ドラマ『ミステリと言う勿れ』第8話あらすじ/ネタバレ感想!ミステリー会で謎を解く久能整(菅田将暉)。5年前に亡くなった女性は事故なのか自殺なのか?それとも‥。

出典:ミステリと言う勿れ公式ページ

出典:ミステリと言う勿れ公式ページ

准教授・天達(鈴木浩介)に誘われ、山荘で行われるミステリー会に参加することになった久能整(菅田将暉)と風呂光聖子(伊藤沙莉)。

天達は、久能と風呂光にある事を頼みました。

ミステリー会には、天達の高校の同級生・橘高(佐々木蔵之介)と蔦(池内万作)、ミステリー好きのサイトで知り合ったデラ(田口浩正)とパン(渋谷謙人)も来ています。

どうやら、久能たちが参加したミステリー会には、別の目的があるようで‥。

天達が、久能と風呂光に頼んだ事とは何だったのでしょう。

第8話では、5年前に起こった事件と、久能が大切にしている人を知ることが出来ます!

\\『ミステリと言う勿れ』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

ドラマ『ミステリと言う勿れ』前回第7話のあらすじと振り返り

ライカ(門脇麦)からもらった赤いオーナメントのおかげで、倉庫からの脱出に成功した久能整(菅田将暉)。

久能は下戸陸太(岡山天音)に、炎の天使・井原香音人(早乙女太一)がいる場所まで案内してもらいます。

井原は、自分の名前の由来、母親に虐待されていた事、火事で母親が亡くなった事を話し始めました。

そして、自分と同じ境遇にいる人を助けるために炎の天使になったと言います。

一方、青砥(筒井道隆)、風呂光(伊藤沙莉)、池本(尾上松也)の3人は、炎の天使のサイトを管理している鷲見翼(今井悠貴)に話を聞きに行きました。

鷲見から、自分が助けた子供たちの現状を聞いた井原は、炎の天使を辞める決心をして‥。

ライカは、冷蔵庫で眠る井原に「感謝する。君の火に助けられ、苦痛は過ぎ去り、私は喜びに満ちている」と暗号で伝えるのでした。

\\『ミステリと言う勿れ』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

【ネタバレあり】ドラマ『ミステリと言う勿れ』第8話あらすじと感想


ミステリー会に参加することになった久能整(菅田将暉)

准教授・天達(鈴木浩介)に招かれ、山荘・アイビーハウスで行われるミステリー会に参加することになった久能整(菅田将暉)。

久能を迎えに来た天達の車には、風呂光聖子(伊藤沙莉)も乗っていました。

風呂光は、天達の講演を聞きに行った時、天達に誘われてミステリー会に参加することになったのです。

そんな風呂光から、久能が警察に協力している事を聞いた天達は、久能にある頼みごとをするのでした。

ミルトモ 編集部

天達は「ミステリー会に集う人たちの中で、一人だけ嘘をつく人がいるから見ていて欲しい」と久能に頼みましたが、何故そんな頼みごとをしたのでしょう。
天達は、ミステリー会で何をしようとしているのでしょうか?

ミステリー会の参加者

ミステリー会の参加者は、天達、久能、風呂光と、天達の高校の同級生・橘高(佐々木蔵之介)と蔦(池内万作)、ミステリー好きのサイトで知り合ったデラ(田口浩正)とパン(渋谷謙人)の7名です。

ツタに覆われた山荘・アイビーハウスのオーナー・蔦は、自分のことを「アイビー」と呼んで欲しいと言いました。

デラは、みんながどんな人なのかを聞いています。

橘高によると、蔦は悪ふざけが好きな人のようです。

天達によると、文武両道だった橘高は、女性にモテていたようです。

現在、市役所勤めの橘高は、かなりの潔癖で、お皿も箸も自分専用の物を持ち歩いていました。

蔦に教師に向いていないと言われた久能は、「向いているから教師になりたいわけではないです」と言うのでした。

ミルトモ 編集部

天達は「自分に苦手なものがあると認識している教師は、生徒にも苦手なものがあると理解できる‥」と言っていました。
今まで、天達のように考えたことが無かったので、新鮮な驚きを感じ、新たな視点での考え方を教えてもらいました。ところで、風呂光が、天達たちが集まった理由を聞いた時、気まずい沈黙があったのは何故でしょうか?

