『時効警察はじめました』第1話あらすじ・ネタバレと無料動画情報!オダギリジョー扮する霧山が帰ってきた

ドラマ『時効警察はじめました』第1話あらすじ・ネタバレと無料動画情報!

出典:『時効警察はじめました』公式ページ

アメリカ連邦捜査局に派遣されていた霧山修一朗(オダギリジョー)が、時効管理課に戻って来ました。

上司の熊本(岩松了)、バツ3の又来(ふせえり)、結婚し現在妊娠中のサネヨシ(江口のりこ)は、相変わらず時効管理課に在籍しています。

霧山が好きな三日月しずか(麻生久美子)は、結婚と離婚を経験していました。

12年間の穴を埋めるように、霧山は再び時効事件を調べることにしました。

しかし、事件が解けても口外することはありません。なぜならこれは霧山の趣味だからです。

『時効警察はじめました』第1話あらすじ

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、総武警察署の食堂で働く女性から、冷蔵庫に入れっぱなしになっていた遺留品の箱を預かる。

ドラマ『時効警察はじめました』第1話あらすじ①

それは箱に書かれた「要玲蔵」という文字を誰かが「要冷蔵」と読み間違え、時効を迎えてから10年にもわたって冷蔵庫に保管していたものだった――。

要玲蔵(村松利史)とは、乱れた女性関係から「総武のウタマロ」と呼ばれた男。

ドラマ『時効警察はじめました』第1話あらすじ②

何を隠そう、彼の元愛人で新興宗教「阿修羅の水」の教祖・神沼絹枝(伊勢志摩)が25年前、水産加工会社の冷凍倉庫で凍死しているのが見つかったのだ。

監視カメラは絹枝が倉庫に入る姿をとらえていたが、その直後、無人にもかかわらず倉庫が外から施錠されるという奇怪な現象が発生。

最重要被疑者であるウタマロも、絹枝とほぼ同時刻に自宅で一酸化炭素中毒死していたため、事件は迷宮入りしてしまっていた。

ドラマ『時効警察はじめました』第1話あらすじ③

刑事課の新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)もバリバリに興味を示す本事件を調べることにした霧山は、助手の三日月しずか(麻生久美子)を従えて捜査を開始。

絹枝の娘で、ウタマロの妻でもあった「阿修羅の水」の2代目教祖・神沼美沙子(小雪)のもとを訪れる。

だが、美沙子はやけに霧山へ関心を寄せるも、事件の話に関しては雲を掴むような反応で…!?

ドラマ『時効警察はじめました』第1話あらすじ④

やがて霧山は、「阿修羅の水」の信者・花崎新一(六角精児)がずっと好きだった美沙子のために2つの事件の共犯者になった…との仮説を立てる。

と同時に遺留品のひとつ、“謎の番号が記された手書きメモ”がどうも引っかかり…。
出典:『時効警察はじめました』公式ページ

『時効警察はじめました』第1話を見逃した!無料動画は見れる?

『時効警察はじめました』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年10月14日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

『時効警察はじめました』第1話のネタバレ!

