『来る』あらすじ・ネタバレ感想・解説!豪華キャスト集結のホラー!ラストの意味とは?

『来る』

出典:Amazon.co.jp

『嫌われ松子の一生』『告白』の中島哲也監督が、ホラー大賞を受賞した小説を映画化。

ポイント
  • 澤村伊智原作の超常現象ホラー『ぼぎわんが来る』を映画化
  • 岡田准一松たか子小松菜奈黒木華妻夫木聡ら豪華キャストが集結
  • 賛否両論を巻き起こした物語と最恐エンターテイメントにふさわしい豪華演出に注目

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事では、映画『来る』について、エンディングの考察等を含め、ネタバレありでご紹介しています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『来る』作品情報

『来る』

出典:IMDB

作品名 来る
公開日 2018年12月7日
上映時間 134分
監督 中島哲也
脚本 中島哲也
岩井秀人
門間宣裕
出演者 岡田准一
松たか子
小松菜奈
妻夫木聡
黒木華
柴田理恵
志田愛珠
仲野太賀
青木崇高
音楽 冨永恵介
成川沙世子

【ネタバレ】『来る』あらすじ


平和な家族に突如訪れた異変

山奥で2人の子供が遊んでいます。

赤い靴を履いた女の子が男の子に「呼ばれてしもたら逃げられへん。秀樹も呼ばれるで。だって、あんた、嘘つきやから…」と語りかけました。

その後、その女の子は行方不明になってしまいます。

『来る』

出典:IMDB

主人公秀樹(妻夫木聡)の故郷では悪さをすると「ぼぎわん」という妖怪に連れて行かれるという伝説が残っていました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、大人たちの中にはその女の子が実は親に殺されたのではないかという噂も流れていました。

秀樹は行方不明になった女の子の名前を思い出せません。

それから数年後、スーパーに勤める恋人の香奈(黒木華)との結婚式を無事終えた秀樹。

子供を授かりマイホームを構え幸せな生活を送り、その様子を毎日「イクメンパパブログ」に綴っていました。

『来る』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

「こういう人たち」がやりそうなまるでお手本のような自己満足だけの結婚式。そしてブログ、秀樹が綴る文章やブログの仕様までここ数年で最高に虫唾が走るくらいに嫌〜なものでした。オエ。

しかしある日、秀樹の会社に「知紗さんの件で」と伝言を預ったと後輩の高梨(太賀)から聞かされ秀樹は戦慄します。

なぜなら、知紗という名前は秀樹が生まれてくる女の子に付けようと思っていた名前だからです。

その直後に高梨は背中から血を吹き出して入院し、何事もなかったように退院してきましたが、1年後に亡くなりました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

その後、香奈は無事赤ちゃんを出産し、名前は秀樹が決めていた通り知紗になります。
『来る』

出典 :IMDB

「あれ」がやって来る

相変わらずブログを更新し続けている秀樹でしたが、その内容は上っ面だけ。

秀樹は家事を香奈に任せっきりで育児に参加しないくせに、ブログの読者には「いいパパ」であることをアピールしつづづけていたのです。

香奈は秀樹の行動にうんざりして部屋に引き籠るようになり、周りにはゴミや片付かない食器が散乱するように。

『来る』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

私はこの時点で秀樹に対してかなりイライラしていたのですが、ここで怒りを燃やしてもあとが持たないと判断したので、ひたすら無で見ることに決めました…。

ある日秀樹が家に帰ると部屋はめちゃくちゃになっており、飾ってあったお守りが真っ二つに切られていました。

部屋の隅には香奈がへたり込んで、泣き叫ぶ知紗を抱きしめています。

『来る』

出典:IMDB

あまりの出来事に、秀樹は友人で民俗学者の津田(青木崇高)に何でも屋でありオカルトライターの野崎(岡田准一)を紹介してもらいます。

野崎はさらに霊能力を持つキャバクラ嬢の真琴(小松菜奈)を紹介してもらうと、真琴はすぐさま何かを感じ取ったようで現場を見たいと秀樹の家を訪ねることに。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ピンク色の髪の毛に白い肌、小松菜奈演じる真琴の登場シーンは最高です…。
『来る』

出典:IMDB

真琴と楽しそうに遊ぶ知紗と、香奈の久しぶりの笑顔を見た秀樹は安心しますが、再び謎のポルターガイスト現象が田原家を襲います。

真琴が必死に食い下がりますが、中途半端な霊力を持った真琴が対峙したことで「あれ」をかえって怒らせてしまう結果になってしまいました。

そこに状況を察知した真琴の姉で霊能者の琴子(松たか子)が注意の電話をかけてきます。

そして、秀樹は琴子にテレビでも有名な霊能者の逢坂セツ子(柴田理恵)を紹介してもらいました。

『来る』

出典:IMDB

秀樹と野崎はセツ子と中華料理屋で会いますが、突如やってきた「あれ」の仕業により、セツ子の片腕が突然切断されるという事件が起こります。

秀樹はスマホにかかってきた琴子からの電話で妻子に会うなと命令され、自分はマンションに帰り、電話の琴子に言われるがままに家にあるお椀全てに水を注ぎ、包丁を仕舞い、鏡を全て壊します。