謎解きゲーム

橘高の前座に続いて、蔦が謎解きの問題を出しました。
-問題-
・5年前、アイビーハウスの前オーナーの妻がバルコニーから転落して死亡
・オーナー夫妻は仲が良く、妻は事故として処理される
・夫は妻がストーカーに殺されたと思っている
・妻は花が好きで、壁には妻が描いた花の絵が飾られている
・妻は四葉のクローバーを見つけるたびに押し花にしていた

蔦は、鍵がかかっている部屋以外は自由に見て良いと言いました。

さらに蔦は、前オーナー夫妻が20回目の結婚記念日に飲もうと約束していたワインを、後で飲もうと言います。

参加者たちは、謎を解くヒントが無いか探し回り、久能は天達に頼まれ、地下の書庫に向かいました。

そこで久能はあるものを見つけ‥。

ミルトモ 編集部

蔦がお膳立てした問題が完璧すぎて、実際に起こった事件を解いていると思いました。毒が入っているかもしれないワインを飲むシーンは、少しドキドキしました。

5年前の事件

謎解きゲームが作り話であることが分かりますが、橘高は怒っていました。

実は、5年前、アイビーハウスで本当に女性が亡くなっていたのです。

亡くなったのは天達のパートナー・美吉喜和(水川あさみ)。

心理カウンセラーとして心療内科に務めていた美吉は、患者の一人に執着されストーカーされていました。

美吉はアイビーハウスに隠れていましたが、居場所がバレてしまいます。

美吉は亡くなり、犯人も暖炉の前で息絶えていました。

美吉と犯人は、煙突が詰まった暖炉で燃やされたキョウチクトウの煙を吸って亡くなったのです。

ミルトモ 編集部

5年前に実際にあった事件は、謎解きゲームと何か関係があるのでしょうか?美吉の命日にお墓参りをしていた天達は、美吉のことは吹っ切れたと言っていますが‥。天達は、何か目的をもってミステリー会に参加した気がします。

アイビーハウスで夜を過ごす参加者たち

山荘の庭で、久能と風呂光が話をしていました。

その会話で、天達が風呂光にも頼みごとをしていたことが分かります。

夜になって、天達と同じ部屋で寝ていた久能は、毛布を持って部屋から出て行きました。

久能にとって美吉は、子どもの頃から世話になっている大事な人でした。

そんな美吉に紹介され、久能は天達を知ったのです。

久能は、ガレージにいる橘高と話をしています。

デラは居間のソファーで寝ており、パンは部屋で仕事をしていました。

美吉が描いた絵を見た後、ソファーの上で「ダンゴムシになっちゃダメ」と言いながら毛布にもぐる久能。

そんな久能の姿を、少し離れた場所から天達が見ていました。

ミルトモ 編集部

天達は、久能と風呂光にそれぞれ違う頼みごとをしていたのが分かりました。美吉が亡くなった場所にやって来た天達は、今どんな感情を抱いているのでしょう。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第8話ネタバレ・感想まとめ

ミステリー会で、美吉が亡くなった経緯を知ることになった久能。

久能にとって美吉は、子どもの頃から世話になっていた大切な人でした。

久能は今でも、美吉の命日にお墓参りに行っています。

そして、そこには美吉のパートナーだった天達も来ていました。

そんな天達が、美吉のことを吹っ切れたとは思えません。

天達は、5年前の事件の真相を探ろうとしているのではないかと思います。

久能たちが参加したミステリー会が、どんな結末で終わるのか、次回が待ち遠しいです!

\\『ミステリと言う勿れ』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る