まれていくような構成になっています。

ほぼ早口言葉かと思うような台詞回しも見どころです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『有頂天家族』


人間と狸と天狗が暮らしている京都で、狸界の頭領だった今は亡き偉大な父から“阿呆の血”を受け継いだ下鴨家の四兄弟。

三男・矢三郎を中心に、敵対する狸一家、隠居中の大天狗、神通力を操る不思議な人間の美女・弁天など個性豊かなキャラクターたちが送る群像劇です。

『有頂天家族』

出典:U-NEXT

前項の『四畳半神話体系』と同じく森見登美彦の同名小説を原作とした作品で、“たぬきシリーズ”の第1作。

「面白きことは良きことなり」を信条に楽しく暮らす下鴨家を中心に、ファンタジックで賑やかな変わった京都の日常を描いています。

uraraurara

普段は人間に化けて人間社会で生きている下鴨家がたぬきの姿になった時が可愛くて可愛くて…。

これは小説では感じられない部分なので映像化に感謝です。

ゆるっと身構えずに観られるアニメなので、とりあえず何か観たいなという時にもおすすめです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『風が強く吹いている』


類稀な走りで夜道を駆け抜ける藤原走の姿を見た清瀬灰二は、思わず走に「走るの好きか?」と声を掛けました。

この出会いをきっかけに、駅伝の最高峰・“箱根駅伝”への挑戦が始まります。

舟を編む』や“まほろ駅前シリーズ”などで知られる三浦しをんの同名小説を原作とした作品です。

かつて強豪校で走っていた清瀬灰二と、ある事情によって選手生活を離れていた天才ランナー・藤原走、そしてともに竹青荘に暮らす男子学生たちが“箱根”を目指す物語は、駅伝を知らない人でも引き込まれてしまうようなヒューマンドラマになっています。

uraraurara

「人はなぜ走るのか」という陸上競技経験者がよく聞かれる命題に、丁寧かつ真摯に向き合っていて、10人それぞれの繊細な心情描写が魅力です。
『風が強く吹いている』

出典:U-NEXT

原作にはないオリジナルストーリーが追加され、より一人一人の心に寄り添ったしっとりとしたものになりました。

そこに競技中の疾走感が加わり、“箱根駅伝”の特殊さ、目指す者たちの努力と葛藤が熱く描かれています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『図書館戦争』

『図書館戦争』

出典:U-NEXT

架空の2019年(正化31年)、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる“メディア良化法”の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。

図書隊の精鋭部隊であるライブラリー・タスクフォースに、女性で初めて配属された笠原郁を中心に、あくまで自由を守るための戦いが始まります。

斬新な設定の作風が魅力的な作家・有川浩の代表作“図書館戦争シリーズ”を原作とした作品です。

図書を守るために銃撃戦すら行われる日本が舞台なので、ファンタジーやSF的な世界観なのかと思う人もいるようですが、かなり日常パートが多いストーリーになっています。

『図書館戦争』

出典:U-NEXT

uraraurara

というのも、今作はラブコメディやヒューマンドラマの要素が強いです。

アクションあり、恋愛あり、笑いあり、涙ありの物語が楽しめます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『新世界より』


人々が“呪力”と呼ばれる念動力を得た1000年後の日本。

呪力を学ぶために進学した5人の少年少女たちが、人類の血塗られた歴史と真実を知り、冒険へと旅立つSF作品です。

『悪の教典』『鍵のかかった部屋』などで知られる貴志祐介の同名小説を原作としたストーリーで、ホラーやミステリーといったジャンルで活躍する作家ならではのダークな雰囲気、謎が謎を呼ぶ展開が見どころとなっています。

『新世界より』

出典:U-NEXT

現実の日本と地続きの話にしたいという想いからパラレルワールドではなく未来の物語とされた今作は、映像化するならアニメがぴったりといえる設定。

uraraurara

架空の動植物や種族が登場すること、残酷な描写が多いことから、実写よりも自然に、文章よりもリアルに表現することが可能になっていました。

また、主人公たちが12歳、14歳、26歳と時代を跨いでいく壮大な構成も魅力で、2クールに収まっていることを素晴らしく思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』


平凡な高校生・館脇正太郎と、名家のお嬢様にして“骨”を愛してやまない標本士の九条櫻子。

骨から謎を解決する美人標本士と、それに振り回される高校生の一癖あるミステリーです。

作家・太田紫織の代表作である“櫻子さんシリーズ”を原作に正太郎と櫻子をW主演として、骨から事件を推理する様子を新鮮味たっぷりに描いています。

探偵役の櫻子と狂言回し的役割の正太郎のコンビネーションが良く、二人のやり取りが愉快で楽しいです。

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

出典:U-NEXT

uraraurara

この二人以外でも、キャラクターがとても魅力的に表現されている作品だと思います。

終わり方はやや大雑把で物足りない印象を受けますが、全12話のうち誰しも1話は心に残るようなエピソードがあるのではないでしょうか。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『屍鬼』


外部とは国道1本としか繋がっておらず、周辺と隔絶されたような小さな集落・外場村。

未だに土葬の習慣が残るこの地で立て続きに不審な死が発生し、村唯一の医者である尾崎は不信感を募らせていきます。

ホラー要素の強いミステリーやサスペンスを数多く描いてきた小野不由美の同名小説をもとにしたコミック作品のアニメ化です。

スティーヴン・キングの『呪われた町』へのオマージュだという今作は、隔絶された小さな村で次々に起こる異変を、不穏な空気感を存分に漂わせながら描いています。

『屍鬼』

出典:IMDB

uraraurara

残虐な描写を含むホラー・サスペンスなので観る人を選ぶかもしれませんが、後半に進むにつれて前半とは印象が異なる展開になり、見どころが増えていきます。

ホラーやグロ表現が得意な人、人間の心理を几帳面に描いた作品が好きな人は楽しめるでしょう。

『NO.6』


すべてが約束されたエリートとして生まれてきた紫苑と、スラムに住む謎の少年・ネズミ。

出会うはずのなかった二人の少年が出会った時、理想都市・“NO.6”に潜む真実と隠された秘密を知ることになります。

『バッテリー』などで知られるあさのあつこの同名小説を原作とした作品です。

近未来のディストピアを舞台に、過酷な運命を突きつけられた少年たちの成長を描きます。

『NO.6 』

出典:U-NEXT

たくさんの少年少女たちの青春を描いてきたあさのあつこ作品らしいジュブナイル小説感と、想像力がモノをいう豊かな設定の近未来SFが融合し、スリルのある壮大なストーリーになっています。

uraraurara

アニメ化することで緻密な設定がより面白く表現されているところもあるのですが、原作を知っている人からすると説明不足な部分も。

アニメにハマったあと、原作を読みたくなるタイプの作品だと思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

小説が原作のアニメおすすめ10選まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は小説が原作のアニメを10作品ご紹介しました。

原作小説を読んで、アニメとの違いを比べたり、自分のイメージとアニメでのイメージを比べたりするのも楽しいですよ。

ぜひ、原作小説とあわせてご覧ください!