『今日、キミに会えたら』あらすじ・ネタバレ感想!豪華キャストで描く本物のカップルの行く末のような切ない結末

『今日、キミに会えたら』あらすじ・ネタバレ感想!豪華キャストで描く本物のカップルの行く末のような切ない結末

出典:Netflix

低予算で制作されたにもかかわらず、ストーリーやキャストたちの素晴らしさから軒並み高評価を得た『今日、キミに会えたら』。

カリフォルニアで恋に落ちたジェイコブとアンナの関係を描く切ない恋愛映画です。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で一躍時の人となったフェリシティ・ジョーンズがイギリス人留学生のアンナを、そして惜しくも2016年に事故死してしまったアントン・イェルチンがジェイコブを演じています。

さらには、今や脇役などあり得ないようなハリウッドのAリスト女優、ジェニファー・ローレンスもちょい役で出演。

ポイント
  • キャストたちの自然な演技に引き込まれる
  • 一眼レフで撮った映像はまるでリアリティショーのよう
  • 切ない恋愛ドラマでありながら何度も見返したくなる魅力が満載

2011年のサンダンス映画祭で審査員賞も受賞した『今日、キミに会えたら』の魅力を今回はご紹介します!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『今日、キミに会えたら』作品情報

作品名 今日、キミに会えたら
公開日 日本未公開
上映時間 90分
監督 ドレイク・ドレマス
脚本 ベン・ヨーク・ジョーンズ
ドレイク・ドレマス
出演者 アントン・イェルチン
フェリシティ・ジョーンズ
ジェニファー・ローレンス
アレックス・キングストン
音楽 ダシティン・オハローラン

【ネタバレ】『今日、キミに会えたら』あらすじ


全てはカリフォルニアで始まった

イギリス人留学生のアンナと、アメリカ人のジェイコブ。

2人はカリフォルニアの大学で出会い、そして恋に落ちます。

『今日、キミに会えたら』

出典:IMDB

卒業と同時にビザの期限が迫っていたアンナは一旦は帰国することにしますが、直前になってキャンセル。

ジェイコブと一緒にいることを選びます。

離れられないがゆえの選択が、のちに大変なことになるとは思ってもいなかったのです。

強制送還からの遠距離恋愛

ビザの期限が切れたことで不法滞在となり、イギリスに強制送還されてしまったアンナ。

お互いに寂しい思いをしながらも、時差の関係や仕事の忙しさから2人の心はだんだんと離れて行ってしまいます。

それぞれ新しい恋人もできるのですが、それでもやっぱりお互いに忘れられない存在のジェイコブとアンナ。

『今日、キミに会えたら』

出典:IMDB

ぼんぬぼんぬ

特にジェイコブが作ってくれた椅子を新しい恋人に勝手に捨てられてしまった時のアンナのシーンは、心のどこかでジェイコブをまだ思っていることをはっきりと映し出していました。

すぐにビザが下りると期待し2人はついに結婚しますが、不法滞在歴があるアンナにはなかなかアメリカのビザは下りません。

何ヶ月も待ってようやくビザを取得しアメリカで一緒に住み始めた2人ですが、その時にはもうほとんどお互いに対する気持ちは残っていないのでした。

【ネタバレ】『今日、キミに会えたら』感想

セリフはほぼアドリブ

今日、キミに会えたら』がリアリティに溢れていて魅力的な最大の理由は、なんといってもキャストたちのアドリブです。

驚くことに、劇中のセリフはほぼ全てキャストたちによるアドリブ。

ぼんぬぼんぬ

まるで、アンナとジェイコブのリアルな恋愛を見ているような感覚になります。会話がとっても自然なのがすんなりとストーリーに入り込める理由だと思います。
『今日、キミ会えたら』

出典:IMDB

恋愛映画だと「こんなこと実際には言わないよね?」と思うシーンがいくつもあったりしますが、さすがアドリブなだけあって『今日、キミに会えたら』にはほぼありません。

ぼんぬぼんぬ

特に、キッチンでケンカするシーンは即興だからこそできる名シーンだと思います。

キャノンの一眼レフで撮った映像

撮影に用いられたカメラは、なんとキャノンの一眼レフ。

そのおかげで、シネマトグラフィーがさらに素晴らしいものになっています。

固定カメラをほとんど使っていない映像は、実際のカップルを追いかけているようでまるでドキュメンタリー映画のよう。

『今日、キミに会えたら』

出典:IMDB

ぼんぬぼんぬ

若干入る手ブレが余計にリアリティ感満載で、いつまででも見ていられる気がします。

全編を通して静かな映画ですが、2人の心情をしっかりとカメラワークで映し出してあり、映像も相まって切なさが増しています。

究極に切ないラストカット

中盤からずっと切ないシーンが続く『今日、キミに会えたら』ですが、その集大成ともいえるのがラストの約5分です。

ビザが下り、アメリカで念願だった2人での生活がスタートするにも関わらず浮かない表情の2人。

ぼんぬぼんぬ

シャワーを浴びながら蘇る楽しかったころの思い出が、2人の気持ちがすでに離れてしまっていることを強調していて見ているこちらも胸が締めつけられます。
『今日、キミに会えたら』

出典:IMDB

この後の2人の関係はどうなっていくのだろう、と悲しくも少しくらいは希望があってほしいと思わずにはいられないラストシーン。

言葉を交わさずとも伝わってくるアンナとジェイコブの気持ちがなんとも言えない切なさでした。

実力派キャストたち

メインキャストで出演しているのは、フェリシティ・ジョーンズアントン・イェルチン

ぼんぬぼんぬ

そしてジェニファー・ローレンスがアントン演じるジェイコブの新しい恋人・サムとして脇役出演しているという豪華さです。
『今日、キミに会えたら』

出典:IMDB

リブート版『スター・トレック』にパヴェル・チェコフ役で出演し、名が知られるようになったアントンは2016年に事故で亡くなってしまいました。

『スター・トレック』でも印象に残る演技をしていたアントンですが、『今日、キミに会えたら』でその実力が存分に堪能できます。

『今日、キミに会えたら』

出典:IMDB

また、フェリシティはその後『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士の妻・ジェーンを演じ、一躍注目を浴びました。

ぼんぬぼんぬ

実力派が揃ったキャストだからこそ、即興の演技でアドリブだけでも成り立つ作品になったのですね。

『今日、キミに会えたら』まとめ

『今日、キミに会えたら』

出典:IMDB

以上、ここまで『今日、キミに会えたら』をレビューしてきました。

要点まとめ
  • アドリブによるキャスト陣のリアリスティックな演技がすごい
  • 国際遠距離恋愛を描いた究極に切なくも美しい映画
  • アンナとジェイコブの心情を映し出すカメラワークも美しい

▼動画の無料視聴はこちら▼