映画『九月の恋と出会うまで』あらすじ・ネタバレ感想!高橋一生ファンは必見の純愛物語

映画『九月の恋と出会うまで』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『九月の恋と出会うまで』公式ページ

2019年、一途な純愛とタイムトラベルを描いた人気恋愛小説が実写映画化されました。

小説家志望の男性と未来からの声が急に聞こえてしまうヒロインのラブストーリーです。

心が温まるような作品で、こんな純愛を一度は経験してみたいと思いながら、最後には涙がぽろっと流れる感動作。

それでは、映画『九月の恋に出会うまで』をネタバレありでレビューしたいと思います。

映画『九月の恋と出会うまで』作品情報

映画『九月の恋と出会うまで』作品情報

出典:映画.com

作品名 九月の恋と出会うまで
公開日 2019年3月1日
上映時間 105分
監督 山本透
脚本 草野翔吾
山田麻以
山本透
原作 松尾由美「九月の恋と出会うまで」
出演者 高橋一生
川口春奈
浜野謙太
中村優子
川栄李奈
古舘佑太郎
ミッキー・カーチス
音楽 Evan Call

映画『九月の恋と出会うまで』キャスト/役柄

高橋一生 / 役:平野 進

  • 小説家志望のサラリーマン
  • 偶然出会った志織から未来の話を聞き仲が深まるが、自分から身を引く
  • 志織のことが頭から離れず、気持ちも伝えられない
  • 小説のことになると、徹夜するほど没頭する

川口春奈 / 役:北村 志織

  • 少し強気な性格のヒロイン
  • 未来からの声が聞こえる能力があり、それは志織の未来に関わることだと知る
  • 偶然出会った平野と一緒にいたいと思い、離れた後も待っている

浜野謙太 / 役:倉

  • 平野の住むハイツの住人
  • 明るく積極的な性格で周りを笑わせてくれる
  • 楽器の演奏者で、たまにハイツの広場で演奏している

古舘佑太郎 / 役:森秋 真一

  • 志織の元恋人
  • 海外に行くことで志織とは破局しましたが、本当は迎えに行こうと思っていた
  • 突然、志織の前に現れて再会を果たす

ミッキー・カーチス / 役:権藤

  • ハイツの管理人で真一の祖父
  • 志織のことも気にかけており、自分のやりたいようにすればいいと背中を押してくれる存在
  • いつもハイツの住人たちを温かく見守っている

