ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』 第10話 (最終話)会社解散の危機! 雛子の選択とは?

出典:ムチャブリ! 私が社長になるなんて公式ページ

出典:ムチャブリ! 私が社長になるなんて公式ページ

『リレーションフーズ』の解散が言い渡され、自分の無力さに打ちひしがれる雛子(高畑充希)。

家を出ていった浅海(松田翔太)からの連絡も途絶え、大牙(志尊淳)からも「終わりにする」と言われた雛子は、自分の幸せはどこにあるのか考えてしまいます。

そして雛子が自分たちのために会社を辞めようとしていると気がついた大牙は、会社を本社から買い取ろうと提案。

しかし、その資金がすぐに集まるはずもありません。

そこへある人物がやってきて・・・。

大波乱のお仕事恋愛ドラマ最終話です!

\\『ムチャブリ! 私が社長になるなんて』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』 前回振り返り

大牙(志尊淳)と浅海(松田翔太)との間で揺れる雛子(高畑充希)。

一方、葛原(坪倉由幸)の企てにより社長退任に追い込まれた浅海は姿を消してしまいます。

浅海退任の一因が自社の業績悪化にあると知った雛子は、責任を感じて浅海を探します。

するとそこへ浅海から「お腹が空いた」と連絡が。雛子は、人目につかないように自宅に連れ帰ることに。

しかし、自己評価が低い浅海に雛子は思わず「こんなところにいる人じゃない」と言って浅海を追い出してしまいました。

\\『ムチャブリ! 私が社長になるなんて』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレ】ドラマ『ムチャブリ! 私が社長になるなんて』第10話(最終話)あらすじ・感想

会社解散

新社長になった葛原(坪倉由幸)から『リレーションフーズ』の解散を言い渡され、動揺が広がる社内とレストラン。
雛子(高畑充希)は社員を本社に戻したあとは、密かに会社を辞めるつもりでいました。

moyoko

雛子が考えそうなことですね。

家を出ていった浅海(松田翔太)とは連絡がつかず、大牙(志尊淳)からも「僕は終わりにします」と言われてしまった雛子は、相変わらず自分の気持ちが見えません。

moyoko

どうしても、自分より他人を優先してしまうのが雛子なのです。

会社の買い取り

自分のことはさておき、社員の未来のために奔走する雛子が会社を辞めるつもりなのだろうと察した大牙は、雛子を呼び出し真意を聞き出します。

もちろん雛子も本気で会社をやめたいとは思っていませんでした。
でも、どうしたらいいのかわからないのです。

moyoko

社員たちは社員たちで、雛子のことを心配しています。良いチームです。

そこで大牙は、本社から『リレーションフーズ』を買い取ることを提案。
社員たちは張り切って金策しますが、そう簡単に集まるわけもありません。

そこに、柚(片山友希)に連れられて会社にやってきたのはなんと野上(笠松将)。
彼は、『野上フーズ』を辞め、心を入れ替えたので雛子たちの役に立ちたいと、銀行や投資家を紹介すると申し出ます。

moyoko

個人的な恨みをビジネスに持ち込んではいけないと思い直したらしいのですが、あまりに突然の改心です(笑)

神出鬼没

野上の助力によって、買い取りに十分な資金が集まるため、雛子たちは盛り上がりますが、葛原は先回りして売却先を決めてしまっていました。

moyoko

万事休す・・・!

そこに、思いがけない人物から連絡が入ります。
それは、タクシー代が足りないから、払いに来てほしいという浅海でした。

moyoko

50円だけ足りなかった浅海。彼らしいですね。

なんと浅海は、家も車も全て売り払って会社の株式を買い集め、『リレーション・ゲート』の社長に返り咲いたのです。

おかげで、雛子たちの会社も解散を免れました。

社長に返り咲いた途端、フードコート出店を2ヶ月以内に20店舗決めてほしいという浅海。

moyoko

ムチャブリきたーー!

