ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』 第7話 大牙からの猛アプローチに、雛子は困惑!

出典:ムチャブリ! 私が社長になるなんて公式ページ

出典:ムチャブリ! 私が社長になるなんて公式ページ

浅海(松田翔太)と凛々子(優香)が寄り添っているところを目撃してしまった雛子(高畑充希)は大ショック。

大牙(志尊淳)は傷ついた雛子を抱きしめ、不器用ながら雛子に想いを伝えますが、雛子には伝わりませんでした。

そして、誤解を解こうとする浅海の言葉も耳に入りません。

大牙は周りにけしかけられ、雛子に積極的にアプローチすることに。大牙のキャラ変に雛子は困惑を隠せません。

一方、短期契約を終え、晴れて正社員になった知美(夏帆)はやる気満々ですが、新規事業に忙しくなり、家庭と仕事の両立が難しくなってきて・・・。

\\『ムチャブリ! 私が社長になるなんて』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』 前回振り返り

勢いで浅海(松田翔太)を抱きしめてしまった雛子(高畑充希)は、激しく自己嫌悪に陥ります。

そんな中、雛子の母・令子(草刈民代)が突然やってきました。

きちんとした性格の令子は、ダラけた雛子の生活を正そうとして、雛子は仕事でも私生活でも追い詰められていきます。

ようやくやってきた休日。令子が出かけた隙に雛子がダラけていると、令子が大牙を連れて帰って来たのです!

令子は大牙と結婚しろと勧めてきますが、雛子はやはり浅海のことが気になって仕方がありません。

チェーン店同時オープンを成功させた夜、雛子は凛々子(優香)と浅海が抱き合っているところを見てショックを受け泣いてしまいます。そんな雛子を、大牙は優しく抱きしめるのでした。

\\『ムチャブリ! 私が社長になるなんて』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレ】ドラマ『ムチャブリ! 私が社長になるなんて』第7話あらすじ・感想


嫌いってわけじゃない

浅海(松田翔太)と凛々子(優香)が寄り添っているところを目撃してしまい、思わず泣いてしまった雛子(高畑充希)。

moyoko

浅海社長は慌てて追いかけますが、間に合いませんでした。

その姿を見て思わず雛子を抱きしめてしまった大牙(志尊淳)。

「俺、あなたのこと嫌いってわけじゃないです」

moyoko

あまりに中途半端な言い方なので、雛子はただ慰められただけだと思ってしまいます。

翌朝、浅海は雛子に「あれは違うんだ」と弁解しようとしますが、なんと言っていいのかわからずしどろもどろ。

moyoko

これも全く雛子には伝わらず、雛子も聞く気はありません。

「大丈夫です。私は何も見てません!!」

新規事業

テイクアウトの店は売上も上々です。
会社では、短期契約だった知美(夏帆)が正社員として採用されました。
知美は「これまで以上に頑張る」と大張り切り。
知美の夫も、家事を分担すると協力を申し出てくれました。

moyoko

社員達も、皆知美の戦力を必要としています。

ちょうど同じ時、大牙が食品商社の仲介で、高級スーパーマーケットに『プチボナール』のお弁当を出品するという話を持ちかけて来ました。

moyoko

大量生産をするということで、レシピの共有について気になることはありましたが、願ってもない話です。

『リレーション・フーズ』はにわかに忙しくなってきました。

大牙は、雛子と打ち合わせの帰り、思い切って食事に誘ってみます。
雛子は大牙が何か悩み事があるのかと思いますが、その日は荷物が来るからと断ってしまいます。

その頃、浅海は凛々子に、雛子に対する自分の気持ちを認めていました。
しかし、恋をすることになかなか踏み出せない浅海。

「恋とかそういう類のものは、俺の人生に必要ない」

moyoko

でも、人間はそう簡単に気持ちを切り替えられるものではないですよね。

大牙のキャラ変

宮内(荒川良々)に「好きな人には積極的に行け」と炊きつけられた大牙は、休日に突然雛子の家に乗り込みます。

moyoko

極端でちょっと怖いですね・・・。

雛子は戸惑いますが、大牙によっぽど悩みがあるのだろうと思います。
2人はゲームをしたり、料理をしたりして楽しく過ごします。

「俺といて、楽しくないっすか?」

moyoko

雛子は、逆に自分を元気づけようとしているのかと勘違いします。大牙、不器用すぎ!

