『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』日本版ポスター・予告編解禁!50回大会のドキュメンタリーと連続公開!

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』日本版ポスター・予告編解禁!50回大会のドキュメンタリーと連続公開!

©2019 Cineric Creative/NHK/NHK Enterprises

日本の夏の風物詩ともいえる国民的行事「夏の甲子園」。

毎年日本全土を熱狂の渦に巻き込む全国高校野球選手権大会ですが、今年は新型コロナウィルスの影響を受け、第102回を迎える本大会の中止が決定し、100年以上続く歴史の中で史上3度目、戦後としては初めてとなる高校野球界にとっても異例の年となりました。

そんな本年、「今年は映画館で甲子園を。」をテーマに、高校野球を題材にした記録映画2本が連続公開されます。

1本目は、巨匠・市川崑監督が第50回記念大会を圧倒的なスケールで映画化、1968年9月に劇場公開され「幻の傑作」と語り継がれる『第50回全国高校野球選手権大会 青春』(8月14日(金)から公開中)。

2本目は、第100回記念大会出場を目指す球児たちとその指導者を追った『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』(8月21日(金)公開)。

高校野球ファンにはたまらない、第50回と第100回、甲子園の歴史において節目の大会となる記念大会を追った2作品の連続劇場公開となります。

さらに、2019年ワールドプレミア上映が開催されたアメリカではすでに話題を集め、このたび日本公開も決定した『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』の日本版ポスターと予告編も到着しました。

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』概要


戦後初となる夏の甲子園中止となった2020年。

高校野球界にとって異例の年となった今夏、100年以上の歴史を持つ高校野球にとって特別な2本の記録映画、『第50回全国高校野球選手権大会 青春』、そして『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』の連続劇場公開が決定。

時代が変わっても守り続けるべき高校野球の「伝統」、移りゆく時代と共に変えるべき高校野球の「革新」、2作品を通じて、その両側面から高校野球の魅力を追体験できる貴重な機会が実現しました。

このたび、満を持して劇場公開が決定した『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』は、「高校野球という日本独自の文化を海外に紹介したい」という監督と制作陣の願いから日米の国際共同制作作品として誕生しました。

海外に先駆け放送され大きな反響を呼んだNHKのドキュメンタリー『ノーナレ 遥かなる甲子園』(18)、『HOME 我が愛しの甲子園』(19)で描ききることができなかった部分まで被写体を掘り下げ、余すとこなく高校野球の魅力を詰めた長編作品です。

ニューヨークを拠点に活躍する若き女性映像作家・山崎エマが監督を務め、米・撮影クルーとともに100回記念大会へ挑む激戦区神奈川県の雄・横浜隼人高校と、大谷翔平や菊池雄星を輩出した岩手県・花巻東高校の球児とその指導者へ1年間に渡る長期取材を敢行しました。

これまで高校野球を題材にしたドキュメンタリーは数々ありましたが、監督を含め海外のクルーで制作をする作品は稀で、本作品の大きな特徴でもあります。

2019年11月アメリカ最高峰のドキュメンタリー映画祭「DOC NYC」でワールドプレミア上映、さらに2020年6月アメリカ最大級のスポーツ専門チャンネル「ESPN」にて全米放送されると、日本人メジャーリーガーたちの“原点”を描いた作品として、また高校野球を“日本社会の縮図”と位置づけ変わりゆく時代の空気をも切り取る山崎エマ監督ならではの視点とその手腕に、野球大国であるアメリカ全土で高い関心と大きな話題を集めました。

そんな作品が、奇しくも夏の甲子園が中止となった2020年の8月、海を渡って日本へ上陸します。

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』監督山崎エマ(31)コメント

山﨑エマ監督

©2019 Cineric Creative/NHK/NHK Enterprises

「高校野球という日本独特の文化を、世界の人たちに知ってもらいたい」という思いで始動したこのプロジェクト。

ニューヨークの映画祭や全米放送後に、甲子園のことを初めて知ったアメリカ人たちが「KOSHIEN」に興奮し語り合う様子に感銘を受けました。

そんな本作が、日本の皆様にもお届けできる機会を頂き、感無量です。

100年以上に渡って培った伝統と、時代に伴う変化が用いられる高校野球の現場には、次世代を育てる責任と向き合う指導者たちと、青春の全てを捧げる球児たちの姿がありました。

