『きのう何食べた?』第12話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!シロさん、実家にケンジを連れて行く

ドラマ『きのう何食べた?』第12話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『きのう何食べた?』公式ページ

見るとお腹が空き、料理意欲まで上がってしまう『きのう何食べた?』も、ついに最終話となりました。

シロさん(西島秀俊)が、ついにケンジ(内野聖陽)を連れて筧家へ!

シロさんの両親に会うという緊張感が非常に伝わってきました。

そして、シロさんの彼氏に会う久栄(梶芽衣子)と悟朗(田山涼成)はタジタジ。

緊張感あふれるご挨拶に、失礼ながら笑いが止まりません。

ですが最後には、ケンジのシロさん愛があふれ、幸せエンドを迎えます。

さらに忘れてはいけません!シロさんの最後のレシピもチェックです!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『きのう何食べた?』第12話(最終回)あらすじ

ドラマ『きのう何食べた?』第12話(最終回)あらすじ

年が明けお正月。

矢吹賢二(内野聖陽)が筧史朗(西島秀俊)の実家へ行く日を迎え、賢二はとにかく落ち着かない。

史朗も実家に着くとさすがに顔がこわばり、出迎えた久栄(梶芽衣子)と悟朗(田山涼成)も緊張の面持ちだ。

しかも賢二と悟朗はひょんなことで2人きりに…。

気まずい空気の中、悟朗は「史朗のアルバムをみよう」と賢二に声をかける。

可愛らしい高校時代の史朗を見た賢二は、平静を装いつつ心の中ではしゃぎまくる。
出典:『きのう何食べた?』公式ページ

【ネタバレ】『きのう何食べた?』第12話(最終回)の感想

ケンジ(内野聖陽)、出発前から大騒ぎ

シロさん(西島秀俊)の家に行くその日。

ケンジ(内野聖陽)は、鏡の前でギャーギャーと騒ぎます。

何をそんなに悩んでいるのかと思いきや…。

前の晩、会社の忘年会で実家に行くことを話すと、ヒゲは剃っていくべきだと論争になったのです。

三宅祐(マキタスポーツ)は「息子の同棲の恋人がやってくると言うだけで気が滅入っているのに、髭の男がやってきたら余計に気が滅入るだろ!」と主張。

妻のレイコ(奥貫薫)は、「ありのままの姿で行ったらいい。隠す必要はない」と反論。

そんな水掛け論となり、ケンジは混乱し続けたのです。

いざシェーバーを手に、意を決して髭を剃ろうとしますが、結局決心がつかずに騒ぎます!

悩むケンジ。

これを知ったシロさん(西島秀俊)は、

「別に剃らなくていいよ」

最初からシロさんに聞けばよかったんですよね!

コートにも気を使いますが、やっぱり両親に嫌われたら困ると思うケンジ。

「着替えてくる」

と、出発時間ぎりぎりになっても言います。

緊張するのは当たり前だと思うのですが、このせいで余計にシロさんも緊張しそうです。

筧夫婦が疑問に思っていたこと

いよいよ筧家にやってきたシロさんとケンジ。

ふたりを出迎えた久栄(梶芽衣子)と悟朗(田山涼成)は、なんだかそわそわしています。

やはりヒゲがいけなかったのか…そんなふうにも思いましたが、ふたりの疑問はそこではなかったのです。

古い考えの久栄と悟朗。

同性愛者の場合、一方は女装をして生活をしているモノだと思っていたみたいです。

そして、ここで登場したケンジが女装をしていないと言うことは、息子のシロさんが家では女装をしているのではと思ったのです。

これをシロさんが知ったのは帰り際のことです。

否定をしても混乱させるばかりなので、ケンジはあえて自分が女装をしていると伝え、ふたりを安堵させました。

シロさんからすればとってもお申し訳ない話ですが、最終的にはふたりに気に入ってもらえたみたいなので、ケンジはそれでいいのです。

シロさん(西島秀俊)の卒業アルバムを見て悶えるケンジ(内野聖陽)

