韓国ドラマ『魔性<マソン>の喜び』キャスト・あらすじ・ネタバレ・動画情報まとめ!チェ・ジニョクの魅力が全開

出典:news.kstyle.com

眠るとすべてを忘れてしまう「シンデレラ記憶障害」である男が、ある女性のことだけは忘れなかった。

記憶障害を抱えた男と、元トップアイドルの切ないラブロマンス。

それではさっそく『魔性<マソン>の喜び』をレビューしたいと思います。

『魔性<マソン>の喜び』ってどんなドラマ?


『魔性<マソン>の喜び』イントロ①

『魔性<マソン>の喜び』イントロ②

ドラマ『愛の迷宮ートンネルー』でOCN史上最高視聴率を記録した後、オファーが殺到したチェ・ジニョク!

そしてヒロインには『サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜』で注目を集めたソン・ハユンが大抜擢された。

韓国だけでなく同時放送された台湾でも話題となった。

『魔性<マソン>の喜び』イントロ③

『魔性<マソン>の喜び』イントロ④

一瞬で恋に落ちたキップム(ソン・ハユン)の危機を救おうとし、彼女との記憶をなくしてしまうマソン(チェ・ジニョク)。

3年後、マソンとキップムは最悪の再会を果たす。それにもかかわらず、眠っても完璧に消えないキップムとの記憶。

そしてマソンは逆境の中でもたくましく生きるキップムのナイト的存在になっていく!

しかし今日どれだけ思い合っても次の日にはまた他人に戻ってしまう2人。

愛し合う時間を共有できない2人のちょっぴり切ない胸キュンラブロマンスの誕生!
出典:衛星劇場『魔性<マソン>の喜び』公式ページ

ドラマ『魔性<マソン>の喜び』主要キャスト

チェ・ジニョク / 役:コン・マソン

  • ソヌ病院脳神経センター長
  • 5歳の時に事故で両親を亡くし、4人の叔母さん達に育ててもらった。
  • 夜12時になると、前の日の記憶が消えてしまう「シンデレラ症候群」を患っている。

ソン・ハユン / 役:チュ・キップム

  • 濡れ衣を着せられたため転落してしまった元トップスター。
  • マソンとは逆に、すべての物事を記憶している。
  • 全盛期を過ぎているが愛する家族のために仕事をしている。

イ・ホウォン / 役:ソン・ギジュン

  • ソヌホテルの後継者で無名の俳優。
  • マソンの従兄弟。

ドラマ『魔性<マソン>の喜び』あらすじ

『魔性<マソン>の喜び』あらすじ①

『魔性<マソン>の喜び』あらすじ②

家柄、才能、ルックスと全てを兼ね備えた脳神経外科医コン・マソン。

ある日、トップスターのキップムを海南島で助けたマソンは、彼女のかわいらしい魅力に惹かれ、2人はあっという間に恋に落ちる。

キスを交わした2人は1時間後に会う約束をするが、彼女を待つ間キップムを陥れようとする男たちの会話を聞いてしまう。

気になったマソンは男の後を追いかけるが、そこで交通事故に遭い、眠ると記憶を失う記憶障がいに!

『魔性<マソン>の喜び』あらすじ③

何も知らないキップムは、彼が来なかったことにショックを受け、彼女を陥れようとする男の酒を飲んでしまう。

そして目を覚ますと男は死んでおり、その容疑者にされた彼女はトップスターの座を失ってしまう。

それから3年後、偶然再会したマソンとキップム。

キップムを覚えていないマソンは冷たい態度を取り、互いの印象は最悪に。

しかし翌朝、昨日のキップムとの記憶が断片的に蘇ったマソンは、彼女の存在が気になり始める。
出典:衛星劇場『魔性<マソン>の喜び』公式ページ

ドラマ『魔性<マソン>の喜び』を視聴できる動画配信サービス

『魔性<マソン>の喜び』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月9日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年4月9日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

