『ウィーアーリトルゾンビーズ』あらすじ・ネタバレ感想!両親を亡くした少年少女がバンド結成する青春音楽物語

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『ウィーアーリトルゾンビーズ』公式ページ

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』はタイトルに「ゾンビ」と入っているけれど、みんなが思うようなホラー映画、あるいはゾンビ映画ではありません。

これは両親が死んだのに全く泣けない子どもたちが出会い、バンドを結成する!?という異色の青春音楽映画なのです。

今作はたくさんの人々の心を揺さぶり世界中からも高く評価され、サンダンス映画祭・ベルリン国際映画祭で2冠を受賞しました!

ポイント
  • ゾンビ映画ではありません。青春音楽映画です。
  • 新進気鋭かつインパクト大の長久監督と主演4人の子役たちのこれからに注目!
  • 映像の美しさとコンセプトが胸に刺さる!ほぼワンテイクの圧巻のライブシーン。

2019年8月31日には、今作がまだ劇場公開中にも関わらず、24時間限定で公式サイトで全編が無料公開されたことでも話題を呼びました。

そんな映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』をネタバレありでレビューします。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ウィーアーリトルゾンビーズ』作品情報

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』作品情報

(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

作品名 ウィーアーリトルゾンビーズ
公開日 2019年6月14日
上映時間 120分
監督 長久允
脚本 長久允
出演者 二宮慶多
水野哲志
奥村門土
中島セナ
佐々木蔵之介
工藤夕貴
池松壮亮
初音映莉子
村上淳
西田尚美
佐野史郎
菊地凛子
永瀬正敏
音楽 山田勝也
LOVE SPREAD

【ネタバレ】『ウィーアーリトルゾンビーズ』あらすじ・感想


両親が死んでも泣けない子どもたち

今作の主人公であるヒカリ(二宮慶多)、イクコ(中島セナ)、タケムラ(奥村門土)、イシ(水野哲志)が出会った場所は火葬場。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』

(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

ヒカリの両親はバス事故で、タケムラの両親は自殺。

イシの両親はガス爆発で焼死、イクコの両親は変質者に殺されました。

事故や事件で両親が死んでも泣けない4人は意気投合し、一緒に過ごすことを決めます。

感情がない4人はまるでゾンビのよう。

マルコヤマモトマルコヤマモト

まず、人が死んだときに泣けるか…と問われたら私は悩んでしまうかもしれません。年齢に伴う感情の変化、その人との思い出、場合によってはその人の亡くなり方が関係してくるかもしれません。

主人公4人の年齢は13歳という微妙な感情のお年頃。

両親が死んでも冷めている4人の会話に、ちょっと違和感すら覚える序盤です。

そして物語は、まるでRPGのように進んでいきます。

演出から撮影の仕方、カメラのアングルまでがRPGのような見せ方になっているのも今作のポイントです。

人生はリセットできない…だからこそ

ゴミ捨て場にたどり着いた4人は、ホームレスたちが演奏する音楽に出会い、自分たちもバンドを結成することを決意します。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』

(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

そして、バンド「LITTLE ZOMBIES」が誕生したのです。

バンドは4人が感情を取り戻すための冒険でした。

宝物のような4つの才能は、たちまち大人たちの目に留まります。

ゴミ捨て場に住む望月(池松壮亮)により発見された「LITTLE ZOMBIES」は、すぐさまメジャーデビューの道を歩みます。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』

(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

4人の才能と両親を亡くしたというバックグラウンドは、すぐさま世間に受け入れられました。

ヒカリたちと同年代中心のファンが増加、バンド活動は順調に進んでいたように思えました。

しかし、ツアータイトル「殺したのは誰だ」に因んで、SNSでは勝手に犯人特定が始まります。

そして、世間に叩かれたいちご狩りバスツアーの運転手が自殺するという事件が起きたのです。

この事件を機にバンドは解散。

ラストライブの観客はゼロでした。

大人たちに見捨てられた4人は、再び厳しい現実世界に放り出されたのです。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』

(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

ヒカリは親戚の家へ行くことになりましたが、その前にどうしても最後に両親が行くはずだったバスツアーの目的地に行きたいと思っていました。

ヒカリのことを見送りに来ていたイクコ、タケムラ、イシはヒカリの願いを叶えるためにヒカリの手を取り、ホームを駆け抜け電車に飛び乗ります。

追ってくる大人たちを振りほどき、電車を降りた4人は車を手に入れます。

タケムラが運転をしていましたが、途中で車がなにかにぶつかります。水の中を沈んでゆく車…。

ヒカリの目には、今までの人生が走馬灯のように映っていました。

突如画面に「コンティニューしますか?」の文字が現れますが、ヒカリは「ゴミみたいな人生」とつぶやくと「NO」を選択します。

そこでゲームオーバー。しかし、LITTLE ZOMBIESメンバーの声が聞こえてきました。

「絶望とかだっさ!」

「空気読め!」

「もう一回選択画面を出せ」

ヒカリが次に選んだ答えは「YES」。すると、次に現れたのは赤ちゃんの誕生シーンでした。

ボウケンノハジマリデス。ナマエハナニニシマスカ?

それはヒカリがこの世に誕生したとき、両親がヒカリという名前をつけたときの映像でした。

次にヒカリが目を覚ますと、車はバスの事故現場に到着していました。

そしてついに、一同はいちご狩りの草原に到着します。

ツアーの目的地の草原は、富士山が見える絶景ポイントでした。

なぜ両親はここへ来たかったのだろう…?

