『ジョン・ウィック:パラベラム』公開記念!Q&A形式で解説!伝説の殺し屋「ジョン・ウィック」の軌跡を追おう

『ジョン・ウィック:パラベラム』公開記念!伝説の殺し屋「ジョン・ウィック」の軌跡を追え!

出典:ファッションプレス

2019年10月4日に、いよいよシリーズ待望の新作『ジョン・ウィック:パラベラム』が公開されます!

前作ラスト、殺し屋たちの「聖域」とされるコンチネンタルホテル内にて殺しを行い、掟を破ってしまったジョン・ウィック。

新作では、組織の裏切り者とされたジョン・ウィックが世界中の殺し屋たちから命を狙われ、死闘を繰り広げられる様子が描かれます。

そこで!新作公開にあたって今までの『ジョン・ウィック』の軌跡をQ&A形式で簡単に解説していきます。

キャラクターやキーアイテム、今までの物語も紹介しているので『ジョン・ウィック』初心者でも、この記事を読めば新作も楽しめること間違いなし!

すでに視聴している方も一緒に復讐…いや、復習しませんか!?

 目次

Q:ジョン・ウィックってどんな人?

A:ジョン・ウィックは伝説の殺し屋である。

キアヌ・リーブス演じる本作の主人公ジョン・ウィックは伝説の殺し屋です。

愛する妻のために一度は引退を決意したものの、様々な事件が引き金となり再び殺し屋の世界へ逆戻りします。

ここで、ジョン・ウィックの簡単なプロフィールをご紹介!

本名 ジョナサン・ウィック
コードネーム ババヤガ(※スラヴ神話における魔女のような妖婆の意味)
仕事 殺し屋を始末する殺し屋
愛車 フォード・マスタングBOSS429
愛犬① 1作目に登場:ビーグル犬のデイジー →マフィアに殺される
愛犬② 2作目に登場:ピットブル →名前はまだない
伝説 鉛筆1本で3人を瞬殺

鉛筆1本で3人を瞬殺するスキルの持ち主ということで、クレジットカードで人を切る『イコライザー』の主人公ロバート・マッコールともいい勝負ではないでしょうか?

しかしその反面、病気で亡くなった妻との思い出を大切にし、さらに愛犬家という心優しい一面を持ち合わせています。

そんなジョン・ウィックが、再び殺し屋に戻るきっかけになった背景がシリーズ1作目の『ジョン・ウィック』で描かれています。

Q:1作目『ジョン・ウィック』ってどんな映画なの?

A:妻との思い出である愛犬を殺され愛車を奪われたジョン・ウィックの復讐物語である。


ロシアン・マフィアの若造が目をつけたのは、なんとジョン・ウィックの愛車であるフォード・マスタング。

しかし彼は、車の持ち主がかつて伝説の殺し屋と呼ばれていたことを知りませんでした。

どうしても車が欲しかったロシアン・マフィアの若造はジョンの家に忍び込みます。

そして妻の形見でもある愛犬を殺し、ジョンを気絶させ愛車を奪います。

気がついたジョンは悲しみに暮れる間もなく、壮絶な復讐を開始!

コンチネンタルホテルの支配人ウィンストン(イアン・マクシェーン)の助けを借りて、ほぼジョン1人でロシアン・マフィアを壊滅させます。

Q:2作目『ジョン・ウィック:チャプター2』ってどんな映画なの?

A:妻との思い出の詰まった自宅を爆破されたジョン・ウィックの復讐物語である。


ロシアン・マフィアから愛車を取り返した5日後の話。

次にジョンの家にやってきたのはイタリアン・マフィアのサンティーノでした。

サンティーノからの仕事を頼まれたジョンですが、その仕事を断ると妻との思い出がたくさん詰まった家を爆破されてしまいます。

ジョンは仕事をきちんと片付けてからサンティーノへの復讐を開始。

しかし、サンティーノにより賞金首になってしまったジョンに次々と殺し屋が襲いかかります。

死闘を繰り広げながら殺し屋たちを倒したジョンは、殺しが禁忌とされているコンチネンタル・ホテル内でサンティーノを殺し、掟に背いてしまうのです。

Q:殺し屋たちの聖域「コンチネンタル・ホテル」って?

