映画『キングコング:髑髏島の巨神』あらすじ・ネタバレ感想!圧倒的・大迫力の怪獣パニック劇に酔いしれろ

出典:『キングコング: 髑髏島の巨神』公式ページ

2017年に公開された『キングコング:髑髏島の巨神』は、『キングコング』シリーズとして第8作目に当たる作品です。

ポイント
  • この島で人類は最弱…恐るべき怪獣たちが住む「スカルアイランド」
  • MARVELファンも必見の豪華キャスト共演作品!
  • 怪獣だらけの島から人間たちは脱出することができるのか…?

トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンなどの豪華キャストを迎え、ベトナム戦争時代のアメリカを背景に、太平洋に浮かぶ孤島「スカルアイランド」で怪獣たちとの戦いを繰り広げる怪獣映画『キングコング:髑髏島の巨神』をご紹介します!

映画『キングコング:髑髏島の巨神』作品情報

『キングコング:髑髏島の巨神』

出典:映画.com

作品名 キングコング:髑髏島の巨神
公開日 2017年3月25日
上映時間 118分
監督 ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
脚本 ダン・ギルロイ
マックス・ボレンスタイン
デレク・コノリー
出演者 トム・ヒドルストン
サミュエル・L・ジャクソン
ジョン・グッドマン
ブリー・ラーソン
ジン・ティエン
トビー・ケベル
ジョン・オーティス
コーリー・ホーキンズ
ジェイソン・ミッチェル
シェー・ウィガム
トーマス・マン
テリー・ノタリー
ジョン・C・ライリー
音楽 ヘンリー・ジャックマン

映画『キングコング:髑髏島の巨神』主要キャスト

ジェームズ・コンラッド(トム・ヒドルストン)

  • 元SAS大尉で作中ではベトナム・サイゴンでフリーの傭兵として活動している。
  • サバイバル、追跡、戦闘など優れた能力を買われ島の調査隊に加えられる。
  • 金と依頼には忠実だが、状況を的確に判断しグループを率いていくリーダー的存在。

メイソン・ウィーバー(ブリー・ラーソン)

  • 女性戦場カメラマン。
  • 今回の調査には裏があると思い、スクープを狙って半ば強引に調査に参加する。
  • 島に滞在する間にコングと出会い、彼が心優しいことに気づく。

プレストン・パッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)

  • 米国陸軍第三強襲ヘリコプター部隊「スカイデビルズ」の指揮官。
  • 部下からも信頼される冷静沈着な性格だが、無理矢理の帰国に虚しさを感じている。
  • 部下を失ったことをきっかけにコングに対して激しい憎悪を抱くようになる。

ビル・ランダ(ジョン・グッドマン)

  • 特務研究機関「モナーク」の主要人物。
  • 早くから髑髏島には目をつけていたがなかなか渡航できず苦労していた。
  • なんとか上院議員を説き伏せ髑髏島へ調査のために上陸。

ハンク・マーロウ中尉(ジョン・C・ライリー)

  • 第二次世界大戦中の米海軍航空部隊のパイロット。
  • 1944年に飛行機が島に不時着し、日本軍のグンペイと島の先住民たちと暮らしていた。
  • コンラッドたちとの出会いで島からの脱出を決意する。

グンペイ・イカリ / 碇軍平(MIYAVI)

  • 日本海軍の零戦の乗組員でマーロウとの空中戦の末に髑髏島に不時着する。
  • マーロウと相打ちになるがコングに遭遇してからは和解し、共に暮らす。
  • マーロウと共に脱出を試みたがスカル・クローラーに殺されてしまった。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』あらすじ


コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。

しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。

島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。

そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。

人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。
出典:シネマトゥデイ

映画『キングコング:髑髏島の巨神』みどころ

『キングコング:髑髏島の巨神』みどころ

キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。

島に潜入した調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。

監督は、主にテレビシリーズに携ってきたジョーダン・ヴォート=ロバーツ。

調査遠征隊のリーダーを『マイティ・ソー』シリーズなどのトム・ヒドルストンが演じるほか、『ルーム』などのブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。

巨大な体でリアルな造形のキングコングの迫力に圧倒される。
出典:シネマトゥデイ

映画『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴できる動画配信サービス

キングコング:髑髏島の巨神』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月30日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】映画『キングコング:髑髏島の巨神』感想レビュー

MARVELファンも必見!豪華キャスト夢の共演

久しぶりに興奮しました『キングコング:髑髏島の巨神』!!