冷蔵庫に入っていた時効事件

10年前に時効になった事件の遺留品が、食堂の冷蔵庫から見つかりました。

その荷物には、“要玲蔵”と書かれています。

誰かが“要冷蔵”と間違えて、ずっと食堂の冷蔵庫に入れていたようです。

要玲蔵(村松利史)は、“総武のウタマロ”と言われた人でした。

25年前、玲蔵は一酸化炭素中毒で亡くなっています。

玲蔵の元愛人・神沼絹枝(伊勢志摩)も冷凍倉庫の中で凍死していました。

防犯カメラには、絹枝が冷凍倉庫に入っていく姿は写っていますが、倉庫の鍵を閉めた人の姿は写っていませんでした。

事件が起こった頃、絹枝と玲蔵の関係は最悪でした。

そのため、絹枝を殺したのは玲蔵では?とも考えられましたが、同時刻に玲蔵も死んでいたのです。

玲蔵の妻は、当時高校生だった絹枝の娘・美沙子(小雪)です。

絹枝は新興宗教の教祖でしたが、絹枝の死後、美沙子が後を引き継いでいます。

賑やかな仲間たち

霧山(オダギリジョー)たちが、おもちゃの楽器を鳴らして楽しそうに騒いでいると、諸沢(光石研)が逆立ちをしながら怒っています。

鑑識課は目が回るくらい忙しいからです。

そこには、又来の息子・康知(磯村勇斗)も所属していました。

食事をしている霧山と三日月(麻生久美子)の目の前を、トレンチコートを着た刑事たちが走っています。

走り終えた彩雲(吉岡里帆)が2人に近づいてきました。

「霧山さん趣味ですか?協力します」と彩雲が言うと、三日月は少しすねたような顔をしました。

蜂須賀(緋田康人)の口笛に合わせて、十文字(豊原功補)が登場します。

十文字は彩雲の話がつまらないと言いますが、十文字の笑いのツボがどこにあるのか?が分かりません。

お似合いのカップル?

霧山と三日月は、電車に乗って美沙子の屋敷に向かいます。

三日月「こういう感じ、懐かしいね」

霧山「ちょっといいよね」

三日月は嬉しそうに「考えてみると不思議よね、またこうなるのって」と言いました。

霧山は、自分の趣味に付き合ってくれる三日月をどう思っているのでしょうか?

2人はお似合いだと思うのですが…。

霧山(オダギリジョー)の不思議な話

電車で教祖・美沙子の屋敷に向かう途中、霧山は不思議な話を始めました。

コンビニに行こうと外に出たらクマとゴリラが言い合いしていて、なかなか終わりそうにないのでそこを横切ってコンビニに行って帰ってくると、クマとゴリラはもういなくなっていた。

あれ、もういないのかと思っている僕がいるんだけど…という話ですが、なんの話?

諸沢が、町にライオンがいたと言って見せた写真はポールにかけられた黄色いゴミネットでした。

それがライオンに見えるということでしたが…。

その話を聞いた霧山は何かにひらめいたようです。

霧山は、一休さんが好きではないと言います。

その理由は、あまり納得できるトンチを言っていないからとのこと。

ところどころに散りばめられた不思議な話は、事件を解くカギなのか?全く関係ないのか?正直よく分かりませんでした。

教祖・美沙子(小雪)の不思議な力

霧山と三日月は、新興宗教“阿修羅の水”の前にやって来ました。

10年前に時効になった事件の遺留品を、遺族である美沙子に渡すためです。

霧山が門の前にいた男に話しかけますが、その男は荷物だけを受けとり2人を追い返そうとします。

門の前にいた男は花崎(六角精児)でした。

その時、白い衣装を着て髪を濡らした女性が「花崎」と声を掛けました。

霧山はその女性に近づき、25年前に亡くなった2人の遺留品を持ってきたと言います。

美沙子は、霧山たちを屋敷の中に入れました。

霧山と三日月が部屋で待っていると、美沙子が入って来ました。

霧山は、絹枝と玲蔵の事件の真相を調べようとしています。

そのことを美沙子に話すと「やはりそうですか」と言い、遺留品に手をかざします。

「そうね、事件だったのかも」

美沙子は遺留品から何かを感じとったようです。

霧山を見て「何かパワーを持っている」と言った美沙子。

美沙子の能力は本物なのでしょうか?

帰り際、霧山は2人が亡くなって得をした人がいないか聞きますが、美沙子には思い当たる人がいないようでした。

霧山は、美沙子が何かを隠していると言います。

霧山の質問に答えた時、美沙子は首を蚊に刺されていました。

霧山いわく、隠し事をしていると体温が上がり体臭が拡散して蚊が寄ってくるそうです。

山菜ラーメン

三日月はお腹が空いています。

霧山の趣味に付き合ったお礼として、素敵な食事を奢って欲しいと思っている三日月ですが…。

霧山は「三日月くんの気持ちが豊かになるようなものを御馳走するよ」と言い、ラーメン屋の前にやって来ます。

いつも通りの展開にがっかりした三日月ですが、その店は行列のできるラーメン屋でした。

席に座ってから1時間も待って出てきた山菜ラーメンは、うどんの様に太い麺の上に山菜が乗っているラーメンでした。

待たされたのは作るのが遅いせいのようですが…その味はどうだったのでしょうか?

