ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話あらすじ・ネタバレ感想!地域密着でボランティアを始めるもチームから不満噴出

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『ノーサイド・ゲーム』公式ページ

西門監督(大谷亮平)を迎えて新生アストロズが始動し、優勝に向けて気合いが入るアストロズメンバー。

しかし、GMの君嶋(大泉洋)には、さらなる課題がありました。

それは、ラグビーを世間に認知させて、アストロズを黒字にすることです。

地域に密着したチームを目指してボランティア活動を始めますが、徐々に練習時間が取れない選手たちに不満が溜まっていきます。

アストロズを人気チームにするために、ラグビーを知らない君嶋が奮闘します!

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話あらすじ


トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は、様々な数字を分析し黒字への可能性を探る。

しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。

人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能。

さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。

協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話あらすじ①

君嶋は各チームのDMが集まる会議の席で収益向上のために知恵を出し合おうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。

他のチームのGMたちも君嶋に賛同する者は誰一人おらず…。

府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。

しかし新しいことを始めるには予算がかかるため、君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することに。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話あらすじ②

数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。

仕事以外はラグビー漬け、その合間にファンを増やすためのボランティア活動をさせられている選手たちはイライラを募らせていく。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話あらすじ③

キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。

病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・雄太(高木波瑠)とその母親(ホラン千秋)に出会い…。
出典:『ノーサイド・ゲーム』公式ページ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』を視聴できる動画配信サービス

『ノーサイド・ゲーム』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年7月29日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話の感想

ただ勝つだけじゃダメ

柴門新監督(大谷亮平)を迎えて、新たなメニューでの練習が始まったトキワ自動車ラグビー部アストロズ。

相撲部屋でのぶつかり稽古や、GPSを使った実戦練習など、柴門監督は次々と新しい練習方法を提示していきます。

GMの君嶋(大泉洋)は、ラグビーを注目させるためにはどうしたら良いか考えあぐねていました。

すると、息子の博人(市川右近)がいじめっ子と仲良くなったのでラグビーを教えてほしいと君嶋に持ちかけてきます。

君嶋はそこで子供向けのラグビー教室を開くことを思いつきます。

「グラウンドに子供が溢れかえるぞ!」

しかし、やってきたのは息子と友達の二人だけ。ラグビー教室は大失敗でした。

海外では日本のラグビーは注目されているのに、日本人は日本のラグビーを見ない。

試合にただ勝つだけではなく、集客して利益を得るまでが君嶋の仕事ですが、どうしたらラグビーに興味を持ってもらえるのでしょうか。

しかも、プラチナリーグに参加するためには蹴球協会に1,500万円の協会費を払う必要があります。

予算の中ではかなり高い割合を占めています。

君嶋は各チームのGMが集まる会議で、採算が合わないシステムを見直し、日本のラグビーファンをもっと増やす方法を考えるべきだと提案しますが、ラグビー経験者で構成されている協会は縦社会で、君嶋のようなビジネスライクな提案に乗る人は誰もいませんでした。

柴門監督は君嶋の考えを聞き、客が入らないことに疑問さえ持たなかったと言います。

ラグビーを知らない君嶋だからこそ変えられることもあるかもしれないと、監督は理解を示します。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

ファンクラブ設立

君嶋は、妻の真希(松たか子)がサッカーチームのファンクラブの話をしたことをきっかけに、アストロズのファンクラブを設立することを思いつきます。

地域に密着したイベントやボランティア活動をして、会員を増やそうということになりましたが、それにはまたお金がかかります。

果たして、うまくいくのでしょうか?

とにかく、やれることからやってみようと、選手たちはボランティアに参加し始めました。

練習の方も前倒しで合宿が始まり、仕事の時間以外は朝から晩までラグビーに打ち込み、その間にボランティアというスケジュールです。

ファンクラブ発足のためホームページを作成したり、ボランティアで子供たちにプレゼントするラグビーボールを購入したりと、次から次へとお金が飛んでいきます。

君嶋は役員会議で追加予算を申請しましたが、当然ながら滝川常務(上川隆也)からはするどいツッコミが入ります。

君嶋は地域の人たちに愛される存在になって黒字にするために、アストロズへの理解を増やす必要があると説きます。

アストロズびいきである社長(西郷輝彦)はGOサインを出しますが、滝川常務は…意外にもあっさりと追加予算2,000万円を認めました。

「結果が出ませんでしたでは済まされない。わかってるな?」

これで失敗したら本当にもう後がありません。

結局、2,000万円をもらった代わりに余計に崖っぷちに立ったということです。

柴門監督は優勝争いをすることを、君嶋は黒字にすることを誓い合いました。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

