『容疑者、ホアキン・フェニックス』あらすじ・ネタバレ感想!ホアキン・フェニックスによる壮大なドッキリ映画!

『容疑者、ホアキン・フェニックス』あらすじ・ネタバレ感想!ホアキン・フェニックスによる壮大なドッキリ映画!

出典:U-NEXT

ジョーカー』の主演を務め、第92回アカデミー賞で主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックス

今や名優の仲間入りを果たしたホアキン・フェニックスでしたが、俳優引退宣言をした過去があることをご存知ですか?

ポイント
  • 2008年ホアキン・フェニックスが俳優引退宣言をしてからの2年間を描いた作品
  • 2010年公開当時にモキュメンタリーだったことが発覚し、俳優復帰
  • 復帰が喜ばれる反面、騙されたファンやハリウッドセレブたちからは反感を買うことになった

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事では、ホアキン・フェニックスが一躍世間を騒がせることになった『容疑者、ホアキン・フェニックス』について、作品の経緯や解説を含めたネタバレを含む内容でご紹介しています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『容疑者、ホアキン・フェニックス』作品情報

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

出典:IMDB

作品名 容疑者、ホアキン・フェニックス
公開日 2012年4月26日
上映時間 106分
監督 ケイシー・アフレック
脚本 ケイシー・アフレック
ホアキン・フェニックス
出演者 ホアキン・フェニックス
アントニー・ラングドン
キャリー・パーロフ
ラリー・マクヘイル
ケイシー・アフレック
音楽 マーティ・フォッグ

【ネタバレ】『容疑者、ホアキン・フェニックス』あらすじ・解説


『容疑者、ホアキン・フェニックス』はフェイク・ドキュメンタリーである

2008年に突然の俳優引退宣言をし、ラッパーへ転身すると発表した俳優のホアキン・フェニックス

容疑者、ホアキン・フェニックス』はホアキン・フェニックスの引退宣言から、ラッパーとしての初ライブを開催するまでの2年間を追ったモキュメンタリー作品です。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

(C)2010 Flemmy Productions, LLC

マルコヤマモトマルコヤマモト

ホアキン・フェニックスが俳優引退!?でも驚くことなかれ。だって、2020年現在でも彼は俳優活動を続けていますからね!

結論から言うと、この映画はホアキン自身が仕掛けたモキュメンタリー作品なのです。

モキュメンタリーとは、フェイク・キュメンタリーのことで、ロブ・ライナー監督の『スパイナル・タップ』や、魔女を扱った『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』など有名なジャンルです。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』はホアキンの義弟であり、ベン・アフレックの実弟であるケイシー・アフレックが製作を務めたため、最初は「身内が製作しているフェイク作品である」と噂されていました。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

出典:IMDB

しかし、『容疑者、ホアキン・フェニックス』の製作に十分な時間や製作費(総額不明)がかけられたことと、ホアキン自身の反応や対応、外見の変化などから皆が「本当のこと」として信じてしまったため、今作がフェイクであると発表した時は、アメリカ中が大激怒し、ホアキンは全てを敵に回すことに。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ホアキン・フェニックスが実際に犯罪を犯したわけではないですが、「犯罪級のお騒がせぶり」ということで、こういった邦題になったのでしょう。

2012年の日本公開当時、なかなか注目されなかった作品でしたが、2019年の『ジョーカー』主演&アカデミー主演男優賞受賞をきっかけに公開当時以上の注目を集めることになりました。

『ジョーカー』

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

今になって答えを知っているから安心して見れますが、当時のファンや友人たちの心労や怒りは半端なかったことでしょう。

一生の友だちを失いかねない、超恐ろしいフェイクドキュメンタリー!

マルコヤマモトマルコヤマモト

でも、今思えばこの全てを欺く狂ったモキュメンタリーは『ジョーカー』への伏線だったのかも!?

ホアキン・フェニックスに騙された?有名人とファンの反応

マルコヤマモトマルコヤマモト

容疑者、ホアキン・フェニックス』で、ホアキン・フェニックスに騙されるハリウッド・セレブたちも超豪華!

