映画『希望のカタマリ』あらすじ・ネタバレ感想!助けを受け入れることの勇気とは!

希望のカタマリ

出典:IMDB

明るく前向きなアンバーのもつ大きな秘密、それは母とふたり貧困にあえいで住むところがないこと。

『希望のカタマリ』は、頭がよく、世話好きで誰にでも優しいアンバーに、寄り添い助けの手を差し伸べた周囲とアンバーの勇気と決意を描いたハート・ウォーミング・ストーリー。

日々の生活に追われながらも苦しい顔ひとつ見せず、楽観的で、周りに光を照らし、太陽のような存在のアンバーを救ったのは?

ポイント
・明るいアンバーの秘密
・いつだって前向き
・八方ふさがりの苦しい生活
・才能を生かして欲しい

それでは『希望のカタマリ』をレビューします。

【ネタバレ】『希望のカタマリ』あらすじ・感想


誰もが認めるアンバー

希望のカタマリ

出典:IMDB

アンバー(アウリイ・クラヴァーリョ )の1日 は、いつも人の世話をやいて忙しい。

早朝にバイト先の高齢者施設でドーナツを配り、その足で家を夜勤で家をあけがちな看護師のダナ(ジュディ・レイエス)に代わって、友達のリッキー(アンソニー・ハッケス)の面倒をみるのに、ダナの家によります。

学校では学校行事でのチャリティの企画運営にも積極的だし、学校が終わっても英語が母国語でない女性たちの英語教室の先生をつとめ、そのあとにはドーナツ屋と、夜遅くまで働いています。

そんなアンバーは、誰にでも優しく分け隔てをしない人気者で、高齢者施設のケアホームで一番に気難しいジョーン(キャロル・バーネット)にだって可愛がられる、スーパー・ポジティブな高校生女子です。

蔵商店

アンバーのすごいところは、アメリカの社会システムから取りこぼされた社会的弱者に寄り添っていること。

高齢者や障がいをもつ生徒、英語が苦手な移民系住人と、教育システムから置いてきぼりになった人への手助けと1日のなかでこともなげに自然にやっていることで、冒頭からたまげるばかりでした!

貧困にあえぐ暗い現実

希望のカタマリ

出典:IMDB

そんなアンバーが目指すのは、カーネギーメロン大学への進学。

歌も上手く、才能豊かなアンバーが、大学からのオーディションの案内を届いても、手放しによろこべないのには理由がありました。

アンバーが周囲に隠していたのは、家がないこと。

父を病気で失い、頼りない母のベッキー(ジャスティナ・マシャド )は、アルコールに逃げて生活はひっ迫、アポートを追い出されて以来、母が仕事で運転するスクールバスで、夜を過ごす危ない綱渡りのような生活を送っていたのです。

家がなくその日を凌ぐのに必死なアンバーに対して、ベッキーはアル中で、元カレの男性に頼ろうとするばかり頼りがありません。

アンバーの少ない稼ぎは、母とふたりアパートに移るための資金。

それでもベッキーはそのお金をアンバーの夢を追うための大学のあるピッツバーグ行きの旅費にまわすように娘に伝えるのでした。

蔵商店

母のベッキーは、シェルターへ行こうというアンバーの言葉に頑なに拒否して、アル中で暴力癖のある元カレのもとに身を寄せようと言うばかり。

貧困の負の連鎖から抜け出そうとしないベッキーにイライラするのです。

母ベッキーの死

希望のカタマリ

出典:IMDB

カーネギーメロン大学へのオーディション参加の航空券を買い、進学準備を進める中、仕事で使うバスに泊まっていることがバレて仕事をクビになってしまった母のベッキー。

問題を解決する手立てもろくに考えず、酒にだらしのない元カレの家に転がり込もうとするベッキーと口論になったアンバーは、愛犬のボビーと公園で夜を明かす中、全財産をつめ込んだリュックを盗まれてしまいます。

途方に暮れたアンバーは、心を寄せる友達のタイ(レンジー・フェリズ)やダナに全てを話し、生活の立て直しを計らおうとしたものの、人の手助けは受けないと頑ななベッキーとは、話は平行線をたどるばかり。

