アニメ映画『傷物語<Ⅲ冷血編>』あらすじ・ネタバレなし感想!羽川翼の過激サービスシーンは必見、物語は完結へ

出典:AbemaTV

『傷物語<Ⅲ冷血編>』は西尾維新の人気小説「物語」シリーズの原点を描いたアニメーション映画三部作の完結編にあたる作品です。

完全復活を果たした最強の吸血鬼・キスショットと、その眷属・阿良々木暦の物語もついに最終局面を迎えます。

キスショットの口から語られる衝撃の真実を前に暦がとった行動とは!?

ポイント
  • 次々に明らかになる衝撃の真実に驚愕すること間違いなし
  • 羽川翼のサービスシーンは興奮必至!「声優泣かせ」のセリフは一聞の価値あり
  • 暦とキスショットの最終決戦が熱い!肉片飛び交う吸血鬼同士の戦闘シーンは大迫力
  • 感動のクライマックス。切ないラストシーンに胸が熱くなる

それではさっそく『傷物語<Ⅲ冷血編>』をレビューしたいと思います。

アニメ映画『傷物語<Ⅲ冷血編>』作品情報

『傷物語<Ⅲ冷血編>』

出典:toho.co.jp

作品名 傷物語<Ⅲ冷血編>
公開日 2017年1月6日
上映時間 83分
監督 新房昭之
尾石達也
脚本 西尾維新
出演者(声優) 神谷浩史(阿良々木 暦)
堀江由衣(羽川 翼)
坂本真綾(キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード)
江原正士(ドラマツルギー)
入野自由(エピソード)
大塚芳忠(ギロチンカッター)
櫻井孝宏(忍野メメ)
音楽 神前暁

アニメ映画『傷物語<Ⅲ冷血編>』あらすじ


ドラマツルギー、エピソード、ギロチンカッターという3人の強敵に勝ち、吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの四肢を奪還した阿良々木暦。

これで普通の人間に戻ることができると思っていた暦だったが、キスショットに吸血鬼の恐るべき本質を知らされる。

暦は自分のしたことを後悔するが、そんな彼に同級生の羽川翼があることを提案する。
出典:シネマトゥデイ

アニメ映画『傷物語<Ⅲ冷血編>』みどころ

『傷物語<Ⅲ冷血編>』みどころ

西尾維新の代表作「化物語」の前日譚(たん)であり、「物語」シリーズの原点ともいえる小説を3部作で映像化した劇場版アニメーションの最終章。

ドラマツルギーら3人の強敵と戦い抜き、吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの四肢を取り戻した高校生・阿良々木暦が、元の人間の姿に戻るはずが、吸血鬼の恐るべき本質を突き付けられる姿を描く。

前作・前々作と同様に総監督を新房昭之、監督を尾石達也が担当。

過酷な運命が暦を待ち受ける。
出典:シネマトゥデイ

アニメ映画『傷物語<Ⅲ冷血編>』を視聴できる動画配信サービス

『傷物語<Ⅲ冷血編>』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月30日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年4月30日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

アニメ映画『傷物語<Ⅲ冷血編>』感想レビュー【ネタバレなし】

前作では語られなかった謎や伏線が明らかに!物語の序盤から驚きの連続

前作『傷物語<Ⅱ熱血篇>』での暦とヴァンパイアハンター達の闘いを観て「あれ?阿良々木さん強すぎじゃね?」と感じた方は私だけではないはずです。

そこで疑問になってくるのが「こんな弱い奴ら相手に、たとえ三人がかりで来られても最強の吸血鬼であるキスショットが負けるのか?」ということです。

その謎が物語の序盤で明らかになるのですが、衝撃過ぎて開いた口が塞がらなかったです。

また今まで触れられてこなかった「人間に戻る方法」や吸血鬼の「食事」についても語られることになります。

『傷物語<Ⅲ冷血編>』を観れば、前作『傷物語<Ⅱ熱血篇>』でもやもやしていたことがすべてスッキリすると思います。

ここではあえてネタバレは書かないでおこうと思います。

衝撃の真実はぜひ皆さんの目で確かめてほしいです。

ヒロイン・羽川翼のサービスシーンが半端ない!リピート再生間違いなし

三部作を通してサービスシーン満載の『傷物語』ですが、完結編にあたる『傷物語<Ⅲ冷血編>』では、前作『傷物語<Ⅱ熱血篇>』を超える凄まじい興奮ポイントがありました。