映画『九月の恋と出会うまで』あらすじ


一風変わったマンションに引っ越してきた北村志織(川口春奈)の隣の部屋では、不思議な雰囲気を醸す小説家志望の平野進(高橋一生)が暮らしていた。

ある夜、志織は部屋の壁から「1年後の未来にいる」という男の声を聞き、声の主に平野の尾行を頼まれる。

しかし、ある事件をきっかけに聞こえなくなり、あの声は何だったのか解明しようとする志織と進だったが……。
出典:シネマトゥデイ

【ネタバレあり】映画『九月の恋と出会うまで』感想レビュー

志織(川口春奈)が聞こえる未来の声の主

マンションに引っ越してきた北村志織(川口春奈)の隣には小説家志望の男性・平野進(高橋一生)が暮らしていました。

他にもこのマンションには個性的な人もたくさんいて、何か悲しいことがあっても笑わせてくれるような楽しいマンションでした。

ある日、志織は部屋の壁から知らない声が聞こえてくることに気付きました。

その声の主は志織に「一年後の未来にいる」と言われます。

最初は信じない志織でしたが、声の主に平野の後を尾行するように言われます。

声の主は男性で、エアコンの穴と男性がいる未来が繋がっていると話されます。

声の主は、志織がいる時代に起こることを全て言い当てます。

次第に志織は声の主のことを知ろうと必死に話しかけています。

しかし、志織はどうして声の主と繋がったのか分かりませんでした。

話していくと声の主は平野本人であり、志織がいる時代で自分のことを助けてほしいと頼みました。

どうしてそこまでしないといけないのかは分かりませんが、嫌がりながらも志織は言われた通りにします。

尾行して分かったことは、平野がもともとサラリーマンであったということ。

そして、毎日尾行していると、平野が何を買ったのか、どんな性格なのかまで分かってきます。

  • 誰のことも助けてあげようとする
  • 褒められもしないのに人が落とした本を片付けてあげる
  • 寝癖がついたままで外に出歩く
  • おっちょこちょい

周りからは真面目には見えますが、何を考えているのか分からない性格だと言われます。

現にマンションの住人ともあまり話をしないので、コミュニケーションをとるのが苦手なのかもしれません。

どうして尾行しないといけないのか理由を聞いても何も話してくれない声の主に、9月27日に一日中尾行してくれれば理由を話すと約束しました。

「僕を助けると思って」という意味が分かりません。

9月27日、尾行に出かけようとすると志織は、風邪を引いたのか熱が出てしまっていました。

それでも平野の尾行をすることにしました。

やっと尾行が終わって声の主に話を聞こうとしますが、声がしなくなってしまいました。

理由は聞けないままで腑に落ちない志織でしたが、現代の平野と出会い接していき心惹かれていきます。

そして、二人の恋はここから始まっていくのです。

ある日、志織は平野に未来の声が聞こえたと話します。

信じてくれないと思いながらも、平野は志織の話を信じると言いました。

平野は実はSF小説やタイムトラベルという話がとても好きで、調べたりしているのです。

平野は声の主の事を「シラノ」と呼び、声の主は未来の平野ではないと言い張りました。

そう話していると、空き巣被害に遭った志織の元に捜査をしていた警察がやってきます。

聞かされたのは空き巣をした犯人はただの空き巣ではなく強盗殺人犯で、志織が部屋にいれば殺害されていたかもしれないのです。

話を聞いていた平野は、ある一人の仮説を話しました。

未来にいる「シラノ」は、志織が1年後にはいないことを分かっています。

なので、その未来を変えるために、志織に平野を尾行させて未来を変えたかったのではないかと言いました。

時間との戦い

時間の中で二人は心を通わせていきますが、平野はタイムトラベルをすることで起こりえることを志織に話していきます。

それは、タイムパラドックスというお話でした。

例えば子供が時間を巻き戻して親の存在を失くしてしまうとします。

そのことで存在していたはずの子供は生まれなくなってしまい、矛盾が生じてしまいます。

ですが、子供は生まれないとタイムトラベル自体はできないので今度は親の存在を失くすこともできなくなります。

これがタイムパラドックスです。

これを引用して考えていくと、未来の「シラノ」は志織が亡くなってしまうことを知っていたので現代を変えてしまいます。

でも、本当は志織は未来に存在はしていなかったので、今度は未来の「シラノ」が志織を助けなくても良くなります。

そうなるとどうなってしまうのかと問いかける志織に、平野は言いました。

大きく分けて3つの説が言えます。

  1. ループ説:一定の時間が経って同じところを何度も繰り返すこと
  2. パラレルワールド:いくつも時空があってそれぞれで起こっていること
  3. 歴史の修正
3つの可能性がありますが、どれに当てはまるかは分かりません。

一番最悪な状態になってしまうのが歴史の修正です。

志織がいることで歴史に修正がかかってしまい、志織の存在自体が現在も過去も未来からも消えてしまうということです。

一言で言うと存在の証拠もなくなりますが、平野は回避する方法があると言います。

それは歴史に辻褄を合わせていくという方法です。

1年後の9月27日までに「シラノ」を探し出し、正確に忠実に辻褄を合わせる必要があります。

二人は「シラノ」を探し出すことにしました。

志織は心当たりがありました。以前に交際していた真一(古舘佑太郎)という人物です。

現在の居場所を調べても出てこないのであきらめかけますが、ハイツ管理人である権藤(ミッキー・カーチス)の孫が真一だったのです。

真一を探し出したことで、後は忠実に辻褄を合わせれば良いだけです。

恋の行方

真一が見つかったことで、これ以上気持ちを伝えられないと思った平野は志織から身を引きます。

志織にはどうしても未来でも生きていてほしかったから、その想いが強かったのです。

でも、志織も同じ様に平野に想いを寄せていました。

そんな時、会社から人事異動の話を持ち掛けられます。

昇進ですが、引っ越してきたばかりの志織は迷ってしまっています。

そして、真一は一人前になったので志織にお互いの寄りを戻さないかと話しを持ち掛けます。

ですが、志織はどうしても頭の中から平野のことが離れずにいました。

数日が経ち、前に進んでいかないといけないと思った志織は人事異動の話を受け入れました。

月日は経ち、1年後の9月27日がやってきました。

15時に奇跡が起きれば志織は存在したまま人生を送ることができます。

でも奇跡が起こらなけらば志織の存在は消えてしまいます。

海辺で静かに15時を待っていようとすると、今まで連絡がなかった平野から連絡が来ました。

そこで平野は、「シラノ」は僕でしたと志織に話します。

全て成功して時間の壁を越えることができそうですと言い、志織が後ろを振り返ると平野が立っていました。

二人は涙を流しながら抱きしめあい、15時にまた奇跡が起こりました。

奇跡を起こす条件は揃っていなかったとしても、二人の想いが強ければ奇跡は起きると伝えている映画でした。

しばらくして、志織は平野からのプロポーズを受けてハッピーエンドを迎えることができました。

好きな人のためならば奇跡を起こしたいと心から願っている人はたくさんいると思います。

病気で亡くなってしまう方や、いなくなってしまった恋人や、家族ともう一度会いたいと願っている人の夢と希望が本作『九月の恋と出会うまで』には詰まっていると感じました。

タイムトラベルはできないと分かっていても、1分1秒を大事にしていきたいと思いました。

映画『九月の恋と出会うまで』まとめ

映画『九月の恋と出会うまで』は、本当に一途な純愛物語でした。

タイムトラベルのような時空を超えられる力があるなら、みなさんはどうしますか?

心が穏やかになる映画ですので、ぜひご覧ください。