『時効警察はじめました』第6話あらすじ・ネタバレ感想!彩雲(吉岡里帆)と三日月(麻生久美子)が体張る

ドラマ『時効警察はじめました』第6話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『時効警察はじめました』公式ページ

『時効警察はじめました』第6話で霧山(オダギリジョー)が調べる時効事件は、25年前に起きた人気プロレスラー・丸山真剣(佐々木大輔)の殺人事件です。

容疑者として、元チャンピオン・土倉髑髏(男色ディーノ)、CEOの枕木葵(寺島しのぶ)、レフェリー・シューレス猿又(柳葉敏郎)、レスラー・高原本気(HARASHIMA)らが疑われましたが、事件は解決されることなく時効を迎えていました。

犯人はいったい誰なのか?

彩雲(吉岡里帆)は『誰にも言いませんよ』カードを作り、犯人の元に向かいます!

『時効警察はじめました』第6話あらすじ

エンターテインメント重視のプロレスを取り入れるというCEO・枕木葵(寺島しのぶ)の英断で、倒産寸前の状態から人気プロレス団体へと成長した「気合プロレス」。

実はこの成功劇の途中には、世が騒然となる事件が起こっていた。

ドラマ『時効警察はじめました』第6話あらすじ

それは25年前――看板選手の丸山真剣(佐々木大輔)がチャンピオン・土倉髑髏(男色ディーノ)に挑み、ベルト奪取に成功した「気合プロレス」タイトルマッチでの出来事。

会場が沸きに沸く中、葵がトロフィーを渡そうとすると、丸山が立ったまま息絶えていることが判明したのだ!

死因は頭部強打による脳内出血。

ドラマ『時効警察はじめました』第6話あらすじ

遺体の頭部を調べたところ、試合前に負ったと思われる「3」の形に似た奇妙な傷跡があったため、本件は殺人事件として捜査されることに…。

土倉、葵、現在はシューレス猿又(柳葉敏郎)と名乗っているレフェリーのレッドシューズ猿又、高原本気(HARASHIMA)ら所属レスラーが疑われたが、真相は解明されず、時効を迎えてしまっていた。

この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョー)と助手の三日月しずか(麻生久美子)は、最近プロレスにハマッている新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)に案内され「気合プロレス」を訪問。

ドラマ『時効警察はじめました』第6話あらすじ

葵と事件について話した霧山は、丸山のことを話すときに出る“ある口癖”が引っかかり…。

その矢先、今では「気合プロレス」のエースである高原が丸山の弟子だったこと、さらに丸山が高原以外のレスラーを一方的に敵視していたという内部情報が浮上。

霧山と三日月も彩雲に続いて「気合プロレス」の一般練習生となり、外からはなかなか見えない人間関係を探り始める。

ドラマ『時効警察はじめました』第6話あらすじ

すると、丸山が葵ともたびたび衝突していたことが判明。

だが、葵はその件についてはだんまりを決め込むばかりで…!?

そんな中、新たな疑惑を招くような言葉が、高原から飛び出す――。
出典:『時効警察はじめました』公式ページ

【ネタバレ】『時効警察はじめました』第6話の感想

丸山(佐々木大輔)の側頭部の傷は何の跡?

彩雲(吉岡里帆)が華麗な飛び蹴りで、窮地の三日月(麻生久美子)を助けました。

彩雲がプロレス技を繰り出しプロレス愛を熱く語っていると、熊本(岩松了)が時効になった人気プロレスラー殺人事件の書類を取り出します。

25年前、丸山真剣(佐々木大輔)が『気合プロレス』のヘビー級王座を決めるタイトルマッチで、チャンピオンだった土倉髑髏(男色ディーノ)に試合を挑みます。

その時のレフェリーはレッドシューズ猿又(柳葉敏郎)です。

試合は丸山が勝ち、CEO・枕木葵(寺島しのぶ)がトロフィーを渡します。

しかし、丸山はトロフィーを受けとることなく、仁王立ちのまま亡くなっていました。

死因は試合前に負った右側頭部の傷による脳内出血です。

側頭部の傷はとても奇妙な形をしていました。

霧山は、諸沢(光石研)の悔し涙が入ったパンを食べながら鑑識課の2人に話を聞きました。

康知(磯村勇斗)は側頭部の傷をカモメみたいに見えると言い、諸沢は尻に見えると言います。

何か変わった形のもので殴られた跡ではないかと思われるのですが…。

丸山(佐々木大輔)を殺したのは誰?

