『麒麟がくる』第26話あらすじ・ネタバレ感想!義昭を上洛させるため内輪もめの激しい朝倉に、三淵は一計を…

『麒麟がくる』第26話あらすじ・ネタバレ感想!義昭を上洛させるため内輪もめ激しい朝倉に、三淵は一計を…

出典:U-NEXT

足利義栄(一ノ瀬颯)が征夷大将軍になったものの、重い病のせいで未だ上洛はならず。

すると、近衛家をかねてより目の敵にしている二条晴良(小藪千豊)が、足利義昭(滝藤賢一)の元服を手助け、上洛の手伝いをするのでした。

信長(染谷将太)と共に義昭を担ぐために上洛する決意を固めた朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)でしたが、どうやら越前内ではもめごとが尽きず、義景の従兄弟・朝倉景鏡(手塚とおる)が上洛は如何なものかと反論。

祝いの席に呼ばれた光秀(長谷川博己)は意見を求められます。

このままではいつまでたっても上洛できない。

この席で舞を見せた伊呂波太夫(尾野真千子)は光秀にある助言をします。

そして、なんとしてでも義昭を上洛させるべく、三淵(谷原章介)が一計を…。

『麒麟がくる』を全話無料で見れる配信サービスは?
  • U-NEXT / レンタル / 31日間無料

『麒麟がくる』前回第25話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』第25話

出典:U-NEXT

信長(染谷将太)が美濃を斎藤家から奪取し平定させたことにより、光秀(長谷川博己)は故郷、明智荘へ牧(石川さゆり)と帰郷しました。

かつての家臣・伝吾(徳重聡)と再会を喜ぶと、稲葉山城にいる信長に謁見。

すると信長から「わしに遣える気はないか?」と言われます。

しかし、光秀が亡き将軍・義輝(向井理)以外に今は遣える気はないと言ってこれを断ると、信長からこの先どうすればいいかと相談を持ち掛けるのです。

右を見ても左を見ても敵ばかり。

戦をすれば誰もが喜んでくれるが、これからは守らねばならないと、信長は言います。

光秀が足利義昭(滝藤賢一)とともに上洛し、堺をはじめとした畿内を取り、大きな国を作ればいいと進言すると信長は目を輝かせるのでした。

覚慶改め義昭は将軍の器にあらずという答えを一度出した光秀。

しかし、越前の家を訪ねてきた義昭が自分が将軍になることで今まで手が届かなかった多くの人を助けることができるならと言い出したことで、将軍になるべきだと判断します。

そのことを朝倉(ユースケ・サンタマリア)に進言すると、松永久秀(吉田鋼太郎)からも信長と上洛して義昭を支えよと言われていたこともあり、朝倉は上洛すると決意を固めるのでした。

こうして義昭を将軍にする計画は着々と進行していたのですが、三好・松永の子らの計画も動いており、彼らが担ぎ上げた足利義栄(一ノ瀬颯)が帝より「征夷大将軍」に任命され、14代目将軍となってしまいました。

【ネタバレ】『麒麟がくる』第26話あらすじ・感想

義栄(一ノ瀬颯)は病で上洛できず、宿敵・二条晴良(小藪千豊)が近衛前久(本郷奏多)に牙を剥く

三好一族により、第14代目征夷大将軍となった足利義栄(一ノ瀬颯)ですが、重い病に苦しむあまり、京へたどり着けず、摂津より進むことができずにいました。

この状況に朝廷では彼を推挙した近衛前久(本郷奏多)をクスクスと笑う者たちが。

関白である近衛家を敵視する二条家当主・二条晴良(小藪千豊)は、集めた銭もボロボロだし呆れたものだと言いつつ、このまま彼を推挙した近衛前久が関白で良いのだろうかとせせら笑います。

