『麒麟がくる』第11話あらすじ・ネタバレ感想!勢いを増す今川家。戦を止めるため、光秀は手を尽くし…

『麒麟がくる』第11話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:U-NEXT

竹千代(岩田琉聖)と信広(佐野泰臣)の人質交換がなされると、今川は勢いを増して尾張に攻め込みます。

このままでは織田家は勿論、斎藤家も危ないと思った道三(本木雅弘)は、光秀(長谷川博己)を織田家に遣わせます。

援軍を出せないという答えを持っていったことで、織田家からは冷たい視線。

しかし、信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)から、将軍に和議をするように言ってもらってほしいと言われてしまいます。

織田家のため、美濃のため、なによりもこれ以上戦をしないため、将軍・足利義輝(向井理)への文を書いてもらうため、頼芸(尾美としのり)を頼るもまたここで一波乱。

さらに使者として足利家を訪ねれば、将軍は三好家からの攻撃にに遭い、近江に落ちのびていました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『麒麟がくる』前回第10話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』

出典U-NEXT

今川義元(片岡愛之助)が信長(染谷将太)の腹違いの兄・信広(佐野泰臣)を捕らえると、今川家は織田家に竹千代(岩田琉聖)を引き渡すよう取引を持ち掛けてきました。

織田がこれに応じれば、今川はこの先遠慮なく攻めてくる、それでは美濃も一緒に潰されてしまうと思った道三(本木雅弘)は、光秀(長谷川博己)を尾張に遣わせ、内情を探らせます。

久しぶりに帰蝶(川口春奈)に再会する光秀。

そして織田信長と改めて対面すると大いに気に入られ、鉄砲の話をするために滞在するように言われます。

信長の元へとやって来た竹千代に人質交換の話を持ち掛けると、幼い少年は今川の元へと下ったとしても、討つべき相手は織田ではなく今川に変わらない、懐に入ると言い出すのでした。

一方、光秀のことが忘れられずに上の空の駒(門脇麦)は、旅から帰って来た伊呂波大夫(尾野真千子)に、自分を助けた人の着物に桔梗の家紋が入っていたと聞かされ、恩人は明智家の人だったという真実を知り、涙を流すのでした。

織田の家には竹千代を救い出そうとする菊丸(岡村隆史)も潜入。

果たしてどうなるのか!?

【ネタバレ】『麒麟がくる』第11話あらすじ・感想

人質交換の末、織田は危機的状況に。美濃は援軍を要請されますが…

竹千代(岩田琉聖)と信広(佐野泰臣)の人質交換が無事に終わると、今川義元(片岡愛之助)は年が明けたら尾張を攻めると決意。

すると今川軍は、ものすごい勢いで織田の領土をどんどん制圧していくのでした。

弓も弾けないほどに力を失った織田信秀(高橋克典)は、美濃の斎藤家に援軍の要請をします。

KAMUIKAMUI

すべては息子の信長(染谷将太)に嫁を娶らせたという話が広がった結果ですね。信広が無傷で帰って来たことにも不甲斐ないと怒りを露わにしながらも何もできない…潮時感が漂います。

