映画『ジャングル・クルーズ』あらすじ・ネタバレ感想!ディズニーの人気アトラクションを映画化!不老不死の花をめぐる冒険活劇

『ジャングル・クルーズ』

出典:ディズニープラス公式

ディズニーランドでお馴染みの人気アトラクションを実写化したアクション・アドベンチャー映画『ジャングル・クルーズ』がこの夏公開!

ロック様ことドゥエイン・ジョンソンが扮する陽気な船長・フランクと、エミリー・ブラント扮する好奇心旺盛な植物博士・リリーが未知のジャングルで「不老不死の花」を巡った大冒険を繰り広げます。

『トレイン・ミッション』『フライト・ゲーム』のジャウム・コレット=セラ監督がメガホンを取った、夏にぴったりの作品です。

マルコヤマモト

それでは映画館とディズニープラスのプレミアアクセスで公開中の『ジャングル・クルーズ』について、ネタバレありでレビューします。

映画『ジャングル・クルーズ』作品情報

『ジャングル・クルーズ』

(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

作品名 『ジャングル・クルーズ』
公開日 2021年7月29日
上映時間 127分
監督 ジャウム・コレット=セラ
脚本 マイケル・グリーン

グレン・フィカーラ

ジョン・レクア

出演 ドウェイン・ジョンソン

エミリー・ブラント

ジャック・ホワイトホール

エドガー・ラミレス

ジェシー・プレモンス

ポール・ジアマッティ

ベロニカ・ファルコン

音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード

映画『ジャングル・クルーズ』あらすじ【ネタバレあり】


ジャングルを舞台に「不老不死の花」をめぐった争奪戦!

舞台は第一次世界大戦下の1916年、ロンドン。

アマゾンのジャングルの奥深くにある、手にした者は不老不死の力を得ることができるという「クリスタルの涙」と呼ばれる伝説の花の存在を知った好奇心旺盛な植物博士のリリー(エミリー・ブラント)。

植物学会から「クリスタルの涙」への道標となる原住民の矢尻を盗み出し、弟のマクレガー(ジャック・ホワイトホール)を連れて南米・アマゾンへと旅立ちます。

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

リリーが冒険の相棒に選んだのは、観光客相手にジョークを飛ばしながらジャングルのクルーズを運営する船長のフランク(ドウェイン・ジョンソン)。

最初は乗り気でなかったフランクでしたが、リリーが矢尻を持っていることに気づき冒険のお供をすることに。

実はフランクも、とある理由から「クリスタルの涙」を探していたのです。

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

そこに「クリスタルの涙」の力を使い世界征服を企むドイツ帝国のヨアヒム王子(ジェシー・プレモンス)が現れ、自慢の潜水艦と機関銃でフランクのボートを襲撃!

何度も危機を乗り越えジャングルの奥地までたどり着いたフランクたちは女性首長・サム(ベロニカ・ファルコン)が率いる仲間の原住民の力を借りて矢尻が示す正確な場所を探そうとします。

しかし、ヨアヒム王子によって甦らされたかつてのスペインからの征服者・アギーレ(エドガー・ラミレス)と仲間たちの魔の手が迫っていました。

1500年代、娘の不治の病を治すためににスペインからやってきたアギーレは、原住民に刃を剥いたことからジャングルの呪いにかけられ、それから400年近く死ぬことなく醜い姿のまま生かされ続けていたのです。

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

矢尻を狙って襲ってきた呪われたアギーレと仲間たちによって原住民たちの村は荒らされ、アギーレとの戦いの末にフランクは剣で刺されてしまいます。

フランクが本当に「クリスタルの涙」を探す、驚くべき理由が明らかに。

そしてリリーは、誰よりも先に「クリスタルの涙」へ辿り着くことができるのでしょうか…!?

映画『ジャングル・クルーズ』感想【ネタバレあり】

ワクワクドキドキ満載の冒険活劇

ドウェイン・ジョンソンエミリー・ブラントが主演を務めた『ジャングル・クルーズ』は、南米・アマゾンのジャングルを舞台にしたワクワクドキドキ満載の冒険活劇

永遠の命が得られ、またその呪いを解くことができる不老不死の花「クリスタルの涙」を求めて探検を続ける彼らが思わぬ真実を知るとともに、花を巡った壮絶な争奪戦に巻き込まれていく様子を描きます。

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

同じくディズニーランドのアトラクションを主体とした『パイレーツ・オブ・カリビアン』そ彷彿とさせる船同士の迫力満点の追跡撃や、『インディー・ジョーンズ』を彷彿とさせるハラハラの謎解きやアクションなど見どころ満載。

マルコヤマモト

追跡劇に関してはボートの他に潜水艦、ジャングルに呪われたスペインの探検家たち、ジャングルに住まう首狩族など、かなりごちゃついていましたが割となんでもあり。

そんななかで、親父ギャグを飛ばしまくるご陽気な船長・フランクと、走りながら考えるタイプの行動派・リリーによる痛快な会話劇も見どころの1つです。

そして、とりわけ楽しいのがエミリー・ブラント扮するリリーのアクション

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

なぜか高いところが大好きなリリーが繰り広げるドタバタな高所アクションは、全盛期のジャッキー・チェンを感じさせ、スリル満点かつ所々に笑いも含んでおり好印象でした。

マルコヤマモト

通常ならばロック様が力でねじ伏せそうなところをエミリー・ブラントが持っていき、ロック様はどちらかというとたしなめる側に回るという展開には、ジェンダー・バランスに配慮した最近のディズニー作品ぽさを感じました

アトラクションお馴染みのシーンに大興奮!