二条の言葉に笑って見せるも、見せられたボロボロの銭を握りしめる前久。

また、二条晴良は一条谷で足利義昭(滝藤賢一)と帝を取り次いだうえ、元服の見届け人となったことで、義昭を将軍として持ち上げる三淵(谷原章介)や細川藤孝(眞島秀和)たちに追い風を吹かせることとなったのでした。

KAMUIKAMUI

武士の好きにさせてやったのに…結局エライ目に遭ってしまった近衛前久。しかし、二条殿を演じる小藪千豊さんのあの皮肉な笑みはだいぶ印象的です。

上洛を決意した朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)は果たして上洛できるかと、祝いの席で揉めごとに

義昭が元服したことで、後は有力大名と共に上洛を果たしたい光秀(長谷川博己)ですが問題は山積みです。

上杉は武田との戦支度で動けず、六角に至っては美濃から逃げた斎藤龍興を匿い、三好と結託しているという噂。

上洛を果たすとなると、三好家と戦わなければならないというのに、越前に戦支度の雰囲気はありません。

これで本当に大丈夫だろうかと頭を悩ませる光秀。

そんな時、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の家臣・山崎吉家(榎本孝明)が光秀を一条谷の祝いの席に来るように進言しに来たのです。

三淵たち義昭の側近も来るのでどうかと言う山崎は、さらに「朝倉家の家臣は皆、上洛に賛成していないことを覚えておいてもらいたい」と言います。

上洛すると息巻くのは朝倉義景ただ一人。家臣や朝倉家の他の面々は、余計な戦に巻き込まれたくないというのが本音です。

その話を聞かされた上で光秀が参加した祝いの席。

義景は、愛する嫡男の阿君丸くまぎみまる(森優理斗)が「京へ行きたいから連れて行ってほしい」と言われたから上洛を決めた。自分が足利義昭の元服の儀の際に烏帽子を付ける任を仰せつかったと上機嫌に話します。

そんな祝いの席の腰を折るようにして口を開いたのは、義景の従兄弟・朝倉景鏡(手塚とおる)でした。

元服と上洛は一つの流れではないだろうと…。

KAMUIKAMUI

ちょっと待って!ここで手塚とおるさん!?なにか悪いことを引き起こす流れしか見えないですよ!

元服と上洛は一連の流れ、朝倉が出れば1日で三好を京から追い出すと息巻く義景。

すると景鏡は「明智殿はどう思う?」と言い出します。

今日は無礼講だと義景が言うと、酒に酔い、目が座っている光秀は自身の見解を述べ始めます。

上杉・六角は頼りにならない!松永久秀(吉田鋼太郎)も手伝ってはくれるというが微妙!そして何よりも、朝倉自体に戦の気配がない。つまり論外だと!

KAMUIKAMUI

光秀様ー!目が座っている!勢いに任せて言いたいこと言ってるから義景が完全キレてますよ~!気づいてー!

三淵(谷原章介)の一計により悲劇が起きる

朝倉は身内の騒動も収まっていない状況。

このままでは義昭はいつまでたっても上洛できません。

それは祝いの席で舞を披露した伊呂波太夫(尾野真千子)も同じ見解でした。

彼女は光秀に10年もの間越前にいてこのまま何もしない気か、そろそろ船出の時なのでは?と言います。

船が見つからないと光秀は言いますが、伊呂波太夫はここで「織田信長(染谷将太)」という船の名を出すのでした。

KAMUIKAMUI

この前断ったばっかりですがねぇ。だれがどう見ても光秀様は信長公の元に行くべきって思ったのかもしれませんね。

美濃へと足を運ぶ光秀。

上洛は織田家のみで行こうと話すと信長は驚きます。

京の守りは今は手薄、美濃と尾張の兵力を合わせれば問題はない。大きな世を作るなら今だと光秀が言うことで、信長は「そなたの申す通りにやってみよう」と賛同するのでした。

KAMUIKAMUI

世の中がよく見えているからこそわかるんでしょう。光秀様は多くの人から信頼されるからこそみんな耳を傾けてくれる。いいポジションだなぁって思います。
『麒麟がくる』第26話

