ドラマ『眼の壁』 第3話 萩崎が殺人事件の容疑者に! 捕らえられた関野の運命は!?

眼の壁

出典:眼の壁WOWOW公式ページ

田丸(加藤雅也)が何者かに刺殺され、その場に居合わせた萩崎(小泉孝太郎)は、殺人容疑で警察に追われる身に。警察は、事件の捜査をする中で、これが単なる殺人事件ではないことを直感します。

一方、関野(甲本雅裕)の妻・千代子(中島ひろ子)のもとに関野から1本の電話が入ります。自殺をほのめかすような言葉に、不安を覚える千代子。萩崎は千代子や村木(上地雄輔)から警察に出頭するよう勧められるが、自力で関野を救おうと決意していました。

\\『眼の壁』を見るならここ!!//

最大2ヶ月間無料のWOWOWで見る

ドラマ『眼の壁』 前回振り返り

手形詐欺の裏に与党政治家の岩尾(金田明夫)の存在を感じ取った萩崎。

岩尾の出入りするクラブ「月世界」に潜入すると、そこで萩崎は絵津子(泉里香)と出会います。

絵津子は、関野(甲本雅裕)が堀口(薮宏太)と会っていたホテルで、遠くから彼らを見つめていた女性。

萩崎は絵津子を問いただそうとしますが、店の客である田丸(加藤雅也)から、余計な詮索はやめるようにと忠告を受けます。

そんな中、ウキシマ電業製作所が関野の捜索から手を引いたため、萩崎は1人で行動することになりました。

ところが、田丸が何者かに殺されてしまい、萩崎が疑われることになってしまいます。

\\『眼の壁』を見るならここ!!//

最大2ヶ月間無料のWOWOWで見る

【ネタバレ】ドラマ『眼の壁』第3話あらすじ・感想

容疑者・萩崎

田丸(加藤雅也)がクラブ「月世界」のマネージャー・堀口(薮宏太)らしき人物に殺されたことで、そばにいた萩崎(小泉孝太郎)が容疑者として警察に追われることになってしまいます。

moyoko

踏んだり蹴ったりですね・・・。

田丸は元刑事で、捜査に当たっている捜査一課の笹川(飯田基佑)は、田丸のことを知っていました。
瀬沼弁護士(山崎銀之丞)に事情を聞いた笹川は、弁護士が何も話そうとしない態度を見て、この事件がただの殺人事件ではないことを直感します。

moyoko

瀬沼が顧問をしているウキシマ電業の経理課長が関わっているので、会社の経理関係に何かあるのではないかと考えたのです。

一方、萩崎が容疑者となったことで、気が気ではない村木(上地雄輔)。
そんな時、萩崎から新聞社に電話がかかってきます。

村木は萩崎に警察に行くように説得しますが、萩崎は絵津子(泉里香)から「警察には行かないで」と言われていることから、警察には行かず、独自で関野部長を探し出すと決めていました。

夫からの電話

その頃、関野(甲本雅裕)は堀口や組織の男(忍成修吾)から自宅にいる妻に無理やり電話をさせられ、「もう探さないでくれ」と自殺をほのめかすような事を言わされていました。

moyoko

関野部長は萩崎には手を出さないと、堀口たちと約束をして、電話をしたのです。

電話をした後、関野は着替えをして男たちと一緒に外に出ました。

警察が辺りにいるため、自宅に帰ることが出来ない萩崎が公衆電話から留守電を確認すると、関野の妻・千代子(中島ひろ子)から、関野から連絡が来たとメッセージが入っていました。

