ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』 第5話 浮かび上がった過激派組織。鷹野は“S”獲得に動き出す!

邪神の天秤 公安分析班

出典:IWOWOW公式ページ

連続殺人の実行犯は、氷室(松雪泰子)の尋問に対して異様な反応を見せて意識を失ってしまい、尋問は中止されます。

その後の捜査により、事件直前に実行犯が接触していた人物が、公安の監視対象である民族共闘戦線(民共)という過激派組織に属する人物だったことが判明します。

一連の猟奇殺人事件には民共が関わっていると見た佐久間(筒井道隆)は、鷹野(青木崇高)に民共メンバーから“S”を獲得するよう命じます。その相手は11年前に鷹野が担当した事件の被害者の息子でした。

果たして鷹野はSを獲得することが出来るでしょうか?

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る

ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』 前回振り返り

世界新生教を壊滅させ、テロを防いだものの、第2の猟奇殺人が発生してしまいます。

現場には第1の事件と同様、心臓と羽根が載せられた天秤と、ヒエログリフが記された石板が残されていました。

鷹野(青木崇高)は特殊な殺害方法について見解を聞くために、ある人物を訪ねます。その人物は鷹野の過去に深い関わりを持つ人物でした。

鷹野の提案で、公安分析班は強引な手法で捜査一課から得た情報で筋読みを開始。事件を読み解くうちに、実行犯としてひとりの男の存在が浮かび上がります。

逮捕されたのは、ニセ森川の友人と言っていた小田切でした。小田切は、石板のことを聞かれると、泡を吹いて卒倒してしまいました。

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る

【ネタバレ】ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』第5話あらすじ・感想

民族共闘戦線

連続殺人事件の実行犯である小田切は事件前、被害者である笠原教授の勤務先である明慶大学の『政治研究会』に所属する学生と会っていました。

この政治研究会は、公安の監視対象でもある極左組織『民族共闘戦線(民共)』と繋がっており、笠原教授はこのサークルを潰そうと考えていたのです。

moyoko

民共は、サークルに入り込んで、メンバーを集めていたようです。

公安5課では、世界新生教が民共に依頼し、小田切が雇われて真藤議員を殺害したと見立てられました。

moyoko

しかし、鷹野は何か違和感を感じていました。組織とエジプト神話の関係が見えないからです。

佐久間(筒井道隆)は、鷹野の違和感には答えず、鷹野に重要な任務を与えます。

11年前に鷹野が担当した事件の息子がその民共に所属しており、彼を協力者=Sとして獲得するというのがミッションです。

S候補

候補になった赤崎は、大学生の時に父親が何者かに殺され、犯人は警察が第一容疑者に挙げた人物ではないと主張するも、聞き入れてもらえず、結局犯人は赤崎が主張する人物だったことから、警察に対して不信感を抱いていました。

そんな赤崎に近づくため、鷹野は彼が通う将棋サロンに入ります。

moyoko

全ては、ファーストコンタクトにかかっています。

鷹野と赤崎は対局し、鷹野が負けました。

「鷹野さんですよね?」

赤崎は、鷹野のことを覚えていました。
鷹野は、負けた自分がごちそうすると、赤崎を食事に誘いました。

しかし、赤崎は鷹野がわざと負けたこと、将棋以外の目的があることを見抜いていました。
鷹野は想定よりも早いタイミングで組織の内部調査への協力を依頼します。

しかし、この時の作戦は失敗に終わります。

moyoko

やはり、慣れない鷹野には難しすぎるのでしょうか?

2回目も赤崎は「将棋以外の話をするつもりはない」と話すらできませんでした。

佐久間は、氷室(松雪泰子)を通じて「どんなことをしてでも結果を出せ」と言います。
氷室は1年前に赤崎が起こした傷害事件の資料を鷹野に渡し、暗に赤崎を脅せと命じます。

moyoko

これが最後のチャンスです。鷹野は非情になれるでしょうか?

