『麒麟がくる』第16話あらすじ・ネタバレ感想!ついに美濃が二分。光秀が向かう先は…

『麒麟がくる』第16話

出典:U-NEXT

息子二人を殺され、高政(伊藤英明)に家督を継がせたことは間違いだと分かった道三(本木雅弘)は大桑城に入り、戦支度をします。

高政と道三、どちらの軍に加勢するか、光安(西村まさ彦)にどちらにつくかを相談されると、光秀(長谷川博己)は真っ先に尾張の帰蝶(川口春奈)を訪ねました。

そして、美濃が二分される話が各国に広まると、駿河で足止めをされている東庵(堺正章)と駒(門脇麦)の耳にも届いてきたのです。

戦になる前に、美濃に行って確かめたいことがあると思った駒は菊丸(岡村隆史)にあるお願いをするのでした。

終わりから戻った光秀は、光安が高政に取り入ろうとする光景。

そして、高政は領地替えをしようと考えていることを聞かされ、これが光安の耳に入ると彼は道三の軍に加勢することを決めます。

戦をするなと道三を止めに行く光秀。

すると道三から、どうして家督を譲ったのかを聞かされます。

明智荘に戻ると、すでに戦準備で大騒ぎ、光秀が行く先は…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『麒麟がくる』前回第15話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』第15話

出典:U-NEXT

高政(伊藤英明)に家督を継がせ、仏門へと入った道三(本木雅弘)。

しかし、高政が美濃の守護になることに納得のいかないものがいたのです。

それは帰蝶(川口春奈)を始めとした、正妻の子供たちです。

高政が美濃の政治をすれば、織田家との関係も見直される。

そして織田彦五郎が高政に近づくも、この彦五郎を暗殺して清須城を奪取するのでした。

高政を光秀(長谷川博己)に任せると言う道三。

しかし、次男の孫四郎(長谷川純)と、三男・喜平次(犬飼直紀)が高政に斬られたことで道三は怒り、高政に戦を仕掛けようと動き出すのでした。

一方、高政も「道三は父に非ず」と言い、戦の準備にかかるのでした。

【ネタバレ】『麒麟がくる』第16話あらすじ・感想

孫四郎(長谷川純)達の死が帰蝶(川口春奈)からの信用を失わせた

道三(本木雅弘)が高政(伊藤英明)と雌雄を決するため大桑城へと向かうと、美濃はついに臨戦態勢に。

家臣たちは、高政と道三、どちらに味方をするか揺れ動きます。

どちらにつくべきだろうかと、光安(西村まさ彦)が光秀(長谷川博己)に問うのですが、光秀は答えを出さず、尾張の帰蝶(川口春奈)を訪ねます。

すでに帰蝶は弟二人を殺されたことから、高政など兄とは思わぬと激怒。

光秀は帰蝶に美濃のことに口出しをしないように言いますが、高政が美濃の政治を行えば、信長(染谷将太)との同盟を白紙にするやもしれないと帰蝶は危惧。

光秀はそんなことはさせないと言いますが、孫四郎(長谷川純)を追い返したことで、帰蝶はもう光秀を信用できないと言います。

『麒麟がくる』第16話

出典:U-NEXT

KAMUIKAMUI

殺されたのは実の兄弟ですからね。光秀様に頼れと言ったのに追い返されたと聞けば、元好きな人であっても怒りますよね。仕方がない。

光秀と帰蝶、ふたりの会話を聞いていた信長は、光秀の気持ちも分かると言います。

道三の兵は2〜3千。対する高政は1万。

戦上手な道三であっても、これは不利だと言うのです。

信長も援軍を出せない状況下に置かれているため、戦をすれば確実に…。

そう聞かされた帰蝶は、伊呂波太夫(尾野真千子)を呼ぶよう侍女に遣いを出すのでした。

KAMUIKAMUI

困った時の伊呂波太夫!戦国時代は女たちの影の功績の賜物とよく聞きますが…このふたりが水面下で繋がっているってある意味怖いです。

美濃の噂を聞いた駒(門脇麦)は菊丸(岡村隆史)にお願い

今川の右腕を担っていた雪斎(伊吹吾郎)が病死すると、事を大きくしないため、東庵(堺正章)と駒(門脇麦)は事が落ち着くまでは城の中にいるようにと言われ、足止めをされてしまいました。