萩崎は慌てて関野家に出向き、これまでの経緯を説明します。

moyoko

当然、千代子は何が何だか分からない状態です。そりゃそうですよね。

千代子は警察に連絡をしようとしましたが、萩崎は「今警察が動くと部長は帰って来ない気がする」と言ってそれを止めました。

「少しだけ僕に時間をください。必ず部長を連れて帰りますから!」

千代子は落ち着きを取り戻し、萩崎に出す夕飯の準備をし始めました。
その間疲れた萩崎は、うたた寝をしてしまいます。

気がつくと、千代子が警察に通報していました。

moyoko

千代子はこの不安な状況に耐えられなかったのです。

萩崎は、慌てて逃げ出しました。

悲劇

翌朝、奥多摩の山中で関野の遺体が発見されました。
自殺と思われましたが、登山中に滑落した可能性もあります。

moyoko

関野は1人で山に入ったようです。

千代子は、山登りの趣味もない関野が山にいたのは、誰かに殺されたに違いないと警察に訴えます。
しかし、昨夜通報した時は萩崎から聞いた話を警察に話していませんでした。
萩崎の「必ず連れて帰る」という言葉を信じていたからです。

moyoko

ちなみに、堀口も姿を消しています。一体どこに?

関野の事を知り、何故もっと早く警察に出頭しなかったのかと後悔し、警察に出頭することにしました。
しかしそこに絵津子が現れ、絵津子は萩崎を自宅に連れ帰ります。

絵津子は、村木に連絡をしました。
萩崎のことを心配していた村木は、萩崎の無事を確認して安堵します。

しかし、萩崎は「自分が部長を殺した」と自分を責めていました。

絵津子の仕事

絵津子は、すかさず「それは違う」と否定します。

村木は、絵津子に「山杉商事に勤めるあなたが何故あの店で働いているのか」「岩尾議員とはどういう関係なのか」と質問します。

絵津子は、ゆっくりと説明を始めます。

山杉商事の社員である絵津子は、岩尾議員と深い関係にある犯罪組織から騙され、堀口を調べるように山杉社長に命じられました。
そして、調査開始の日に堀口を初めて見たと言います。

moyoko

ホテルのロビーで、萩崎が絵津子と出会った日です。

しかし、堀口の顔を見て絵津子は驚きます。
その男は「月世界」で“田中”と名乗っているマネージャーだったからです。

moyoko

そんな偶然あるでしょうか?ちなみに、岩尾銀の愛人は絵津子ではなく、クラブのママの方でした。

絵津子は堀口は利用されているだけで、このままでは彼は全て罪を着せられて殺されてしまうかもしれないと言います。

それは、組織のことを知っている萩崎も村木も同様です。
そうなる前に、絵津子は堀口を探し出したいと、2人に協力を頼みます。

岩尾建設

絵津子は、岩尾議員の弟が経営する長野県にある『岩尾建設』に、堀口がいるのではないかと当たりをつけていました。

萩崎は絵津子と共に長野へ向かいます。
道中、絵津子は田中マネージャー(堀口)は優しい人で、人を殺すような人ではないと信じていると語りました。

絵津子は、警察に追われている萩崎を車の中で待たせて、夜まで周囲の現場を周り、闇雲に堀口を探し続けました。

moyoko

殺されるかもしれないということもあるでしょうが、何か妙に焦っている様子が伺えます。

夜になり、飲酒検問で絵津子が免許証を出しました。萩崎はその時免許証に『黒池絵津子』となっているのを見ます。

moyoko

絵津子にはまだまだ秘密がありますね。

その後、とある現場で絵津子が聞き込みをしているところを、萩崎が車の外で待っていると、堀口に背後からナイフを突きつけられ、萩崎はそのまま人気のないところへ連れて行かれてしまったのでした。

ドラマ『眼の壁』 第3話 感想&まとめ

父親と慕う関野部長を探し出すために、奔走していた萩崎ですが、残念ながら関野部長は帰らぬ人となってしまいました。

まさか殺されることはないだろうと思っていましたが、衝撃の展開でした。

事は考えている以上にややこしいことになっていそうです。

あと2回で回収出来るのでしょうか? 絵津子は何を隠しているのでしょうか?

次回も見逃せません!

\\『眼の壁』を見るならここ!!//

最大2ヶ月間無料のWOWOWで見る