羽川翼ファンは間違いなく観て損はないと自信を持って断言することができます。

問題のシーンは傷心する暦を羽川が元気づける場面で起こります。

私はキスショット派なのですが、思わずグラついてしまうほどエロ可愛かったです。

中でも一番印象に残っているのが「阿良々木君、どうか私のノーブラおっぱいをモミモミしてください。お願いします!」という破壊力バツグンのセリフです。

羽川の声優を務められた堀江由衣さんには、心からの賛辞と感謝を述べたいです(笑)

感動と興奮をありがとうございました。

本作に関心がない方でも、堀江さんの「あのセリフ」を聞くためだけでも一見の価値はあると思います。

大迫力の最終決戦!血肉が飛び交う人外同士の極限バトルに興奮間違いなし

ここまで苦楽を共にしてきた暦とキスショットでしたが、『傷物語<Ⅲ冷血編>』において「ある出来事」をきっかけに完全に決別することになってしまいます。

そして物語の終盤に、お互いの信念をかけて対峙することになるのですが、そのバトルシーンが最高に熱かったです。

吸血鬼同士の殴り合いは、超高速で身体の破壊と再生を繰り返す異次元のバトルでした。

首は飛ぶわ…胴体と下半身は真っ二つになるわ…とにかく刺激がかなり強い戦闘シーンでした。

上述した羽川翼のサービスシーンも含めて「この映画ホントにR12でいいのか…?」と思ってしまいました。

そういう描写が苦手な方は、視聴に注意が必要かもしれません。

しかし戦闘シーンのクオリティーについては素晴らしいものがあり、映像の作りこみが見事でした。

暦とキスショットの最終決戦の行方はいかに…?

物語のキーパーソン!忍野メメが超カッコよかった

前作『傷物語<Ⅱ熱血篇>』から暦とキスショットに手を貸していた押野メメでしたが、「傷物語〈Ⅲ冷血編〉」では物語の重要人物として存在感を放っていました。

声優を務めた櫻井孝宏さんの演技も素晴らしく、優しいのにどこかつかみどころがない不思議な雰囲気を持つ忍野のキャラクターを見事に演じ切っていました。

本作に登場する声優は神谷浩史を筆頭に、本当に豪華なナインナップだなと思います。

忍野の活躍にも注目して観ていただきたいです。

切ないラストシーンに胸が熱くなる。暦とキスショットが背負うことになる「傷」とは…?

結末だけ先に書いてしまうと、この三部にわたり描かれてきた物語の結末は誰も幸せになることができない最後を迎えることになりました。

誰もが幸せになれるハッピーエンドを期待していた方にはショックが大きいかもしれません。

救いのないエンディングなのは間違いないのですが、悲しみというよりも切なさが強く余韻に残る、そんなラストでした。

ネタバレを書いてしまうのは非常にもったいないので、結末はぜひご自身の目でご覧になってください!

アニメ映画『傷物語<Ⅲ冷血編>』まとめ


以上、ここまで『傷物語<Ⅲ冷血編>』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 前作『傷物語<Ⅱ熱血篇>』で語られなかった謎や伏線が明らかになる。
  • 羽川翼の豊満なおっぱい。
  • 物語の重傷人物・忍野メメの活躍
  • 暦とキスショットの大迫力の戦闘シーン
  • 切ないラストシーン。

アニメ映画『傷物語』シリーズ他作品の記事一覧

アニメ映画『傷物語<Ⅰ鉄血篇>』あらすじ・ネタバレなし感想!「物語」シリーズの原点が待望の映画化 アニメ映画『傷物語<Ⅱ熱血篇>』あらすじ・ネタバレ感想!阿良々木暦による吸血鬼パワーの全貌が明らかに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です