ドラマ『スナックキズツキ』第5話 人生に焦り疲れた女性(徳永えり)に、生き延びるための世界一うまいココアを…!

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

この先、どうなっていくんだろう…

近年起こった出来事で、こんな言い表しようもない不安に心を重くした人も多いはず。

ここにも人生に焦りを感じ、キズついている女性が1人…第5話「富田さん」では、新しい世界を求めて転職活動に励む富田希美(徳永えり)についてのお話です。

難航する就職活動、アルバイト先で抱いた叶うはずもない淡い恋心…

確かなものがひとつもない現状で、彼女の心を軽くしたのはなんと“世界一うまいココア”!

“しりとり心”疼く、ほっこりクライマックスは必見です!

\\『スナック キズツキ』を見るならここ!!//

14日間無料のParaviで見る

ドラマ『スナックキズツキ』前回第4話のあらすじと振り返り

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

彼女持ちで、広告代理店・大雄企画勤務の瀧井潤(小関裕太)。

充実した毎日を送り、特に悩みがなさそうに見える彼にもストレスはある…

毎月やってくる、地味にダメージがある奨学金返済。

高校の同級生・ミドリ(武田梨奈)に連れて行かれたセレブBBQで受けた職業マウント。

だし巻きを食べてふと思い出す亡き母への恋しさ…

日々のやるせない思いを込めて瀧井が蹴った石が、スナックキズツキの看板直撃!

トウコママ(原田知世)は、謝罪に来た彼を店に招き入れます。

“創作朗読”で心の内を吐きださせ、おふくろ味の“だし巻き”で泣かせます。

出すもの出してスッキリした瀧井くん、帰りは大好きな兄(八嶋智人)と笑って電話しながら歩くのでした。

sat0330

トウコさん、朗読サービスとは斬新!
瀧井くん行きつけのコンビニ店員・富田希美(徳永えり)が主人公の第5話では、トウコが“誰しもしたことのある、あの懐かしい遊び”で癒します。
\\『スナック キズツキ』を見るならここ!!//

14日間無料のParaviで見る

【ネタバレあり】ドラマ『スナックキズツキ』第5話あらすじと感想

トウコ(原田知世)が指摘したTシャツの柄が話題…こぐま屋(浜野謙太)が私服で初登場!

毎夜、さまざまな人が訪れるスナックキズツキ。

ある日、いつもの制服ではなく私服で現れた出入りの酒店・こぐま屋の上田健一(浜野謙太)。

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

急な配達のため、着替えるひまがなかったというが…なんと彼が無意識に着ていたのは熊柄Tだったのです!

sat0330

トウコが発見し爆笑wこのTシャツ、クマがゆるくて可愛すぎ。

第5話は、“制服”も大事な鍵となるアイテム。

今度はスナックへ納品にきた上田。

「看板までキズついちゃって哀愁漂っちゃってる…ガムテープじゃなく直した方がいい!」

上田の前職は“看板屋の営業”だったらしく、トウコ(原田知世)に知り合いを紹介してくれるとのこと。

優秀な営業マンだったらしく、退職時は相当引きとめられたらしい上田。

他にやりたいことがあって辞めたと、ちょっと誇らしげに語ります。

sat0330

なるほど…上田のトークのうまさは、営業仕込みだったのか!

トウコも以前は別の仕事をしていたとか…どんな仕事だったのか気になる!!