「あれを迎え入れます」

という琴子の声と同時に、家の固定電話からも琴子の声がし、全て「あれ」の罠であることを訴えましたが時すでに遅し。

マルコヤマモトマルコヤマモト

スマホに連絡してきた琴子の正体は「あれ」だったのです。

秀樹は上半身と下半身を真っ二つに切り裂かれて死んでしまいました。

『来る』

出典:IMDB

そして息絶える直前に、幼い頃に行方不明になった女の子の名前が「知紗」だったことを思い出したのです…。

夫を亡くし育児ノイローゼになったママ

秀樹が亡くなってから香奈はスーパーのパートの仕事に戻りましたが、育児と仕事の板挟みになり次第にノイローゼ気味になってしまいます。

香奈は自分の自堕落な母親には頼ることができず、秀樹の実家とも絶縁状態になっていました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかしここで、香奈は結婚早々から秀樹のことを見限っていたことが明かされます。だよね〜…。
『来る』

出典:IMDB

外面だけが良い秀樹の様々な言動や行動に絶望しかけていた香奈に、声をかけてきた人物がいました。

香奈を慰めるフリをして近づいてきた民俗学者の津田と香奈は関係を持ってしまいます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

2人とも秀樹が死んだことで「あれ」の問題は解決したと思っていたのです。

ある日、田原家を訪れた野崎は「あれ」が来た際のお札の切れ方が1回目と2回目で違うことに気づき指摘しました。

香奈は適当にごまかして野崎を追い返します。

なぜなら1回目のお札は香奈自身がハサミで切っていたからなのです…。

マルコヤマモトマルコヤマモト

野崎が念の為にと置いて行った盛り塩の入った小皿を踏み潰す香奈の顔…今作の見所の1つです。
『来る』

出典:IMDB

ある日、津田がやってきて秀樹の仏壇にお札を備えて帰ります。

香奈が津田と会うために出掛ける最中に知紗の子守を頼まれた真琴は、仏壇に備えられたお札が気になっていました。

それが「あれ」を呼び寄せる魔導符だと気づいた真琴はお札を切り裂き燃やしましたが、その間に知紗の姿が見えなくなってしまいます。

『来る』

出典:IMDB

そして真琴は知紗を探して家中を駆け回る秀樹の幻影を見たのです…。

その頃、香奈と関係を持っていた津田にも異変が起こっていました。

香奈が帰ってきた際に真琴は香奈から「気枯れ(けがれ)」を受けて重傷を負ってしまいます。

真琴に言われるがまま知紗を連れて逃げた香奈は行くあてもわからず、街を彷徨い続けていました。

そして知紗の好物であるオムライスを食べさせた際に「ごめんね…」という言葉が口からこぼれます。

そして香奈は公衆トイレで母親の形に姿を変えた「あれ」に襲われて死に、知紗は「あれ」に連れ去られて行方不明になってしまいます。

『来る』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

「あれ」は香奈の母親の形になって現れたことから、自由に形を変えられるという性質を持っているようです。

一命を取り止め病院に入院した真琴のを見守る野崎のもとに、琴子がやってきました。

琴子は「あれ」の件を明日中に片付けると野崎に言い、警察や日本、世界中の霊能者たちを集めて除霊のための準備を進めていたのです。

『来る』

出典:IMDB

また、琴子は亡くなったはずの秀樹のブログが3日前から再び更新され始めていることに気付き、知紗が異界との境界線の役割を果たしていることに気づいていました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

真琴も知紗を探すために異界へと姿を消したのでした。

『来る』の結末

日本中から琴子が手配した沖縄のユタ、巫女、神職らが田原家のマンションを目指し始めていました。

しかし「あれ」の仕業により仲間の半分がやられてしまい、琴子は野崎に田原家の片付けを手伝うように依頼しました。

『来る』

出典:IMDB

除霊当日の12月24日、津田が亡くなったニュースがテレビで放送されます。

野崎と琴子は田原家を掃除し、ガス漏れと称しマンションの住民は退避させられ、マンションの前の公園には儀式のための舞台が建設され始めていました。

野崎は、秀樹の部屋でブログを更新し続ける秀樹と、片腕を失いつつも「あれ」から生き延びた逢坂セツ子の姿を目にします。

セツ子が秀樹に語りかけ、秀樹の手にナイフを立てます。

『来る』

出典:IMDB

「痛み」を感じていない秀樹が死んでいることを認めさせると、秀樹は成仏していきました。

そして野崎に「何が起きるか信じられない状況で、信じられるのは痛みだけである」と説いたのです。

夕刻になりいよいよ「あれ」を除霊する儀式が始まります。

「来るよ。」

巫女、神職、シャーマン、仏教…それに逢坂セツ子も加わりそれぞれの方法で儀式を進め祝詞を上げました。

『来る』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

仰々しくもあり神々しくもある、様々な宗教が混在したカオスのような空間が繰り広げられます。正直めちゃくちゃカッコイイです!

