『泣きたい私は猫をかぶる』あらすじ・声優・ネタバレ感想!思春期と猫の世界を繊細に描く青春ファンタジー!

『泣きたい私は猫をかぶる』あらすじ・ネタバレ感想!Netflixの思春期と猫の世界を描く青春ファンタジー!

出典:『泣きたい私は猫をかぶる』公式ページ

ペンギン・ハイウェイ』のスタジオコロリドと『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』の岡田磨里がタッグを組んだアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』。

子役時代から活躍を続ける女優・志田未来と、今大注目の人気声優・花江夏樹のダブル主演ということもあり、公開前から話題になっていた作品です。

そんな本作は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため公開日が延期されていましたが、劇場での公開を中止しNetflixにて全世界独占配信をするという思い切った選択がされました。

2020年6月18日から配信が開始され、ネット上では続々と感想の声が上がってきています。

ということで、今回はアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』をネタバレありでご紹介します。

『泣きたい私は猫をかぶる』作品情報

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

作品名 泣きたい私は猫をかぶる
配信開始日 2020年6月18日
上映時間 104分
監督 佐藤順一
柴山智隆
脚本 岡田麿里
出演者 志田未来
花江夏樹
寿美菜子
小野賢章
千葉進歩
川澄綾子
大原さやか
浪川大輔
山寺宏一
小木博明
音楽 窪田ミナ

『泣きたい私は猫をかぶる』あらすじ【ネタバレなし】


自由奔放な無限大謎人間!でも本当は…

笹木美代(志田未来)は、明るくて陽気な中学2年生の女の子。

空気を読まない言動や行動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは“ムゲ(無限大謎人間)”というあだ名で呼ばれています。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

しかし、本当は複雑な家庭環境から多くの悩みを抱えており、いつも自分の気持ちを隠して無理やり笑顔で過ごす日々を送っていました。

そんなムゲは、熱烈な想いを寄せるクラスメイト・日之出賢人(花江夏樹)へ毎日果敢にアタックを続けますが、全く相手にされません。

無謀ともいえる状況でもめげずにアピールし続けるムゲには、誰にも言えない、とっておきの秘密がありました。

実は、ある雨の夏祭りの夜、お面屋にいた猫店主(山寺宏一)から「かぶると猫の姿になれる」という不思議なお面をもらい、猫の太郎として日之出の家に通っていたのです。

普段はクールに振舞っている日之出も本当は悩みを抱えており、太郎にだけは素直な気持ちを打ち明けることができたため、支えとしていたのでした。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

“人間”の姿だと距離を取られ、“猫”の姿だと近づける…。

日之出との関係、家族との関係に悩むことなくいられる猫の姿に、ムゲは自由さや心地良さを感じるようになっていきます。

そんなある日、ムゲは再び現れた猫店主から“人間”としての自分を捨て、“猫”として生きることを迫られます。

『泣きたい私は猫をかぶる』声優・キャラクター

志田未来 / 笹木美代(ムゲ)、猫の太郎

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

  • 中学2年生の女の子。
  • 自由奔放で空気を読まないエキセントリックな行動を取ることから、“ムゲ(無限大謎人間)”と呼ばれている。
  • クラスメイトの日之出が大好きで、無謀な猛アタックを繰り返す。
  • 10歳の時に両親が離婚し、現在は父、父の婚約者・薫と3人で暮らしている。
  • お面屋の猫店主からもらった猫のお面をかぶり、猫の太郎として日之出の家に通っている。

花江夏樹 / 日之出賢人

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

  • ムゲのクラスメイト。
  • クールで成績優秀。
  • 果敢にアピールしてくるムゲにそっけない態度で接する。
  • 昔飼っていた愛犬・太郎への想いが強く、猫になったムゲを太郎と呼んで可愛がる。

寿美菜子 / 深瀬頼子

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

  • ムゲのクラスメイト。
  • ムゲの行動に半ば呆れながらも見守っている。
  • 小学生の頃からの付き合いのムゲに深い友情を感じている。

小野賢章 / 伊佐美正道

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

  • ムゲのクラスメイト。
  • 日之出の親友で行動をともにしている。
  • ムゲの行動を茶化すわけでもなく、いつも笑顔を見ている。

山寺宏一 / 猫店主

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

  • ある雨の夏祭りの夜にムゲが出会ったお面屋の店主。
  • 二足歩行の猫で、自由自在に収縮する巨体を持つ。
  • 太郎として日之出の元に通うムゲの前に度々現れる、神出鬼没。