ただの怪獣映画ではなく、出演しているキャストが凄いんです。

とにかくMARVELファンも必見!なぜなら…

  • トム・ヒドルストン
  • ブリー・ラーソン
  • サミュエル・L・ジャクソン

が出演しているんですよ…。

MARVELファンの方はわかると思いますが、ロキとキャプテン・マーベルとニック・フューリーが夢の共演です。

しかも『キャプテン・マーベル』より前に、ブリーとサミュエルL・ジャクソンが共演しているなんて感慨深い…。(でも今作では二人はそんなに仲良しではない)

しかも『キングコング:髑髏島の巨神』公開時のジャパン・プレミアには三人揃って来日したというじゃないですか…。

もっと早く知っておくべきだったと後悔しました…(汗)

主人公のジェームズ・コンラッドを演じるトムヒことトム・ヒドルストンは、素に近い姿で出演しています。

いや、どんな格好をしていてもトムヒはカッコいいんですが、素の姿でのアクションを存分に楽しめたので、私の中ではトムヒを拝むために何度でも観たい作品です。

普段からエリートだし、今作でもエリートだなぁ…トムヒ。

ストーリーは王道のキングコング物語もあり、怪獣が続々登場するパニック映画でもあります。

伏線として冒頭に島に墜落するマーロウとグンペイの姿が描かれています。

それもしっかり回収されていてスッキリ!

いろいろな意味で観ていて大興奮の『キングコング:髑髏島の巨神』のストーリーを簡単にご紹介します。

>>【31日間無料】U-NEXTで『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴する

謎の島髑髏島

1973年。アメリカがベトナム戦争からの撤退を宣言した日。

特務研究機関「モナーク」の一員であるランダは未知の島「髑髏島」の資質調査を行うために、上院議員を説き伏せベトナムから帰還途中のパッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)と、サイゴンに滞在するフリーの傭兵コンラッド(トム・ヒドルストン)を島の案内役として調査に同行させます。

カメラマンであるウィーバーも調査に加わり、一行は髑髏島へ向かいました。

嵐の中を抜け髑髏島上空へたどり着いた一行は、地質調査の名目でサイズミック爆弾(普通の爆弾と変わらない)を投下すると、騒ぎを聞きつけたコングが登場し、怒り狂ったコングによりヘリ部隊は全滅させられ、調査隊は散り散りになってしまいます。

バラバラになった調査隊が脱出の際に、ヘリコプターがやってくる合流地点を目指し始めす。

コングの攻撃により大勢の部下を失ったパッカード大佐はコングを抹殺するために武器を集め始めました…。

>>【31日間無料】U-NEXTで『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴する

第二次世界大戦の落とし物「マーロウ」との出会い

コンラッドたちは北へ向かって進む途中に、島の先住民「イーウィス族」と彼らと共に暮すマーロウ(ジョン・C・ライリー)と出会います。

聞く話によると、マーロウは第二次世界大戦中に島に不時着し、相打ちになった日本軍兵士のグンペイ(MIYAVI)と和解し、ずっと島で暮らしていました。(冒頭のシーン)

戦闘機を改造して船を作り、何度か島からの脱出を試みましたが、グンペイはその途中にスカル・クローラーに襲われ帰らぬ人となってしまいました。

コンラッドたちはマーロウに案内され先住民たちが神聖とする廃船の中に案内されます。

そしてコングが島の守護神であるということを教えられるのです。

マーロウはもう一度脱出するために、改造した船「グレイ・フォックス号」でコンラッドたちと合流地点へ向かうことにしました。

コンラッドとマーロウが船の整備をしている時、ウィーバー(ブリー・ラーソン)は墜落したヘリコプターの下敷きになっていた巨大生物「スケル・バッファロー」を見つけ、助けようとした際にコングが現れバッファローを助けます。

