『麒麟がくる』第31話あらすじ・ネタバレ感想!朝倉討伐に動く信長が、身内の謀反により最大の危機に!

出典:U-NEXT

朝廷から朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)倒幕を命じられた信長(染谷将太)は、さっそく出陣します。

その陣には、徳川家康(風間俊介)や松永久秀(吉田鋼太郎)、そして光秀(長谷川博己)などが顔を並べたのですが、信長に近しい意外な人物がまさかの謀反!

そのせいで信長は危機的状況に陥ることに…。

ドラマ『麒麟がくる』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

『麒麟がくる』前回第30話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』第30話

出典:U-NEXT

二条城の築城が終わると、光秀(長谷川博己)は信長(染谷将太)に言われ、松永(吉田鋼太郎)や三淵(谷原章介)と共に、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)討伐について検討を始めます。

しかし義昭(滝藤賢一)が戦をしたくないというために大名が集まらず、下手をすれば織田家だけで朝倉と闘わなくてはいけない状況に…。

これで本当に大丈夫かと悩む信長。

帰蝶(川口春奈)に言われ相談役になる光秀。

信長が京を離れる前に、御所の壁の修復をしたということを知った光秀は、朝廷の意見を聞き、勅命として朝倉討伐をすれば、諸大名が力を貸すだろうと知恵を出します。

謁見を認められた信長は、朝廷に褒められたことを喜び、正式に朝倉討伐に乗り出すのでした。

【ネタバレ】『麒麟がくる』第31話あらすじ・感想

帝よりの勅命により、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)討伐に乗り出す信長(染谷将太)率いる織田軍は絶好調

越前・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)討伐のため、出兵をした信長(染谷将太)。

その陣営には、徳川家康(風間俊介)や松永久秀(吉田鋼太郎)、そして明智光秀(長谷川博己)など、多くの名将が集まっていました。

順調に駿河を制圧する信長は朝倉の居城・一条谷まで迫っており、これで義昭(滝藤賢一)が治める幕府の安寧が手に入ると、誰もが勝ち戦だと信じてなりません。

KAMUIKAMUI

戦上手の信長について行けば大丈夫と思いますし、信長もこれが帝の勅命なのだから自信を持って攻めようと思うわけです。京から三好も追い出しましたし、負けるわけがないと思いますよね。

干し柿の思い出を語る家康(風間俊介)と光秀(長谷川博己)

義理の弟・浅井長政(金井浩人)に小谷城を守らせ、一条谷にいる朝倉を討つ準備を整える信長。

それと同じ時、家康は光秀の姿を見つけると、干し柿の話をし始めます。

織田家に人質として住んでいた幼き頃、薬売りに扮していた光秀から干し柿をもらったこと、待つとはどういうことか、耐え忍ぶとはどういうことかを教えてもらったと言って家康は感謝します。

そんな話を聞くと光秀は、耐え忍ぶとは言ったものの、どのくらい戦を続けなければならないのだろうと、夜空を見上げながらそんなことを口にするのでした。

KAMUIKAMUI

お互いによく覚えているなぁ…って思っちゃいます。

義兄よりも盟友を選んだ浅井長政(金井浩人)の進軍先は織田信長(染谷将太)

実は、浅井と朝倉はかつて強い絆で結ばれた中。

しかし、今の浅井長政は信長の妹・お市(井本彩花)を妻として娶っているゆえ、織田方に味方をしなくてはいけない状況にあります。

密かに朝倉と内通し、越前攻めには参加しないという約束をしていた長政。

思慮を巡れた末、信長は過去に自身の弟を殺したこともあり、いずれ自分も殺されるのではという不信感を覚えるように…。

朝倉が討たれれば次は自分…そんな考えが過った末、長政はお市を残し、朝倉に味方するため、信長がいる金ヶ崎へと兵を向けるのでした。

KAMUIKAMUI

兄だろうが弟だろうが関係ない!そう思った答えなんでしょうが、この長政の選択はお市にとってはとっても辛いことでしょう。

「織田信長は死んではならんのです!」

織田軍が軍議をしている中、佐馬助(間宮祥太朗)の目配せに気づいた光秀はいったん離席。

そして彼のもとに、なんと浅井長政が謀反、小谷城から金ヶ崎城へ進軍しているという報告が来ます。

この緊急事態により、光秀は信長を軍議から呼び寄せてこのことを報告。

どういうことだと戸惑う信長。

長政の兵は9,000。信長はここで迎え撃とうと考えますが、それでは朝倉と挟み撃ちに合ってしまうと光秀は言い、撤退するように進言するのです。

しかし、逃げるという選択を取りたくない信長。

自分は帝に褒めてもらった。だから逃げることはできないと言うと、光秀は声を上げて訴えます!

