『君の膵臓をたべたい』あらすじ・感想!浜辺美波×北村匠海、号泣必至の切ないラブストーリー【ネタバレなし】

映画『君の膵臓をたべたい』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:U-NEXT

映画『君の膵臓をたべたい』主演はフレッシュな北村匠海浜辺美波

飄々ひょうひょうとした北村匠海と天真爛漫な浜辺美波の熱演が光ります。

日本の映画界を背負っていくであろう逸材2人の演技は必見!

ポイント
  • 「今、この1日をこの瞬間を大切にしなきゃいけない」ということを教えてくれた素晴らしい映画。
  • 中盤迎えるミステリーな展開。いい人そうな奴がストーカー化し豹変する驚きの展開にヒリヒリ。
  • ラスト15分、彼女の想いが詰まった闘病日記の「本当の気持ち」が綴られた一語一句に泣く。
  • 「君の膵臓をたべたい」で終わるラスト、泣けて泣けて仕方なかった。

一語一句、一瞬一秒で心揺さぶり泣かせる至極の純白ラブストーリーです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『君の膵臓をたべたい』作品情報

作品名 君の膵臓をたべたい
公開日 2017年7月28日
上映時間 115分
監督 月川翔
脚本 吉田智子
原作 住野よる
出演者 浜辺美波
北村匠海
大友花恋
矢本悠馬
桜田通
森下大地
上地雄輔
北川景子
小栗旬
音楽 松谷卓

『君の膵臓をたべたい』あらすじ・感想【ネタバレなし】


図書館の「図書分類表」を完璧にした男・春樹

老朽化により取り壊しが決定した桐岡高等学校図書館。

母校で教師になった春樹(小栗旬)は、12年前に図書委員だったという理由で蔵書移動を任されます。

『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

任されたので渋々春樹先生が図書館に向かうと、高校生のとき「桜良と過ごした数ヶ月」の記憶が解放されたように次々と思い出されてきます。

春樹と桜良…ハグどまりのもどかしい純愛の記憶が彼を変えます。

ふたりの恋は、最高にときめくピュアラブストーリー。

sat0330sat0330

切ないけどめちゃくちゃ尊く、胸キュン必至です。

春樹のクラスメイト・山内桜良は12年前に亡くなっています。

彼女は当時、重い膵臓の病を患っており…余命はわずか1年もつかどうかの状態でした。

でも彼女は、病で亡くなったわけではないのです。

桜良の死は突然で…ラストに明かされる死の原因は衝撃です。

志賀春樹(北村匠海)と山内桜良(浜辺美波)が「ふたりだけの秘密」をもつ

高校生の「僕」こと、志賀春樹(北村匠海)は、他人に興味がなく、地味でクラスでも存在薄めの図書委員。

『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

でも悲観はしておらず「人に興味がない…これが自分」ということをしっかり受け入れ理解した上で、堂々とそのスタンスを貫く強さを持った男の子です。

彼女の秘密を知るまでは、クラスメイト山内桜良(浜辺美波)は、春樹にとって「話したこともないただの同級生」でした。

桜良はクラスでトップクラスの人気女子で、明るい天真爛漫な子であると同時に、実は膵臓の病を抱えた女の子でもありました。

学校では自らの重い病のことを誰にも打ち明けずに普通に過ごしていました。

ある日、彼女の共病文庫と名づけた闘病日記が春樹に拾われたことから、隠していた病気のことを彼にだけ知られてしまいます。

クラスメイトだけど正反対の場所に属する2人が「共有する秘密」を持ったことで、大きく2人の関係は動き出します。

秘密を知られた桜良は突然図書委員になり、春樹に積極的に絡んできます。

『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

彼の生態が面白くて興味があるようで、そして2人だけの秘密を持ったことをどこか楽しんでいるかのように嬉しそうに…。

誰にも関わらないことで自分の領域を守ってきた春樹の日常は、どんどん桜良に楽しげに踏み荒らされていきます。

sat0330sat0330

ストーリー中盤は、親にウソをついてふたりっきりで九州一泊旅行に行ったり、桜良の家でいけないことをしようとしたり…この2人がノンストップで思わぬキュンキュンをもたらしてくれます。
『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

そしてラストまで観ると「秘密を知られた彼女がどうして楽しそうで嬉しそうだったのか」が分かります。

もはや、見ごたえしかありません。

真実か挑戦ゲーム・宝探しゲーム、キーとなる2つの重要なゲーム!