そしてコングは、ウィーバーに敵意がないことがわかるとその場を立ち去ったのです…。

>>【31日間無料】U-NEXTで『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴する

西の山に住む「スカル・クローラー」との戦い

コンラッド一行は、無事にパッカード大佐たちと合流します。

そして部下のチャップマン(トビー・ケベル)を救出するために、一行は島の西部の山に向かったのです。

マーロウによると、西部の山は危険地帯で怪獣の住処になっているということです。

そしてコンラッドたちは、さっそく「スカル・クローラー」に襲われます。

ランダ(ジョン・グッドマン)を始め、多数の犠牲を出しながらも死闘の末にコンラッドたちはスカル・クローラーを倒すことに成功しました。

しかし、スカル・クローラーが吐き出した人間の頭蓋骨と認識票により、チャップマンの死が明らかになり、パッカード大佐の復讐心がさらに燃え上がりました。

打倒コングを決意したパッカード大佐は、次第に暴走を始めコンラッドとマーロウたちと対立してしまったのです。

しかし言うことを聞かないパッカード大佐は、部下数名をつれてコング抹殺のために西へ向かい始めました。

コンラッドたちはグレイ・フォックス号へ戻ります。

>>【31日間無料】U-NEXTで『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴する

ゴリラ対ゴリラ…サミュエル・L・ジャクソンとコングの戦い

夜、グレイ・フォックス号を探しに出かけたコンラッドとウィーバーは、コングと出会います。

ウィーバーに触れて、コングはその場を立ち去ろうとしましたが、パッカード大佐がサイズミック爆弾を爆発させたため怒りを露わにし、爆発の方向へ向かっていきました。

コンラッド、ウィーバー、マーロウはパッカード大佐を止めるためにコングの後を追います。

パッカード大佐は火攻めで弱ったコングを爆薬で吹き飛ばそうとしますが、止めに入ったコンラッドたちと一触触発状態に。

パッカード大佐以外の兵士たちは納得したものの、最後まで言うことを聞かないパッカード大佐。

しかし!そこに大型のスカル・クローラーが出現し、一人になったコングはパッカード大佐を踏み潰して葬り、スカル・クローラーに立ち向かっていったのです!

おっと、いけない。サミュエル・L・ジャクソンもゴリラに見えてしまいました。

おなじみの「マザファッカ」も「マザファ…」でコングに踏み潰されてしまいます。

暴走したパッカード大佐の行く末でした。

軍配はコングに挙がりましたが、すぐに大型スカル・クローラーが襲いかかってきました!

>>【31日間無料】U-NEXTで『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴する

気になる『キングコング:髑髏島の巨神』の結末

グレイ・フォックス号を探しながら逃げるコンラッドたちをスカル・クローラーが追ってきます。

しかし、コングが追いつき攻撃を仕掛けると2体で戦い始め、コンラッドたちもコングの援護を始めました。

コングは廃船のスクリューを武器にスカル・クローラーを倒し、戦いで川に投げ出されたウィーバーを助け出した後に姿を消しました…。

そして無事に合流地点にたどり着いたコンラッドたちは、髑髏島を脱出することができたのです。

行方不明となっていたマーロウは、無事にアメリカの自宅に帰宅し、妻と息子と再会することができました。

一方、コンラッドとウィーバーはモナークに招かれ、調査に再度協力することに…。

そして亡くなったランダの助手であるブルックス(コリー・ホーキンズ)から新たな資料を見せられます。

資料は古代生物が描かれた壁画で、壁画には「巨大な恐竜」「翼竜」「蛾」「三首の竜」が描かれていました…。

そしてブルックスは「王はコングだけではない」と語ったのです。

これで物語は終わります。

……が!ちょっと待ってください。

「巨大な恐竜」「翼竜」「蛾」「三首の竜」

って…「ゴジラ」「ラドン」「モスラ」「キング・ギドラ」ですよね…?

これは『ゴジラ』シリーズと関係があるのか?もしかして伏線か!?

ということで、最後にこの点を紐解いていきます!

>>【31日間無料】U-NEXTで『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴する

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』5/31全世界同時公開!

すごく観たいんですよ『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』…。

今まで『ゴジラ』シリーズにあまり興味がなかったのですが、この怪獣勢揃いの迫力は見逃すわけにはいきませんよ!

アベンジャーズ』然り、とにかく集合モノが好きだなぁ…。

この『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が『キングコング:髑髏島の巨神』とどういう関係があるのか?

ということについて触れると…実は『キングコング:髑髏島の巨神』で登場したキャラクターが『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にも登場するという情報が!

マイケル・ドハティ監督が「髑髏島から登場人物を一人連れてきました」と明かしたのです!

予想では予告編に一瞬だけ映るチャールズ・ダンス演じる謎の男が、トム・ヒドルストンが演じたジェームズ・コンラッドでは?という噂も!

問題の予告編はこちら!


ストーリー的には、どの怪獣が敵か味方か…という内容です。

復活した神話時代の怪獣たちとゴジラとの戦い、それによって引き起こされる世界破滅を阻止しようとする特務機関「モナーク」の活躍が描かれるということです。

「モナーク」は今作にも登場した特務機関ですね!

ということは『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の予習に『キングコング:髑髏島の巨神』はぴったりということです!

一見関係ないかもと思ったら関係ありありの『キングコング:髑髏島の巨神』!映画公開前にぜひぜひご覧ください!

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』も、ますます楽しみになってしまいました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴する

映画『キングコング:髑髏島の巨神』まとめ


以上、ここまで『キングコング:髑髏島の巨神』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンの豪華キャスト共演に大興奮!
  • 王道のキングコングストーリーに伏線回収もバッチリで観終わった後にスッキリできる。
  • 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の予習にもバッチリ。公開前に観ておこう!

映画『キングコング:髑髏島の巨神』を視聴できるVODは?

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
dTV

出典:dTV

dTVの特徴
  1. 月額500円で12万本以上の動画が楽しめる
  2. 安くて作品数が多いコスパ最強のサービス
  3. 31日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能
Amazonプライムビデオの特徴
  1. 月額400円は業界最安値
  2. ドキュメンタル』や『バチェラー』などオリジナル作品が楽しめる
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能
TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能