アニメ『舞妓さんちのまかないさん』第1話のあらすじ・ネタバレ感想!「京都で働くまかないさんは16歳の女の子!」

出典:『舞子さんちのまかないさん』公式ページ

出典:『舞子さんちのまかないさん』公式ページ

夜の京都、花街で働く舞妓さんにご飯を作るお仕事「まかないさん」。

ある屋形でそのお仕事を担うのはまさかの16歳の女の子のおっとりかわいいキヨという子でした!そんなキヨと舞妓さん達が織りなすほのぼのご飯アニメ!

それではさっそく『舞妓さんちのまかないさん』の第1話のネタバレありでレビューしていきます!

\\『舞妓さんちのまかないさん』を読むならここ!!//

31日間無料のU-NEXTでマンガ版を読む

【ネタバレ】アニメ『舞妓さんちのまかないさん』第1話あらすじ・感想

古都、京都。そこで働く舞妓さんと、それを支えるまかないさん

古都、京都。世界的にも有名な日本の観光名所の一つ。

夜の帳が下りる頃、川の向こうには小さな街が浮かび上がる。それは花街。

舞妓さんや芸妓さんが働く夜に咲く花の街である。そこでまだ16歳のキヨは、まかないさんとして働いている。

まかないさんとは、屋形に住む舞妓さんの3度の食事を作る係のことだ。キヨは夕方、大きなリュックと大きな風呂敷包を持ってフラフラと京都の街を歩いていた。

「今日の売り切りタイムセールは完璧なラインナップだったな〜。

まるでうちの冷蔵庫が見えているかのようだった」ととても満足気な様子である。

そこに「おーい、キヨさーん。買い出しかい、ご苦労さま」と知り合いのお巡りさんが声をかけてくる。

キヨはにこやかに対応した。このお巡りさんは、前に買い物をした後の大きな荷物を持つキヨを、家出少女だと勘違いした過去がある。

今ではキヨをプロのまかないさんとして接してくれるいいお巡りさんだ。

168

シンプルな絵柄に丁寧に描かれた京都の街が綺麗ですね!キヨも愛嬌があり素朴で可愛らしいキャラクターです!

知られざる舞妓さんの生活

舞妓さん達は仕事を終えた後、帰ってきて共同生活を送っているのは屋形と呼ばれる家である。木造で、古き良き長屋の形をしている。

屋形を仕切るおかみさんを「おかあさん」と呼び、先輩の舞妓さんを「おねえさん」と呼んで、舞妓さん達は家族のように一緒に暮らしているのだ。

キヨはそこで縁あってまかないさんとして働いている。

168

舞妓さんはそんな感じで生活しているんてますね!知られざる舞妓さんの世界が知れて面白い!

まかいないさんのキヨと、舞妓への道を進む親友すみれ

お巡りさんと軽く話した後、修学旅行生とすれ違うキヨ。少し前までキヨも中学生だったため、どこか懐かしさを覚える。

そこに舞妓さんが通りかかった!中学生たちはきゃあきゃあと声を上げてスマホで撮影し、喜ぶ。そしてその舞妓さんの後ろには、私服姿のおさげの少女が連れ添って歩いていた。

それはキヨの幼馴染、すーちゃん、通称すみれである。すみれは遠くから自分の姿を見ているキヨの存在に気づいたようだった。

168

すみれが舞妓さんについて歩いてるということはキヨとすみれは違う道を歩んでいるようですね。

ストイックなすみれを見守るあたたかな存在、キヨ。2人は仲良し!

そして帰宅後、冷蔵庫に買ってきた食材を詰めるキヨ。「よしよし、冷蔵庫が埋まったぞ。

これで一安心」と嬉しそう。そこですみれがやってきてキヨに声をかける。「珍しいね。この時間に屋形にいるなんて。

おねえさんのお見送りはもういいの?」と言ってキヨは、すみれが座れるよう椅子を出す。すみれは出された椅子に座りながら「うん。今夜は後でおかあさんに呼ばれてて」と返した。

