『架空OL日記』あらすじ・ネタバレ感想!バカリズム主演!OLの日常あるあるがヤバいくらい笑える!

『架空OL日記』あらすじ・ネタバレ感想!バカリズム主演!日常のあるあるがヤバいくらい笑える!

出典:『架空OL日記』公式ページ

お笑い芸人でありながら、脚本家としても脚光を浴びるバカリズム原作・脚本・主演の『架空OL日記』。

彼の妄想だけで作り上げたOLの日常なのにリアルで笑えます。

何気ない日常にこんな笑いが隠れていると思うと、毎日が楽しくなりそうです。

ポイント
  • バカリズムがOLの一人として働く姿に違和感がない
  • 心の声はお笑いのツッコミに類似
  • 現代社会で頑張って働く女性たちはこんなにも面白く、いつまでも見てられる愛おしさがある

それでは『架空OL日記』をネタバレありでレビューします。

『架空OL日記』

『架空OL日記』

(C)2020「架空OL日記」製作委員会

作品名 架空OL日記
公開日 2020年2月28日
上映時間 100分
監督 住田崇
脚本 バカリズム
出演者 バカリズム
夏帆
臼田あさ美
佐藤玲
山田真歩
三浦透子
シム・ウンギョン
坂井真紀
志田未来
石橋菜津美
音楽 TOWA TEI

【ネタバレ】『架空OL日記』あらすじ・感想


更衣室のコンセント問題

”私”(バカリズム)は朝起きて、食事をして着替え、肌のケアとメイクをして出社。

『架空OL日記』

(C)2020「架空OL日記」製作委員会

更衣室で制服に着替える際、ストーブを付けようとするも、コンセントが刺さっていないという大事態。

KAMUIKAMUI

冬の女子更衣室のストーブ問題は大事件。そして、コンセント事情も深刻な問題です。
『架空OL日記』

(C)2020「架空OL日記」製作委員会

一人のOL・紗英(佐藤玲)が携帯の充電がなくなりそうだからとコンセントを探してさまよいますが、ゲーム機やマッサージアイテムの充電でコンセントは埋まってしまい、危機的状況です。

しかし、姉御肌の小峰(臼田あさ美)が電気タップを持ってきたことで、無事解決。

電気タップのコンセントの穴が他にも開いていることで、OLたちは何かしらコンセントが必要なものを差し込み、文明の利器のすばらしさを尊ぶと共に、これを持ってきた小峰を「小峰様」と呼び、「小峰!小峰!」とコールして崇め奉るのでした。

KAMUIKAMUI

冬にストーブが動かないは死活問題!確かにそうです!そしてストーブが着いた途端の表情も面白いなぁと思いつつ、ありそうだなぁってわかります。小峰コールも最高でした。

仕事終わりに食事に行けば、捜査本部に早変わり

仕事が終わり、”私”のどこかで食べていく?という発言がきっかけで、いつものメンバーの真紀(夏帆)、小峰様、紗英、酒木(山田真歩)は駅前にできた新しいお店へ行きます。

新しいお店だと査定会があり、今後も行くかどうかを皆で検討するのですが、それと同時に彼女たちは日ごろの社内での愚痴や出来事について話します。

『架空OL日記』

(C)2020「架空OL日記」製作委員会

その中で、几帳面な酒木が気になっていることは給湯室のスポンジの泡を落とさない人がいるということなのです。

するとOL達は犯人を突き止めようということになり、給湯室に行った時には目を光らせて置くようにと周知するのでした。

”私”もこの捜査会議にもちろん参加。

張り紙のおかげもあってなくなったらしいのですが、犯人は見つからず。

なぜなら犯人は”私”だったのですから。

KAMUIKAMUI

そりゃ見つかりませんって。こっそり改めるというのもとても人間的でありながらクスッと笑えます。

OL達の悪口の対象「J」

会社の上司の中には、OL達に嫌われる人がいます。

通称「J」と呼ばれるその人。

酒木が給湯室のお湯を沸かしているのにも関わらず、それでお茶を入れ、さらには水で薄める暴挙。

酒木はJにムカつき過ぎて、年末恒例のカレンダーを丸める作業のミスをしまくりました。

更衣室で怒りが収まらない酒木に対し、仇を討ってあげるという小峰様。

その日の帰り道、”私”と真紀、小峰様はJに捕まって夕飯を一緒にすることに。

するとそのお店では、大盛りジャンボラーメンチャレンジが行われていました。

KAMUIKAMUI

失敗すれば5,000円、成功すればタダのチャレンジ!

JがOL達に挑戦しないの?と笑いながら言うと、小峰様は「私やります」と宣言。

挑戦が始まると、小峰様は順調なペースで食べていき、あともう少しというところまで来ます。

しかし!小峰様はここでリタイア。

食事代を払わなくてはいけないJは何とかして食べきらせようとしますが、小峰様に無理を通され、結局ジャンボラーメン代の5,000円を払うことになったのでした。

本当は食べきれた小峰様ですが目的はJに痛手を負わせること!