「織田信長は死んではならんのです!」

世を平らかにするためにも、信長には生きてもらわないといけない。

そう訴え続ける光秀に対し、信長は「先に戻れ」「一人で考えたい」と言います。

1人怒り狂ったようなうめき声を上げる信長。

その声は軍議中の松永や家康の元にまで届きます。

やっと戻って来た信長は、浅井長政が裏切ったことを皆に伝え、「わしは逃げる」と静かに言い放ち、その場を後にするのでした。

KAMUIKAMUI

イライラの信長公。最後は魂が抜けたように「逃げる」…これは根に持ちますよ…。

信長(染谷将太)を逃がすため、光秀(長谷川博己)と藤吉郎(佐々木蔵之介)はしんがりを務める

信長を始め、他の将を逃がすため、光秀はしんがりを務めると名乗り出ます。

『麒麟がくる』第31話あらすじ・ネタバレ感想!朝倉討伐に動く信長が、身内の謀反により最大の危機に!

出典:U-NEXT

金ヶ崎に残り、後から追いかけると告げると、木下藤吉郎(佐々木蔵之介)が光秀に自分にもしんがりを務めさせてほしいというのです。

その日暮らしだった藤吉郎は、貧しかったがゆえに病に罹った妹が食べるはずだった粥を食べてしまい、その妹が死んでしまった過去を語ります。

それからというもの、藤吉郎は自分に生きる値打ちがあるかと責め、自分でも何か武士として役目を果たしたいと思ったがゆえに志願をしたのです。

光秀は藤吉郎に対し、しんがりの役目を頼み、共に襲撃してくる浅井・朝倉を討ち払うのでした。

そして光秀は思います。

平和な世の中を作るためには、今は戦をしなければならないということを…。

KAMUIKAMUI

時には戦わねばならないと思ったわけですね。覚悟を決めたご様子。それがどうして主君殺しにまで…。というか、主君になるのでしょうか?

光秀(長谷川博己)は生きている限り敗北ではないと言う

織田軍は負けて帰ってくると摂津晴門(片岡鶴太郎)から報告を受けた義昭(滝藤賢一)は信長を心配します。

信長は頼りにならない、これからは幕府のいうことにも耳を傾けましょうと摂津は言うも、義昭は特に言葉を返すことはできませんでした。

ちょうど駒(門脇麦)がやってくると、自分はまだ真の将軍ではないと、義昭は愚痴をこぼします。

これから数日後、しんがりという役目を果たした光秀が、織田軍の兵たちがいる妙覚寺へ戻りました。

しかし藤吉郎は「しんがりを務めたなど嘘だろうと言われ、信じてもらえない」と光秀に嘆きます。

怒った光秀はさっそく皆のところに行き、無事でよかったと酒を飲みながら笑う者たちに対し、それは藤吉郎がしんがりを務めたから飲めるのだぞと怒鳴り、その場を去っていくのでした。

KAMUIKAMUI

なかなかに藤吉郎が不遇。この猿が出世してみんな頭が上がらなくなるというのに…。

信長の元へとやって来た光秀。

帰蝶に勝ったか負けたか一番に知らせねばいけないのに、どう返事を書いたらいいのだろうかと悩む信長に光秀は言います。

「信長様が生きています。生きている限り次がある。そして、大きな国ができれば平穏が訪れ、そこに麒麟がくる」と…。

自分は生きて帰った。次がある。そう言われた信長の顔は晴れやかになり、彼は大声で笑うのでした。

『麒麟がくる』第31話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回の戦は撤退こそしたものの負けてはいないと光秀様が言ってくれたことで、信長公の心も軽くなったんでしょうね。

生きていれば何でもできる!

ここからどんな展開が訪れるのか見物ですね!

ドラマ『麒麟がくる』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第32話も続けて読む▼