そんなことを考えながら、ヒカリたちはそれぞれ草原の中をぐんぐんと歩き進みました…。ここで物語は終わります…。

一度は人生を放棄しようとしたヒカリが、タケムラ、イクコ、イシたちとの出会いにより再び感情を取り戻し、次は「生きる」という選択をします。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、リアルな世界ではどうでしょう?ゲームのようなコンティニュー画面での選択すら出てきません。

生死とは、現実ではそんなに簡単ではないのです。

私たちの場合は与えられた命は1つだけ

どんなに辛いことがあっても命がある限りは、人生をコンティニューせざるを得ません。

でも、諦めてしまってはすべてが終わり、つまりゲームオーバーです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

私たちの命はゲームのようにリセットできません。辛いことがあって死んでしまうより、辛くても生きている方がなにか良いことがあるかも!と、この『ウィーアーリトルゾンビーズ』には前向きなメッセージが密かに隠されているのではないのか…と思いました。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』の感想

マルコヤマモトマルコヤマモト

私が『ウィーアーリトルゾンビーズ』を観たのは正直タケムラを演じた奥村門土くん目当てでした。

門土くんは子供の頃から似顔絵を描き続けていて、天才絵師としても有名な少年です。

マルコヤマモトマルコヤマモト

実は私、門土くんの家族のファンなんですよ…(笑)

門土くんの画集も持っていますし、家族バンドのCDも持っています。

映画にも登場していますが、門土くんの弟の天ちゃん、妹の今ちゃんが出ているということが正直な動機だったのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

でも、物語が続くうちに門土くん以外の子役たちや、独特のストーリー運びの虜になっている自分がいました。

ほぼワンカットと見られるLITTLE ZOMBIES初めてのライブシーンには、思わず目を大きく開いて見入ってしまいました…。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』

(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

それはまさにゴミ溜めから宝物が生まれる瞬間でした。

しかし、4人の幸せは長くは続きませんでした。

大人たちに翻弄された4人が再び社会に放り出されたとき、自分たちで生き方を見つけなければならないという過酷な現実が待ち受けているのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ここで思ったのは、この作品が単なるバンドのサクセス・ストーリーではなくて良かった、ということ。

今作が2019年8月31日に無料公開された「意味」を考えた時、これは大人向けだけではなく、ヒカリたちと同世代の中高生に向けたメッセージも隠されているのではないかと思いました。

憂鬱な新学期を控えた夏休み最後の土曜日に、

「本当に死ぬより死んだように生きている方が、もしかしたらマシかもしれないよ?」

「“死にたい”と思う出来事があったとしても、何かに絶望したとしても「ゾンビのように生きてみれば?ただ、ダラダラと…そうすれば何か輝けるものが見つけられるかもしれない!」

というメッセージが含まれているのではないでしょうか?

マルコヤマモトマルコヤマモト

例えばいじめっ子や理解力のない大人たちなどなど…。

絶望を与えてくるようなやつからは逃げても良いんだぜ!

それが新学期前の2019年8月31日に無料公開された「意味」なのかな~と考えています。

マルコヤマモトマルコヤマモト

個人的には、俳優さんたちの使い方がネタばかりで笑えました。
『ウィーアーリトルゾンビーズ』

(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

知っている俳優さんだけではなく、バンドマン界隈のカメオ出演もチラホラ見かけられるのでインディーズ音楽が好きな人も楽しめる作品ですよ(笑)

『ウィーアーリトルゾンビーズ』撮影秘話!?

前項で「奥村家族のファン」であることを明言しましたが、何を隠そうお父さんであるボギーさんの大ファンなんです…。

そしてまさに無料配信があった2019年8月31日!奥村門土くんのお父さんであり、ミュージシャンのボギーさんがホストを務めるトークイベントが開催されたので遊びに行ってきました(笑)

マルコヤマモトマルコヤマモト

その名も「ボギトーーク!」。全100項目ある話題の中からお客様のリクエストを受けて、ボギーさんがその話題についてお話をするという怒涛のイベント内容です…。

その中にはもちろん『ウィーアーリトルゾンビーズ』の撮影秘話も!

  • ミュージシャンのボギーさんと長久監督の出会いが門土くんの出演に繋がったこと。
  • 実は反抗期だった門土くんとボギーさんの関係を修復してくれた映画だったということ。
  • 門土くんが毛虫嫌いで、あるシーンの撮影の際にとても苦労したということ。

無料配信の日ということや、会場のお客様がほとんど映画を観ていたということもあり大変盛り上がりました!

ボギーさんは家族でバンドを組んでおり、夏休みなどは全国各地でライブをしています!

マルコヤマモトマルコヤマモト

この家族の醸し出す不思議なグルーヴは超必見!

観終わった後は元気をもらえますよ。

そして門土くんに似顔絵を書いてもらうチャンスもあるかもしれませんよ!?

『ウィーアーリトルゾンビーズ』まとめ

以上、ここまで映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 大人だけでなく、悩める中高生にぜひとも観てほしい作品。
  • ファミコンを意識させるビジュアルデザインの作りが昭和世代にもガッツリ刺さる!
  • RPGのように人生はリセットできない。リアル世界では死んだら終わり!ただ、ありのまま生きているだけでもすごいことなんだよ!ということを教えてくれる作品。

▼動画の無料視聴はこちら▼