ドラマ『ミステリと言う勿れ』第10話あらすじ/ネタバレ感想!ライカ(門脇麦)の願いと、ライカとの別れを悲しむ久能整(菅田将暉)

出典:ミステリと言う勿れ公式ページ

出典:ミステリと言う勿れ公式ページ

元旦の午前3時、久能整(菅田将暉)は神社に行き、ライカ(門脇麦)と一緒に初詣を楽しみました。

初詣の帰り道、久能とライカが入った焼肉屋では、ある事が起こっていて‥。

その後、久能は、またどこかに行こうとライカを誘うのでした。

「この桜が咲く頃には、私はこの世にいないけどな」と言っていたライカ。

ライカは本当に居なくなってしまうのでしょうか。

そんなライカの一番の願いとは?

久能に心を開くライカと、ライカとの別れを悲しむ久能に注目です!

\\『ミステリと言う勿れ』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

ドラマ『ミステリと言う勿れ』前回第9話のあらすじと振り返り

ミステリー会が行われた翌朝、アイビーハウスは停電してしまいます。

天達(鈴木浩介)は修理屋を呼び、久能整(菅田将暉)はカレーを作ることになりました。

カレーを作りながら、部屋の様子を観察していた久能はある事に気づき‥。

天達に頼まれていた、「嘘をつく人」と「嘘をつかない人」が橘高(佐々木蔵之介)だと分かりました。

5年前、美吉喜和(水川あさみ)の居場所をストーカーに教えたのは橘高でした。

しかし、それは、美吉の友達とストーカーを間違えたからです。

橘高は自分のミスで美吉が亡くなったことを悔やみ、誰にもそのことを話せないでいました。

さらに、最近起こった3件のストーカー事件に橘高が関わっていたことが分かり‥。

\\『ミステリと言う勿れ』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

【ネタバレあり】ドラマ『ミステリと言う勿れ』第10話あらすじと感想

ライカ(門脇麦)を初詣に誘う久能整(菅田将暉)

大晦日の夜、久能整(菅田将暉)は自分で作ったラーメンを食べた後、緊張していました。

何故なら、久能はライカ(門脇麦)と2人で初詣に行くことになっていたからです。

元旦の午前3時、久能はライカと一緒に参拝した後、おみくじを引きました。

久能のおみくじは凶。ライカのおみくじは中吉。

久能はおみくじと占いについて話し始め、それをライカが笑いながら聞いています。

その後、2人は屋台のたこ焼きを食べるのでした。

ミルトモ 編集部

友達も恋人もいない自分に満足していた久能。久能が誰かを誘って出掛ける日が来るなんて思いませんでした。久能がライカに惹かれるのは、自分と似たようなものをライカに感じたせいではないかと思いました。

焼肉を食べる久能整(菅田将暉)とライカ(門脇麦)

初詣の帰り道、久能とライカは焼肉を食べることになりました。

焼肉店の店主・浦部沢は店を閉めようとしていましたが、娘の沙也加は久能とライカを店に入れます。

ライカは水を運んできた沙也加を見て、久能に暗号で話しかけました。

注文した肉を焼いているライカの手首には、リストカットの跡があります。

久能の目線に気づいたライカは、「自分でやったんじゃない」と言って、自分の病気と、妹・千夜子のことを話し始めるのでした。

ミルトモ 編集部

久能と一緒に、嬉しそうにお肉を食べるライカ。ライカの笑顔は、生きている事を楽しんでいるように見えました。しかし、ライカの手首にあった傷は、今までつらい人生を歩んできたことを予想させます。

ライカ(門脇麦)と千夜子の関係

ライカは、解離性同一性障害を患う千夜子が生み出した別人格の一人でした。

父親から虐待を受けていた千夜子は、自分の痛みを引き受ける人格としてライカを生み出したのです。

痛みを引き受けながら、父親が大事にしていたカメラになろうとしていたライカ。

千夜子の幸せを願っていたライカは、千夜子が眠っている間に、炎の天使(第6、7話)に助けを求めました。

両親を火事で亡くした千夜子は、精神科病棟に入院してから、自分が生み出した人格が次々と消え、最後に残った人格がライカだったのです。

回復に向かっている千夜子は、本来の人格が頻繁に現れるようになっていました。

ミルトモ 編集部

別人格がライカ以外に複数いたことに驚きました。少し男勝りなライカと、少女のように幼い千夜子。門脇麦さんは、そんな2人をうまく演じ分けていました!

焼肉屋で起こっていた事

焼肉を食べ終え、店から出て行く久能とライカ。

沙也加は店の戸締りをしますが、そこに久能が戻って来ます。

久能が忘れ物のボールペンを探していると、お客がたくさん入って来ました。

実は、久能とライカは、沙也加が出していたサインに気づき、警察を呼んでいたのです。

焼肉屋の店主と思われていた浦部沢は、強盗殺人犯でした。

浦部沢は警察に捕まり、久能はライカと一緒に病院に向かっています。

その頃、現場に駆け付けた風呂光聖子(伊藤沙莉)は、池本優人(尾上松也)からライカの正体を聞くのでした。

ミルトモ 編集部

焼肉屋で、ライカが久能に暗号で話していた理由が分かりました。それにしても、ライカは、久能と同等かそれ以上に洞察力が優れた人です。そして、第5話で登場した元刑事・牛田もライカの暗号に気づいていたことが分かりました。牛田はライカの願いを叶えることは出来ませんでしたが、久能のおかげで、ライカは自分の願い以上のものを得ることが出来たようです。

ライカ(門脇麦)との別れを悲しむ久能整(菅田将暉)

久能とライカは、桜の木の下にやって来ました。

「なんだか楽しかったな」
「またどこか行きましょう」
「次はもうない」

今まで、ライカは自分の意志で人格交代していました。

しかし、最近は、突然人格交代が起きるようになっていたのです。

千夜子が幸せになれば、いつ消えても良いと思っていたライカ。

しかし、ある人に出会ったせいで、ライカは気持ちが揺れ動くようになっていました。

「私はもう表には出ない。春を待たずに、千夜子の中で永遠の眠りにつくことにしたんだ」

久能はライカの願いを確認した後、去っていくライカを見つめて「さようなら」と言うのでした。

ミルトモ 編集部

ライカは自分が消える前に、久能と友達になることが出来ました。去っていくライカを見つめる久能の顔が切なかったです。そして、久能もライカと同じ痛みを抱えていたことが分かりました。

久能整(菅田将暉)の友達に立候補する風呂光(伊藤沙莉)

久能は、自分の心境が変化している事に驚いていました。

車いすの千夜子が里親に連れて行かれるのを、少し離れた場所から見ている久能。

ライカに頼まれていた通り、久能は千夜子に話しかけることはありませんでした。

そんな久能の友達に立候補したのが風呂光です。

久能は風呂光の言葉に「ありがとうございます」と言うのでした。

心境の変化が起こった久能に、天達(鈴木浩介)が言った言葉が印象に残りました。今まで頭の中で考え、それを話すだけだった久能。久能は人と接することで、心が豊かになったように見えました。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第10話まとめ

ライカは、千夜子が生み出した別人格の一人であることが分かりました。

千夜子の幸せのために存在していたライカが、自分自身の感情を持つようになったのは、久能と出会ったおかげです。

感情を持ったライカが、千夜子のために消えることを選んだのが切なかったです。

ライカとの別れを覚悟した久能の顔には、悲しみが滲んでいました。

第11話は、第2、3話で登場した我路(永山瑛太)の話になります。

我路と久能がどんな形で再会するのか楽しみです!

\\『ミステリと言う勿れ』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る