A:世界中にチェーン拡大!殺し屋たちの憩いの場であり、裏社会の最重要拠点。

ニューヨークやローマなど、世界中の各都市に展開されている「殺し屋たちの憩いの場」と呼ばれている場所。

主席連合(ハイテーブル)と呼ばれる組織の傘下にあり、この場所では仕事の依頼や情報収集のみならず、銃や防弾スーツなどの殺し屋には必須の商売道具の調達も可能!もはや、裏社会の最重要拠点である。

また主席連合が定めた掟により、ホテル内での殺人や争いは禁止されています。

前2作に登場するウィンストンは、コンチネンタル・ホテル ニューヨークの支配人で主席連合のメンバーの1人。

主席連合は世界の犯罪組織で構成される協会で、各組織からの代表12名から成る、裏社会の秩序を定め、殺し屋たちに「掟」を厳守することを課しています。

しかしながら、最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』では聖域指定がついに解除されしまう可能性が…!

Q:「血の誓印」てどんなアイテム?

A:殺し屋に仕事を依頼する際の血の契約書。

仕事を受けるときには、何にでも契約書が必要です。

裏社会での仕事の契約書が、この「血の誓印」になります。

裏社会ではこの契約は絶対。相互の交換条件のもとに、血の拇印をもって契約を交わします。

その後、契約者は誓印の持ち主の望みを叶える義務があり、守らない場合は規律違反となり、追放処分になってしまいます。

『ジョン・ウィック:チャプター2』では、サンティーノが「血の誓印」の持ち主で、ジョンに自分の姉を殺すよう依頼をしました。

ジョンと「血の誓印」を交わした人物は過去にもいるようで、新作『ジョン・ウィック:パラベラム』にはコンチネンタル・ホテル モロッコの支配人ソフィア(ハル・ベリー)が登場します。

Q:ジョン・ウィックはどうして追われる羽目になったの?

A:ジョン・ウィックは裏社会の掟を破ってしまったため追われる羽目になった。

コンチネンタル・ホテル内では秩序を守るための掟があります。それは、

  1. コンチネンタル・ホテル内での殺し、争いは禁止
  2. 「血の誓印」は絶対厳守
の2つです。ジョンは、2作目のラストでサンティーノをコンチネンタル・ホテル内で殺してしまいます。

この行為には、ジョンと長年の友情を育んできたコンチネンタル・ホテル ニューヨークの支配人ウィンストンもフォローをすることは不可能でした。

そのためジョンは、今後コンチネンタル・ホテルのサービスを一切受けられなくなってしまうどころか、1億4,000万ドルの賞金を懸けられ世界中の殺し屋から命を狙われることになったのです。

友人からの餞別として、ウィンストンは暗殺命令を出すまで1時間の猶予をジョンに与えたのでした。

ジョンを見ている誰が殺し屋なのかもわからないまま、走りながら雑踏に消えていくジョンと愛犬のピットブル…。

『ジョン・ウィック:パラベラム』はこの直後の物語が描かれます。

Q:ジョン・ウィックに味方はいる?

A:いるにはいる!だが本当に味方かはわからない!

『ジョン・ウィック:チャプター2』でも、路上のバイオリニストの女性が突然ジョンを襲い来るわけですから、今作でも誰が殺し屋かなんて予想できません!

ただ「今回この人だけは味方だと信じたい!」というキャラクターをピックアップしてみました。

ソフィア(ハル・ベリー)

  • 元殺し屋で現コンチネンタル・ホテル モロッコの支配人
  • ジョンと過去に「血の誓印」を結んでいた
  • 予告編で犬を連れて共闘する姿が見られた!

キング(ローレンス・フィッシュバーン)

  • ニューヨーク地下犯罪情報組織の王だが、普段はホームレスのような格好で活動
  • 過去にジョンに見逃してもらったことがあるため、今回はジョン追跡の件についても静観している

シャロン(ランス・レディック)

  • コンチネンタル・ホテル ニューヨークの誠実なコンシェルジュ
  • ジョンに敬意を抱いている
  • 予告編ラストでジョンとともに銃を持っている姿が見られる!

ウィンストン(イアン・マクシェーン)

  • コンチネンタル・ホテル ニューヨークの支配人
  • ジョンに最後の情けをかけ、暗殺開始まで1時間の猶予を与えた
  • なんだかんだ言ってジョンが心配だったりしませんか!?

ディレクター(アンジェリカ・ヒューストン)

  • 今作から登場する新キャラでジョンの育ての親
  • ロシアンコミュニティ「ルスカ・ローマ」の首領
  • 公式HPチャートに「協力」の文字の記載を発見!

