『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ・ネタバレ感想!絶対王者サイクロンズと運命の決勝戦、勝負の行方は?

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『ノーサイド・ゲーム』公式ページ

トキワ自動車ラグビー部『アストロズ』は、プラチナリーグを順調に勝ち進んでいき、とうとう決勝戦を迎えます。

立ちはだかるのは王者・サイクロンズ。

柴門監督(大谷亮平)と津田監督(渡辺裕之)との因縁の対決でもあります。

今やプラチナリーグでは1強と言われるサイクロンズに対してどう戦うのか?

運命の一戦が今、始まります。

『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ


君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。

今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ①

一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。

しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。

それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ②

そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。

滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。

リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。

連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。

さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ④

津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしている。

だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。

数日後、アストロズはレスリング道場にいた。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ③

そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。

これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。
出典:『ノーサイド・ゲーム』公式ページ

『ノーサイド・ゲーム』を視聴できる動画配信サービス

『ノーサイド・ゲーム』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月12日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『ノーサイド・ゲーム』第5話の感想

アストロズの快進撃

アストロズの活躍は開幕戦だけにとどまらず、開幕から負けなしの10連勝という快進撃を続けていました。

続く第11節も、去年は40点差をつけられたチーム相手にも勝利し、決勝進出の道が見えてきました。

そして破竹の13連勝を経て、秩父宮ラグビー場で行われた第14節も勝利し、残すは決勝のサイクロンズとの対決となりました。

プラチナリーグの絶対王者・サイクロンズ。

アストロズとは選手層の厚さも違い、柴門監督(大谷亮平)はなかなか攻撃の手立てが見つけられません。

それでもGMの君嶋(大泉洋)は、学生時代から結果を出してきた彼ならきっとやってくれるはずと、柴門監督を信じていました。

一方、滝川常務(上川隆也)も順調に会社の改革を進めており、コスト削減計画を推し進め、さらに『カザマ商事』の買収報道によって株価も上昇し、今や社長よりも発言力があると言われ、着実に力をつけてきています。

しかし、君嶋(大泉洋)には少し気にかかることがありました。

滝川さんは、なぜ買収が完全に決まる前にマスコミに情報をリークしたのでしょうか?

話を進めている途中で御破算になる可能性だってあるからです。

滝川さんには、相手が断らないという確信があったのかもしれません。

調べてみると、カザマ商事の社長と滝川常務は大学の同期だったことがわかりました。

同期のよしみで始まったただの買収なのか、それとも他に何か企みがあるのか…?

君嶋には何か引っかかるものがありました。

カザマ商事の社長(中村芝翫)と滝川常務は料亭で何か密談をしていました。

「持つべきものは優秀な同期だ。これからもよろしくお願いします!」

ニヤリと笑うカザマ商事の社長の顔は、どう見ても裏がありそうな表情でした。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

今年のアストロズは違う

君嶋の長男・博人(市川右近)は、アストロズのラグビー教室で一生懸命に練習をしていましたが、いまいち成果が出ず、試合もレギュラーにはなれず、控えでラグビー教室コーチでもある佐々と同じ21番を背負うことになりました。

友達は、日本代表である里村と同じ背番号をもらって大喜びしています。

博人は少しがっかりした表情。

「あなたが手助けしてあげたら?GMなんでしょう?」

妻の真希(松たか子)にそう言われた君嶋は、自分の立場を利用してレギュラーにねじ込むことだと勘違いをしましたが、

「アストロズの練習を見せてあげるとか、上手になるための手助けができないかって言ってんの!」

と、怒られてしまいます。

柴門監督は、サイクロンズ攻略についてまだ答えを出せないでいました。

今のアストロズがサイクロンズに勝てる確率は数%だといいます。

しかし、今のアストロズは去年までのアストロズと違います。

これまで、ここぞという時にボールを奪って勝ってきました。

「後半ボロボロになっても、なんであんなに早く動けるんだって驚いたよ」

そう君嶋がポロリと言った言葉で、柴門監督はひらめきます。

「俺も、腹をくくるしかないか…」

柴門監督は、サイクロンズにはスピードで対抗する作戦を取ることにしました。

タックルやスクラムで倒された後、次のプレーに移る『リロード』の時間を早めることで、サイクロンズの選手たちが倒れている間、一瞬だけ数的有利な状況を作りだすというものです。