夏の甲子園100回大会の年に撮影した本作に出演した当時の1年生は、今年の3年生で、辛い思いを秘めて最後の夏を過ごしていると思います。

2020年、パンデミックの影響で春と夏の甲子園が中止される特別な年に、巨匠市川崑監督が夏の甲子園50回大会を捉えた名作『第50回全国高校野球選手権大会 青春』と共に、また高校野球が本来の姿を取り戻すまでの「繋ぎ」の一つとして、そして今一度この日本の風物詩を見つめ考える機会として、本作が役に立てばと願っています。

全国の球児や関係者の方々にとっても、少しでも前に進むパワーの源にして頂ければ幸いです。

本作の日本公開にあたり、プロジェクト実現に貢献して頂いた関係者の皆様に改めて心から感謝いたします。

山崎エマ プロフィール

神戸生まれ。イギリス人の父と日本人の母を持ち、ニューヨークと東京を拠点とするドキュメンタリー映像監督。19歳で渡米しニューヨーク大学映画制作学部を卒業後、エディターとして携わった作品はHBO、PBS、CNNや世界中の映画祭で放送・上映された。長編初監督作品『モンキービジネス:おさるのジョージ著者の大冒険』はクラウドファンディングで2,000万円を集め、2017年ロサンゼルス映画祭でワールドプレミア。日本で2018年劇場公開。2019年にはNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の紀行番組を担当。その他、『#dearICHIRO』(Yahoo! Japan Creators Program)や『CHAYA 魂の番人〜エイリー舞踊団に捧げた半生』(NHK)なども監督。日本人の心を持ちながら外国人の視点が理解できる立場を活かし、人間の葛藤や成功の姿を親密な距離で捉えるドキュメンタリー制作を目指す。

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』作品情報

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』

©2019 Cineric Creative/NHK/NHK Enterprises

監督・編集:山崎エマ
出演:水谷哲也、佐々木洋、大谷翔平、菊池雄星
プロデューサー:エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー:伊藤雄介、常木佳子、安田慎
撮影監督:マイケル・クロメット
音楽:ジェイソン・カミングズ
国際共同制作:シネリック・クリエイティブ、NHK、NHKエンタープライズ
配給:シネリック・クリエイティブ
配給協力:日活
2020年/アメリカ・日本/94分/16:9カラー/5.1ch /ドキュメンタリー

概要

2018年、夏の甲子園は100回大会を迎えた。

その記念すべき年の特別プロジェクトとして、米・シネリック・クリエイティブ/NHK/NHK エンタープライズで取り組んだ国際共同制作作品。

主人公の横浜隼人高校の水谷哲也監督は、30年近いキャリアの中でも特別な思いでこの記念すべき年に挑んでいた。

自称「昭和の頑固オヤジ」である水谷は、勝つことのみならず、挨拶や掃除などを徹底し人間形成を重要視。

さらには、メジャーリーガー大谷翔平や菊池雄星を輩出した花巻東高校野球部の佐々木洋監督の恩師でもある。

この作品ではこの2人の監督の100回大会の年を追いながら、高校野球を日本の社会の縮図と位置づけ、変わりゆく時代を考える。

昭和から平成、そして未来へ。

時代とともに変えるべきもの、変えてはならないもの…純粋に青春の全てをぶつける高校球児と、教育の最前線に立つ指導者の葛藤、そして喜びを見つめる。

Galleryギャラリー

『第50回全国高校野球選手権大会 青春』作品情報

『第50回全国高校野球選手権大会 青春』

©朝日新聞社

総監督:市川崑
総指揮:広岡知男
製作:衣奈多喜男、菅野長吉
脚本:井手雅人、白坂依志夫、伊藤清、谷川俊太郎
撮影監督:植松永吉
音楽:山本直純
録音:大橋鉄矢
ナレーター:芥川比呂志
企画:朝日新聞社
監修:日本高等学校野球連盟
製作:朝日新聞社/朝日テレビニュース社
配給:日活

概要

市川崑

©朝日新聞社

巨匠・市川崑監督による、夏の甲子園・第50回記念大会を圧倒的なスケールで映画化した「幻の傑作」!

市川崑監督が生涯追い求めた「日本で一番美しいもの」、球児そして甲子園!

第50回全国高校野球選手権大会 青春』は2020年8月14日から公開中、『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』は8月21日より公開!