出典:U-NEXT

腹を決めた信長はすぐにでも動き出す。そうなると義昭には越前から美濃に移ってもらわねばなりません。

しかしこのようなこと義景が許すはずはないと誰もがわかります。

藤孝が書状でこのことを伝えるも、やはり義景は激怒。

共には動かない、自分ではなく織田が一人で動くと知り、自分は悪い夢でも見ているのかと山崎に問い詰めます。

そして、国境を兵で固め、上洛を阻止するよう命令を出すのでした。

KAMUIKAMUI

有力大名としてのプライドをズタボロにされたわけですから無理もないですね。

この状況を打開するため、三淵は山崎、景鏡と密会。

互いに知恵を出し合いましょうと話を持ち掛けるのでした。

これから数日後、阿君丸が食事に出された吸い物に毒が入っていることも知らずこれを飲んでしまい、帰らぬ人になってしまいました。

毒見係として吸い物を飲んだ侍女も毒に侵され亡くなりましたが、側にいた者が侍女の口に布を当てて悲鳴を出させず、吸い物を運んだのです。

KAMUIKAMUI

うわー、嫡男なにも悪くないのに!可哀想すぎます。しかしこれが戦国時代か…。そして谷原章介さんはこういう黒い役をやると本当に恐ろしいです。

朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)が放心状態の間に光秀(長谷川博己)はひっそりと越前を去る

突然にして最愛の息子を亡くした義景は深い悲しみに襲われます。

葬儀が義昭の家臣の者たちも手伝い無事に終わったことで、それから義景は抜け殻のようです。

阿君丸が飼っていたネズミを眺めながら歌を歌う朝倉。

すると間もなくして三淵が挨拶にやってきました。

KAMUIKAMUI

国から出さない!って言い張った後のこのタイミングでご挨拶。義景としてはもうどうにでもしてくれって思ってる頃ですよね…怖いっ!

義昭を上洛させるため、自分達は美濃へ行く。大変世話になったと話す三淵。

すると朝倉義景は最後にこう言います。

「信長を一人で支えられるか、見物と申すほかないか」と。

そして光秀も義昭と美濃へ。

煕子(木村文乃)にはひっそりと越前を離れるよう言いましたが、山崎の計らいにより、国境まで送ってもらうことになりました。

KAMUIKAMUI

これを機に美濃へ行き、光秀様の故郷を子供たちに見せられることに喜ぶ煕子。いい奥さんですね。

もしかしたら、義景が上洛せずに済んで良かったと一番安堵したのは山崎だったのかもしれないと光秀と藤孝は話します。

KAMUIKAMUI

ここで、藤孝の子もたまも6歳になったと話すんですが、ああ結婚フラグですねとわかるのです。誰が阿君丸を殺したんだろうとか話しますけど、見てるこっちとしてはあの谷原章介さんと手塚とおるさんのブラックな姿が思い浮かびます。2人には思いもよらないでしょうね。

本当は朝倉義景に挨拶をしてから出発をしたかった光秀ですが、山崎から「そっと行け」と言われたので、計画通り光秀は義昭と美濃へ行き、そして上洛への道を整えていくのでした。

『麒麟がくる』第26話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

結局光秀様は信長公と上洛することに…。

このまま家臣になってもおかしくはなさそうです。

朝廷は朝廷でバチバチしているようですし、ついに三好と織田で衝突の予感。

戦が京で始まるとなると、駒(門脇麦)は嫌な思いをすることになりそうです。

しかも朝倉といえば、この先信長と敵対する存在に…ここでもまたツライ悲劇が…。

まずは、義昭を無事上洛させなければいけません。

蚊帳の外だった光秀様もついに動き出す予感!見届けたいと思います。

『麒麟がくる』を全話無料で見れる配信サービスは?
  • U-NEXT / レンタル / 31日間無料

▼次回第27話も続けて読む▼