映画『ミュージアム』あらすじ・ネタバレ感想!殺人を“作品”と称するカエル男の謎、小栗旬主演のサスペンスホラー

映画『ミュージアム』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:wwws.warnerbros.co.jp

史上最悪の猟奇殺人鬼は雨の日だけに現れる。

カエル男は誰なのか?

目的はいったい何なのか?

追い詰めるはずが罠にハマっていく展開!あなたは最悪のラストを期待する。

ポイント
  • 主演:小栗旬×監督:大友啓史のサスペンスホラー
  • ほんのりグロ要素あり
  • ドキドキハラハラ、ヒリヒリする映画が好きな人におすすめ!

それではさっそく映画『ミュージアム』をレビューしたいと思います。

映画『ミュージアム』作品情報

映画『ミュージアム』作品情報

出典:映画.com

作品名 ミュージアム
公開日 2016年11月12日
上映時間 132分
監督 大友啓史
脚本 高橋泉
藤井清美
大友啓史
原作 巴亮介
出演者 小栗旬
尾野真千子
野村周平
丸山智己
田畑智子
市川実日子
伊武雅刀
大森南朋
松重豊
妻夫木聡
音楽 岩代太郎

映画『ミュージアム』あらすじ


現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。

一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事(小栗旬)は、自分の妻子が狙われていることを知る。

やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り……。
出典:シネマトゥデイ

映画『ミュージアム』みどころ

映画『ミュージアム』みどころ

「ヤングマガジン」連載の巴亮介のサイコスリラー漫画を実写映画化。

現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描き出す。

原作の持つ迫りくるような恐怖と絶望感を表現するのは、『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。

犯人を追ううちに極限状態に追い込まれていく主人公を、『信長協奏曲』シリーズなどの小栗旬が熱演する。
出典:シネマトゥデイ

映画『ミュージアム』を視聴できる動画配信サービス

『ミュージアム』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月15日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】映画『ミュージアム』感想レビュー