こうして小峰様は見事に酒木の仇を討ったのでした。

KAMUIKAMUI

この復讐劇は見事だったのですが、そもそもどうして「J」なのかですよ!名前に「J」などは言っておらず、「邪魔」の意味なのです(笑)

防犯訓練のフィードバックが終わるとOL達のフィードバックが行われる

OLたちが務める銀行では、毎年警察の人が犯人役になって防犯訓練が行われます。

毎年恒例で、OLの一人が代表して人質になり、お金をゆっくりと渡した末に、カラーボールを持った社員が犯人を追いかけるという流れなのですが…。

KAMUIKAMUI

毎年毎年、人質役のOLが本気で怖がったり、あまりにも演技が臭すぎて笑ったりと様々。ちなみに、2年前に鼻で笑った真紀は怒られたらしいです。その光景さえ面白いです。

そして警察官からのフィードバックが終わり、防犯訓練が終了すると、OL達は更衣室で新たなフィードバックを始めます。

その内容は、訓練に関することではなく、犯人役の警察官の演技の評価です。

『架空OL日記』

(C)2020「架空OL日記」製作委員会

「そろそろ若手に交代の時期じゃないですかね?」

「いや、彼はまだやれます」

「もう1年、見てみる?」

KAMUIKAMUI

内輪ノリとはこのこと!どの立場で評価をしているんだろうと言いたくなる瞬間でした。

海外採用でやって来たソヨン(シム・ウンギョン)とオタク

韓国から海外採用の新人ソヨン(シム・ウンギョン)が入行してくると、OL達は彼女を快く歓迎します。

日本のアニメや漫画が大好きだと聞くと、OL達はカラオケで「残酷な天使のテーゼ」を熱唱し、ソヨンを喜ばせます。

また、オタクの紗英はソヨンが「らんま1/2」が好きだと聞くと、同じ高橋留美子作品である「犬夜叉」をオススメ。

全巻貸すと約束してくれました。

“私”がふと、携帯で犬夜叉が全何巻あるのかを調べると…56巻。

“私”はソヨンちゃんが日本の漫画を嫌いにならないことを願います。

KAMUIKAMUI

紗英ちゃんは漫画を一気に持ってくるタイプらしいです(笑)大量の漫画本を持って帰らないといけない、返す時に盛って来なくてはいけないと考えると、苦痛かも…ということですね。

小野寺課長(坂井真紀)と印鑑ケース

OL達の上司に当たる小野寺課長(坂井真紀)は、仕事ができる人なのですが、そんな彼女が”私”にあるものを渡してきました。

それは印鑑ケースなのですが…。

OL達は毎日の忙しい業務の中で、少しでもテンションを上げるため、印鑑ケースで可愛いものをチョイスしたりなどするのですが、真面目な小野寺課長の印鑑ケースはなぜかアスパラベーコン!

KAMUIKAMUI

真面目な顔してどんなセンスしてるんだ!?と言いたくなりますが言えないですよね。

“私”がこれを褒めたことで、プレゼントをされてしまったのです。

しかも上司にもらったからには使わないといけないということで、さっそく自身の印鑑を入れるのですが、酒木や小峰が「え?」という顔で印鑑ケースを凝視。

すると”私”は「これ、小野寺課長からもらったの」とすかさず牽制するのでした。

KAMUIKAMUI

課長からもらったものだから変なこと言わないでね!に加え、これは自分の趣味ではないという無言の訴え!日常でありそうな瞬間を良く切り取ったなぁと思えます。

ちなみに、小野寺課長の新しい印鑑ケースはというと、なんとエビフライ!

KAMUIKAMUI

ぜひ見てください!坂井真紀さんが真面目な顔で書類にエビフライを押し付けていく光景!笑わずにはいられませんから!

小峰様の結婚式で”私”(バカリズム)はもう一人の”私”に出会う

いつものようにJの悪口を言ったり、ダイエットの話をしたり、食事の話をしたり、酒木がインスタを「インスタグラム」とフルネームで言うことが気になったりと盛り上がっていると、小峰様から突然の結婚報告が!

架空OL日記

(C)2020「架空OL日記」製作委員会

KAMUIKAMUI

大事な瞬間に紗英がちょっとした言葉のミスをしたおかげで小峰様の結婚報告をやり直して動画を回したり(笑)なんだかとっても楽しそうです。

そして結婚式当日。

みんなで小峰様のウエディング姿を拝み、終わってから記念撮影をしていた時のことです。

“私”は、パーティー会場の外にもう一人の自分を見つけたのです。

気になって追いかけるとそこで時間はストップ。

結婚式の会場から”私”はいなくなり、酒木や真紀、紗英は、何事もなかったかのように小峰様の結婚をお祝いするのでした。

ここで出会ったもう一人の”私”こそ、OLの姿をしていないバカリズム本人。

これまでのOLの”私”はバカリズムの妄想だったのです。

『架空OL日記』

(C)2020「架空OL日記」製作委員会

KAMUIKAMUI

こういう理由で『架空OL日記』だったのかと驚きました。

『架空OL日記』まとめ

要点まとめ
  • OLの日常ってこんな感じかな?と思えるようなエピソードがつまっていて面白い
  • すべてはバカリズムが考えた「架空」の世界。つまりバカリズムの芸を実写化した作品
  • 個性豊かな女優達がOL達を演じたからこそ、面白い世界が生まれたと言える

架空OL日記』の印象的だったエピソードをいくつかご紹介させてもらったのですが、他にも面白いシーン盛りだくさんです。

ドラマ版『架空OL日記』もセットで見れば、嫌な気持ちもスッキリできちゃうかもしれません!

ドラマ『架空OL日記』が見れるサービス一覧