「逆らわず流されるタチ」な春樹は、桜良のペースにハマっていきます。

sat0330sat0330

最初のデートはホルモンを食べる…というおっさんみたいなデートプラン(笑)

それを決めた彼女にも明確な理由があり「昔の人はどこか悪いところがあると、他の動物のその部分を食べたんだって。そしたら病気が治るって信じられてたらしいよ」というもの。

膵臓は「シビレ」というそうで、それを食べに行こうと春樹を休日に連れ出します。

sat0330sat0330

タイトルにもリンクするような象徴的な場面です。

しかし、ふたりが行ったお店は違う場所…春樹には超拷問の高校生がデートしそうな場所に行くのです。

『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

それがまた初々しくて可愛くて…たまりません。

この映画では、桜良が提案する「2つのゲーム」が登場します。

ひとつめは本作『君の膵臓をたべたい』で広まり、カップルの間でするゲームの定番になったという「真実か挑戦かゲーム」

【内容】
※トランプで引いたカードの数字が大きい方が「真実か?挑戦か?」を聞く権利を得る。

  • 真実を選べば…質問に答えなくてはならない
  • 挑戦を選べば…指示されたことを実行しなくてはならない

このゲームを使って、桜良は死ぬまでにしてもらいたかった念願の「お姫さまだっこ」にたどり着きます。

ニヤニヤの微笑ましい展開を生むゲームでもあり…涙を流すきっかけを生むゲームでもあり。

sat0330sat0330

重要なゲームなので、このゲームが出てきたら要チェックです!

ふたつめは、「本の宝探しゲーム」

「他人に興味がないなんてもったいない。君はこれでも読んで勉強したまえ!」

そう言いながら桜良から貸してあげると春樹に差し出された本。

裏表紙に「大きく可愛いオリジナルスマイルマーク」と「sakura」のサインが記された、サンテグジュペリの『星の王子さま』。

『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

この本が、桜良の死から12年後まで続く「宝探しゲーム」の伏線。

蔵書整理で気づいた、900番台以降がちゃんと整理されていない図書館の本の中に隠された宝が…。

sat0330sat0330

大人になった春樹がたどり着いた彼女が残してくれた宝が素敵なんです!

「大好きだったから言えなかった」…12年の時を超え届いた親友恭子への手紙

「女子ってそうなの!親友は恋人同然。近づく人に嫉妬もするし…。」

桜良は女子の友達関係をそう表現します。

桜良の親友は恭子(大友花恋)。

桜良と仲良くする春樹に敵対心むきだしの彼女。

それを感じた春樹は、桜良にこう言います。

「僕なんかといるより…大切な友達と残り少ない時間を過ごすことの方が価値があると思うけど。」

「あの子、感傷的だから。言ったらきっと会うたび泣いちゃうもん。そんな時間お互い楽しくないでしょ?彼女のためにも、私のためにも。ギリギリまで周りに隠しておきたいの。」

12年後の結婚式当日を迎えた恭子(北川景子)の元に、高校生の桜良からメッセージが届きます。

そこには、桜良の親友への深い愛が綴られていました。

『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

sat0330sat0330

このふたりの友情に感涙した女子たちも多いのではないでしょうか。

病気、余命のことを「大好きだったから言えなかった」という一文が一番印象に残っています。

親友からの言葉にウエディング姿で号泣する恭子を見て、声を出して泣いてしまいました。

sat0330sat0330

身震いするほどステキな北川景子さんの花嫁姿、お見逃しなく!