KAMUIKAMUI

雪斎が死んだと聞いて動き出す国もあるでしょうから…まぁ仕方がないですよね。

薬を届けに菊丸(岡村隆史)がやってくると、ふたりは美濃の内紛の話を耳にします。

戦が始まれば、自分を助けてくれた侍のことを知ることができない。

そう思った駒は、菊丸に抜け道を教えてほしいとお願いします。

KAMUIKAMUI

最初こそ菊丸は断りましたが、駒の「お願いします」を聞いて男気見せたくなった菊丸…チョロくないですか?

高政(伊藤英明)の機嫌を伺う代償に激怒した光安(西村まさ彦)は大桑城へと動き出す

光秀が美濃へ帰り、稲葉山城へ足を運ぶと、酒を飲んで踊り、高政の機嫌を取る光安の姿がありました。

眉をひそめる光秀。

最初こそ光安は苦い顔をしましたが、気にせず続けます。

そして、高政と1対1で話をする光秀。

今でも自分は土岐頼芸(尾美としのり)が本当の父だと言い張っているのは、後々将軍家から官位をもらいやすくするためだと、高政は言います。

「賢いやり方だな」と毒のある言い方をする光秀。

そして、高政から聞かされたのは美濃内の領土の領地替え。

明智家も例外ではないと言うのでした。

KAMUIKAMUI

頑張って育て守った田畑を易々と手放せって言ってくるとは…反感買うようなことを続けますねぇ。

高政がこの領地替えを家臣たちに言い渡すと、光安は激昂。

そして彼は、道三と共に高政を討つと決意するのでした。

KAMUIKAMUI

そう言われたらそうなりますよね。余計に戦する流れで光秀様も焦りが見えます。

戦場へと向かう道三(本木雅弘)、光秀(長谷川博己)に「大きな国を作れ」と託す

光安が道三につくと聞くなり、光秀は2〜3日待てと言い、道三がいる大桑城へと向かいます。

出陣をやめろと言っても、道三は聞く耳を持ちません。

道三は今まで命を落とした家臣たちのことを思い出し、その名を口にして眠っていたのですが、最近忘れ始め、老いを感じていたと言います。

だからこそ、家督を譲ることを道三は決めたのです。

しかし、今の道三の胸中にあるのは「譲る相手を間違えた」という思いと、「間違いは正さなくては」という思いでした。

鶴山に陣を張ると号令をかける道三。

自分を止めようとする光秀に、彼は最後にこう言うのでした。

「大きな国を作れば、争いはなくなる。先代からそう言われたが、わしは美濃一国で終わった。」

「信長は面白い。あの男から目を離すな。」

「大きな国を作るのじゃ」

KAMUIKAMUI

そう言って走り去る道三のなんと勇ましいことか…見事な死亡フラグでございます。

光秀が明智荘に戻ると、光安はすでに道三に加勢。

最初こそ光秀は「自分はどっちにも付かない」と言いますが、鉄砲を持ち出し、道三から受けた恩家を振り返ります。

KAMUIKAMUI

同門の高政よりも、大嫌いな道三との方が楽しい思い出がたくさんあるって…光秀様の記憶にある道三が何気に可愛いのはどういうことですか!?鉄砲当たって喜んでいる姿とか!

決心がついた光秀は、戦に参ると宣言。

「行く先は何処!」

「伯父上を追う。敵は高政殿!」

KAMUIKAMUI

高政がまた裏切ったーって騒ぐ姿が目に浮かびます。

『麒麟がくる』第16話まとめ

ずっと戦をしたくないと避けていた光秀様でしたが、ついに覚悟を決められてしまった様子。

これが美濃の未来、そして明智光秀という男の未来に影響を及ぼすことになります…。

高政と道三の戦いは、どんな形で決着をつけることになるのか。

しっかりと見届けたく思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第17話も続けて読む▼