『マイ・インターン』あらすじ・ネタバレ感想!恋愛関係にはならないが、心を許し合う素敵な人間模様がある

出典:『マイ・インターン』公式ページ

プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが、もう一度ファッション業界で働く姿を演じた今作。

そこに大御所ロバート・デ・ニーロがただのがんばる女子向け映画では終わらせない重要な役割を演じて、優しく奥深い映画に仕上がっています。

それではさっそく映画『マイ・インターン』をネタバレありでレビューしたいと思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『マイ・インターン』作品情報

作品名 マイ・インターン
公開日 2015年10月10日
上映時間 121分
監督 ナンシー・マイヤーズ
脚本 ナンシー・マイヤーズ
出演者 ロバート・デ・ニーロ
アン・ハサウェイ
レネ・ルッソ
アンダーズ・ホーム
アンドリュー・ラネルズ
アダム・ディヴァイン
音楽 セオドア・シャピロ

【ネタバレ】『マイ・インターン』あらすじ・感想


恋愛じゃない関係性を描いた傑作

シニア世代(ベンは70歳)の男性と、がんばる若い女性を描いた数少ない作品。

えだまさえだまさ

部屋に誘われたり、同じベッドの上で眠ってしまったり、心が弱ったジュールズ(アン・ハサウェイ)がベン(ロバート・デ・ニーロ)の胸に体を預けたり…。

一見恋愛に発展しそうな場面はいくつもあるものの、恋愛関係には決してならない。

だからこそ、安心して弱みを見せたり心を許すことができる。

そしてそれゆえ、お互いにとって素晴らしい関係性を作ることができるのかもしれません。

『マイ・インターン』

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

止まらず走り続けるジュールズと、それをいつもそっと完璧に支えるベン。

インターンであり、最高の友人。

ジュールズのセリフが、そのまま二人の関係性を物語っていますね。

恋愛とも仕事仲間とも言えない、強いて言うならば「家族」が一番近い。

そんな珍しい関係性を描くことで、お互い心を許し満たされていく姿はとても心を温かくしてくれます。

『プラダを着た悪魔』の再来?オフィスも人もファッションも、オシャレすぎ!

序盤の初めてジュールズがスクリーンに登場してからの数分間で心は鷲掴みにされます。

ジュールズが経営する”アバウトザフィット“のオフィス、そこで働くスタッフ、そしてバリバリ働くジュールズ。

『マイ・インターン』

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

インテリア、ファッション、テンポ良い言葉のやりとり、すべてが洗練されててオシャレ!

えだまさえだまさ

この場面だけでも、何回も見たくなっちゃうほどです。

まるで『プラダを着た悪魔』を見たときの感情が呼び戻された感じです!

ジュールズが経営する会社がファッション業界ということもあり、終始オシャレな雰囲気は徹底されています。

さらに、場面場面で流れてくる音楽は、本作『マイ・インターン』のおしゃれさや魅力を倍増させています。

えだまさえだまさ

アン・ハサウェイによる、オシャレなオフィスファッションの数々を見るだけでも女性はワクワクしちゃうかも?

「仕事も、恋愛もがんばる女子へ」永遠のテーマの進化バージョン!

これまでたくさんの映画が発信してきた【仕事も、恋愛もがんばる女子を応援!】というメッセージ。

えだまさえだまさ

まさに永遠のテーマですよね!

本作『マイ・インターン』も、このメッセージが存分に込められてはいるけれど、これまでとは一味違う感じになっています。

アン・ハサウェイ演じる主人公ジュールズは、経営者であり母親。

仕事が上手くいかず苦しんで、しかも好きな人が振り向いてくれない女の子ではなく、次のステップにいる大人の女性を描いています。

『マイ・インターン』

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

仕事は多忙だけど、成功を収めて充実もしている。

家庭もかわいい子供と優しい旦那がいて幸せ円満。

けれど、その成功ゆえに、多忙である悩みや弱みを見せられないことや、旦那とのすれ違い…といったこれまでとは少し違った女性像と悩みが描かれています。

それを支えるのは、王子様(彼氏や好きな人)ではなく、ロバート・デ・ニーロが演じるインターンとして働く母親と同年代の男性ベン。

『マイ・インターン』

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

年齢を重ねてきた男性だからこその優しさや気遣いでジュールズを支え、見事に救ってみせます。

社内で行われている誕生日会への参加や、飲み会への参加など、部下たちとの積極的接触で周りとの距離感が縮まり、孤独感が薄まった姿が印象的です。

『マイ・インターン』

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

えだまさえだまさ

そして、ジュールズの変化を一番顕著に表しているのは、「太極拳」に参加するラストシーン。

分刻みで予定を組み、モタモタしていることを嫌い、部下には早口であることを求め、時間節約のためにオフィス内は自転車で移動するジュールズが、「ゆっくり」動くことが求められる太極拳に参加すること。

そして、太極拳が終わったら話を聞こうというベンの提案を受け入れる姿。

人との繋がりを大切にし、より幸せになっていく女性像を見事に表現されています。

それをもたらすベンの役割は本当に素晴らしい!

誰かの役に立ちたい!前向きな気持ちにしてくれる作品

最初は仕事も与えられず、粗末に扱われていたベン。

そんなことにはめげず、自ら仕事を見つけだし、誰とでも積極的にコミュニケーションを取る。

同僚やジュールズの役に立つことを喜んで行い、どんどん周りに愛され、なくてはならない存在になっていくのです。

『マイ・インターン』

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画の序盤で「ぽっかりできた穴を埋めたい」と話すベンは、もうそこにはいません。

人の幸せに積極的に関わり、それを通して自分も幸せになっていく。

えだまさえだまさ

そんなベンの姿は、私たちの心を大いに前向きにしてくれます。

仕事や人間関係に疲れたときには、ぜひゆっくり見て欲しい作品です!

『マイ・インターン』まとめ

映画『マイ・インターン』は「ジュールズのように頑張りたい」、そして「ベンのような人を支えられるような人になりたい!」という、そんな二つの感情が同時に湧いてきます。

おしゃれでイカした主人公が出てくる若者が好きそうな映画でありながら、心の奥底に優しさや温かさをもたらしてくれるとっても深みのある名作です。

▼動画の無料視聴はこちら▼