【ネタバレ】『泣きたい私は猫をかぶる』感想

今ここにある生活と非日常の世界

泣きたい私は猫をかぶる』は、前半と後半で物語の様相がガラッと変わります。

本編だけでなく予告映像の段階ですでに、前半=青春・恋愛を思わせる日常シーンと、後半=猫の島の存在を映した非日常シーンの二層構造になっていました。

uraraurara

スタジオジブリの映画『猫の恩返し』が有名なこともあり、よく似た設定の本作はとてもファンタジックな作品だと予想する人が多いと思います。

公式サイトでも“青春ファンタジー”と謳っているのですが、実際に作品を観てみると、非日常的なパートよりも前半の日常パートのほうが印象深いです。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

主人公のムゲがそのあだ名の通り、如何に無限大謎人間なのか。

普段どれほど陽気で明るいのか。

周囲はどのような反応をしているのか。

テンポ良く映し出していきます。

uraraurara

中学生同士の会話など、ムゲのエキセントリックなキャラクター以外はとてもリアルでよくありそうな雰囲気です。

観ているこちらがムゲの無限大謎人間加減を理解したところで、本当のムゲの姿が明かされます。

それが家庭での姿です。

父親と再婚しようとしている女性・薫とのぎくしゃくした関係や、薫の愛猫・きなこに好かれていない様子、父親の能天気な様子、ムゲが気を遣って笑っている様子などが描かれ、ムゲが家庭では平穏を保つために自分の思っていることを隠したり、感情を抑えていることがわかります。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

そして、実母が自分を置いて出て行ってしまったことで捨てられたと感じていたり、自分が暮らしている家も父と薫の空間だと気にしていたりと、自分には“居場所”がないと思っているようです。

ムゲは“居場所がない”、“誰かから愛されたい”という気持ちが強く、その気持ちが想い人である日之出への感情と重なって、「早く日之出と結婚してこの家を出たい」という願いにまで膨らんでいます。

よくいえば真っ直ぐで純粋、悪くいえば短絡的で浅はか。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

uraraurara

複雑な家庭環境から生まれる、思春期らしい悩みと願いだと思います。

一方、猫に姿を変えたムゲ=太郎の目線で描かれる日之出の日常も、悩みとともにありました。

学校での日之出は成績優秀でクールな男の子ですが、自分の想いを素直に口に出せないことについて悩んでいました。

そのため、勉学第一の母親に自身の将来の夢や進路希望を伝えられず、家庭では暗い表情でいることが多いです。

しかし、祖父の営む陶芸工房では活き活きとした様子を見せ、太郎と遊ぶ時に見せる笑顔は幼い子供のようでした。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

太郎には何でも素直に話せるため、とても信頼しているように見えます。

このように、見えないところで1人葛藤していること、思っていることをひた隠しにしていることが共通しているムゲと日之出ですが、それを知っているのは太郎として日之出の元に通っているムゲだけです。

お互いがお互いの居場所になれるはずの2人なのに、その距離は縮まったかと思った途端、小さな綻びから崩れていきます。

「猫でいたほうがいい」

日之出に拒絶されてしまったことで人間である自分を捨ててもいいと思ってしまったムゲは、怪しい猫店主の思惑通り心まで猫に近づいていってしまいます。

こうして物語の後半になるにつれて、ムゲは猫になり始め、人間としてのムゲは行方不明になってしまいました。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

やがて、猫のお面をつけて太郎になったムゲのように、ムゲのお面をつけてムゲになった猫が現れます。

uraraurara

日之出や友人たちはムゲがいつもの様子と違うことに気づいていますが、まさか中身が別人だなんて思いませんよね。

ただ、ムゲが猫になっていくだけでなく、新しいムゲが現れるという展開はゾッとするものがありました。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

自分が、自分の人生が、乗っ取られてしまう恐怖です。

このように後半での展開にゾッとするのも、前半の日常パートという土台があるからです。

ムゲがどのようなことで、どのように悩んでいたか、そしてムゲになりきっている者の正体を知っているからこそ、背筋が凍る思いをするのです。

「自分が誰に支えられてるのか、いつもいなくなってから気づくんだ」

日之出の台詞にこのようなものがありましたが、これは後半の非日常パートでムゲが気づいていくことでもあります。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