琴子も田崎家の部屋で儀式を始め、除菌スプレーで身を清めた野崎もそこに同席する腹を決めました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

琴子曰く、除菌スプレーも最近はイイらしいですよ。
『来る』

出典:IMDB

やがて知紗の姿をした「あれ」がやって来ました。

真琴もやっと姿を表しましたが、「あれ」に取り憑かれていました。

琴子が除霊を始めますが、知紗が傷つく姿を見たくない野崎は儀式用の鏡を割って知紗をかばいます。

野崎は知紗がずっと1人でいて寂しかったから化物と遊ぶしかなかったんだと叫びました。

真琴と野崎が必死に知紗を庇おうとする姿に琴子が動揺すると部屋が崩れ始め、祝詞を上げていた神職たちも次々と「あれ」の力に屈して命を落としていきます。

『来る』

出典:IMDB

琴子も「あれ」に負けそうになりますが、必死に対峙し野崎と知紗を守るためにベランダから突き落としました。

次の瞬間、秀樹の部屋から大量の血が吹き出して来たのです!

マルコヤマモトマルコヤマモト

琴子の生死は描かれませんが、「あれ」はなんとか撃退することができたようです。

ベランダから落ちた野崎はなんとか目を覚まし、満身創痍になりながらもコンビニでビールやお菓子を買い込みます。

『来る』

出典:IMDB

そしてなんとか生還した真琴と、真琴に抱かれて眠る知紗とともに駅のベンチに座っていました。

野崎はぐっすり眠る知紗がどんな夢を見ているか気になり、真琴が知紗の夢を読み取ります。

夢の中で、知紗はオムライスの国でオムライスの歌を歌っていました。

『来る』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

「オムライスの国の夢」と真琴がいうと、野崎が「なんだそれ」と言って物語が終わります。

【ネタバレ】『来る』感想・解説

全体に漂う「イヤ〜な感じ」の描き方がうまい!

マルコヤマモトマルコヤマモト

来る』…なんだかよくはわからないけれど、とてもやる気を感じる邦画を久々に観た気がしました!

韓国映画の『哭声/コクソン』や『シャイニング』などが好きな方も楽しめる作品だと思います。

今作を見た方の様々な感想の中で「前半は胸糞悪いから飛ばしていいかも」というものも見つけましたが、それは大きな間違いで、香奈が死ぬくらいまでの描かれ方が結構リアル。

『来る』

出典:IMDB

葬式や田舎親戚同士の集まりに結婚式、口だけで実はモラハラ満載の秀樹のブログ。

シングルマザーの生きづらさやネグレクトに不倫…と思い出すだけで肩のあたりに違和感を感じるため、ひたすら「無」で見ることに。

マルコヤマモトマルコヤマモト

秀樹が悪いだけだと思っていたら、香奈にも問題があったのですね。

妻夫木聡の薄っぺらい男の演技や、今作ではただでやられる女じゃない黒木華の怪演にびっくりです。

『来る』

出典:IMDB

後半はまた違う雰囲気になるのですが、ここまで「日本の嫌な感じ」をうまいこと集結させた映画はそうないでしょう。

しかし、結婚式、葬式も日本の大切な「儀式」であり、『来る』は儀式に始まり儀式に終わる、そんな作品でもあると思いました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

メインキャストじゃない、おじいちゃん、おばあちゃんのキャストもリアルすぎてヤバイです。

後半は霊能アベンジャーズが集結した祈祷合戦に

マルコヤマモトマルコヤマモト

いや〜な感じの前半から一転、後半はみんな大好きな『アベンジャーズ』のような展開に!

警察さえも手玉に取る日本最強の霊能者、比嘉琴子が各地から能力者を呼び寄せ「あれ」と対峙します。

その中には沖縄のユタ、神職、巫女、僧侶、韓国のシャーマンなどの姿を見ることができましたね。

『来る』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

各地から集まってくる能力者の姿に、私は何故か『平成狸合戦ぽんぽこ』を思い出してしまいました…。

カプセルホテルで着物に着替える神職って、なんていい場面…!と感動してしまうほど。

マルコヤマモトマルコヤマモト

「来るよ」の女子高生の巫女軍団もよかったですね!
『来る』

出典:IMDB

あれだけの異宗教の豪華アッセンブルが見れるのも『来る』だけではないでしょうか!?