シロさんが久栄とともに台所で食事の準備をしている時のことです。

ケンジは悟朗に連れられ、シロさんの卒業アルバムを見せてもらえることに。

あー、恋人のおうち訪問あるあるですね。

若い頃のシロさんを見て、当然ケンジは目を輝かせます。

「シロさん!かわいいー!」

と、声に出して言いたいのですが、お父さんの前ではこれを言ってはいけないとグッとこらえ、

「シロさん、カッコいいですね」

と言葉を上手に変換。

このときのシロさんの話を聞くケンジ。

この頃から同性愛に目覚めていて、色々な病んでいたんでしょうねと話すと、悟朗も感慨深い顔になっていきます。

自分たちは理解することができない同性愛。

それをケンジはしっかりと理解してくれている。

悟朗としては、ケンジの存在はとてもありがたいものだと思うようになったみたいです。

最後の料理は、久栄(梶芽衣子)と一緒に

今回の料理は、シロさんと久栄が一緒に作ります。

まずは久栄の鶏のから揚げ!

生姜とにんにくのすりおろしを入れ、塩と胡椒、お酒、醤油を順番に入れていきます。

この順番で入れると、お肉が柔らかくなり、水気をよく吸ってくれるみたいです。

さらに卵を入れて混ぜる。

少し置いたのち、片栗粉を付けていよいよ揚げ作業です。

低温で揚げ、3分で一度引き上げ、もう一度高温でキツネ色になるまでカリッと揚げる。

出来上がった唐揚げはとっても美味しいそうです。

丁寧に作ることで、きっとジューシーでしっかりとした味付けのから揚げができると思われます。

そして2品目。これはシロさんも作れる料理。

じゃこをカリカリになるまで炒め、切った株の葉を入れ、みりんと醤油で味付け。

最後に白ごまをふって、カブの葉とじゃこの炒め物が完成です。

これをおかずにしてご飯をかきこんでいたシロさん。

このときのシロさんは、当時の自分の姿をケンジがニヤニヤして見ていることは知りません。

まさにシロさんの過去を振り返るための料理の時間だったと言えます。

新年の買い物

実家から戻ってきたシロさんとケンジ。

いつものように中村屋に行くと、アスパラが非常に高い!

客をバカにしているとシロさんは怒りますが、シロさんの台所の必須アイテムである麺つゆが最低価格を遥かに下回る値段で出していることを知り、頭が上がらなくなります。

節約の鬼、筧史郎。

1人一本なのでケンジにも一本持たせます。

さらに、いつも使っている低脂肪牛乳も驚きの安さで発見。

いつも無口で不愛想な店員さんが指をさしてくれたことで気づくシロさん。

中村屋、今年もお世話になります!

買い物が一通り終わると、ケンジの希望でシロさんはカフェに。

安くてコーヒーの美味しいところに行こうとシロさんは言いますが、ケンジが行きたかったのはコーヒーが美味しいオシャレなカフェでした。

楽しく過ごすシロさんとケンジ。

しかしそこは、同性愛者だけが行くところではありません。

完全に浮いています。

シロさんなら嫌がるかもーなんて思いましたが、どうやらシロさん、あんまり気にすることないと思うようになったみたいです。

「相方としては、なるべくお前にはハッピーでいてほしいと思っているんだよ。だから、お前が嬉しいなら別に全然いいんだって」

世間体を気にし続けたシロさんから驚きの言葉ですよね。

「お前が嬉しいなら、カフェくらい何度でも付き合うよ」

感極まったケンジは、後ろから抱きしめます。

とっても嬉しい言葉だったことは重々わかります!

愛を感じる素敵な言葉ですものね。

ですが、これケンジがシロさんの髪を切っている時なんです。

ハサミ持ってる時に抱きついたら危ないですから!

平穏で幸せそうな日常が、これからも続いていくことを感じるラストでした。

『きのう何食べた?』第12話(最終回)まとめ

12週にわたり、シロさんとケンジの物語を見てきたわけですが、どこを切り取ってもお互いへの愛であふれていたドラマだと思います。

それが時には嫉妬として出てきたり、指輪を買うなどの驚きの行動で出てきたりと、形は様々でした。

筧家ご両親の挨拶も無事に終わったことですし、ふたりの障害になるものは、こうやって少しずつなくなっていってくれたらいいなあと思います。

また、美味しいご飯のレシピもありがとうございます。

参考にして作ったものもあるのですが、どれも本当に美味しく、このドラマが終わってしまうのは非常に寂しいです!

原作、まだまだストックありますよね?

いつでも再開してくれていいんですからね!というのが個人的な感想です!

素敵な時間をありがとうございました。

▼動画の無料視聴はこちら▼