丸山は『気合プロレス』に所属し、試合に勝つことだけを追い求めるプロレスラーでした。

ストイックな丸山は、高原本気(HARASHIMA)を除く他のレスラーとはうまくいっていませんでした。

丸山は元チャンピオン・髑髏とは仲が悪かったようです。

丸山は、試合を盛り上げるためにショーアップした髑髏の演技を完全に無視していました。

名前も見た目も怖そうな髑髏ですが、今は保育園でピアノを弾いて園児たちと楽しそうに遊んでいます。

レッドシューズ猿又は丸山が亡くなってから赤い靴を脱ぎ、シューレス猿又と改名しています。

丸山の弟子だった高原は、丸山が亡くなってから『気合プロレス』の象徴になりました。

高原が丸山を手にかけたのでは?とも考えられますが、高原にはれっきとしたアリバイがありました。

今回の事件には容疑者がたくさんいます。

本気(マジ)というリングネームは、丸山へのあこがれの気持ちから名付けたものでした。

しかし、丸山は高原にとって初めて勝負に負けた相手でもあります。

一番怪しいのはやはり高原のように見えますが…。

“って言うの”はどんな時に使う言葉?

霧山はCEOの葵に話を聞きました。

「丸山はうちでずば抜けて強かったって言うの」

「簡単に傷を負うとは思えないって言うの」

葵はお茶を飲みながら丸山について話しました。

霧山たちは葵のコップのデザインが気になりました。

ムキムキの筋肉を型取ったコップに、“お嬢 猿又”の赤い文字がハートで囲まれています。

さらに霧山が気になったのは、葵が最後に付ける“って言うの”という言葉でした。

“って言うの”は、霧山いわく本音を隠して同意を求めるときに使う言葉だそうです。

「熊本さんてダンディで渋いって言うの」

「又来(ふせえり)さんて、よく見るとセクシーって言うの」

「サネイエ(江口のりこ)って実は可愛いって言うの」

三日月の“って言うの”を付けた言葉に思わず笑ってしまいました。

葵は丸山を『気合プロレス』にとって欠かせない存在と言っていましたが、本音はどうだったのでしょうか?

実は、葵が使う“って言うの”には、アメリカ人がよく使う“you know”の意味があったのです。

葵(寺島しのぶ)も丸山(佐々木大輔)もプロレスを愛していた

葵は25年前、父の後を継いで『気合プロレス』のCEOになりました。

傾きかけた『気合プロレス』を、ショーアップしたプロレスで盛り上げようと考えます。

葵は若いころ、アメリカのメジャープロレス団体に所属していました。

その時に学んだエンターテイメント重視のドラマを『気合プロレス』に取り入れようとします。

しかし、丸山はそれを嫌い学芸会と言ってバカにします。

葵はお客さんを喜ばせるプロレスを、丸山は真剣勝負のプロレスを追求していました。

2人が争っているところに猿又がやって来てもみ合いになり、葵がトロフィーで丸山を殴ってしまいます。

丸山は血を流して倒れますが、死んではいませんでした。

病院に行けば助かったかもしれないのに試合に出ることにしました。

丸山にとってチャンピオンになることが何よりも大事だったのです。

葵は、丸山の頭を傷つけたトロフィーの一部(KWEのEの部分)を杖にはめ込み、常に持っています。

猿又はずっと履いていた赤い靴を丸山の祭壇に供え、シューレスと改名しました。

葵も猿又も、丸山の死に対する責任をずっと背負い続けていたのです。

カードを渡すのは彩雲(吉岡里帆)?

彩雲は、十文字(豊原功補)からの追及を逃れ霧山たちの元に向かいます。

今回の彩雲は気合いが違いました。

雨に濡れ、顔は泥で真っ黒になっています。

そこまでしなくても…と思いましたが、道で拾った段ボールの切れ端で、『誰にも言いませんよ』カードを作ります。

霧山がカードを渡す前に彩雲が辿り着き、マイクパフォーマンスを繰り広げました。

自称悪に染まった彩雲でしたが、三日月に卍固めを決められてしまいます。  

『時効警察はじめました』第6話まとめ

今回は彩雲と三日月の体を張った演技が見もの(?)でした。

プロレス技を掛け合ったり、顔に泥を塗って悪の権化と化したり…。

見てはいけないものを見てしまったようなドキドキ感がありました。

二人が向かい合って争うシーンは、迫力があるというより可愛かったです!

『時効警察はじめました』他話のネタバレ記事一覧