マルコヤマモト

東京ディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」に続いて実写映画化となったのが、同じアドベンチャーランドにある「ジャングルクルーズ」!

東京ディズニーランドが開園した1983年以来存在するアトラクションで、陽気な船長とともにアマゾン川、ナイル川、イラワジ川など世界各地のジャングルをボートで探検します。

マルコヤマモト

本家であるカリフォルニアのディズニーランドにも、1955年のパークオープン時から存在する歴史あるアトラクションです。
『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

映画『ジャングル・クルーズ』にも、アトラクションを踏襲したシーンやキャラクターが登場し、アトラクションを体験した人は大興奮間違いなし!

アトラクションの醍醐味である、クルーズの最中に時には寒い駄洒落を言いまくる船長のキャラクターを、ドウェイン・ジョンソンがしっかりと踏襲。

アトラクション終盤に登場する人気キャラクター「首狩族のサム」も物語を盛り上げてくれます。

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

マルコヤマモト

なかでも私が笑ったのは「滝の後ろ姿」で、あれは全世界共通のジャングルクルーズ・ギャグなのだなぁ〜と感動しました

ストーリーとキャラ設定は正直惜しい!

マルコヤマモト

『ジャングル・クルーズ』のような娯楽作品に関しては、あまり深掘りしても仕方ないと思うのですが、2時間に色々と詰め込みすぎな印象も否めません

まず1番大事なストーリーに関しても、「呪い」や「呪いに囚われた征服者たち」など、なんとなく『パイレーツ・オブ・カリビアン』と似たような設定が多く、特に征服者たちのビジュアルも「呪われた海賊たち」に似ているなど色々な箇所に既視感がありました。

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

マルコヤマモト

さらに物語が進むにつれて「クリスタルの涙」の重要性がなんだかわからなくなってくるような…。

「クリスタルの涙」を手に入れたリリーは結局何がしたかったのだろう?

女性植物博士としての権威を手に入れたかった?病気の人を救いたかった?その目的にブレを感じてしまったため、途中で物語の何を追って良いのかわからなくなりました。

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

そして、最近ディズニーが割と気にしているジェンダー問題やLGBT+について。

今作にもリリーの弟・マクレガーというキャラクターが登場し、彼がゲイであると打ち明けるシーンが組み込まれていますが、その後の展開に上手く活かされていなかったことも残念でした。

実写版『美女と野獣』のように「なんとなく匂わせる」だけでなく、『ジャングル・クルーズ』に関しては無理に社会問題を組み込もうとして、どっちらけになってしまった印象

『ジャングル・クルーズ』

出典:IMDB

マルコヤマモト

マクレガーは元々のキャラの良さに加えて、本来ディズニーが組み込みたかったはずのLGBT+を活かすための良いキャラクターだったのに残念です。

それならば、いろいろ取り払って原点回帰してシンプルな冒険活劇に振り切った方が良かったのでは…!?とも思います。

マルコヤマモト

また、原住民の他に襲い来る猛獣など「ジャングルならではの恐怖」も描ききれていなかったことも残念!

SNSでのみんなの感想・評判

ドウェイン・ジョンソンエミリー・ブラントという最強の布陣で挑んだ『ジャングル・クルーズ』。

先述したように『パイレーツ・オブ・カリビアン』の二番煎じということで及第点をつけている方も多いですが、何よりも「観終わった後は必ずアトラクションに乗りたくなる!」という感想が1番多かったです。

また、映画館でも2D、IMAX、MX4Dなど種類が充実しており、ぞれぞれに異なる魅力や楽しみ方を見つけられそう。

元がアトラクションだけあってMX4Dを観た方の満足度が高いように感じました。

マルコヤマモト

なるほど。たまには課金して思いっきり楽しむのもアリ!びしょ濡れにならないかが心配ですが…!

映画『ジャングル・クルーズ』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

マルコヤマモト

ディズニーの人気アトラクションを映画化した『ジャングル・クルーズ』について、ネタバレありでご紹介しました。
マルコヤマモトの評価(5点満点中)
  • ワクワク度…★★★★★
  • 物語…★★★☆☆
  • 子供と観れる…★★★★★★

映画『ジャングル・クルーズ』はアトラクションを知れば知るほど愛着が湧き、ジャングルクルーズを愛していれば愛しているほど楽しめる、そんな冒険活劇です。

色々と言及したい点はありますが、娯楽作なのでまずは楽しんで観賞することが吉

日本語吹き替え版ならば、ワクワクドキドキ親子揃って楽しめること間違いなし。

マルコヤマモト

何より子供たちがロック様の活躍を見てワクワクする姿に興奮する〜!こんな小さい時にロック様に出会えて最高だね、よかったね、と映画館ロビーの物販でわいわいしている子供たちをニコニコしながら眺めていました。