【ネタバレあり】ドラマ『魔性<マソン>の喜び』感想レビュー

出会ってすぐに惹かれあい急速に恋におちる二人

頭脳明晰、見た目の美しさ、高身長、おまけにソヌグループの後継者であり財閥。

すべてが完璧にみえるマソンですが、5歳のころ交通事故に遭い両親を失います。

子供の頃の傷を抱えながら、どこかでいつも他人を信用できない、そんな孤独を抱えながら叔母の元で生活をするも、小学校2年にして単身留学させられます。

その甲斐あってか、マソンは世界でも認められる脳神経分野の最高権威となります。

そして、ソヌ病院の脳神経センターのセンター長となり、仕事の契約のため中国の海南に訪れたとき、ある女性と出会います。

その女性は、韓国のトップスター、チュ・キップン。

撮影で海南を訪れていたキップンですが、スタッフとはぐれてしまい、カフェで二人は出会います。

テレビをあまり見ないマソンは、キップンがアイドルと気づかず契約相手と勘違いします。

一方のキップンもマソンを自分のファンと思い込み、失礼な態度を取ってしまいます。

お互いの勘違いからハプニングに巻き込まれ、二人の距離は一気に進展し、出会って間もなく急速に恋に落ちます。

二人の人生を転落させる事件

恋におちた二人は、一時間後に会う約束をして一旦離れます。

ところが、マソンがキップンを待つ間、ある店でキップンを陥れようとする二人の会話を聞いてしまい、マソンは二人を追いかけますが、その途中で交通事故に遭い重体に陥ります。

一方キップンは、キップンをモノにしようと好意を寄せるアイドルに薬を盛られ、意識を失くしホテルの部屋へ連れて行かれます。

ところがそのアイドルが、キップンの意識が無い間に急死してしまい殺人容疑をかけられてしまうのです。

嫌疑不十分で罪には問われなかったものの、キップンは韓国を代表するトップスターから、人気アイドルの殺人容疑者と一気に転落し、全国民から嫌われるようになるのです。

悲惨な再会

韓国の嫌われ者として転落してしまったキップンは、芸能界でも干され状態で誰も相手にしてくれませんが、キップン自身はどんな状況でも歯を食いしばって、家族のためにどんな仕事でも引き受けます。

そんな惨めな状況で、3年後にマソンと再会してしまうのです。

マソンは、3年前の事故で「シンデレラ記憶障害」という、寝て起きると昨日までの記憶が無くなっているという病気を抱えていました。

当然ながらキップンのことも忘れています。

3年前のことを完全に忘れているマソンに対してショックを受けるキップンですが、その日からマソンが寝て起きた後でも、なぜかキップンのことだけは記憶に残っているのです。

事故から3年の間、今までに一度もそんなことがなかったマソンは、キップンに何か手がかりがあるんじゃないかと接触を試みるようになります。

果たしてマソンはキップンを思い出す日がくるのでしょうか?

韓流ドラマ『魔性<マソン>の喜び』まとめ


寝て起きたら記憶が無くなっているという「シンデレラ記憶障害」。

ですが、そんな病気あるのかな?とは思いましたが、ネーミングがロマンチストな割に、実際に毎朝起きて記憶がないというのは、とても怖いことですよね。

マソンの場合は、毎日の出来事を日記につけ、朝起きて最初にやることは暗記でした。

どんなに暗記できたとしても、大切な人と過ごした日々、大切な人の温もり、大切な人の言葉、その時の感情を全部忘れてしまうなんて悲しすぎます。

でもきっと、どんなに記憶が無くなっても、喜びで胸がいっぱいになった経験や、好きな人への想いで胸が張り裂けそうになった経験、そして傷ついて胸が痛くなった経験、そんな胸に深く刻んできた思いは、心が覚えていてくれるはずです。

本作のセリフでもありましたが、「大切な人を守れなかったときは、期待して待って、愛し続けること。そうやって毎日大切な人を待ちながら生きていくこと。また会える日まで。」

実際に、大好きな人が自分のことを忘れてしまったら何年も待っていられるのかな?と、見ている途中で胸が苦しくてたまりませんでした。

そして何といっても『魔性<マソン>の喜び』の最大の魅力は、やはりチェ・ジニョクですね。

ジニョクの高身長、端正な綺麗な顔立ち、そして最大の魅力でもある声!

クールな表情からの笑ったときのフニャッとなる目元に、世の女性たちはフニャフニャになってしまうことでしょう(笑)

ただ設定として、脳神経の権威の割に年齢が若すぎるのと、脳に損傷を負ってしまってその後の仕事に支障はないのか?と思いましたが、チェ・ジニョクのカッコよさに、これも記憶から消すことで…良しとしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です