『ロスト・バケーション』あらすじ・ネタバレ感想!ブレイク・ライブリーが美しすぎる、現代サメ映画の傑作!

映画『ロスト・バケーション』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:amazon.co.jp

これまでのサメ映画で飽き飽きしてるとしても見るべき作品!

パニック映画の面白さがギュッと詰まった90分をご覧あれ。

ポイント
  • 美しすぎる舞台に映像、そして美しすぎるブレイク・ライブリー。
  • 上映時間は90分未満!緊迫を保つ工夫たち。
  • 実は登場人物と場所が限られている映画は面白い!

それではさっそく映画『ロスト・バケーション』をレビューしたいと思います。

『ロスト・バケーション』作品情報

映画『ロスト・バケーション』作品情報

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

作品名 ロスト・バケーション
公開日 2016年7月23日
上映時間 86分
監督 ジャウム・コレット=セラ
脚本 アンソニー・ジャスウィンスキー
出演者 ブレイク・ライブリー
オスカル・ハエナダ
ブレット・カレン
セドナ・レッグ
ジャネール・ベイリー
音楽 マルコ・ベルトラミ

 

【ネタバレ】『ロスト・バケーション』あらすじ・感想


映像美が素晴らしすぎる!もはやブレイク・ライブリーのPV!

本編が始まって最初の10分間。

この10分間を見るだけでも価値があるんじゃないか?

そう思ってしまうほど、この作品の冒頭は完璧に心を掴んできます。

えだまさえだまさ

少なくとも私はこの10分間を見た時点で、「観て良かった〜!」という感情を持ちましたね。

心地良い会話とリズム感、森の中から抜けて現れる楽園のようなビーチ、ブレイク・ライブリーの美貌が映えるショット、そして美しすぎる海中場面。

『ロスト・バケーション』

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

まるでブレイク・ライブリーのPVでも見てるような気分になります。

この文章を書いてる今も、また観たい!と思ってしまうほどの映像。

ぜひ、一度観てほしいです!

緊迫の90分!無駄の一切ない物語。

最近の映画では珍しく、上映時間はなんと90分未満!

なのに傑作と言っても過言ではない出来!

えだまさえだまさ

なぜか?それは圧倒的に無駄を省いた作りになっているからでしょう。

全てのシーンに意味があり、ダラダラしがちなドラマ部分(今作で言うと家族間の感情)も、かなり端的に大切な部分だけといった感じ。

これが新鮮でありながら、90分間ずっと緊張感を保たせている秘訣です。

『ロスト・バケーション』

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

えだまさえだまさ

というよりも、この緊張感が90分以上続いたらもう疲れちゃう!という限界の時間でしたね(笑)

場所と登場人物が限られる設定での物語は、主演次第でめちゃくちゃ面白くなる!

過去にも、映画や舞台がシンプルだったり少ない名作は生まれてきました。

例えば『アイ・アム・レジェンド』や『フォーン・ブース』『127時間』あたりが有名作品でしょうか。

こういった登場人物が少ない面白い映画を挙げるなら、実は他にもまだまだあります。

えだまさえだまさ

そう、実は「登場人物が少ないと面白い!」という統計的な法則を私は結構信じています(笑)

そして今作も、この法則をしっかり守ってくれた名作でした。

強いて言うのであれば、これまでは「男性の主人公」が多かったこの手の作品の中で、女性(しかもめちゃくちゃ美人!)が主人公というのでさらに鮮度は上がりました。

『ロスト・バケーション』

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

こういう映画が面白くなる絶対条件は「主人公を演じる役者の力量」です。

ロスト・バケーション』のブレイク・ライブリーは楽勝でこの条件をクリアしています。

細々とした設定がない直球勝負なのがキモとなる。

上述の通りですが、この映画はとにかく無駄や細々とした設定はありません。

えだまさえだまさ

登場人物のそれぞれの背景はおろか、名前すらわかりません(笑)

そういう細かい話はなしで、「美女vsサメ」と「ナンシーの家族物語」だけで構成されています。

『ロスト・バケーション』

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

まさに直球勝負。いっさい無駄な情報を与えないあたりが、逆にリアル感を煽っています。

『ロスト・バケーション』あらすじ・ネタバレ感想:まとめ


なぜかわかりませんが、サメって映画の永遠のテーマだったりしますよね。

もちろん始まりは『ジョーズ』。

そして『ディープ・ブルー』『ソウルサーファー』、『MEG ザ・モンスター』。

これまで数々のサメを題材とした映画作品が作られ、定期的に名作が生まれてきました。

今作『ロスト・バケーション』は、間違いなく現代の傑作サメ映画と言えます!

映像美から始まり、緊迫の90分、そして、ブレイク・ライブリーの美しさ、物語の洗練さ。

パニック映画が好きなら、観ない理由はありません!