映画『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』あらすじ・ネタバレ感想!アカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞!男性とタコの交流描く物語

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:Netflix

第93回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』。

南アフリカの美しい海を舞台に、映像作家の男性と1匹のタコの1年間にわたる交流を描いたNetflixのオリジナル作品です。

社会派な内容が目立った他のノミネート作品とは異なるジャンルでありながら、タコに対する真摯な思いと美しい自然描写が評価され、受賞後は特に注目を集めています。

マルコヤマモト

驚くことに、超面白い作品でした!それではさっそく、『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』についてネタバレありでレビューします!
\\『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』を見るならここ!!//

独占配信のNetflixで見る

映画『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』作品情報

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:Netflix

作品名 オクトパスの神秘:海の賢者は語る
公開日 2020年9月7日
上映時間 85分
監督 ピッパ・エアリック
ジェームズ・リード
撮影 ロジャー・ホロックス
出演者 クレイグ・フォスター
トム・フォスター
音楽 ケヴィン・スマット

【ネタバレ】映画『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』あらすじ・感想


人生に疲れた男と1匹のタコの出会い

映像作家のクレイグ・フォスターは、人生に疲れ、癒しを求めて南アフリカの海に潜る日々を送っていました。

海の中に入ると次第にリラックスができるようになったクレイグは、ある日海中に広がる広大なケルプ(昆布のような大きな海藻)の森の中で、貝殻で自分の身をカモフラージュする1匹のタコを発見します。

そのタコに対して「特別な何か」を感じたクレイグは、「毎日会いに行ったらどうなるだろう?」と考え、まずは「彼女」の生態を探るために巣穴の近くに水中カメラを設置しました。

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

カメラには自分の脚に貝殻を盾のように着けてカメラに迫ってくる彼女や、遊びすぎてカメラを倒してしまう彼女の姿が映っていました。

彼女の生態を観察し始めてから26日目、連日のクレイグの訪問に対して彼女は警戒を解き、手を伸ばしたクレイグに対して脚を差し出して巣穴から出てきてくれたのです!

マルコヤマモト

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、彼女の目がニッコリしているように見えませんか?
『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

クレイグは彼女を追ううちに、タコのさまざまな生態も明らかにしていきます。

52日目、今度は彼女の方からクレイグを追いかけてくるようになりましたが、クレイグが水中にレンズを落としてしまった衝撃で彼女が驚き、巣穴から出て来なくなってしまいました。

クレイグは彼女との信頼と絆を深める機会を失ってしまいます…。

マルコヤマモト

「この時は本当に自分に腹が立ったよ!」と怒りながら語るクレイグ。もう完全に彼女にハマってます!

それでも彼女に会いたいクレイグはタコになりきり、まるで探偵のように彼女居場所を探すように。

そして、1週間近く捕食の後や海藻を調べて再び彼女の元にたどり着くと、クレイグを発見した彼女は彼の手から離れず、一緒に海面近くまで上がってきたのです!

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

マルコヤマモト

よかった!信頼関係は壊れていませんでした!

クレイグは「なぜ人間に興味を持ったのだろう?」と不思議に思いつつも、彼女と過ごす時間を至福の時間と感じるようになりました。

驚くべき「彼女」の生態

それからクレイグは取り憑かれたように彼女のことを考えるようになり、今までにない好奇心を掻き立てられました。

タコに関する論文を片っぱしから集めて調べた結果、彼女は特に知能が高い「マダコ」ということがわかります。

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

104日目、夜行性であるマダコの彼女を探しに海へ向かうと、天敵であるサメのいない浅瀬で餌をとっている彼女を発見し、クレイグは改めてタコの知能の高さを実感しました。

マルコヤマモト

好きな人ができたら、その人のことをもっと知りたくなる気持ちわかります〜!

125日目、衝撃的な出来事が起こります。

なんと、彼女が天敵であるサメに襲われたのです!

彼女は必死にサメから逃げて岩場の下に隠れるも、腕を食いちぎられてしまいました。

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典IMDB

出血し衰弱している彼女は、なんとか巣穴まで戻ることができましたが、クレイグは「自分が来たから巣穴から出てきてくれたのではないか」と自責の念に駆られます。

マルコヤマモト

この時の彼女は、クレイグに対して「私のこんな姿見ないで…」と訴えているようでした。また、クレイグが彼女を助けなかった理由は、人間の手が介入すればこの森の生態系を壊してしまうことを理解していたからです。それでも「本能的にサメを追い払おうと思った」と言っていたので、ただ見ているだけというのは辛かったでしょうね。

次の日、一線を超える行為ではありますが、クレイグは衰弱した彼女の元に餌を持っていってあげました。

しかしそれから1週間後、彼女が奇跡的に回復し、サメに食いちぎられた箇所から小さな脚が生えていたのです!

そして250日目には脚が元の長さに戻っていました。

マルコヤマモト

タコの生命力に驚き!の瞬間でした。彼女の復活もめでたい!