個人的に一番胸アツなのは、ジョンにずっと敬意を払っていたコンシェルジュのシャロンとジョンの共闘!

普段物静かで誠実な男が、いざというときはジョンに尽くす姿にグッと来ました!

意外と協力者がいそうなジョンですが、果たして…?

Q:『ジョン・ウィック:パラベラム』で注目すべきキャラクターは?

A:最強暗殺者ZERO率いる暗殺集団「SHINOBI」!

個人的に超注目しているのが、暗殺集団「SHINOBI」

なんと、リーダーであるZERO(マーク・ダカスコス)の普段の姿はお寿司屋さん。

登場シーンではきゃりーぱみゅぱみゅの『にんじゃりばんばん』がBGMで使用されていることでも話題になりましたが、それだけではないんです…。

暗殺集団のメンバーの中には『ザ・レイド』『スカイライン -奪還-』で強烈な戦闘シーンを見せたシラット使いのヤヤン・ルヒアンが!(シラット=東南アジアの伝統的な武術)

『ジョン・ウィック』シリーズでヤヤン・ルヒアンが観れるなんて超お得以外の何物でもないですよ…。

役どころが「狂犬シラット使い」…と書かれているのですが、実際観るまではなんだかわからないですね(笑)

他のキャラクターですと、動物なのですが犬と馬の活躍が非常に気になります…。

Q:ズバリ!『ジョン・ウィック:パラベラム』の見どころは?

A:キアヌ・リーブスが繰り出す最高のアクション&ハラハラのストーリー展開!


『ジョン・ウィック』シリーズの見どころといえば、やりすぎとも言えるアクションの数々です。

銃撃+体術(打撃・投げ・関節技等)のアクション「ガン・フー」の他、新作で観ることができるのはナイフを使った「ナイ・フー」、車を使った「カー・フー」、馬を使った「マー・フー」(!?)、犬との共闘「ドッグ・フー」(???)など、多彩なアクションを拝むことができるそうです。

なんだそりゃ!?と名前だけではツッコミどころ満載で、こちらも実際観るまではわからないですよね。

ですが、映画を観終わった後はきっと「めちゃめちゃかっこよかったやんけ…」という余韻に浸れること間違いなさそうです!また、派手なアクションだけでなく今作はストーリー展開も期待大!

全世界が敵。とにかく命を狙われまくるジョン・ウィックに味方は現れるのか?

Q:ジョン・ウィックに幸せは訪れると思う??

A:答えは劇場へ!

復讐を経て逃亡者となった伝説の殺し屋ジョン・ウィック。

果たして新作『ジョン・ウィック:パラベラム』では、どんなラストが描かれるのでしょうか?

個人的には幸せな結末を願っていますが、殺し屋は常に孤独な存在です。

残念ですが、ジョンは生きている限りきっとずっと幸せには暮らせないと思っています。

はたまた、ひっそりと身を隠して生きるのでしょうか?

また、ジョンをとりまくキング、ウィンストン、ソフィアなどの動向も気になります。

ジョンが再びあの家があった場所で愛犬とともに平和に暮らしているか、はたまた静粛の末に地獄へ落ちる最悪の結末なのか!?

その答えは、ぜひ劇場へ足を運んで確かめてみてください!

『ジョン・ウィック:パラベラム』公開記念Q&Aまとめ


今回は、急遽ですが『ジョン・ウィック:パラベラム』公開記念ということで記事を書かせていただきました。

まだ公開されたばかりの作品なので、ぜひ前2作を視聴してから劇場に足を運んでいただきたいと思っています!

「それでも時間がない!」というあなたへ向けて、今回は『ジョン・ウィック』シリーズのポイント解説と新作の見どころをご紹介しました。

今作の魅力はキアヌ・リーブス演じる、とにかく強いジョン・ウィック。全編を通してワンちゃんも登場するので犬好きの方にもおすすめですよ!

劇場へ向かう前に、こちらの記事で要点を押さえてもらえれば幸いです。

『ジョン・ウィック:パラベラム』を、ぜひ楽しんでくださいね☆

最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』のネタバレ感想をご覧になりたい方はこちら!

\\『ジョン・ウィック』シリーズが見放題!!//

15万本が見放題のU-NEXT
31日間無料お試しはこちら