練習かボランティアか

トキワ自動車の入社面接会場から、グラウンドに一人の若者がやってきました。

彼は、柴門監督が城南大の監督時代に、ニュージーランドで出会ったといいます。

ニュージーランドのチームにいましたが、膝を怪我して日本に戻ってきたのでした。

怪我は治っているのですが、彼は「ラガーマンではなくサラリーマンになります」と宣言しました。

リスクの多いプロよりも、安定した人生設計を選んだのです。

日本では、こうしたラガーマンが少なくないといいます。

さて、いざ発足したアストロズのファンクラブは、会員数が100名余りで、なかなか軌道に乗りません。

選手たちは、弱いままではファンなんて増えないと、ボランティアをやる時間を練習にあてさせて欲しいと君嶋に訴えます。

そして、チームの大半はボランティアをボイコットしたため、キャプテンの岸和田(高橋光臣)を始め残るメンバーで回すことになりました。

そんなある日、岸和田のうっかりで、彼は練習中に怪我を負ってしまいます。

そのことでさらにチームはギスギスしたムードになってしまいます。

しかし君嶋はへこたれません。

初めからうまくいくなんて思っていないからです。

今少なくとも100名以上の人が、ボランティアによってラグビーに興味を持ち、ファンクラブに登録してくれたのです。

「0から184になったんだ」

考え方次第で、物の見え方は違うものですね。

その発想の転換は、キャプテン岸和田にも訪れます。

岸和田は病院で、ボランティアで出会った少年が岸和田のあげたボールによって勇気をもらい、大きな手術を乗り越えられたと聞かされたのです。

「テツも頑張って」

少年は岸和田にエールを送ります。

「勇気をもらったのは俺の方です。自分が与えたものが何倍にもなって俺に返ってきた」

それまで自分のやってきたことに迷いがあった岸和田は、自分たちがやってきたことはちゃんと届いていたと実感し、迷いがふっきれました。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

ボランティアの意味

君嶋は、急遽アストロズの壮行会を開きました。

しかし、ボランティアをボイコットしていた選手たちは、これはただの機嫌取りだと完全に乗り気ではありません。

「ボランティアなんてやってる場合じゃないんですよ」

しかし君嶋は負けじと、

「練習に励んでくれ。そしてボランティアも頼む」

と姿勢を崩しません。

「私の目標はトキワスタジアムを満員にすることだ」

もちろん、それによって上がるチケットの収益はチーム存続のために大事なことですが、もう一つは未来への投資の意味もあるといいます。

「この国からはラグビーそのものが消えかけている」

才能があっても、ラグビーを仕事にするのにためらう若者がいる現状があります。

事実、アストロズも選手の高齢化が目立ちます。

「君たちは最後のラグビー世代になるかもしれないんだ」

子供たちにちゃんと夢を与えて、一人でも多くの子供にラグビー好きを増やしたい。

ボランティアをするのはラグビーを守るためでもあるのだと、君嶋は熱く語ります。

そのためにはアストロズの認知度を上げて名前を憶えてもらい、応援してもらう必要があるのです。

「今や、グラウンドだけが君たちの戦場ではない」

君嶋の本気でアストロズを良くしようというその気持ちが選手たちに伝わったのか、選手たちはもう一度やる気を出してくれ、以前にも増して広報活動に精を出すようになりました。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

アストロズファン

いよいよプラチナリーグ 第一節が始まりました。

優勝に向けての気合いと集客への不安で、アストロズメンバーはガチガチです。

グラウンドには、いつものようにガラガラの客席があるだけでした。

やっぱり、自分たちのやってきことは間違いだったのか…と思った直後、グラウンドから大歓声が聞こえてきました。

実は、本気のボランティア活動は効果てきめんで、ファンクラブ会員数は着々とその数を伸ばし、リーグ前日には5,000人を超えていました。

チケットの売り上げはその倍以上で、今までにない集客数です。

もちろん君嶋たちはそのことを事前に把握していましたが、選手たちにはサプライズとして伏せていました。

ラグビーの試合が観てみたいと、博人も友達を連れてやってきています。

「お前の父ちゃんすげーことやってんな!」

と言われて、嬉しそうです。

キャプテン岸和田のファンである少年も、車いすで駆けつけてくれました。

選手たちの士気は一気に上がります。

やはり、ファンの応援は選手にとって何よりもモチベーションを上げてくれるものです。

いよいよアストロズの初戦のキックオフの笛が鳴りました。

>>【30日間無料】Paraviで『ノーサイド・ゲーム』を視聴する

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話まとめ

今回の日曜劇場、池井戸作品ならではの大どんでん返しがありました。

いわゆるベタな展開ではありますが、なんだかんだ言ってもこのような展開はグッときてしまいます。

次回以降、きっとまた君嶋とアストロズは窮地に立たされることでしょう。

しかし、それもベタなどんでん返しの伏線ということで、楽しみたいと思います。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』をフルで見れるVOD一覧

u-next
Paravi

出典:Paravi

Paraviの特徴
  1. TBS、テレビ東京、WOWOWなどが共同出資して立ち上げた配信サービス
  2. TBSのドラマ、テレビ東京のビジネス番組がラインナップとして特に充実
  3. 月額925円が、初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』他話のネタバレ記事一覧

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第1話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第1話あらすじ・ネタバレ感想!左遷され、弱小ラグビーチームと共に再起を狙う ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話あらすじ・ネタバレ感想!柴門琢磨(大谷亮平)監督にが就任し本格始動へ ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第4話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第4話あらすじ・ネタバレ感想!ベタだけど確かな男の泥臭い友情に泣かされる ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話あらすじ・ネタバレ感想!絶対王者サイクロンズと運命の決勝戦、勝負の行方は? ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第6話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第6話あらすじ・ネタバレ感想!リベンジに賭ける君嶋に本社復帰の誘いが… ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第7話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第7話あらすじ・ネタバレ感想!サイクロンズが卑劣なヘッドハンティングを実施! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第8話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第8話あらすじ・ネタバレ感想!エース浜畑vs七尾のレギュラー争いに涙の結末 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第9話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第9話あらすじ・ネタバレ感想!大どんでん返し!本当の敵は滝川常務ではなかった ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!君嶋、アストロズ共に最後の戦い!