生田斗真出演映画おすすめ7選!コミカルからシリアスまでこなすイケメン実力派俳優!

生田斗真出演映画おすすめ7選!コミカルからシリアスまでこなすイケメン実力派俳優!

出典:IMDB

歌って踊るアイドルのイメージがあるジャニーズ事務所の中で、俳優一筋のポジションを確立している生田斗真

ジャニーズJr.時代はKinki Kidsのバックで踊ったり、山下智久風間俊介、長谷川純とユニットを組んだりと事務所内での王道ともいえる活動をしていましたが、NHK連続テレビ小説『あぐり』での子役デビューや、NHK「天才てれびくん」へのレギュラー出演を経て、俳優業に重きを置く“異色のジャニーズ”へと道を進めていきました。

ドラマや舞台への出演を重ね、2007年のテレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』で注目され、知名度と人気を獲得。

2011年の初主演映画『人間失格』と、同年の『ハナミズキ』での演技が高く評価され、ジャニーズ初のキネマ旬報ベストテン新人男優賞とブルーリボン賞新人賞を受賞しました。

その後も様々なフィールドで活躍を続けています。

今回はそんな生田斗真の出演したおすすめ映画を7作品ご紹介します。

生田斗真出演映画おすすめ7選

『人間失格』


津軽の資産家の息子・葉蔵(生田斗真)は、幼い頃から周囲となじむために偽りの自分を演じていました。

上京して高等学校に入学した葉蔵は、同じ画塾に通う遊び人の青年・堀木(伊勢谷友介)と出会います。

堀木とともに酒に溺れ、放蕩生活を始めた葉蔵は女にも不自由しませんでしたが、そんな生活に徐々に虚しさを募らせていき…。

太宰治生誕100周年を記念して製作された映画『人間失格』。

『人間失格』

(C)2010「人間失格」製作委員会

原作のストーリー自体は暗く、人間関係がドロドロとしているのですが、本作は全体的に美しく芸術的に映し出されています。

uraraurara

生田斗真演じる葉蔵も儚げで耽美な雰囲気を醸し出していました。

原作をまったく知らない状態で観ると少し理解しにくいかもしれないので、概要を知ったうえでの鑑賞をおすすめします。

『シーサイドモーテル』


海もないのに“シーサイド”と名づけられた山奥の廃れたモーテルに、悪徳セールスマン、コールガール、借金まみれのギャンブラー、借金取り、EDに悩む社長、キャバ嬢など、個性豊かな人物たちがやって来ます。

ワケあり男女11人はそれぞれ場末のモーテルで騙し合いを繰り広げ…。

4つの部屋で展開されるコミカルな群像劇『シーサイドモーテル』。

uraraurara

別々の部屋で起こる出来事や時間軸が交錯していく様子は、まるで舞台演劇のように賑やかです。
『シーサイドモーテル』

(C)2010「シーサイドモーテル」製作委員会

麻生久美子山田孝之玉山鉄二古田新太など豪華なキャストが顔を揃え、それぞれの人間模様や駆け引きを盛り上げていました。

生田斗真演じるセールスマンの亀田は程よく人間味が滲み出ていて、麻生久美子演じる相手役のコールガールとのやり取りが見どころとなっています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ハナミズキ』


北海道で母・良子(薬師丸ひろ子)と暮らしている紗枝(新垣結衣)は、東京の大学に進学することを夢見る高校生。

若くして亡くなった父(井浦新)が紗枝のために植えたという庭のハナミズキに見守られながら受験勉強に励む紗枝は、ある日、漁師の跡取りで水産高校に通う康平(生田斗真)に出会い、恋に落ちます。

