『魔女の法廷』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!チョン・リョウォン、ユン・ヒョンミン主演の痛快法廷ドラマ!

『魔女の法廷』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!チョン・リョウォン、ユン・ヒョンミン主演の痛快法廷ドラマ!

出典:U-NEXT

幼い頃、行方不明になった母親を探すため検事になった女性マ・イドゥム。

ある日、彼女はとある事件で精神科医を辞めて検事になった年下の新人検事ヨ・ジヌクと出会うことに。

堅実で真面目なジヌクにとってイドゥムは危険な存在だったのですが、2人は誰もが敬遠する「女性・児童被害対策部」に異動させられてしまいます。

無鉄砲なイドゥムと合うはずがないと思っていたジヌクでしたが、2人はいがみ合いながらも一緒に仕事をしているうちに段々と絆を深めていきます。

それではさっそく『魔女の法廷』を少しネタバレありでレビューしていきたいと思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『魔女の法廷』キャスト

チョン・リョウォン / 役:マ・イドゥム

  • 「魔女検事」と呼ばれる7年目のエース検事
  • 幼い頃、母親がある事件に関係し失踪してしまい、探すために検事になる
  • 出世のためなら手段を選ばず無鉄砲に突進する

ユン・ヒョンミン / 役:ヨン・ジヌク

  • 元精神科医の新人検事
  • 優しく・穏やかな性格
  • イドゥムとぶつかり合うが、次第に信頼できるようになる

チョン・グァンリョル / 役:チョ・ガプス

  • 法律事務所の顧問理事
  • 前職の警察署長時に性的暴行事件容疑者になったが無罪に
  • 常に何かをたくらんでいる恐ろしい存在

キム・ヨジン / 役:ミン・ジスク

  • 女性・児童犯罪被害対策部の部長検事
  • 約20年前のガプスの性的暴行事件の担当検事
  • 権力を盾に事件から逃げたガプスを未だに追いかけている

【ネタバレ】『魔女の法廷』あらすじ・感想


スカッとできる法廷ドラマ

魔女の法廷』は爽快感のある法廷ドラマです。

いつもかわいらしい役柄が多い印象の女優チョン・リョウォンが、クールで男勝りな検事イドゥムを演じており毎回スカッとさせてくれます。

『魔女の法廷』

出典:U-NEXT

かとリーニョかとリーニョ

世の女性たちが憧れるような強くて魅力的な女性像を体現しており彼女の演技が、熱狂的人気の要因の一つだと思います。

一方、ユン・ヒョンミン演じるジヌクが対照的なソフトな役柄で非常にバランスの取れた関係です。

『魔女の法廷』

出典:U-NEXT

また、単に痛快なだけでなく実はイドゥムが過去の母の失踪で心に深い傷を持っているという点も面白いです。

悪役が板についてきたチョン・グァンリョル

2016年の『テバク~運命の瞬間~』での朝鮮王朝を混乱に陥れる側近イ・インジャ役に引き続き、強烈な悪役として登場するべテラン大物俳優チョン・グァンリョル

チョン・グァンリョルが演じるチョ・ガプスはイドゥムと度々法廷で対立する弁護士事務所のボスであり、汚い手を使ってイドゥムを妨害するだけでなく、政界に進出して甘い汁を吸おうともしています。

さらに、後程書きますが、彼には過去に犯した重い罪もあるのです。

『魔女の法廷』

出典:U-NEXT

かとリーニョかとリーニョ

かつては『ホジュン~宮廷医官の道~』で主役の伝説的名医を演じるなど、視聴者からも愛され崇拝されるような役柄が多かったのですが、やはり悪役の似合う年齢になってきたのでしょうか?

2010年代以降は悪役が多くなっているチョン・グァンリョル。

魔女の法廷』は彼の悪役っぷりも必見です。

異色の俳優ユン・ヒョンミン

日本でもジワジワと人気を博している『愛の迷宮〜トンネル〜』などに出演してきたユン・ヒョンミンが、今回は元精神科医の心優しい新米検事を演じています。

『魔女の法廷』

出典:U-NEXT

かとリーニョかとリーニョ

ユン・ヒョンミンは前職はなんと!「プロ野球選手」!異色の経歴ですよね。

野球引退後、舞台ミュージカルなどで演技力を磨き、いまやドラマにも引っ張りだこのユン・ヒョンミン。

魔女の法廷』ではイドゥムとのラブストーリーも必見です。

『魔女の法廷』

出典:BSフジ

かとリーニョかとリーニョ

とてもキュンっとする場面やセリフもたくさんあるので、ぜひご期待ください。

ガプスの過去の事件が最大の争点に

魔女の法廷』の一番の見どころは、イドゥムとジヌクの上司ジスクも20年以上追っていた悪役・ガプスの過去の性的暴行事件の真相です。

さらにイドゥムの母の失踪にもガプスが関係していたことがわかり、最終的には彼との全面対決になっていきます。

『魔女の法廷』

出典:BSフジ

果たして百戦錬磨の弁護士ガプスから20年前の事件の自白を引き出せるか、彼の罪を白日の下にさらせるのか、これが『魔女の法廷』のキーポイントなのです。

さらに終盤、ガプスの性暴行事件にはジヌクの母も関係していることがわかります。

次々と衝撃の事実が明らかになって目が離せないです。

かとリーニョかとリーニョ

テンポ良くどんどん話が進んでいくので集中してご覧ください。

『魔女の法廷』まとめ

韓国では2017年のドラマ開始の1話目から注目され、3話目には同時間ドラマ視聴率1位を獲得した異例の人気作『魔女の法廷』。

重い話もあるのですが、なかなかコミカルな展開もあり、とてもテンポの良いドラマに仕上がっています。

検事になったイドゥムは母を無事に探すことができるのでしょうか?

かとリーニョかとリーニョ

そしてイドゥムに深く関わっていくに連れて、彼女に好意を持つようになったジヌク、2人の恋の行方も気になりますね。

さらに悪役・ガプスがどうやって性的暴行事件をもみ消したのかという真相を見ると、「権力」をどう使うべきなのか考えさせられます。

また、イドゥムの痛快な活躍が世の中の女性を元気にさせたに違いありません。

「女性の弱さも強さに変わるのがすごい!」という感想もありました。

かとリーニョかとリーニョ

どういうことなのか、ぜひドラマでご確認ください。

韓国ドラマ『魔女の法廷』、ぜひご覧頂きたい作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