久しぶりのムチャブリにテンションが上がる雛子でした。

僕は変わろうと思う

レストランも活気づき、フードコート企画も順調な中、大牙は以前のような塩対応に戻っていました。

moyoko

なんとなく、寂しい気持ちになった雛子です。

そして浅海はフードコートが順調なことを確認すると、突然社長を退くと言い出しました。

moyoko

浅海は、雛子たちの会社を救うためだけに戻ってきたのです。

浅海は、アフリカに行って学校を作ろうと考えていました。
新規事業ではなく、お金にならないことですが、やってみたいと言います。

雛子は、浅海と会えなくなるなんて嫌だと訴えます。
すると、浅海は「一緒に来たい?」と聞きます。

「君と一緒に生きていきたい」

moyoko

浅海は心から愛せる人を見つけ、その気持ちを伝えました。

雛子は、考え込んでしまいます。
自分がどうしたいのか、果たして仕事を捨てることができるのか・・・。

moyoko

今までの雛子なら、仕事を辞めることなどなんともなかったのですが、今は違います。

大牙は「あなたの好きなように生きてください」と言います。
雛子は少し冷たいと思いました。

大牙の本音

結局何も答えが出ないまま家に帰ると、大牙から電話がかかってきました。
ゲームが苦手な大牙が一緒にゲームをしようと言うのです。

moyoko

一生懸命相手のことを知ろうとするのが大牙です。

そんな雛子は、大牙に「大牙くんのままでいい」と言うと、大牙は「俺のままってなんですか!」と怒り出します。

大牙は、アフリカに行ってほしくないという気持ちも、好きなように生きてほしいというのもどちらも本気で思っていました。

moyoko

要するに、雛子が幸せならば、それでいいのです。愛ですね。

雛子の決意

フードコート限定のメニューが完成し、それを食べた雛子は、シェフと出会ったときのことを思い出しました。
この短い間、雛子の周りでは色んなことが起きました。

大変なことばかりでしたが、雛子の人生の中でこんなに楽しくてやりがいのある時間はなかったと思いました。

その思いを胸に、雛子は社長室に向かいます。

そして、自分の人生を変えてくれたことに感謝し、社長のことは好きだし、特別で大切だけれど、今は会社も社員も同じくらい大切なのだと伝えました。

moyoko

雛子は、浅海のおかげで変わった自分を気に入っていました。

「だから私は社長を辞めるわけにはいきません」

雛子は、一人で立って本物の社長になれるように頑張ろうと決意しました。

史上最大のムチャブリ

「君が決めたんなら、いいんじゃない」

moyoko

結果的にフラれた浅海ですが、何故か嬉しそうです。

浅海は「君もまだまだ変われる」と言って、自分が退いた後を任せると言いました。

moyoko

つまり、本社の社長になれと言っているのです。

「ありえない、ありえない!」

雛子が頭を抱えていると、大牙は目の前のチャンスは絶対ものにできるから、やったほうがいいと励まします。

moyoko

大牙はアフリカに行かないことが嬉しくてたまりません。

そして、新社長就任会見の日。
雛子は、大牙にスピーチの原稿作成を頼んでいました。

moyoko

文句を言いながらも、原稿を用意する大牙です。

「私には大牙くんが必要なんだよ。これからもよろしく頼むよ」

そんな脳天気な雛子に、大牙はキスをします。

moyoko

目の前にあるチャンスをモノにしたのです。

雛子は、黙ってそのキスを返しました。
そして、会見に出かけて行きました。

moyoko

大牙はビックリして腰を抜かしてしまいました。

『リレーションフーズ』や浅海がリモートで見守る中、雛子は新社長として壇上に立ちます。

ところが、雛子は早速原稿を忘れるというチョンボをやらかしてしまいます。

なんとか絞り出した雛子のコメントは

「みんなで仲良く楽しく頑張りましょう!」

でした。

大牙は「幼稚園の先生かよ!」と突っ込まずにはいられませんでした。

ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』 第10話 感想&まとめ

浅海社長のムチャブリにより、社長になることになってしまった雛子。
二人のイケメンに挟まれて右往左往した雛子。
その二人のイケメンによって大きく成長した雛子は、なんと本社の社長になってしまいました!
ちなみに、雛子の後任は荒川良々さん演じる宮内さんに引き継がれました(笑)

ベタな展開ではありますが、さくさくと軽く見られる楽しいドラマでした。
全10話お疲れさまでした!

\\『ムチャブリ! 私が社長になるなんて』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る