連続猟奇殺人のはじまり

自宅で眠ってしまっていた沢村久志(小栗旬)は、携帯の着信で目を覚まします。

雨の中、非番の沢村が呼び出されて向かったのは事件現場のトンネル。

部下の西野純一(野村周平)に状況を聞こうとするも、西野は嘔吐を繰り返していました。

奥へ進んで行くと、うるさく吠える犬が捕まっていました。

側にいた警察官が、その犬を今回の事件の凶器だと言います。

さらに進むと、事件現場には生きたまま大型犬三匹に食い殺されたと思しき、鎖に繋がれた被害者がいました。

遺留品もなく被害者の特定には時間がかかるとされ、収穫としては雨合羽あまがっぱの男がうろついていたということだけ。

車で移動する途中、悲惨な現場に慣れない西野は、沢村が最近眠れていないことを気遣います。

沢村は、そんなことより早く現場に慣れろと言いました。

そんな他愛ない会話の合間、アポロ動物保護センターから電話がかかってきます。

凶器となった犬の腹からメモが出てきたというのです。

メモには、「ドッグフードの刑」と書かれていました。

その後の調べによると、被害者はアパレル勤務の女性。

一週間前に一緒に暮らし始めた交際相手の男性により捜索願いが出されていたことで発覚したのです。

数日後。とあるマンションの一室、母親らしき女性が息子に「夜勤に行ってくるから」と声をかけて出かけていきます。

“息子”は、いわゆるひきこもり萌え系いきりオタクのステレオタイプ。

母の出勤後に来た宅配便を無視しました。

少しして、またしつこく鳴るインターホン。

最初はうるさい、死ね、などと暴言を吐き散らかしていましたが、ドアの向こうの何者かには聞こえていないのか、ガチャガチャとノブを動かし開けようとしてきました。

さすがに少し怯えたところで外側から鍵が開き、オタクが中にいることをアピールしても構わず開くドア。

咄嗟に台所に駆け込み包丁を手にしますが、誰かが入ってきた形跡はありませんでした。

自室に足を踏み入れ「まさかドア裏にいたりしないよな」と言いドアを閉めると、まさにドア裏には雨合羽を着たカエル男(妻夫木聡)が潜んでいました。

ひきこもりオタクの生活をずっと覗いていたというカエル男は、オタクの生い立ちや普段の生活を細かく言い、実際に見ていたことを証明します。

そして「母の痛みを知りましょうの刑」が執行されました。

沢村が事件現場に向かった時、死体となったオタクのかたわらには、出生体重と同じだけの肉片が量りに乗せられていました。

警察は最初の事件と今回の事件の接点を探します。

まず、ふたつの事件の共通点は、犯行時の天気が雨天であったこと。

そして両事件の被害者の共通点は、三年前に起きた「幼女樹脂詰め殺人事件」の裁判員だったということ。

沢村の妻・遥(尾野真千子)も、その事件の裁判員の一人でした。

慌てて電話をしても繋がらず、どうすることもできない沢村。

遥は数日前に、家庭を顧みない夫に嫌気がさして、息子を連れて家を出て行ってしまっていたのです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ミュージアム』を視聴する

雨の日だけに執行される“刑”

数日後、裁判官が行方不明になったというニュースが流れます。

行方不明となった小泉裁判官の妻と娘は、その報道を見ていました。最中、宅配便が届きます。

同じころ小泉の愛人が働いているキャバクラにも同じ宅配便が届きます。

どちらも「均等愛の刑」という文言とともに、中身は縦に真っ二つにされた小泉裁判官でした。

止まらない連続殺人事件から、次に狙われるであろう人物が特定され、全体会議で情報共有されます。

例の裁判で裁判員を務めた人を片っ端から保護対象としますが、ことごとく警察が赴いた時には「ずっと美しくの刑」に処された女、「ハリセンボン飲ますの刑」に処された占い師など、殺人が行われた後でした。

もう二週間前に家を出て行ってから今日まで遥と連絡が取れないままの沢村は焦ります。

妻が保護対象ということで自宅待機とされてしまったけれど、いてもたってもいられず、遥の友人である秋山佳代(田畑智子)の勤務先へ赴きます。

同じころ、刑事二人が秋山の自宅を訪れますが、出てきたのは彼氏でした。

秋山は車で5分ほど行ったところにある職場にいるからそっちへ行った方が早いと言われ、向かいます。

沢村と秋山が話しているところに駆けつけた刑事、沢村に対しては感情的になってしまっていた秋山も刑事の話を聞き、遥が今は自分の家にいるということを話しました。

一刻を争う事態なので、沢村と刑事は秋山の自宅へ向かいます。

刑事が「あんたの彼氏とんだ食わせ物だな、もうちょっと捜査に協力的になってくれないと」と悪態をついた時、秋山は三人を引き留めます。

私には彼氏なんていない、と。

秋山の自宅に遥と息子の姿はなく、代わりに「お仕事見学の刑」と書かれたメモが残されていました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ミュージアム』を視聴する

動機は復讐ではないかもしれない?