そんな中、酒に走り、元カレと交通事故に遭い、帰らぬ人となったベッキー。

これまでどんなことにも負けないアンバーは、希望すら失い、心を閉ざしてしまうのでした。

蔵商店

心が弱く酒に走る母ベッキーを失い、ベッキーに寄り添わず、突き放してしまったと自分を責めるアンバーに視聴者は、涙します。と同時に死んでなお、アンバーの足を引っ張るベッキーに怒りさえ覚えます。

贈物を受け取る勇気

希望のカタマリ

出典:IMDB

家がなく困窮する状況を周囲に話し、八方ふさがりの生活に終止符をうつもりでいたアンバーの希望を打ち砕いたベッキーの死。

何をするにもぼんやりで人が変わったように落ち込むアンバーは、それでも自分を奮い立たせカーネギーメロン大学へのオーディションに向けて向かおうとします。

そんなときに見つかった愛犬のボビーの膵臓の腫瘍。

母を失い、愛犬まで失い独りぼっちになることが、どうしても耐えられないアンバーは、ボビーの治療費を稼ぐため、進学をあきらめると暗い目で語るのでした。

蔵商店

これまでさりげなく人を助けてきたアンバーが、自分の困窮には、誰の手も借りずになんとかしようと姿にもどかしさを感じます。

「手助けを受けることは、弱さじゃない!」と怒りをぶつけるタイの心情に、激しく同意。でも、人の好意や手助けはなかなか受け取りにくいのもわかるのです。

自分の才能に目をつぶり、夢を諦め、学校まで辞め、愛犬ボビーの高額治療費ために身を粉にして働くアンバーに、何もせずにはいられなくなったタイをと周りの仲間たち。

アンバーのずっと企画運営してきた学校行事にのせて、タイやリッキー、ダナは、ボビーの治療資金を集めようと立ち上がります。

その活動は、アンバーの続けてきたチャリティや小さな善意に助けられてきた学校の生徒や英語学校の女性たちにも広がりを見せるのでした。

そしてその仲間の善意に、アンバーは心から感謝と感動を覚え、頑なに固辞し続けてきた援助の申し出を受けとる勇気を持つのでした。

『希望のカタマリ』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

以上、ここまで『希望のカタマリ』をレビューしてきました。

『希望のカタマリ』は、貧困にあえぐ高校生アンバーの人知れぬ苦悩と奮闘、八方ふさがりの状況助けを求める心の強さを描いたハート・ウォーミング・ストーリー。困難に陥ったとき誰かに助けを求め、それを受けることは、決して弱いことではなく、むしろ他人の情けや好意を受け取ることは何百倍も勇気がいること。

人を助けることに喜びを感じるアンバーなのに、自分が助けられる立場になり、アンバーは大いに悩むのです。

要点まとめ
・貧困の負のスパイラル
・前向きであることの大切さ
・情けはひとのためならず
・人の想いは多面体

世知辛い世の中であっても

『希望のカタマリ』のラストでは、周囲の援助を受け入れ、困窮する生活から未来に向けて自分の道を歩もうとするアンバーの姿をとらえて終わります。

貧困の負のスパイラルにあっても決して弱音を吐かずにいたアンバーでしたが、助けられることで未来に目を向ける姿に救いを感じます。

「施しは受けない」と小さな親切ですら拒み、自らを追い込んでしまったアンバーの母。アンバーの選んだ道は、母とは異なる大きな決断でした。

『希望のカタマリ』で語るのは、救いの手を差しのべる方も、受けとる側も、実は大きな決心と勇気のいること。

人が人とかかわる上で生まれるのは、単純なものではなく多面的な想い。

エンディングでアンバーは、自分の可能性にかけてくれた周囲の恩情に応えるには、将来への道にまず一歩ふみだすのが何よりも大事だと理解するのです。

蔵商店

新型コロナウイルスのおかげで閉塞感漂う世界であっても、『希望のカタマリ』のような優しさと勇気をくれるストーリーは、前向きであることの大切さと救いを思い出させてくれます。

大きかろうが小さかろうか、人の善意は、負の連鎖を断ち切る大きな力!是非ご覧ください。

\\『希望のカタマリ』を見るならここ!!//

Netflixで見る