やがて、紗枝が大学に合格し、遠距離恋愛が始まりますが…。

人気アーティスト・一青窈の大ヒット曲をモチーフにした映画『ハナミズキ』。

『ハナミズキ』

(C)2010映画「ハナミズキ」製作委員会

およそ10年の時をかける純愛ラブストーリーで、高校生の時に出会った男女の不思議な縁を描きます。

北海道、東京、ニューヨーク、カナダでロケを行い、様々な場所の風景が物語を彩りました。

uraraurara

生田斗真は漁師の跡取り息子を演じるにあたって、舞台となった北海道の漁師から実際に仕事を教わり、漁師にスカウトされるほど練習に励んだそうです。

『脳男』


都内近郊で無差別連続爆破事件が発生し、犯行には舌を切り取られた女性の全身に爆弾を巻きつけた“人間爆弾”が使われていました。

正義感の強い刑事・茶屋(江口洋介)は犯人である緑川(二階堂ふみ)のアジトを突き止めますが、そこにいたのは身元不明の男・鈴木一郎(生田斗真)でした。

共犯とみなされた一郎は犯行手口の異常さから精神鑑定を受けることになり、脳神経外科医の鷲谷(松雪泰子)は、一切の感情を表に出さない一郎に興味を抱きますが…。

第46回江戸川乱歩賞を受賞し、乱歩賞史上最大の問題作とされた同名小説を原作としたバイオレンス・ミステリー『脳男』。

人間らしい感情を持たない殺人鬼・“脳男”の姿を中心に、その周辺で起こる驚愕の事件を描きます。

『脳男』

(C)2013 映画「脳男」製作委員会

uraraurara

脳男という難しい役に挑戦した生田斗真は、役作りのために引きこもり生活を送り、精神的に落ち込んだ状態で撮影に臨んだそうです。

『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』


正義感が強いが童貞で、警察学校では史上最低の成績を残している巡査・菊川玲二(生田斗真)は、ある日突然、通称・“モグラ”と呼ばれる潜入捜査官になるよう命じられます。

麻薬の密売ルートを暴き、暴力団組織・数寄矢会の轟周宝会長(岩城滉一)を挙げるために組織へ潜入した玲二は、数寄矢会に渦巻く権力闘争や、日本最大の暴力団・蜂乃巣会との抗争に巻き込まれていき…。

『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』

出典:IMDB

高橋のぼるによる人気コミックを原作とした映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』。

uraraurara

三池崇史と宮藤官九郎がタッグを組み、内面も外見も個性を放つキャラクターたちに扮した豪華なキャストたちとともに、強烈な印象を与える作品となりました。

生田斗真演じる主人公の玲二はおバカで熱くてカロリーが高い役どころですが、コミックからそのまま出てきたような身体を張った演技を披露しています。

潜入モノとは思えないほどコメディタッチです。

『彼らが本気で編むときは、』


11歳の女の子・トモ(柿原りんか)は、母親のヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。

ところがある日、ヒロミが育児放棄して家を出てしまい、ひとりぼっちになったトモが叔父・マキオ(桐谷健太)の家を訪ねると、マキオは美しい恋人・リンコ(生田斗真)と暮らしていました。

老人ホームで介護士として働いている元男性のリンコはトモに対して温かく接し、トモは母親よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに戸惑いますが…。

『彼らが本気で編むときは、』

出典:IMDB

“LGBT”と“家族の在り方”をテーマにした社会派ドラマ『彼らが本気で編むときは、』。

マイノリティ視点で現代社会を映し出した意欲的な作品ですが、温かな優しい雰囲気で描かれ、終始入り込みやすい空気感で描かれていました。

uraraurara

解決への道が険しい問題や蔓延る偏見に気分が落ち込んでしまいそうになりますが、愛情を持って生きるリンコたちの姿に癒やされ、そして同じ社会で生きる者として考えさせられます。

生田斗真はトランスジェンダーの元男性という難しい役柄を演じ、その美しい立ち姿や所作が評判を呼びました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『先生!、、、好きになってもいいですか?』


弓道部に所属する女子高生・島田響(広瀬すず)は、クールで生真面目だが実は生徒への愛に溢れる世界史教師・伊藤貢作(生田斗真)に恋をします。

生まれて初めて誰かを好きになった響は、伊藤に対し自分の気持ちを率直にぶつけます。

伊藤はそんな響に惹かれながらも、教師という立場から一歩を踏み出せずにいましたが……。

『先生!、、、好きになってもいいですか』

出典:IMDB

『高校デビュー』『俺物語!!』など多くの作品が映画化されていることでも知られる河原和音の大人気コミックを原作とした『先生!、、、好きになってもいいですか?』。

uraraurara

教師と生徒の恋愛を少女漫画らしく真っ直ぐに描いています。

生田斗真は女子高生に想いを寄せられる教師を演じ、その純粋な気持ちと禁断の関係に戸惑いながらも誠実に向き合おうとする姿を好演しました。

生田斗真出演映画おすすめ7選:まとめ

いかがだったでしょうか。

コミカルな役からシリアスな役までこなす実力派俳優・生田斗真

映画・ドラマ・舞台と、演技の幅を広げています。

今後の活躍も楽しみです!