事件に関わることのできない沢村は、西野を呼び出します。

西野が用意した捜査資料によると、幼女樹脂詰事件で裁判員が求めた刑は死刑、犯人は持病の精神疾患を悪化させ刑務所内で自殺していました。

犯人の大橋は、幼いころに両親を亡くして天涯孤独。

そんな大橋のために、ここまで手の込んだ復讐を企てる人物は浮上してこず、依然として今回の連続殺人の犯人は候補すら上がってこない状況。

沢村はずっと感じていた違和感を西野に吐露します。

そもそも幼女の事件の犯人が大橋ではないのではないか。

その時の犯人が、今回の連続殺人の犯人なのではないかと。

二人が話している最中、窓の外にカエル男が現れました。

激昂して追う沢村は道路に飛び出したところで、車に撥ねられてしまいました。

カエル男を追うのを西野に任せ、ようやく体が動くようになったころ西野の携帯に電話をかけると、出たのは西野ではなくカエル男でした。

二人はビルの屋上にいました。カエル男は西野のネクタイだけを掴んでおり、今にも落ちてしまいそうな状況。

カエル男は幼女の事件の話を持ち出し、自らの殺人を作品と称して、自分の“作品”を大橋のものだという判決を下した者たちを殺していると言いました。

事実が明かされていくなか、差し込んだ晴れ間にカエル男は退散を示唆し、西野のネクタイを手放しました。

自宅待機のはずの沢村の行動に怒り心頭な本庁からの呼び出しがかかり、車で連行されかけましたが、西野は気分が悪いと一芝居うって逃亡しました。

捜査妨害に加え職務規定違反、機密情報漏えいの疑いによって、沢村は重要参考人として手配されることとなってしまいます。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ミュージアム』を視聴する

スイートルームで謎解きを

単独でカエル男の行方を追う最中、沢村が中華料理店で腹ごしらえをしていると一人の男性客が突然怒り出します。

出された八宝菜にエビが入っていたと怒る男は、アレルギーもちだったのです。

一連の騒動を見ていた沢村は、カエル男がビルの屋上で日が差した時に首をかきむしっていたことを思い出します。

連続殺人の犯行が雨の夜に限っているのは証拠が残らないようにするためでもなく、日光、紫外線アレルギーの可能性があると気づき病院を訪れました。

該当する疾患を持った患者がいないか病院を片っ端からあたり、ある病院に辿りつきます。

橘と名乗る女医(市川実日子)を半ば恐喝して得たカルテにある名前は“霧島早苗”でした。

霧島の屋敷に潜入し居場所を探ると、これまでの数々の犯行に関する写真や模型、そして沢村を隠し撮りした写真、モニターに映し出される沢村の自宅の様子が目に入ってきました。

沢村がそれらに見入っていると、霧島に後ろから襲われ、掴み合いの殴り合いになり、最終的にはバールで殴られ、気がついたときには見知らぬ暗い部屋にいました。

手探りで照明のスイッチを探し、電気をつけると遥と息子を模した蝋人形がありました。

息子の人形が手にしている「ぱぱあそぼ」と書かれた箱を手に取り開けると、中にはボイスレコーダーとパズル。

レコーダーの音声を再生すると「捜査というのはパズルのようだ、一つ一つを繋げていけばおのずと答えに繋がる」と、いつか沢村が言った言葉が流れ出しました。

霧島は別室でその様子を眺めていました。

部屋のドアには鍵がかかっており、ドア横にある小さなモニターに表示されるのは「CHALLENGE」の文字。

パスワードを入力すれば開く仕組みになっていることに気づき、沢村はパズルを組み立て始めます。

息子の名前、妻の名前、FAMILY、HOME、思いつく単語を入れますが結果はすべてERROR。ドアは開きませんでした。

別室ではメトロポリタンミュージアムを歌いながらハンバーグを焼く霧島。

肉はその手で自らミンチにしていきます。

ほどなくして霧島は、二本目のコーラと二つ目のハンバーガーを管から沢村のいる部屋へ投げ入れました。

パズルは完成間近と思いきや、いくつか足りないピースがあり、その欠けた空間に現れるのはE・A・Tの三文字でした。

パスワードとして入力するとCLEARと表示され、ドアが開きます。

ドアの先にはハンバーガーを調理していた形跡と、遥と息子の写真が貼ってある冷蔵庫。

その中には、遥と息子の頭部が入っていました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ミュージアム』を視聴する