道三(本木雅弘)の元に援軍要請の話がやってくると、高政(伊藤英明)を始めとした多くの家臣が織田信秀と和議を結んだことを批判。

援軍を出せと言われても、美濃の者たちは田畑を耕すので忙しいからと言ってこれを拒否しました。

KAMUIKAMUI

集めた家臣はだいたい土岐頼芸(尾美としのり)の息がかかっている連中ばかりです。今川が美濃に攻めてきたら戦うけど、みたいな返事で道三孤立。

道三は織田が無能すぎると言ったうえで、信長に面識のある光秀(長谷川博己)を使者に立て、美濃の見解を伝えるよう言うのでした。

KAMUIKAMUI

ついには織田が無能だと道三まで文句。いやいや、なんとみんな無責任な。そして嫌なことはいつも光秀様。いい加減バチ当たりますよー。

援軍を出さない斎藤家に目くじらを立てる織田。信長(染谷将太)からの提案で光秀(長谷川博己)にさらなる災難

美濃からの使者とのことで手厚く出迎えられた光秀。

しかし、援軍は送れないという道三の伝言を伝えるや否や、織田家臣は睨むばかり。

ですが信長は「仕方あるまい」と返すだけ。

KAMUIKAMUI

帰蝶も情けないとは言うものの、表情な信長と同じ。というか、光秀様の前で堂々と帰蝶の膝枕でのんびりする信長…仲良しなんですねぇ。

この戦を止めたいと思う信長と光秀。

すると光秀は土岐家の争いを食い止めるため、将軍・足利家が仲裁に入って平定させたことを思い出します。

信長は足利義輝(向井理)の力を借り、熱田の手前にある刈屋城を明け渡すから戦を終わらせるよう頼んでほしいと言い出します。

KAMUIKAMUI

足利家と面識があるみたいなことを前に帰蝶に話したことで、信長&帰蝶から期待の眼差しを向けられる光秀様…ツライ。

この話を進めるためには頼芸に将軍家へ取り次ぎをお願いしなくてはいけないのですが、道三は今川と織田の仲裁のために金を出すなどイヤだと拒否。

小さな声で「ケチ」とぼやく光秀は、高政を説得し、頼芸の元へと向かいます。

KAMUIKAMUI

頼芸に取り次いでくれたら何でも言うことを聞くと高政に約束した光秀様。今後とんでもないことになりそうなフラグを感じますねぇ。

高政の力を借り、頼芸から将軍家に文を書いてもらい、使者を出して動いてもらおうとするのですが、頼芸は道三の過ちをどうにかするためにどうして自分が動かねばならぬと言い、動いてはくれません。

お金などもちろん出さないと言い出します。

高政も頼芸を説得しようと口添えしますが、ここで道三が土岐家を美濃から追い出そうとしている話を聞き、光秀と共に凍り付きます。

しかし、もしそうなったら自分が道三を殺すと高政が宣言をしたことで、頼芸は足利義満に文を書くことを決断するのでした。

KAMUIKAMUI

ここに来るまでだいぶ大変でしたね、光秀様。しかも、ここで改めて美濃の内紛を聞きゾッとする感覚をしていたような…。

朽木に落ちのびた将軍・足利義輝(向井理)の涙にもらい泣き

頼芸から和睦のための文を書いてもらった光秀は、その足で京へと向かったのですが、三好家が足利家を攻撃したことにより、義輝は都落ちしていて会うことができません。

しかし、京へ行く途中、細川藤孝(眞島秀和)と会ったことで光秀はこのことを聞かされます。

義輝と三好の間を行き来し、和睦するよう行動を起こしていた藤孝に同行し、光秀は朽木へ。

そこで義輝が自分の不甲斐なさ、天下を平定させて麒麟を呼ぶことができない無念の想いを光秀にこぼします。

「十兵衛、麒麟が来る道は遠いの」

義輝が涙をこらえながら自分に向けて言った言葉を思い出すことで、光秀は涙するのでした。

KAMUIKAMUI

今川と織田の和平を申し出るように言いに来たつもりが、足利家がそんな状況じゃないっていうのがちょっと大変な。結局、義輝は織田と今川に使者を出して戦を辞めさせようと動いいてくれましたが…自分のことを考えると無念でしょう。

『麒麟がくる』第11話まとめ

義輝は権力を持って思うがままの政治をしたいわけではなく、あくまでも戦をなくし、平和な世界を作りたい!

そんな気持ちがよくよく伝わってきました。そこは光秀様と一緒。

しかし、時代なんですよね~。

下剋上があちこちで起きて、戦国大名がどんどん出てくる中でもこれは辛い。

将軍家から言われて今川と織田は休戦するでしょうが、お互いに人質がいない今、いつまた戦が起こるかわかったものではありません。

その戦火の中、光秀様はまだまだこき使われるでしょう。

だんだんと謀反を起こされてもしょうがなくないですか?という気持ちにもなってきました。

戦国の世で、それぞれの国がこれからどう動いて行くのか、まだまだ見どころがたっぷりありそうですね。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第12話も続けて読む▼