ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』 第3話 カルト教団のテロ行為を防げ! その時氷室の『S』は・・・。

邪神の天秤 公安分析班

出典:IWOWOW公式ページ

カルト教団『世界新生教』の信者で氷室の『S』(協力者)である北条(二ノ宮隆太郎)から得た情報をもとに、爆弾を見つけるため、教団に家宅捜索に入った公安。

しかし公安の動きを察知した教団側が、爆弾を別の場所へ移動させてしまい、捜索は空振りに終わってしまいます。

北条が危険にさらされるのではないかと危惧する氷室。北条は公安のスパイではないかと教団内で疑われ始め、自爆テロの実行者に選ばれてしまいます。

果たして公安は、テロを未然に防ぐことが出来るでしょうか?

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る

ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』 前回振り返り

秘書の森川に成りすましていた人物は、鷹野(青木崇高)と氷室(松雪泰子)の目の前で爆死してしまいました。彼の正体は?本物の森川はどこにいるのか・・・。

佐久間(筒井道隆)の指揮の下、鷹野と氷室が組んで聞き込みに当たることに。聞き込みの結果、本物の森川の実家を突き止めた鷹野と氷室は事件につながる重要なものを発見します。

一方、爆発物を製造していた郡司(松田洋治)の取り調べをしていた能見(徳重聡)たちは、新たな爆発物の存在を知ります。

爆弾事件には、テロ活動をするカルト教団が絡んでいました。氷室は以前から繋がっていた教団のスパイに、爆発物の在りかを聞き、警察は強制捜査に踏み切りますが、爆発物は見つかりませんでした。

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る

【ネタバレ】ドラマ『邪神の天秤 公安分析班』第3話あらすじ・感想

捜索失敗

テロ行為を画策するカルト教団『世界新生教』の信者で、氷室(松雪泰子)の『S』(協力者)である北条(二ノ宮隆太郎)の情報をもとに教団本部に家宅捜索に入った公安。
しかし、教えられた場所には爆発物は見当たりませんでした。

moyoko

北条が裏切ったのではなく、教団は公安の動きを察知し、事前に爆弾を動かしていたのです。

作戦が失敗に終わり、責任を感じる氷室。しかも、北条とは連絡がつかず、教団から疑いの目を向けられ、危険な目に遭っている可能性があります。

氷室は、アナログでSOSを出す方法を北条に伝えてありました。
しかし、そこでも北条からの連絡はありません。

moyoko

その時、まさに北条は教祖らから疑われていました。やばいです。

実行犯

翌日、氷室は教団本部を監視しているチームから、北条が本部を出て来たと知らされます。
北条は、監視役を連れて自宅へ戻っていました。

moyoko

北条はなんとか妻にメッセージを送ろうとしますが、監視の目は厳しくうまく伝えられません。

北条は、氷室にSOSを出す場所に姿を現しました。
鷹野(青木崇高)は、氷室に頼まれ、なんとか監視役を引き留め、氷室はその間に北条と接触しました。

北条は、森川の代わりにテロの実行役に指名されていました。
次に裏切れば、家族に何をされるかわからないと、北条はパニック状態になっています。

「あなたもあなたの家族も私が守る。私を信じて」

氷室は、なんとか北条を説得します。

moyoko

テロの実行犯なら、必ず日時と場所がわかるはずです。公安にとってはこれが最後のチャンスです。

鷹野は、ニセの森川の押収品を調べていました。
もし彼が実行役だったのなら、何か手がかりがあるかもしれないからです。
そして、教団から送られたとみられる四角形の図と、文字が書かれた不思議なFAXを発見します。

moyoko

このFAXに大きなヒントが隠されていそうですね。

北条のメッセージ

公安が教団を監視し始めてから、12日が経過しました。
氷室は、いつも北条と待ち合わせている公園で彼を待ちますが、北条は姿を現しませんでした。

moyoko

その頃北条は、身体に爆弾を装着させられていました。自爆テロのようです!

氷室は保険外交員を装って、北条の自宅を訪ねます。
そして、妻から氷室に連絡をするようにという、書きかけのメッセージを受け取ります。

moyoko

北条は、なんとかして氷室と連絡を取ろうとしています。

翌日、教団から何台もの車と信者が本部から出ていきます。
公安は職質をかけるなどして北条を探しますが、なかなか見つけることが出来ません。

複数の車で公安の目を引いているうちに、北条は他の信者に抱えられて山を下りていました。
北条は、現場に向かう車の中で、妻に連絡をさせて欲しいと懇願します。
そして、メールならと許され、震えながら氷室にメールを打ちました。

犯行現場

北条は、氷室にだけわかるように、暗号でメッセージを送りました。
しかし、普段北条とは暗号でやりとりをしていなかった氷室は、すぐに解読できません。

鷹野は、メッセージから現場のヒントを探し当てます。
そこは、北条が息子と行ったという劇場でした。

moyoko

鷹野は、優秀な刑事の本領を発揮し、どんどん暗号を解いていきます。

公安は急いで劇場内に爆発物があるか捜索しますが、鷹野は現場近くにある公園の航空地図を見て、ニセ森川の家にあった教団からのFAXを思い出しました。

「あのFAXは指示書だったんです!」

そのFAXが指し示す場所は、殺された真藤議員の有力支持者が所持するビルでした。
公安は爆発物処理班と共にビルに駆けつけ、爆弾を身に着けた北条を発見します。

完了、撤収

爆発物の撤去をする間、氷室は北条のそばに付き添いました。
北条は、安心して「教団をやめて家族と一緒にいる」と言いました。

爆発物は無事に処理され、公安はテロを未然に防ぐことが出来ました。

北条は、氷室らと車に乗り、病院に運ばれます。

「この後、どうするんですか?」

「治療が終われば、あなたは逮捕される」

氷室から非情な宣告を受けた北条は、裏切られたと怒り出します。

「俺も俺の家族も守ると言ったじゃないか!」

moyoko

冷たいようにも見えますが、氷室は警察として当然のことをしたまでです。
北条はテロの実行犯。その事実は動きません。

間もなく、教団本部に再び警察の捜査が入り、教祖は逮捕されました。

moyoko

教団の取り調べが始まれば、真藤議員殺害の実行犯も出てくるでしょう。

しかし、鷹野は真藤議員殺害の件について、何か引っかかるものを感じていました。

鷹野の予感通り、ある場所で、また新たな心臓が天秤にかけられていたのです。

ドラマ『邪神の天秤 公安分析官』 第3話 ネタバレ・感想まとめ

氷室に恩義を感じ、命を懸けてSに徹してくれた北条。

しかし、命こそ助かりましたが、公安は完全に自分の身を守ってはくれませんでした。

そうはいっても、カルト教団に所属して、テロを実行しようとした以上、その責任は取らなくてはいけません。氷室はそれを告げる時とても辛そうな顔をしていました。

さて、一件落着と思いきや、事件はまだ終わっていませんでした。

また新たな殺人が起きたのです。真藤議員を殺したのは、教団とは関係がない人物なのでしょうか?

今後の展開が気になります!

\\『邪神の天秤 公安分析班』を見るならここ!!//

初月無料のWOWOWで見る