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』の結末

彼女の観察を続けてから304日目。

再びサメが襲来し、彼女は体にケルプを巻き付けて隠れるも、サメは匂いを追って彼女の方へ近づいてきます。

マルコヤマモト

ケルプを食いちぎりながら迫ってくるサメ、逃げる彼女!海の中での追跡劇はとてもスリリングで、ホラー映画を観ているようでした。
『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

海面から出て岩によじ登り危険を凌いだ彼女ですが、海の中に潜ると再びサメからの猛追を受けることに。

しかし、彼女は近くにあった貝殻を吸盤で脚に貼り付けて自分の頭を守ったのです。

クレイグは初めて彼女に会ったときに見た光景を思い出しました!

そして、サメとの戦いの末に彼女は1番安全なサメの背中に張り付き形成逆転。

見事にサメを出し抜いたのです。

別の日、浅瀬で魚と遊んでいる彼女を見つけたクレイグ。

社交性が低いタコが他者に興味を持つということは珍しいことで、彼女は今までのタコの常識を覆したのです。

クレイグを見つけるといつものように寄り添い、抱きついてくる彼女。

しかし、クレイグが彼女を触ったのはこの時が最後でした…。

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

324日目。

クレイグは彼女の隣に大きなタコがいることに気づき、2人が交尾を始めたことを確認するとそっとその場を去ります。

マルコヤマモト

ね、寝取られてるやん…。

雌のタコは卵が孵化するのを見届けると、その命を閉じるのです。

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

後日、卵を孵化させた彼女は弱り果て、巣穴の外に流されていました。

クレイグは「抱き抱えて守りたかった」と語りますが、そういうわけにはいきません。

翌日、彼女はサメに連れられて深いケルプの森の奥に連れて行かれました。

「…会いたい。今でも彼女の巣穴に行く。」とクレイグは涙ながらに語ります。

彼女との出会いが、クレイグの人生や人との接し方に大きな影響を与えたことは間違いありません。

海から多大な恩恵を受けたと感謝するクレイグは「次は息子に与える番だ」と考え、息子と一緒に海に潜るようになります。

そんなある日、息子が海中で小さなタコを発見。

もしかしたら彼女の子供かもしれません。

『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

「彼女に出会って自然に触れて生き返ることができた。」とクレイグは語ります。

よそ者という意識を捨てて自然に溶け込めば、世界が開けるのです…。

マルコヤマモト

クレイグは「シー・チェンジ・プロジェクト」という団体を作り、今でも仲間たちと一緒に海に潜っています。

SNSでのみんなの感想・評判

心が折れてしまった映像作家の男性と「彼女」と呼ばれるタコの、1年にわたる交流を描いた『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』。

すでに作品を観た方からも、「タコの賢さに驚いた!」「本当にラブストーリーだった」「まさかタコに泣かされるとは…」と驚きの感想が続々!

マルコヤマモト

私が1番印象に残ったのは、主人公のクレイグが「彼女」のことを語るときの目と語り口です。「彼女」とのことを語る前に「間」があって、しっかりと思い出を反芻したり、時には目が潤んだりと、あれは本当に恋をしている男性の姿でした。ドキュメンタリーだからこそ、彼のリアルな感情に私もいつの間にかウルっと来てしまいました
『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』

出典:IMDB

また、タコの寿命が1年近くとあらかじめ紹介されていることで結末はあらかた想像できてしまうのですが、やはり思い入れのある人や物との別れが寂しいように、今までそういった経験がある方は今作でも涙するかもしれません。

自然の摂理という言葉だけでは片付けられない、愛があるからこその別れの切なさまで描き切っていることが、今作がドキュメンタリーでありながらも「ラブストーリー」と呼ばれる所以だと思います。

マルコヤマモト

下手な作り物のラブストーリーを見ているより、今作の方がよっぽど泣けますよ。

映画『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

映画『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』について、ネタバレありでご紹介しました。

要点まとめ
  • タコが本当に可愛い!賢さや知られざる生態に驚かされる
  • タコとの交流を経て主人公の男性が心を癒すヒューマンドラマ的要素も含んでいる
  • 海の中の美しい映像に心癒される

マルコヤマモト

タコという生命体の賢さや、命の儚さ、海の中でめぐる命に感動!

特定のタコの生態を追うドキュメンタリーではなく、タコを追う男性がタコとの交流を経て心を癒し、人生を見つめ直すというヒューマンドラマ的な要素も持ち合わせています。

なので、『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』は、「最近疲れたなぁ」「仕事しすぎだわ…」など自分の人生に悩んでいる方にも是非おすすめです。

作り物ではない美しい恋物語と美しい海中の映像、海の中の森でめぐる生命の神秘に心癒されること間違いなし。

マルコヤマモト

また、人間とタコの両思いが成立するのか?と疑問に思っている方、「嘘だ」と思ったらこの映画を観てください。だって彼の彼女に対する愛は本物ですから…。
\\『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』を見るならここ!!//

独占配信のNetflixで見る