『メカニカル・テレパシー』予告編、出演者コメント解禁!「心を可視化する機械」を巡る3人の男女の物語

『メカニカル・テレパシー』予告編、出演者コメント解禁!「心を可視化する機械」を巡る3人の男女の物語。

© Akiko Igarashi

大阪を拠点に、2004年より映像制作者の人材発掘を行っているシネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)の第13回助成作品で、第12回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門及びアメリカのThe Philip K Dick Science Fiction Film Festivalに正式上映され、日本芸術センター第10回映像グランプリでは優秀映画賞を受賞した『メカニカル・テレパシー』。

主人公・真崎には、繊細且つ静かな強さを持つ演技で揺れ動く心を表現した吉田龍一、信念を持ち続けながらも、時折見せる弱さが魅力的な研究者・碧役に白河奈々未、本人の心の可視化なのか、碧の願望の可視化なのか、微妙な演技で観客をも惑わす夫・草一役に『ハッピーアワー』の申芳夫、真崎に思いを寄せ、真崎に重要なことは何かを訴えるアスミ役に伊吹葵、理事長役に宝塚歌劇団の元星組娘役スターの青山雪菜

その他、同僚・水沢役に、俳優業の傍ら、監督としても活躍する石田清志郎など、CO2俳優特待生に選ばれた関西出身の注目の才能が顔を揃えました。

この度、10月9日(金)よりアップリンク渋谷にてほか全国順次公開される本作の、予告編及び追加場面写真が解禁となり、出演の申芳夫伊吹葵よりコメントが届きました。

『メカニカル・テレパシー』予告編・新場面写真・概要


眠ってしまって目覚めない夫・草一。

草一の心を見ようとする研究者・三島碧。

碧に惹かれる真崎トオル。

真崎は、碧を手にしたいという欲望を持ちながらも、相手にとって何が一番幸せかを考えています。

碧は、自分が見ているのが本当の草一の心なのか確信が持てないながらも、草一の心を見ることに執着しています。

心として姿を表す草一は、目覚めることのない自分を思い続ける碧への別れの言葉を見つけられずにいます…。

報われない、手に入らない思いを抱えた3人が迎える決着は…?

『メカニカル・テレパシー』

© Akiko Igarashi

報われず、届かない…それでも生まれてしまった感情や心の行き場はあるのか。

心の中で、祈りのように思うことが、いつかどこかで他人に届くことがあるのか。

思いを寄せる相手の心が可視化されて目の前に現れたとして、それは本当の相手の心なのか?

それとも相手に焦がれる自分の願望なのか?

それとも全く別の思いもしない、誰かの心なのか?

「もしも心を可視化できたら?」という着想から始まり、SF的要素と恋愛感情を掛け合わせ、観客の認識を静かに揺らす、不思議な「心」の恋愛映画です。

Galleryギャラリー

『メカニカル・テレパシー』出演者コメント解禁

草一役:申芳夫 コメント

物覚えの悪い僕が本作品の記憶として残しているものを集めてみると、自分にとってごく個人的に身体に残る感覚のようで、整理された言葉にするのは難しいです。

例えば、五十嵐監督の誠実に作品にむかう顔。

脚本の練り直しのために毎夜パソコンに座る姿と横に置かれたビタミン剤。

それに呼応するかのように撮影部さんや制作部さんが夢中になってひりひりと仕事を積み重ねていく時の背中。

俳優さんたちのふとした時に聞かせてくれた、静かだけど意志のある声、こちらも嬉しくなるような弾む声、楽しさの中に優しさをはらんだ声。

僕はただ、映画という作品作りに向き合えることに子供みたいに幸せを感じていました。

そういった諸々の「多様な層」が、少しでも作品に反映されて届けばと祈るような気持ちです。

草一という役をいただいた時「人のありようの変化を描くのが劇映画のひとつの要素とするなら、彼はそこから少し外れた立場なのかも」と、考えてしまった気がします。

草一は色んな意味で、囚われている、留まり漂っている、それは誰でもあって誰でもない。

でも、改めて考えてみると人は皆そういった部分があるのかもしれません。

家族の前の「わたし」、恋人の前の「わたし」、友人の前の「わたし」、独りの時の「わたし」は、果たして地続きの同一人物といえるのでしょうか。

「わたし」の目に映る「大事なあの人」も、どんなにわかり合っているつもりでもやはり「わたし」ではなく「他者」なのです。

さらに、どうやら「わたしの中」にも「他者」が存在しているのが人間なのかもしれません。

そうなると何が本当で何が本当ではないのでしょう。

そもそも僕たちは色んな事柄に「本当だ。本当ではない」と、簡単な断言をしてしまっていいのでしょうか。

草一は、どう考えているのか。

その心の機微は登場人物たちの声の肌理きめに出ているのかもしれません。

もしよろしければスクリーンの前でお会いできたら幸いです。

アスミ役:伊吹葵 コメント

この作品は私にとって初めての映画出演作品です。

2017年の大阪アジアン映画祭で初めて上映された時、たくさんの方が上映後すぐに感想を言ってくださった事がとても印象に残っています。

アスミは大人しい性格で波風を立てるようなことはあまりしませんが、実は鋭敏で強い意思を持っている女性だと思っています。

真崎先生が研究室に来たことをきっかけに“人の心”についての捉え方が変わっていくのですが、私自身、アスミの言葉に何度もはっとさせられました。

もしも人の心が見えたら…誰もが一度は想像した事があると思います。

この作品を見て皆さんが何を感じるのかとても楽しみです。

『メカニカル・テレパシー』作品情報

出演:吉田龍一、白河奈々未、申芳夫、伊吹葵、青山雪菜、石田清志郎、時光陸、松井綾香、長尾理世、竹中博文、古内啓子(声の出演)
監督・脚本:五十嵐皓子
撮影:中瀬慧
照明:加藤大輝
美術:松本真太朗
衣装:蔭木いづみ
ヘアメイク:榎本愛子
音楽:宇波拓
録音:川崎彰人
音響:川口陽一
編集:和泉陽光・五十嵐皓子
VFX:守屋雄介
助監督:吉原裕幸
制作担当:清水美和・根本克也
配給・宣伝:アルミード

2018 / 日本 / カラー / 2.4:1 / ステレオ / 78分
公式サイトhttps://mechatelemovie.wixsite.com/mechatele/
Twitter@mechatelemovie
Facebook@mechatelemovie

あらすじ

ある大学の研究室で、「心を可視化する機械」の開発が行われていたが、実験中に事故が起こり、開発者の三島草一(申芳夫)が意識不明のまま目覚めなくなる。

共同研究者で草一の妻のみどり白河奈々未)は開発を続け、草一の心の可視化を試みていた。

成果を出さない開発を疎ましく思う大学側は、機械の調査という名目で、真崎トオル(吉田龍一)を研究室に送り込む。

可視化された草一を目の当たりにする真崎。

果たして、真崎が目にした人物は、可視化された草一の心なのか、碧の願望が可視化されたのか?

徐々に碧に惹かれていく真崎は、本当に重要なことは何なのかということに気づいていく。

メカニカル・テレパシー』は2020年10月9日(金)よりアップリンク渋谷にてほか全国順次公開!

Galleryギャラリー

▼あわせて読みたい!▼