名前が登場するだけでも、ジャック・ニコルソンブルース・ウィリスなど知っている俳優ばかりで、ホアキン・フェニックスの交友関係の広さを伺わせます。

ホアキンを本気で心配して家にやってきた、『ナイト・ミュージアム』シリーズでおなじみの俳優、ベン・スティラーとのやり取りは見どころの1つです!

2008年の俳優引退宣言~ラッパー転向、薬物中毒まで噂されたホアキンのことを、ファンや友人たちは本当に心配していました。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

出典:IMDB

しかし、今作が全てフェイクだったということが発表したホアキンは、その後マスコミや同業者、ファンの怒りを買った結果、干されることに。

マルコヤマモトマルコヤマモト

今作の興業も鳴かず飛ばずとなってしまいました…。ハリウッドはやはり厳しい!

しかし『容疑者、ホアキン・フェニックス』から2年後、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ザ・マスター』で不死鳥のように復帰!


体重を絞って役に挑み、演技が高く評価され、無事名優への道に舞い戻ったというわけです。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』感想

答えを知っているから安心できるが…

ジョーカー』でホアキン・フェニックスがアカデミー主演男優賞を受賞したことで再度注目された今作。

すでに答えを知っているからこそ、安心して見れる私たちですが、これが我が身に降りかかると思ったら突然許せなくなりませんか?

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

(C)2010 Flemmy Productions, LLC

マルコヤマモトマルコヤマモト

推しの芸能人が突然俳優を辞めてラッパーになるとか、キテレツなこと言い出すんですよ…たまったもんじゃないです。

しかも私生活では激太り、麻薬やりまくり、女抱きまくりなど、どこからどこまでが本当かわからない映像を延々と見せられるわけです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

皆さん、自分の好きな芸能人に同じことをされたらどう思いますか…?推しだから許せますか、そうですか…。
『容疑者、ホアキン・フェニックス』

出典:IMDB

今作を見た当時のファンたちも安心した反面、怒ったけどやっぱりホアキン・フェニックスすげぇや…という気持ちになったのではないでしょうか。

そして「クソっ!騙された!」という悔しさ。

マルコヤマモトマルコヤマモト

でも、ホアキン・フェニックスが本当に俳優を辞めていなくてよかった…と安心しました。

それは、今作以降のホアキンの活躍を見てもわかることですね。

ただ、答えを知っている私たちがこの作品に対して取るリアクションは、リアルなものではないので、正直な評価は難しいところですね!

SNSでのみんなの感想・評判

マルコヤマモトマルコヤマモト

2年間に渡る壮大なドッキリ、リアルとフェイクの境界線があまりにもなさすぎて惑わされた人続出!

確かに『ジョーカー』を見た後だと、『容疑者、ホアキン・フェニックス』の評価はだいぶ変わると思います。

ホアキン・フェニックスがテレビのインタビュー・ショーに出演したシーンや、その時に見せた挙動不審な行動は、『ジョーカー』の「マレー・フランクリン・ショー」出演シーンを彷彿させるものがありました。

『ジョーカー』

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

やっぱりホアキン・フェニックスは役者なんだな…と、見た人を唸らせるような作品です。

マルコヤマモトマルコヤマモト

バラエティ番組「ガキの使いやあらへんで」の「山ちゃん辞めへんで~」企画を思い出しました。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』まとめ:辞めなくて本当に良かったね

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

マルコヤマモトマルコヤマモト

2012年に公開された『容疑者、ホアキン・フェニックス』について、ご紹介しました!
要点まとめ

マルコヤマモトマルコヤマモト

この作品を観て、怒った人、ホアキン・フェニックスの演技力に納得した人、ホアキン・フェニックスのダメっぷりに途中で見ることをやめた人…とリアクションは様々でした。

実際に2年間すべての仕事を断り、ドッキリ遂行に専念したホアキン・フェニックスの奇人ぷりは評価に値するものでしょう。

ただ、周りの人を巻き込んだことやがっかりさせたことに対しては、それなりのしっぺ返しがあることは覚えておいたほうが良いですね。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

(C)2010 Flemmy Productions, LLC

今だから言えることなのかもしれませんが、ホアキン・フェニックスが本当に俳優を辞めないでよかったな…と思いました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ホアキンやめへんで~!そして、これからも辞めないで!

▼動画の無料視聴はこちら▼