ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』 第7話 被害者の共通点が判明! 公安は『葬儀屋』の正体に迫る!

邪神の天秤 公安分析班

出典:IWOWOW公式ページ

公安捜査から外された鷹野(青木崇高)は再び古代エジプト研究者を訪ね、ヒエログリフに書かれていたメッセージの真意に気がつきます。

鷹野は、殺害された2人の被害者に何かしらの接点があるはずだと1人で被害者家族に聞き込みをし、ある重要な手掛かりにたどり着きます。

さらに、9年前の『葬儀屋』最後のテロ未遂事件とかつての相棒・相羽隼人の亡くなった事件が同じ日付であることを知り、奇妙な一致に違和感を抱きます。

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る

ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』 前回振り返り

赤崎(奥野瑛太)のスパイ行為が組織に見つかってしまい、赤崎は“総括”と呼ばれるリンチを受けます。

連絡が途絶えたことで、赤崎の危険を察知した鷹野(青木崇高)は佐久間(筒井道隆)に救出を申し出るも、一蹴されてしまいます。

赤崎からの情報で、佐久間が秘密裏に追っていた“葬儀屋”と呼ばれる謎の裏組織と民共のつながりを示す証拠品が提供されており、捜査は核心に迫ってきました。

そんな中、赤崎の婚約者が彼を心配し、民共のアジトに乗り込むと言い出したのです。

鷹野はそれに付き合いますが、救出作戦が原因で民共は考案にマークされていることを察知してしまい、赤崎は救出されたものの命を狙われることになってしまいました。

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る

【ネタバレ】ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』第7話あらすじ・感想

ヒエログリフのメッセージ

民共から命を狙われた鷹野(青木崇高)のSである赤崎(奥野瑛太)。
危機一髪で一命は取りとめましたが、危険な状態でした。

赤崎奪還作戦で『葬儀屋』を逃したことで、公安捜査から外された鷹野は、氷室(松雪泰子)から葬儀屋が起こしたとされるテロのデータを見せてもらいます。

moyoko

9年前までの犯行では、葬儀屋はアメミトの石板だけを置いて天秤は置いていませんでした。

犯行を再開した葬儀屋は、これまでにない手口で犯行に及んでいました。
そして、鷹野は9年前の最後の事件は未遂に終わっていて、その日付が自身が密かに追っている相棒・相羽隼人の事件と同じ日に起こっていることに気がつきました。

moyoko

なんと、葬儀屋は鷹野の問題と深く関わっている可能性が出てきました!

鷹野は捜査を原点に戻そうと考え、古代エジプト研究者を訪ね、再びヒエログリフのメッセージについて考察します。
そして、『これは心臓の一部だ』『私は悪魔だ』といったメッセージは、犯人の告白ではないかと筋を立てます。

妻名義の家

鷹野は、やはり被害者の2人に接点があるのかもしれないと考え、再度関係者に聞き込みをすることにしました。

しかし真藤議員の妻は笠原教授との接点はなく、以前警察がアルバムなどを調べたものの、笠原教授に繋がるものは見つからなかったと話します。

ところが、真藤議員は妻名義の別邸を所有していることが判明します。

moyoko

本人名義ではなかったので、捜査対象ではなかったのです。しかし元々は真藤議員が知人から譲ってもらった家でした。

鷹野はその家を案内してもらいます。
そこで、大学生時代の真藤議員の写真を発見します。そこには、他に3人の男性が写っていました。

moyoko

妻は、この三人の男性とは会ったことがないと言いました。

その後、鷹野は登記簿から別邸の元の所有者を割り出し、その人物を訪ねます。
鷹野が老人に真藤議員の写真を見せると、老人は「裏切者めが!」と言って怒り出しました。
そして、4人の男性が写っている写真を見せると「コモン会」と呟きました。

moyoko

それ以上のことを聞き出すことは出来ませんでした。

虎紋会

鷹野は佐久間(筒井道隆)に、班メンバーの招集を願い出ます。

moyoko

佐久間は何かを感じ取り、勝手に捜査をした鷹野を責めませんでした。

まず、真藤議員に家を譲った老人は、かつて極左集団の幹部でした。
そして、真藤議員と笠原教授は学生時代その組織に所属していたのです。

moyoko

与党や左翼を批判していた教授がかつて左翼だったのですから、まさに黒歴史ですね。

さらに、そこから分派して作ったグループが『虎紋(コモン)会』。
しかし公安のデータベースには政治結社として登録はされていませんでした。

moyoko

とはいえ、同じ思想を持つ4名のうち2名が殺されたのです。

そして鷹野は、石板のヒエログリフは被害者ではなく犯人の告白であり、『心臓の一部』というのは、この石板を心臓と一緒に乗せれば罪人としてアメミトに心臓を食われ、その魂は永遠に消滅するというメッセージを残したのだろうと説明します。

葬儀屋は、自分の存在を消すために被害者それぞれと敵対している組織を利用し、2人を殺したのです。

公安は残る二人をマークしていれば、葬儀屋が現れるだろうと見て重点的に捜査することにしました。

里村と堤

鷹野と氷室は、直近の免許更新情報があった堤と接触し、被害者のことや虎紋会のことを聞きますが、堤は「何も覚えていない」「警察に話す事は何もない」と言って詳しい話を聞くことは出来ず、警察の保護も断ってきました。

しかし、氷室がもう一人の里村の方だけを保護すると言うと、堤は驚いた様子を見せました。

moyoko

彼らが左翼だからでしょうか?それとも他に何か事情があるのでしょうか?

堤の自宅を出た後も、張り込みをしていると、堤は車でどこかに出かけていきました。

moyoko

もしかすると、堤は虎紋会が狙われる理由を知っているのかもしれません。

鷹野が車を追っている間、里村を追っていた別班から、里村の消息は掴めなかったものの、堤が葬儀屋が起こしたテロの後、その度に株で大儲けしていることがわかったという報告を受けます。
さらに、里村は大学中退後、警察官になろうとしていたものの左翼組織にいたことが原因で警察官にはなれず警備会社に就職しますが、33年前から行方不明だということ、そして彼が大学時代に研究していたのはエジプト考古学だということが判明したのです。

moyoko

ということは、里村が葬儀屋だということでしょうか?

消えた葬儀屋

堤の車は山中の研修施設跡に入っていきました。
鷹野と氷室は拳銃を構え、建物に潜入します。

しばらくして、向かいの棟に堤がいるのを発見しました。

moyoko

堤は誰かと話しているように見えます。

その後堤はブツブツと悪態をつきながら、1人で建物の外に出て行きました。
鷹野たちは堤がいた部屋に入り、物音がする方へ進むと、そこにロッカーが置いてありました。

恐る恐るロッカーを開けてみると、そこから倒れ出て来たのは、男性らしき白骨遺体でした。

ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』 第7話 感想&まとめ

番組も後半に差し掛かり、盛り上がってまいりました。
最後に出て来た白骨遺体は、里村のものでしょうか?だとすると、葬儀屋は別の人物ということになります。以前と手口が違うのは、別の人物だからかもしれません。
鷹野の事件と奇妙な繋がりがあるのも気になります。
非常に見応えがあるこのドラマ。次回が待ち遠しいです!

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る