第5話の主人公である富田希美は、転職活動に焦り苦しむ女性なのです。

コンビニ店員・富田希美(徳永えり)は、いま転職活動中。

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

両親と実家に住みながら転職活動をし、コンビニでバイトをしながら生活している35歳独身の富田希美(徳永えり)。

彼女は、大卒で商社に勤め、30歳を機に新しい事に挑戦するために転職。

転職先の会社は、体調を崩してしまい退職しました。

母は「会社辞めさせなければ…」と後悔しながら、希美の再就職が未だ難航している事を心配しています。

sat0330

希美を見ればわかります…

決して転職活動を怠けているわけじゃない、だけどなかなか決まらない。

この日、株式会社ネクスチャーホールディングスの採用面接を受けた希美。

手ごたえを全く感じず…心が重い帰り道では、赤く腫れた靴ずれが痛みます。

100均で購入した絆創膏を貼り、ふと周りを見回すと活き活きと働いている人ばかり。

両親の心配そうな声を、周囲の人々が働く声を…聞こえてくるのがつらいのか、希美はきょうもイヤフォンで耳を塞いで歩きます。

sat0330

この行動、ちょっと気持ちわかるな…
鏡に映った就活スーツを着ている自分を見てため息。

「なんでこんな恰好してるんだろう…」

ありふれたものでいいから確実な何かが欲しい…35歳の希美(徳永えり)、淡い恋心

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

嫁いだ希美の妹が、2人の子供を授かり帰省。

どんどん大きくなっていく姪っ子たちの成長をみると、いやおうなしに自分の年齢を実感してしまいます。

そんな折、妹から離婚して子供を連れて実家に戻ると告げられます。

sat0330

広いわけではない実家…希美にとっては、考えさせられる出来事。
唯一の癒しは、コンビニの常連・瀧井潤(小関裕太)の存在。

店員とお客さんとでしかしゃべったことはないけれど、希美は彼に淡い恋心を抱いています。

「このペペロンチーノ、おいしいですよね!」

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

彼が笑顔でそう言ったもんだから、なんだかその商品を食べてみたくなって購入。

1時間分の時給が一瞬で消えていきます…

けれど、制服姿じゃない希美と外ですれ違っても、瀧井は気づきもしませんでした。

わかってはいるし、わかってはいたけど…私のことが眼中にないことぐらい。

それでも、やっぱりキズついて…またイヤフォンで耳を塞いで歩きます。

キズついた富田さん(徳永えり)が、傷ついた看板に誘われる!

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

“スナックキズツキ”という変な名前と、ガムテープで補修され傷ついた看板がなんだか今夜は目について…富田希美は、スナックキズツキへやってきます。

ホットココアをオーダーした希美に、トウコは「ココアは時間かかるから」とひとまず温かなコーン茶を出します。

コーン茶にホッとしたのか、希美の口からついつい先行きに対する不安がこぼれます。

すると、突然停電になり真っ暗になった店内!

「もしもいま…何か世界レベルで大変なことあったらどうします?」

暗闇の中、希美がトウコに問います。

トウコは、「困るね…あんたのココア、途中だし」とサラッと答えます。

sat0330

このやりとりは深い。

先々を心配しすぎる希美の問いに、“いまここ”を大事にしたトウコの答え。

まずはいまを大事に…と言われているような気も。

「確かな幸せっていうか、確かな安心感…そんなのどこにあるのか…」

穏やかにこの世界に絶望している希美がいました。

トウコ(原田知世)VS富田希美(徳永えり)、超長めのしりとり合戦!

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

「しばらく、しりとりでもする?」

何事もなく明かりが再び灯った店内。

ココアを作りながら、トウコが希美を“大人のしりとり”に誘います。

トウコの「ホットココア、飲みたくなるってまあまあ疲れてる日。」という長文ワードからスタート!

その言葉を聞いた希美はハッとします。

sat0330

希美はトウコに指摘されて「自分はいま疲れてる」と気づいた様子。
「明るくなくてもいい…ありふれたものでもいいから確実な明日が欲しい!」

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

出典:スナックキヅツキ公式ページ©『スナック キズツキ』製作委員会

恥ずかしがりながらも、自分の置かれた現状をしりとりする希美。

「運命の人なんかじゃなく…ただ、生き延びたいそれだけなのかも。」

次第に自分でも気がつかなかった“自分の心”が見えてきます。

「もしも、叶うなら新しい恋だってしたい…でも彼は私のことなんか眼中になくて。久しぶりにラブソング聴いちゃったりして、それだけでも潤いありがとうみたいな。」

sat0330

しりとりのラリーをすればするほど、希美の思いが溢れ出てどんどん長文に!

ココアを欲したら、まあまあ疲れ気味!?トウコ特製の世界一うまいココアの作り方

「笑っちゃうくらい頼りない私の人生。差し出せるものも、残せるものも、たぶん何もないんだ…」と人生を嘆く希美。

「だけど私たちは出場している、この歴史に。歴史の上にいやおうなしに積もっていく“ちり”みたいなものかもしれんがな」とトウコが続けます。

「なんか、壮大だけどそう思っとこ!」と、笑う希美の前にカップが置かれます。

トウコの「今夜、アンタは世界一うまいココアを飲む!今日もお疲れさん!」で、2人の長いしりとりが終わりました。

sat0330

希美のうまそうな顔が忘れられない。頑張れば作れそう…このレシピで作ってみたい!
【トウコ特製の世界一うまいココアの作り方】
①弱火でココアの粉を炒る(抜群に香りがよくなる)
②ココアの粉の色が変わって、香りが出てきたら火を止める
③牛乳をちょっとずつ入れながらよく練って、完成

翌朝から、“1人しりとり”をしながらテンションをあげて転職活動に励む希美がいました。

もう、彼女の耳にイヤフォンはありませんでした。

ドラマ『スナックキズツキ』の次回に期待するもの

確かな幸せや確かな安心感を感じて、日々生きれてる人はこの世にどれだけいるだろう。

このドラマを通して「みんなそれなりの事情を抱えて生きている」ということを知るだけでなんだか心強いと思えます。

第6話は、1人息子を京大合格させた主婦・中島香保(西田尚美)回。

第2話で、鯖欠けを指摘していたあの女性。

何やら彼女はトウコマジックで“超無敵”になるらしい…楽しみです!

\\『スナック キズツキ』を見るならここ!!//

14日間無料のParaviで見る