アニメ『呪術廻戦』第18話あらすじ・ネタバレ感想!加茂vs伏黒の戦いが起きる中、さらに物語は混沌へ…!

アニメ『呪術廻戦』第18話あらすじ・ネタバレ感想!加茂vs伏黒の戦いが起きる中、さらに物語は混沌へ…!

出典:『呪術廻戦』公式ページ

団体戦で各地で戦いが始まる中、加茂vs伏黒のバトルも勃発。

自身の血を自在に操る加茂に対し、式神と体術で伏黒はどう立ち向かうのでしょうか。

そして、真人がとうとう動き出します。

生徒たちは危険にさらされ、五条は今回駆けつけることができません。

ピンチの中で、楽巌寺の意外な戦い方も明らかになります。

\\『呪術廻戦』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

アニメ『呪術廻戦』前回第17話のあらすじと振り返り

真希と対峙するのは三輪です。

相当な実力を持つ真希に翻弄され、三輪は追い詰められていきます。

術式を使用した抜刀すら退けられてしまい、さらに刀まで奪われ、三輪は戦闘不能状態になってしまいます。

一方、西宮と野薔薇のバトルは空を飛ぶ西宮優勢です。

西宮は女の呪術師がいかに生きにくいか、そして真依はさらに辛い環境に居るのだと野薔薇に感情をぶつけます。

しかし、そんな中でも西宮は呪言師である狗巻を警戒して戦わねばならないため、集中できずに野薔薇に落とされてしまいました。

そしてあわやというところで、野薔薇は狙撃され戦闘不能になってしまいます。

狙撃したのは真依。

そして真希と真依は戦うことになりますが、身体能力の高さからあっという間に真希の勝利が決まってしまいます。

秘密にしていた術式まで使って戦いましたが、真依は真希に敵いません。

姉妹の大きな感情が見える回でした。

【ネタバレ】アニメ『呪術廻戦』第18話あらすじ・感想

混沌の気配

様々な場所での勝敗が決まる中、伏黒は加茂と交戦していました。

追尾してくる弓矢をトンファーで砕いて戦う伏黒。

加茂は自分の血と、血がついた物を自由に操れるようです。

さらに、加茂は体術も相当なもの。

血を操れるが故に、血中成分すらも自由自在、つまりドーピング的なことが可能なのです。

一方の伏黒は同時に二体の式神を出せますが、一体は狗巻のところに使いに出してしまっていました。

玉犬が届けたメカ丸の携帯を使い、狗巻は三輪を眠らせて棄権させます。

しかしその瞬間、狗巻は妙な気配を察知します。

エリアに放たれるのは二級呪霊の予定でしたが、密かに準一級の呪霊が放たれていたようです。

もちろん、京都の学長の采配でした。

それを使って虎杖を殺せと言われていた上に、笛が鳴るまで大人しくするように躾してあったのです。

しかし、その呪霊すら簡単に殺してしまうような強力な呪霊が、狗巻の前に姿を現しました。

さらに、真人はなにやら策を講じています。

しゅりしゅり

真人が現れると一気に不穏な感じになりますね!一体、何をするつもりなのでしょうか…。

嫡男として

加茂は御三家の生まれですが、妾であった母の辛い姿を見て育ちました。

しかし、正室が術式を継いだ男児を産めなかったが故に、自分は嫡男として迎え入れられたのです。

だからこそ、加茂家の次代当主としての在り方を強く自分に言い聞かせて生きており、それは一重に母のためでした。

加茂は伏黒にシンパシーを感じているようです。

しかし、それでも虎杖は殺すという加茂。

個人的な判断としても、御三家の判断としても、それが正しいと思っているからだといいます。

しかし、伏黒は自分にはもう禪院家との繋がりはないので、同じではないと返します。

ただ自分の良心を信じているから、それに従って人を助けるのだという伏黒。

そして、新たに調伏したばかりの象の式神を利用し、水圧で外に押し出します。

さらに、空中で鵺を使い電撃を食らわせますが、加茂は攻撃を喰らいながらも鵺を拘束しました。

反撃しようとしたところで、巨大な樹木が現れます。

一緒に現れた狗巻は、2人に「逃げろ」と伝えるのでした。

しゅりしゅり

前回から引き続き、御三家の重圧が語られていますね。それは、相当なもののようです。

意外性

異変に気がついた教師たちが、生徒を救出に向かうことになります。

しかし、その驚異はすでに生徒たちに近づいており、なすすべもなく3人は逃げるしかありません。

さらに、真人側の術師がとばりを張り、それがエリア全体を覆っていきます。

あっという間に、帳に閉じ込められてしまった生徒たち。

その帳は他の全てを受け入れる代わりに、五条悟を拒むという代物でした。

余程腕が立つ術師のようです。

そこで、五条を置いて歌姫と楽巌寺は生徒たちの救出に向かうことにします。

帳に入ったとたん、術師が待ち構えており、楽巌寺は歌姫に先に行け、と指示しました。

楽巌寺はなんとエレキギターを構え、ロックな出で立ちで術師に立ち向かいます。

しゅりしゅり

いや、意外すぎるでしょおじいちゃん!(笑)どうやって戦うのか気になりますね!

死して賢者となりなさい

現れた強力な呪霊。

それは、以前五条を襲った呪霊の仲間だと、伏黒は気がつきました。

連絡を取ろうとスマホを取り出しますが、それを呪霊により一瞬で邪魔されてしまいます。

加茂と連携を取りながら反撃しますが、ほとんど攻撃は効いていません。

呪霊は音では不明な言語でも、意味は理解できるという高度な手段を使って語りかけてきます。

「森も海も空も、もう我慢できぬと泣いています」

「人間との共存は不可能です」

自然からすれば、人間は害でしかありません。

時間さえあれば、星はまた青く輝く。

そのためにも人間のいない時間が必要だと、そう呪霊は語るのでした。

しゅりしゅり

自然を体現したような呪霊。その力は、相当のもののようです。性別はないのでしょうが、声が大変意外でした!

アニメ『呪術廻戦』第18話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

個人的には、楽巌寺の戦いがかなり気になるところですね。

しかし、外にいる五条もどうするのか、さらに今回虎杖と東堂の話がありませんでしたので、次の話で2人がどう動くのかも注目したいです。

\\『呪術廻戦』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

▼次回第19話も続けて読む▼