ガムくん…春樹の名前を呼んで話しかけた唯一のクラスメイトが最高の存在!

「よう、志賀。お前、山内桜良と付き合ってんの?」

聞きたくても誰も聞くことのなかった疑問を、ド直球な言葉で聞いてきたガムくん(矢本悠馬)。

とにかくいつもガム噛んでる人物。

sat0330sat0330

謎ですよね…でも、かなりの重要人物なのです。

“桜良のことを好きなある人物”から春樹がいじめに遭っているときも、「よう、志賀。お前なんで上履き捨ててんの?これトイレのゴミ箱にあった。まだ汚れてないじゃん。」と気にせず拾ってきてくれるいい奴。

sat0330sat0330

実はこれも伏線!

12年後、大人になったガムくんがさりげなく登場します。

しかも、まさかのポジションで!

sat0330sat0330

「これがあのガムくんかー!」と大人になったガムくんに歓喜!

やっぱいい奴に成長してました。

脇役も無駄にすることのない物語の展開に唸りました。

桜良の言葉の力、金言にグッとくる

「君はきっとただ一人、私に普通の毎日を与えてくれる人だから。」

春樹にそう言った彼女。

たったひとりの理解者である春樹に話す本音が切なく…死にゆく運命を受け止めている彼女の言葉は一つ一つに破壊力があります。

「私が死んだら、私の膵臓、君が食べてもいいよ。人に食べてもらうとね、魂がその人の中で生き続けるんだって。私、生きたい。大切な人たちの中で…」

『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

冗談なのか本気で言っているのかわからないその様子に、フィクションを忘れさせられます。

「私も君も1日の価値は一緒だよ。」

春樹に時間の尊さを説く場面で彼女が言ったセリフ。

自分の残された時間を知ってもなお、1日の価値は一緒だと言える彼女の心の清さにグッときます。

そんな彼女は突然に前触れもなく亡くなります。

私たちが予想だにしない亡くなり方…大人になった春樹は、そのときを想起してこう言います。

「甘えていたんだ。残りわずかな余命を彼女が全うできるものだと…思い込んでたんだ。明日どうなるかなんて誰にもわからない。だから今この1日を、この瞬間を大切にしなきゃいけないって彼女に教わっていたのに…」

二度もこの映画の中で念押しされた「大事に生きようよ」という想い。

sat0330sat0330

肝に銘じて生きたい!そう強く思えました。

君にとって生きるってどういうこと?と春樹が聞いたこともありました。

彼女は、ゆっくり穏やかに明確に語りはじめます。

「誰かと心を通わせること…かな。誰かを認める…誰かと一緒にいてハグをする、すれ違う…それが生きる。自分一人じゃ生きてるってわからない。そう…好きなのに嫌い、楽しいのに鬱陶しい。そういうまどろっこしさが、人との関わりが、私が生きてるって証明だと思う。」

そしてラスト15分。

いよいよ共病文庫の文章が輝きを放ちます。

『君の膵臓をたべたい』

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

最後の最後まで泣かせまくる号泣ムービーです。

sat0330sat0330

「美しい心」に触れて思いっきり泣いてください。

『君の膵臓をたべたい』まとめ

以上、ここまで映画『君の膵臓をたべたい』を紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 君の膵臓をたべたい…それは「春樹の中で生き続けたい」という意味だった
  • 死後、桜良の母に「もう泣いていいですか?」と言って嗚咽をもらし号泣した春樹。やっと泣けた…彼はずっとずっと泣きたかったんだ。
  • 北川景子のウエディングドレス姿の神々しさに鳥肌。一見も二見もの価値アリ!
  • 「ガムいる?」に湧く。「お前だったのかー!」と嬉しい喜びに胸が躍る…桜良の親友の結婚相手に驚愕と歓喜!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼ネタバレが読みたい方はこちら▼