「向こうがパワーならこっちはスピードだ。そこに勝機あり!」

しかし、それには特訓が必要だといいます。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

最後は気持ち

特訓とは、レスリングのタックルを受けるというものでした。

そして、今回もなぜか着替えさせられるGM。

受けてもらうのは女性のタックルだから大丈夫と言われ安心していると、現れたのは吉田沙保里さんでした。

霊長類最強の女のタックルを受けるというひどい目に遭った君嶋。

君嶋は、選手たちはよくあんなことを毎日できるなと感心します。

柴門監督は言います。根性論は好かないが、どんなに最先端の練習を取り入れたとしても、最終的には気持ちが左右すると。

「勝ちたいという気持ちが時にデータを超えるんだ」

柴門監督はもうひとつ、何か飛び道具が欲しいと考えます。

そして、君嶋に続いて柴門監督も、トキワ自動車に内定をもらった七尾(眞栄田郷敦)をアストロズに誘います。

「どうなるかわからない部に入れだなんて何を考えてるんですか」

七尾は、アストロズが廃部の危機だということを知っていました。

やはり、興味がないわけではないようです。

「ラグビーが好きなんだろ。せっかくのお前の才能を捨てて欲しくないんだ」

柴門監督は、一度アストロズを見てほしいと七尾に頼みます。

君嶋と柴門監督の気持ちが七尾に届けば良いのですが。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

合同会見

決勝を控えて、アストロズの選手たちは、会社がどうなるかわからない不安と決勝へのプレッシャーで練習でのミスが目立つようになっていました。

君嶋はなんとかして選手たちの気持ちを高めようと一計を案じます。

そこへ、マスコミから柴門監督へ取材依頼が飛び込んできました。

しかし、マスコミの目的はサイクロンズ津田監督(渡辺裕之)との過去を煽ろうとしているものでした。

君嶋はそこを逆手にとって、トキワ自動車主導で合同記者会見をサイクロンズに持ちかけます。

はじめは乗り気ではない津田監督でしたが、桁の違いを思い知らせてはどうかとGMに言われ、受けることにしました。

「試合前にあの生意気な男を捻りつぶしておくか」

津田監督、相変わらず小さい男です。

合同会見で伝統的なラグビーを重んじ、あくまでも謙虚であるべきだとする津田監督に対し、柴門監督は「大先輩でもある津田さんに失礼のないように全力で、徹底的に叩き潰します!」と、堂々宣言しました。

さらに柴門監督は、GMの君嶋と選手たちに感謝の意を述べ、新しいラグビーでサイクロンズを叩き潰すと話します。

会場でその言葉を聞いていたトキワ自動車社員たちは拍手喝采。

みるみるうちに津田監督の顔色が変わってきます。

「君は礼儀というものを知らないのかね」

「勝つことが最上の礼儀だと思っています。答えは全てグラウンドの上で出します」

柴門監督は、津田監督をしっかりと睨みつけました。

その様子をクラブハウスで見ていたアストロズメンバーたちは、監督のため、GMのために勝つことを決意します。

「命がけで叩き潰すぞ!」

「おおー!!」

選手たちの心に、再び熱い炎が宿りました。

「おかげでいい会見になりましたよ」

笑顔でサイクロンズのGMに嫌味を言う君嶋。

君嶋の思惑はぴったりとはまりました。

元から選手たちを高めるために、この会見を開いたのでした。

「勝つためならなんだってやるさ」

君嶋は勝つために、GMとして選手たちに手助けをしたのです。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

プラチナリーグ優勝決定戦

いよいよ決勝当日です。

浜畑(廣瀬俊朗)は円陣に君嶋にも入ってくれと言い、君嶋も交えて円陣を組みました。

「お前たちは俺のラグビーの全てだ。これまでのお前たちの証を刻みつけろ!」

柴門監督は檄を飛ばします。

秩父宮ラグビー場は満員御礼。

アストロズサポーターも今季最大の集客数です。

もちろん島本社長(西郷輝彦)も駆けつけました。

試合開始直後、アストロズは日本代表の里村(佳久創)を3人がかりで潰しに来ます。

さらに先制点を取られてしまいました。

サイクロンズには、パスも動きも何もか読まれています。しかし、アストロズも負けてはいません。

しばらく一進一退の攻防を続けたのち、徐々にサイクロンズが優勢になってきます。

前半40分、残りワンプレーというところでサイクロンズにボールを奪われますが、なんとか止めることができました。

点数を広げられることは止められましたが、点数以上に力の差を感じざるをえません。

後半、柴門監督はある秘策を使います。

エースの里村を外して佐々を入れたのです。

全く無名の佐々はサイクロンズにはデータがありません。サイクロンズサイドは慌てています。

スピードが売りの佐々が入ったことで、アストロズの攻撃のテンポは圧倒的に変わりました。

柴門監督ははじめから後半に佐々を入れることを決めていて、飛び道具とは佐々のことを指していました。

佐々は、そのスピードを生かして、ついにトライを決めます。

「21番の佐々さんは僕たちのコーチなんです!」

応援に来ていた子供たちは大喜び。21番のユニフォームを着た博人は嬉しそうです。

これを機にアストロズが試合を支配し始めました。点差は4点。

その後、20分間点は入らず、凄まじいタックル合戦が繰り広げられました。

そして、ノーサイドまであと少し。残りワンプレーとなります。

アストロズが勝つには、フリーキックではなく、トライで5点を取るしかありません。

会場からは自然とトキワコールが響いていました。

島本社長も叫ばずにはいられません。

「負けるな!」

君嶋たちも叫びます。

「負けるな!」

ホイッスル直前、アストロズがトライを決め、勝ったかに思われましたが、結果はビデオ判定に持ち込まれました。

みんなが息を飲んで見守るビデオ判定の結果、最後のトライは無効となりました。

「負けた…」

静まり返る会場。

「負けたんだな…」

君嶋は座り込みます。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

『ノーサイド・ゲーム』第5話まとめ

臨場感たっぷりの決勝戦のシーン。

ラグビーを知らなくても胸が熱くなりました。

そう簡単に優勝はできないだろうと思いつつも、もしかしたら勝つかもしれないとついつい期待していただけに、負けてしまって本当に無念です。

首の皮一枚だけだったアストロズの運命はどうなるのでしょうか?

君嶋とアストロズの戦いはまだまだ続きます!

『ノーサイド・ゲーム』をフルで見れるVOD一覧

u-next
Paravi

出典:Paravi

Paraviの特徴
  1. TBS、テレビ東京、WOWOWなどが共同出資して立ち上げた配信サービス
  2. TBSのドラマ、テレビ東京のビジネス番組がラインナップとして特に充実
  3. 月額925円が、初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『ノーサイド・ゲーム』他話のネタバレ記事一覧