どこかにあるかもしれないファンタジーな世界を夢見るよりも、今ここにある生活を幸せに向けていったほうがいい。

いつもそばにいる大切な人の存在を、心から愛するほうがいい。

愛されることを願う前に、まずは自分が自分を愛してあげたほうがいい。

uraraurara

ムゲや日之出をはじめ登場する人物それぞれが、そのようなことを感じたのではないでしょうか。

ムゲと日之出が一歩成長し、これから先の未来を自分の手で切り拓いていく姿は、きっと輝いていることと思います。

雨、お祭り、そして異世界へ

ムゲがお面屋の猫店主に出会う“雨のお祭りの日”。

uraraurara

“お祭り”というだけで十分に印象的なシーンになると思うのですが、ここに“雨”まで重なっていると、さらに印象深くなりますよね。

この日はムゲと実母の気持ちのすれ違いが起きてしまった日であり、雨はムゲの心の涙だったのかもしれません。

また、物語の裏では日之出と母親の気持ちのすれ違いも起きていたため、日之出の心の涙だったのかもしれません。

その時は2人とも、こんな世界なくなってしまえばいいと願っていました。

もし、タイミングやその時にいた場所が違えば、お面屋の猫店主に出会っていたのはムゲではなく、日之出だったかもしれませんね。

しかし、実際に出会ったのはムゲでした。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

燈籠の並ぶあの道を歩いていたのは、ムゲだったからです。

神社やお祭りは、何かと異世界への入り口として描かれます。

本作もそうで、お祭り、燈籠、鳥居などがきっかけになっていました。

ムゲが猫になりかけてしまい、人間に戻るため猫の島へと向かう時も、そちらへ渡るための入り口には鳥居がありました。

ムゲは律儀に手を合わせてからくぐっています。

劇中、手を合わせるシーンはもう一つあります。

それは日之出が自宅で父の仏壇に手を合わせるシーンです。

uraraurara

季節は夏、お祭りや鳥居、そして仏壇に手を合わせるといったシーンを繋ぎ合わせて考えると、ムゲが鳥居をくぐって向かった猫の島は、あの世であるかのようにも感じます。

猫の島で出会った元人間の猫たちは、「(人間であることから)逃げてきた」と話していました。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

人間としての人生を捨てたということは、人間としては死を迎えたといっても過言ではありません。

逆もまた然りで、猫としての人生(猫生)を捨てて人間になった者は、猫としては死を迎えたことと同義です。

「勇気あるよね、こんなところへ来るの」

元人間の猫が、日之出のことをこう評価するシーンがあります。

この言葉を聞いたムゲは、それまでの不安げな様子から、少し誇らしげな顔に表情が和らぐのでした。

uraraurara

日之出は死者の世界に足を踏み入れてしまったムゲを迎えにやって来た、命の恩人でもあったのですね。

ちなみに鳥居は、学校からの帰り道にムゲと友達の頼子が二手に分かれるY字路にも立っています。

そして、猫の島でのキーポイントとなる御神木の内部は、猫になったムゲと日之出が出会った公園のオブジェと似た構造になっています。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

2人も御神木の内部を見上げて、あのオブジェを思い浮かべています。

uraraurara

不思議なオブジェだなと思っていましたが、御神木を想像させるようなものにしていたということでしょうか。

こうなるべくしてあの場所で出会ったということでしょうか。

見事なキャスティングと音楽の素晴らしさ

主人公・ムゲを演じたのは、子役時代から活躍を続ける女優の志田未来

声優としてもスタジオジブリの『借りぐらしのアリエッティ』『風立ちぬ』、テレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』などで好演しており、本職の声優陣とはまた違った味のある演技を披露しています。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

uraraurara

猫店主を演じたベテラン声優・山寺宏一との2人芝居でも負けず劣らずの表現力を発揮し、今後の声優としての活躍も楽しみになりました。

また、ムゲの想い人である日之出を演じた花江夏樹は、今引っ張りだこの人気声優。

『泣きたい私は猫をかぶる』

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

2019年に大ヒットしたテレビアニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を演じており、2020年10月16日公開予定の続編『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』も期待されます。

uraraurara

主演から脇役までキャラクターにぴったりなキャスティングは本当に見事でした。

もう一つ、特筆したいのが音楽の存在。

NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』や、アニメ映画『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』で音楽を手掛けた窪田ミナが参加し、瑞々しくファンタジックな音楽で世界観を強めています。

さらに、主題歌と挿入歌、エンドソングの全3曲を担当したのが、今話題を集めている男女二人組ロックバンド・ヨルシカ。

ネット時代に活躍する彼らの音楽を劇場の音響で聴くことを楽しみしていたので、それが出来なくなったのは残念でしたが、3曲とも書き下ろしの新曲ということで、本作に合った切なくてほんのりと温かい楽曲が顔を揃えていました。

uraraurara

作品の世界観と音楽の引き立てあう関係が素晴らしかったです。

『泣きたい私は猫をかぶる』まとめ

いかがだったでしょうか。

タイトルの「猫をかぶる」が、ことわざ的な意味と、実際に猫のお面をかぶることのダブルミーニングになっている本作。

大切な人に会いたくなる、そして大切な人と自分自身のことを今よりもっと大切にしたくなる物語です。

泣きたい私は猫をかぶる』は、Netflixにて2020年6月18日から配信中。

ぜひご覧ください!