2人は机に向かい合い、久しぶりに話せる喜びを噛み締めていた。2人とも忙しい身なので仕方ない。

特にすみれは舞妓さんになる前の修行の身。キヨはすみれを見て「ちょっと痩せた?休んでないんじゃない?」と心配する。

だけどすみれは「確かにあんまり寝てへんけど、実は眠くもないねん」と毅然として答える。すみれは舞妓さんになる前の「しこみ」と呼ばれる身だ。

だからこそ何もかも勉強で見逃せない。また、みんなが寝てる時こそチャンスだから寝てられないのだとも言う。

そしてすみれはキリッと顔を整えて、ストイックな眼差しをし「せやけどしかたない。しっかり気張らんと、うちがうちに腹立つねんもん」と言った。

そして「時間やわ。おかあさんとこ行ってくる」と言って席を外し、キヨはすみれを見送った。

168

キヨとすみれはとても仲良しな様子。そしてキヨはおっとりマイペースながらもしっかり者のまかないさん。すみれは更にもっとしっかり者で、かなりストイックな性格の持ち主のようです。

すみれ、まさかの舞妓デビュー!それに対してキヨの反応は?

すみれがいなくなった後、たわしでタイル張りの流し台を洗うキヨ。そこにバタバタと走る音が聞こえてくる。

そして台所に飛び込んできたのはすみれだった。「キヨちゃん!キヨちゃん。大変!大変!」とすごく慌てた様子だ。

キヨの手を掴み、慌てふためきながら言葉を紡ぐすみれ。そして「お師匠さんから店出しのお許しが出たんやって!舞妓デビューするんやって!」と顔を赤らめながらキヨちゃんに話した。

「ああついにここまできた!うちは、ついに舞妓さんになるんや…!」とキヨの手を握りしめ喜びを噛み締めるすみれ。

しかしそこでキヨが舞妓さんになれなかったことを思い出す。

キヨに残酷なことを告げたのではないか?と憂うすみれだが、そんなことはなく、キヨは「すみれ、おめでとう!やったねやったね!おめでとう!」と抱きつき、飛び跳ねて喜んだ。それにたいしてすみれは安心したように「おおきに…」と静に返した。

168

2人は同郷で幼馴染のようですね。しかしキヨはまかないさん。すみれは舞妓デビュー。2人は道が違います。それでも妬まず、ただ親友の成長を喜ぶキヨはなんていい子なんでしょう…。

お祝いは手作りホイップクリームでデコレーションした豪華なプリンアラモード!

「そうだ!昨日おこづかいでプリン買ったんだんよ。2人でお祝いしよ。どう?」と言うキヨにすみれは賛成。手を洗うために一度台所から出ていくすみれ。

その間にホイップクリームを準備し、綺麗なお皿にプリンを盛り付け、缶詰のフルーツも乗せてプリンアラモードを作るキヨ。

しかしすみれはなかなか帰ってこない。すみれは洗面台で顔を洗い「キヨちゃん、見とって。私、必ず花街一の舞妓さんになるからね」と誓っていたのだった。

168

ホイップクリームは自家製でちょっと手の込んだプリンアラモードが出てきました!これは嬉しい心配り!一方すみれは、やはりストイック。キヨちゃんに誓う顔はなんとも言えない、様々な感情が込められています。

プリンとプディングの違いは?

本編に出てきた料理を振り返る「すみれとキヨの今日のまかない」のコーナーが始まる。

今回出てきたコンビニプリンを使ったプリンアラモードについて紹介した。

すみれは「プリンにはちょっとしたご褒美感があるんよね」とコメント。

それを肯定しつつ、キヨは外国にあるライスプディングというものが気になる様子。すみれが調べるとライスプディングというのはお米を牛乳で煮込んだミルクがゆということが分かった。

キヨは「思っていたプリンと全然違う」とぽかんとした顔をした。

また、プリンは和製英語で本来のプディングは小麦粉、卵、牛乳などを使った蒸し料理のことだとすみれは説明する。

キヨはそれに大変驚いた。出てきた料理を見て思っていたプリンと違うとおどろく日本人は結構多い、と書かれた書物を読み上げるすみれ。キヨはまたまた驚いてしまった。

168

本編とは別コーナーで料理の紹介コーナーがあるようですね!これには原作ファンも新鮮で嬉しいのでは?

そしてプリンとプディングの違いを初めて知りました!なかなか勉強になりますね。10分アニメと侮ってはいけません。

アニメ『舞妓さんちのまかないさん』第1話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ

10分アニメとして始まったほのぼのごはんものストーリーの「舞子さんちのまかないさん」ですが、予想以上に心が癒されますね!

丁寧な作画で少女たちの頑張りが表現されていて心が洗われます。また、観ていてお腹が空くアニメでもありますね。

大切な人にご飯を作りたくなりました!

\\『舞妓さんちのまかないさん』を読むならここ!!//

31日間無料のU-NEXTでマンガ版を読む