新たな協力者

霧山の趣味に協力しているのは三日月だけではありません。

刑事課の彩雲は、新興宗教の信者・花崎を調べていました。

花崎は美沙子の高校の同級生で、理系男子でした。

彩雲いわく、花崎はチェックのシャツを着ているタイプとのこと。

霧山と彩雲は、当時事件を担当していた刑事課の先輩を訪ねました。

総武のウタマロ事件は、絹枝の凍死と玲蔵の中毒死という2つの密室殺人が同時に起こった事件でした。

絹枝と玲蔵にはお互い殺す動機がありました。

絹枝は、新興宗教を維持するためのお金が必要でした。

そのため、玲蔵を自分の娘・美沙子と結婚させていたのです。

玲蔵は、絹枝に弱みを握られていました。玲蔵が経営する要水産は食品偽装をしていたのです。

しかし、2つの事件は解決せず時効を迎えてしまいます。

事件の共犯者

1994年まで、一酸化炭素のボンベは日常的に使われていました。

玲蔵は練炭から出た一酸化炭素による中毒死とされましたが、ボンベから出た一酸化炭素で亡くなった可能性もあるわけです。

霧山は、解体中の要水産の倉庫の中にいました。

倉庫の中には空の金庫があり、上を見ると溶けかかった氷がありました。

霧山は、その氷をタオルで持って自分の鞄に入れました。

倉庫の中で美沙子と会った霧山は、遺留品の紙に書かれた数字9171について聞きました。

美沙子は紙に手をかざし「金庫の番号よ」と言います。

霧山は美沙子にわざと質問したようです。

2人がやり取りしている様子を、信者の花崎が穴から覗いて見ています。

美沙子が部屋から出ていくと、霧山が壁に開いた穴に向かって声を掛けました。

「花崎さん、少しお話できますか?」

花崎は、美沙子のために事件の共犯者になりました。

美沙子から監視カメラに映らない方法を聞かれ、花崎はその方法を教えたのです。

事件を解いた霧山と三日月は、再び教祖・美沙子の屋敷にやって来ました。

霧山は、美沙子は2つの事件の共犯者だと言います。

「実行したのは母親とご主人、殺人を決行するようお膳立てしたのは美沙子」

でも証拠はありません。霧山は自分の推理を話し始めました。

ご主人の玲蔵は、美沙子がお土産として買ってきたイカを焼くため、七輪に火を付けます。

その頃、美沙子と絹枝が一酸化炭素のボンベを開き、壁に開いた穴から玲蔵のいる部屋にガスを流していました。

その後すぐ、美沙子の手引きで部屋から出た玲蔵は、要水産の冷凍倉庫の鍵を閉めます。

しかしその中には、金庫にあった財産を盗もうとしている絹枝がいたのです。

玲蔵は美沙子に促され部屋に戻りますが、一酸化炭素中毒で亡くなってしまいます。

監視カメラには鍵を閉めた玲蔵の姿は写っていませんでした。昔の監視カメラには盲点があったのです。

当時の監視カメラはビデオテープで録画していて、テープが巻き戻っている間は録画ができないのです。

テープが巻き戻る空白の時間は12時34分からの3分間。

34分に絹枝が冷凍倉庫に入ったのなら、監視カメラに映らないはずです。

しかし、監視カメラには絹枝の姿が写っていました。絹枝の時計が進められていたからです。

美沙子は、母・絹枝を憎んでいました。

美沙子に霊感があると思い込んだ絹枝は、小学校4年生の時から美沙子にサディスティックな修行をしてきました。

「行きましょ、警察に」と美沙子は言います。

しかし霧山は、『この件は誰にも言いません』と書かれたカードに認印を押して渡しました。

今回のカードは3Dカードです。美沙子は少し笑って「私と結婚しない」と霧山に言いました。

『時効警察はじめました』第1話まとめ

霧山は捜査資料を読み解き、事件の真相を推理します。

証拠がないので、事件を解決するには犯人の自白が頼りです。

今回は、実行犯ではなく共犯者であることを証明しました。

美沙子に言い寄られた霧山は「いいですね」と言った後、蚊に刺されていました。

これは霧山いわく、隠し事をしている証拠なのだそうです。霧山は意外にモテるようです。

『時効警察はじめました』をフルで見れる動画配信サービス一覧

u-next
auビデオパスの特徴
  1. ビデオパス会員なら映画館がお得にある「auマンデイ」対象
  2. TOHOシネマズで毎週月曜日1,100円ユナイテッドシネマでいつでも1,400円と安く利用可能
  3. 月額562円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『時効警察はじめました』他話のネタバレ記事一覧