終わらない、ミュージアム

叫ぶ沢村をモニタリングして喜ぶ霧島に、何をしたのかと問うのは遥でした。

冷蔵庫の中身は精巧にできたニセモノだったのです。

遥と息子が殺されたと思い込んでいる沢村は、「殺してやる」と言いながら霧島を探します。

やがて廊下の真ん中で立ち止まるカエル男を見つけ、拳銃を向けますがカエル男はその場にうずくまり泣き出しました。

その中身は霧島ではなく遥だと気づき、駆け寄って抱きしめます。

そこに現れた霧島は「沢村遥を殺せ。それが息子を救う条件だ」と言います。

拒否し葛藤する沢村に、息子が助かるならどうなってもいいと自分に銃口を向ける遥。

不意の隙をついて沢村は霧島を撃ちますが、霧島もまた沢村を撃ちました。

そこに別ルートで霧島に辿りついていた刑事が駆け付け、霧島は逃走しますが追い詰められた先でドアを開けると、外は快晴の昼間。

アレルギーにより顔が膨れ上がり、呼吸も困難になって気を失って倒れました。

三ヶ月後。霧島は重傷で病院の治療室に入院していました。そこへ訪れたのは女医の橘でした。

過去にあった、ある未解決事件。

被害者夫婦には双子の子供がいて、一人は霧島早苗という男の子。

もう一人は幹江という女の子でした。幹江は橘という医師に引き取られ、暮らしていました。

女医の橘は、霧島の双子の片割れだったのです。

霧島のアレルギーは心因性のものでした。

子供のころの両親の事件をきっかけに、抱えきれない悪意にさらされて悪化してしまったのです。

「治すには悪意に向き合うか、もしくは」と、幹江は点滴の管に薬剤を流し込みました。

沢村は息子の運動会で遥とともに応援していました。

空は快晴、二人は仲睦まじい夫婦として楽しげに笑っていました。

そして、沢村が息子の勇姿をおさめるカメラには、徒競走を終えて列に並ぶ息子が首をかきむしっている様子が映っていました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ミュージアム』を視聴する

ざっくりと感想を。

はぁ~うまくできてるなぁ、というのが初見の感想でした。

きっとこれ原作もおもしろいんだろうなと思いつつ、まだ読んでいないんですけども。

復讐かと思いきや、自分の作品をわずかな証拠のみで他人に横取りされたのが気に食わなかった的な霧島の動機が明かされた時、そういうことか!ってなりました。

猟奇殺人が軸になっているからかアニメ『サイコパス』の第4話を少しだけ思い出しました。

霧島の犯罪係数がヤバそうだな。それはそれとして。

あとはやっぱり、最悪のラストに期待してしまいましたね…沢村が遥を撃って息子も結局撃たざるを得ない状況になって絶望しているところに刑事たちが入ってきて、もうちょっと早ければ…みたいな映画『ミスト』的なやるせないエンドが頭を掠めたんですけど、そうならなくてよかったです。

でもちょっと、胸糞とまではいかないけど、アッ…てなる終わり方でした。

息子くんは霧島みたいになってしまうんだろうか。

霧島も心因性のアレルギーだったわけだし、息子くんも心に闇を抱えてしまったということなんだろうなと解釈しました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ミュージアム』を視聴する

『ミュージアム』においては好きな場面もセリフも特に無く。

私としては珍しく、誰にも感情移入しない作品でした。

移入しようがなかったとも言う。

多少なり自分に似た性格や言動だったり、状況が似ていたりする人がいれば入り込めるんですけど、今作はそれがなかった。

主立って動いているのが沢村だけだからかもしれないけど。

ちょっとでも共感できて、沢村に自分を重ねて見られたら、もっと楽しめたのかなと思ったりもします。楽しい代わりにしんどさも凄そうだけど。

なので、私が記事を書くときに恒例の、好きな場面やセリフは特にありません。

全体を通してストーリーが秀逸だったなぁって感じです。

ここがもうちょっとこうだったら、とかそういうのが一切ないです、個人的に。

大体どういう状況であれ、映画を一本見ていると半分くらいのところで気分がだれて、携帯とか触りたくなったり集中できなくなったりするんですけど、それもなかった。

ちなみに映画館では携帯の電源を切る派です。

あとは尾野真千子の演技力が凄いなって思いました。

小学生みたいな感想になっちゃう。でも本当に凄く良かったです。

そういう意味では、霧島と沢村と遥の三つ巴シーンは緊迫感があって好きでした。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ミュージアム』を視聴する

映画『ミュージアム』まとめ

以上、ここまで映画『ミュージアム』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • サスペンスホラーにスプラッタちょい足し!みたいな作品が好きな人にはハマると思います
  • 沢村に感情移入して入り込んで見たら相当楽しめるはず
  • 後味的にはスカッとするタイプの作品ではないです