ラストの意味は?琴子は死んだの?

賛否両論を呼んでいる『来る』のエンディング。

知紗が夢の中で「オムライスの国」を歌っているシーンで終わりました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

野崎のセリフの通り、本当に「なんだそれ」なのですが、原作にオムライスは全く登場しないようでこれまた驚き。
『来る』

出典:IMDB

「オムライスの国」の歌には諸説あるようですが、知紗を痛みから解放するための逃げ場所であるという解釈や、幸せな家族の象徴、「あれ」が連れて行く先であるという解釈もあり様々です。

両親を失ってしまった知紗ですが、自分を本当に愛してくれそうな野崎と真琴という存在があり、まだ救いようがありそうなのでよかったな…とも思いました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、異様に耳に残るあの歌と映像、久しぶりにオムライスを食べたくなってしまいました。

また、琴子の生死についてですが映画の中では描かれておらず、明らかになっていません。

『来る』

出典:IMDB

原作では生きているようですが、知紗を守るために死んだのではという解釈をしている方もいます。

「あれ」の正体は結局なんなの?

澤村伊智の原作小説タイトルは『ぼぎわんが来る』。

しかし、映画のタイトルはその「ぼぎわん」をバッサリとカットしてシンプルに『来る』だけに変更されています。

「ぼぎわん」というと何か妖怪のようなものを想像してしまいますが、映画の中では「あれ」と称されており、どんなものなのか全く想像がつきません。

『来る』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

実態もわからず姿も変えられる「あれ」=「ぼぎわん」の正体は一体なんなのか?

これに関しても様々な考察がありましたが、私は「人が人を憎む気持ち」や「人間が抱える痛み」が「あれ」を呼ぶのではないかと考えました。

例えば、死んだ秀樹の後輩・高梨は良きパパを振る舞う秀樹に対してコンプレックスがあったと思いますし、民俗学者の津田も自分で「秀樹のものを全部奪おうと思った」と語っており、「あれ」をおびき寄せる魔導符を田原家に持ってくることも理由の1つだと思います。

香奈にも自堕落な生活を送った末に「あんたなんか産まなければよかった」と言い放った母親に対しての憎しみや、知紗に対してひどい態度をとってしまうことへの「痛み」もあったでしょう。

『来る』

出典:IMDB

秀樹を襲った「あれ」は幼少期に行方不明になった少女・知紗で間違いないと思います。

秀樹に対して「あんたは嘘つきやねん」と呟いた知紗には虐待されていた、親に殺されたという噂がありました。

少女・知紗は死んだ後に「あれ」に囚われて、娘の知紗の体を媒介して秀樹を襲ったとも考えられます。

また、「憎しみ」や「痛み」という気持ちや感覚的なものならば、わざわざ形に見えるような妖怪にしなくてもいいと思ったからです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

と、個人的に「あれ」がなんだったのかについて考えてみました。

SNSでのみんなの感想・評判

来る』で注目を集めているのが、柴田理恵が演じる霊能者の逢坂セツ子。

普段の柴田さんからは想像が付かない凄みのあるキャラクターに皆さんから「かっこいい!」という称賛の声があがりました。

『来る』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

確かに、映画を見た後にCMで見かけたのですが、本当に同一人物?と思ってしまうほど。

一見普通のおばちゃんに見えるセツ子ですが、今作クライマックスである儀式のシーンでは信じられないくらいカッコイイ姿を見せてくれるので、ぜひ注目してご覧ください!

『来る』あらすじ・ネタバレ感想・解説まとめ

マルコヤマモトマルコヤマモト

2018年に公開された『来る』についてご紹介しました!
要点まとめ
  • 人が抱える「心の闇」に導かれて「あれ」はやって来る
  • 原作小説からの改変あり!小説・映画で2度楽しめる&考察しがいのある作品

マルコヤマモトマルコヤマモト

私は見終わった後しばらく、知紗ちゃんの「オムライスの国」の歌が耳から離れませんでした。いい歌ですね!

ある意味あっと驚く結末に「なんだかよくわからなかった」という人がいても当然だと思います。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかしながら豪華キャストが勢揃いした骨太な邦画に出会えて、満足度はとても高いです。
『来る』

出典:IMDB

人によって解釈が違う「あれ」の正体ですが、皆さんはどのように考えますか?

マルコヤマモトマルコヤマモト

澤村伊智さんの原作小説を呼んで、比べてみても面白いですね!

▼動画の無料視聴はこちら▼