最後の切り札

鷹野は再度赤崎と将棋を指します。
それは、周りの客が見守るほどの熱戦でした。

moyoko

勝負は、赤崎の勝ちです。強い相手と戦えたことで、赤崎は満足そうです。

「私はこれから将棋以外の話をします」

鷹野はおもむろに傷害事件の資料を赤崎に見せます。

moyoko

これが表沙汰になれば、テロ組織の一員として世に知られることになります。

しかし、赤崎は「いくら脅迫されても国家権力には屈しない」と拒絶。
それを聞いた鷹野は、あっさりと手を引きました。

鷹野は、将棋を通じて、赤崎が正義感の強い真っすぐな人間だと感じていました。
そして、事件を自分なりに調べてみた結果、赤崎の事件はその正義感で、同僚をかばったものだということがわかりました。

組織は、ルールを破ったり、組織を抜けようとするメンバーを『総括』という名のリンチしていました。
鷹野はそんな組織の姿勢に、赤崎は矛盾を感じているのでは?と考えていました。

「真っすぐで正義感の強いあなたには合わない」

実際、鷹野の思った通りでした。
赤崎は理想を求めて組織に入ったものの、時が経つにつれて理想とはかけ離れたものだったと気がついていました。

赤崎が、鷹野の顔を覚えていたのは、11年前に鷹野だけが自分と誠実に向き合ってくれたからだと言います。

「わかりました。全力で鷹野さんに協力させていただきます」

moyoko

鷹野は自分なりの方法でSを獲得し、信頼関係も築くことが出来ました。

内部調査

赤崎が二重スパイの可能性も捨てきれないため、公安監視のもと内部調査が始まりました。

moyoko

その間鷹野と赤崎は様々な“スパイ技術”とも言える連絡方法で連絡を取り合います。

調査は順調に進み、1週間ほどで組織の情報はかなり見つかりました。
しかし、エジプト神話に関するものだけは見つかりません。

佐久間はさらに、民共と小田切の金のやり取りの情報を探すように命じました。

moyoko

今ある情報だけでガサ入れ出来るはずなので、鷹野はまたしても違和感を感じます。

鷹野は赤崎に、今まで以上に慎重に事を進めて欲しいと念を押します。
赤崎は、使命感に燃えていました。

そんな赤崎の代わりに、鷹野は赤崎の婚約者と接触します。
婚約者は「忙しいから」と全く連絡が取れない赤崎のことを心配していました。
鷹野は、赤崎に伝言を伝えると約束をしました。

SGY

赤崎は難しい帳簿の調査も、見事にクリアしました。
そこには残念ながら小田切との金銭のやりとりはありませんでしたが、鷹野は気になる出金記録を発見します。

笠原教授の殺害前後に、『SGY』という所に300万円ずつ振り込みがあったのです。
鷹野は、民共が小田切を雇ったのではなく、外部組織に依頼したのではないかと考えました。

moyoko

それこそが、鷹野の感じていた違和感の正体だったのです。

鷹野は、佐久間と氷室が気にしていたアメミトの絵が入った石板とその『SGY』が同一のものを示しているのではないかと佐久間に問います。

moyoko

佐久間は、民共ではなく、そのSGYのことを赤崎に調べさせたということになります。

80年代以来、世間に公表されていないテロが起こっていました。
その現場には必ずアメミトの石板が置かれていました。

公安は、そのテロを阻止できないどころか、手がかりさえも掴むことが出来ませんでした。
その手ロリストの通称こそが『SGY』なのです。

どんなに先手を打っても、うまくすり抜けられてしまい、佐久間たちは内通者の存在を疑っていました。

罪人の心臓を食べるアメミト

依頼したら必ず死体が出るので、裏社会の人間はテロリストを『SGY=葬儀屋』と名付けます。
SGYは社会的地位や権力を使って悪事を働くものへのテロ行為を繰り返していました。

moyoko

だから、罪人の心臓を食べるアメミトをモチーフに選んだようです。

しかし、9年前その活動がピタリと止みます。理由はわかっていません。

moyoko

その実体は、誰にもわかりません。
その頃、氷室は小田切の尋問を再開していました。
氷室は彼に『SGY』のことを尋ねます。
しかし、小田切は「あんたは何もわかっていない」と言った直後、舌を噛み切り自殺を図りました。

そして、帳簿のデータを送り終えた赤崎は、幹部の部屋にいるところを捕らえられてしまいました。

ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』 第5話 感想&まとめ

遂に、佐久間と氷室の狙いが明らかになりました。
謎のテロリスト『SGY』。それこそが連続殺人事件の黒幕のようです。
今後は、このSGYとの戦いになりそうですね。

鷹野がSに引き込んだ赤崎には、壮絶なリンチが待ち受けています。
鷹野は彼を助け出すことが出来るのでしょうか?
次回も必見です!

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る