ドラマ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』 第5話 大学生編開幕! 福田に初めて彼女が出来る!

消しゴムをくれた女子を好きになった。

出典:消しゴムをくれた女子を好きになった。公式ページ

消しゴムをくれた女子・さとみ(福地桃子)に恋をして5年。

高2の夏、福田(大橋和也)は遂にさとみに告白をしますが、返事を貰えぬまま離れ離れになって早2年。

福田は大学生になって上京し1人暮らしをしていました。福田は大学のゼミで、一美(武田玲奈)という女子と知り合い、いつしか付き合うことに。

幸せな時間が1年続いたある日、一美とのデート中に福田は運命の瞬間に出会います。

\\『消しゴムをくれた女子を好きになった』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』 前回振り返り

高2の夏、海でさとみ(福地桃子)と偶然の再会を果たした福田(大橋和也)ですが、相変わらずの厨二病で思いを伝えられず、朝から晩までバイトに明け暮れる日々。

そんな福田たちを労って、漁師の太郎(アキラ100%)が女子たちと共に沖まで船を出してくれることになりました。

楽しく遊んで宿に帰ると、さとみの弟が怪我をしたことで、さとみは一足早く東京に帰る事になったと連絡が来ます。

さとみのことを駅まで送った福田は、一世一代の告白をさとみにしますが・・・。

\\『消しゴムをくれた女子を好きになった』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『消しゴムをくれた女子を好きになった』第5話あらすじと感想

ホームにて

高2の夏。
アルバイト先の伊豆から、皆より一足早く東京に帰ることになったさとみ(福地桃子)に「付き合って欲しい」と告白した福田(大橋和也)。
しかし、さとみが答える間もなく、電車がホームに入ってきました。

「返事って今じゃないとダメかな?」

さとみがそう言うので、福田は急いで自分の連絡先を渡し、さとみはそれを持って電車に乗り込みました。

moyoko

さとみは困ったような、そうでないような、どちらとも言えない表情をしています。

「連絡するね」

さとみはそう言って別れましたが、福田の電話は鳴らないまま、夏が終わりました。

moyoko

福田、フラれちゃいましたね。

初めての1人暮らし

2年後。

moyoko

なんと、何もないまま2年が過ぎています(笑)

東京の大学に入学した福田は、1人暮らしを始めました。
東京にさとみがいるからではなく、東京で自分を変えたかったからです。

moyoko

漏れなく、板倉(藤原丈一郎)もついてきます。

森(小島健)は、大学には進学せず、カメラマンのアシスタントとして働き始めました。

moyoko

ちなみに、森は高2の夏に皆より先に“大人”になっています。

この春、福田の人生が大きく動きます。
板倉が熊井という美人准教授(鷲見玲奈)に一目惚れしたことをきっかけに、彼女のゼミを一緒に受講することになった福田は、そこで一美(武田玲奈)という女子と出会います。

moyoko

一美は消しゴムを貸してくれました。また消しゴム!

一美は福田に興味を持ったのか、よく話しかけてくれました。
板倉や森は「次に行け」と言いますが、福田はさとみが忘れられないと同時に、次の恋に踏み込む勇気がありませんでした。

moyoko

一方の板倉は即告白、即失恋しています。スピード感が正反対の2人。

板倉は熊井を振り向かせるため、ゼミを頑張り始めました。
福田もつられて積極的にゼミに参加します。
バイトも始め、始めは戸惑っていた大学生活も、福田なりに謳歌し始めました。

初めての〇〇

ある日の飲み会終わりの朝、福田は一美と一緒にラーメンを食べに行きました。

moyoko

これが福田にとって初めての女子との食事でした。

板倉はゼミの女子とホテルに行きましたが、その場で告られたため、何もせずに出てきました。

moyoko

自分には熊井ちゃんがいるからと・・・案外真面目なんですね。

次の飲み会は福田の家で開かれました。
皆で雑魚寝をしている中、隣り合った福田と一美は、どちらからともなく顔を近づけ、キスをしました。

「付き合っちゃう?」

「うん」

moyoko

遂に、福田に初彼女です!

1週間後。
福田は遂に大人の階段を上がりました。一美は初めてではありませんでしたが、福田はそんなことは気にならないぐらい夢中になりました。

運命の裾

福田は「おはよう」というなんでもないメールが来ることに幸せを感じる毎日を送っています。
板倉は、熊井への再アタックに見事撃沈するも、すぐに再浮上し彼女をゲットしました。

moyoko

森は、モデルにモテモテですが、「仕事に支障をきたすから」と相変わらずマイウェイを邁進中です。

そんな幸せな日が続き、さらに1年が経過。
大学2年生になった福田たちは、ボウリング場でダブルデートを楽しんでいました。

すると、福田の視界の端に、さとみの姿を捉えました。

moyoko

やはり2人は運命の糸でつながっているのでしょうか・・・。

エレベーターに乗り込んださとみを、福田は急いで追いかけます。
店の外でさとみの後ろ姿を見つけますが、その時一美に呼び止められてしまいました。

moyoko

福田は「一美に似ている人がいた」と苦しい言い訳をします。

次の瞬間、さとみの姿はもう見えなくなっていました。

ドラマ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』 第5話 感想&まとめ

大学生になり、上京した福田は、初めての彼女も出来て大学生活を謳歌していました。
でも、その1年後福田とさとみはまたしても運命の再会をしてしまいます。

一美はとても良い子なので、これから福田の優柔不断さに振り回されてしまうのかと思うと、胸が痛みます!
それにしても、何故さとみは返事をよこさなかったのでしょうか?次回、その事情が明らかになるかもしれません。要チェックです!

\\『消しゴムをくれた女子を好きになった』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る