一方の浅海は、雛子を遠ざけようとしていました。

moyoko

こっちも不器用!!

仕事がしたい

正社員になった知美は、家事と仕事を両立させようと頑張っていました。
協力してくれるはずの夫は、やることを自分で決められず、やったとしても知美にとっては雑な仕事で、知美は結局自分でやってしまいます。

moyoko

あまりにもタスクが多くて、心配になってしまいます。

そんな中、知美は新規事業の仕事をさらに増やします。
雛子や他の社員は、知美が頑張りすぎているのではないかと気にしていますが、本人の希望でもあるので止められずにいました。

ある日、知美はミスをしてしまい、それをカバーするため残業をします。
家に帰ると、息子が怪我をしていました。息子は、「ママが忙しいから」と、それを黙っていたのです。

そのこともあり、夫が知美に今の仕事は無理があるのではないかと言ってきました。
それをきっかけに、知美の夫に対する不満が爆発し、喧嘩になってしまいました。

意欲があるほど潰れやすい

雛子は、知美のことを浅海に相談します。
すると、浅海は意欲があり真面目な社員ほど責任感が強く、潰れやすいので目を離さない方がいいと助言しました。

moyoko

さすが、カリスマ社長。決してワンマンなだけではないのです。

雛子はなんとか知美をフォローしようとしましたが、当の本人は「大丈夫」というばかり。

moyoko

悪い事をしているわけではないだけに、もどかしいですね。

この日、取引先に行ってそのまま直帰すると言って出ていった知美。
ところが、夜になって雛子のもとに息子から電話が来て、知美がまだ帰ってきていないと知らされます。

moyoko

まさか家出!?

助け合う仲間

雛子が知美の自宅に着くと、見たこともないほど家の中が荒れていました。

雛子は知美を心配していたものの、彼女なら大丈夫とどこかで頼ってしまっていたことを反省しました。

moyoko

思っていたよりも、知美はいっぱいいっぱいだったのです。

雛子は大牙と共に必死で知美を探します。
ところが、知美はただ電車で寝過ごし、終点まで行ってしまっていただけでした。

moyoko

家出じゃなくて良かったです!

雛子は、家族のために仕事を辞めると言い出した知美を、大学時代に一緒にアルバイトしていた店に連れて行きます。

バイト時代は、お互いの都合によってシフトを交代し合っていた2人。
雛子は、その時のようにみんなで協力し合って仕事をしようと伝えました。

moyoko

知美が夜遅く帰宅すると、夫は部屋を片付けてくれていました。良い人で良かったです!

突然のキス

雛子は会社で待っていた大牙に、自分達の会社も自由な働き方が出来るようにしたいと話すと、大牙は他社の色んな取り組み方を示してくれました。

楽しげに話す雛子に、大牙は飲みに行こうと誘います。

大牙が自分を励まそうとしていると思っている雛子は、無理をしなくていいと返します。

すると、大牙は雛子に突然キスしてきました。

moyoko

積極的!

翌日、当然仕事が手につかない雛子。
そこへ、浅海がやってきました。

浅海は慌てた様子で、新事業のスーパーとの契約書を見せるように言い、宮内に顧問弁護士を呼ぶように伝えました。

その頃、大牙は外回りの途中で、専務の葛原(坪倉由幸)に「上手くいった」とお礼の電話を入れているところでした。

ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』 第7話 ネタバレ・感想&まとめ

恋愛に不器用な男性陣。
彼らは遂に雛子への気持ちに気がつき、浅海は距離を取ることに、大牙は距離を詰めることにします。
2人の不器用な素振りにやきもきしますが、今のところ大牙が一歩リードというところです。

その一方で、会社の方は専務と野上(笠松将)が動き出し、大牙にスパイ疑惑が浮上しました。
大牙は本当にスパイなのでしょうか!?
次回、見逃せません!

\\『ムチャブリ! 私が社長になるなんて』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る