映画『怒り』あらすじ・感想!“身近な怪しい人物”への葛藤。誰が犯人か、あなたは見破れますか?【ネタバレなし】

映画『怒り』あらすじ・感想!

出典:cinemacafe.net

閑静な住宅街で起きた夫婦殺害事件の犯人は、どこにでもいそうな普通の顔をした男。

恋した相手、愛する相手、信頼する相手がどことなく犯人に似ていたら…あなたはどうする?

ポイント
  • フィクションに心をえぐられるのが好きな人に超おすすめ!
  • ストーリーが進むごとに増していくヒリヒリ感が最高
  • 渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ、妻夫木聡、綾野剛、森山未來、広瀬すずなど豪華キャストの圧巻の演技に引き込まれる

それではさっそく、映画『怒り』のレビューをしたいと思います。

映画『怒り』作品情報

映画『怒り』作品情報

出典:TSUTAYA

作品名 怒り
公開日 2016年9月17日
上映時間 142分
監督 李相日
脚本 李相日
原作 吉田修一
出演者 渡辺謙
森山未來
松山ケンイチ
綾野剛
広瀬すず
佐久本宝
ピエール瀧
三浦貴大
高畑充希
原日出子
池脇千鶴
宮崎あおい
妻夫木聡
音楽 坂本龍一

映画『怒り』あらすじ


八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。

洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。

洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。
出典:シネマトゥデイ

映画『怒り』みどころ

映画『怒り』みどころ

『横道世之介』『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説を、『悪人』でタッグを組んだ李相日監督が映画化。

現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。

出演には渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡など日本映画界を代表する豪華キャストが集結。
出典:シネマトゥデイ

映画『怒り』を視聴できる動画配信サービス

『怒り』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月7日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

映画『怒り』感想レビュー【ネタバレなし!】

夫婦殺害事件と、千葉・東京・沖縄で展開していくそれぞれの物語

東京、八王子。

閑静な住宅街の一軒で夫婦殺害事件が起こります。

この家に住む妻の死体が風呂場に、夫の死体は廊下にありました。

蝉の鳴く声が響き渡る7月のうだるような暑さのなか、現場検証をするのは南條邦久(ピエール瀧)率いる刑事たち。

宅配業者を装った犯行か?などと仮説を立てるなか、凶器の包丁が落ちていたドアに血文字で「怒」と書かれていました。

一年後。新宿、歌舞伎町。

槙洋平(渡辺謙)は家出中の娘・愛子(宮崎あおい)を迎えに、風俗店へ足を踏み入れました。

愛子は客のどんな要求にもこたえてしまう嬢でした。

ボロボロの姿で横たわり、迎えに来た父の姿を見て「お父ちゃん」と涙を流します。

一緒に故郷の千葉へ帰る途中イヤホンを半分こして愛子の好きな曲を聴くほど、仲の良い父と娘です。

明日香(池脇千鶴)は土砂降りの雨の中、槙親子を駅まで車で迎えに来ていました。

帰り道の途中、田代哲也(松山ケンイチ)が自転車を漕いでいるのを見つけ、声をかけます。

田代は、愛子が家出している三ヶ月の間に町に転がり込んできた青年です。

真面目に働いているが、しかし素性が知れない青年でした。

同じころ、藤田優馬(妻夫木聡)は仲間たちとナイトプールでパーティーの真っ最中でした。

優馬はゲイで、同じカテゴリの友人たちと“そういう人たち”の集まりに訪れていました。

一息ついた頃「これから新宿へ繰り出そう」と言う仲間に、今日は帰ってゆっくりする、と断ります。

残業続きで疲れているからと言い訳しましたが、その実、ホスピスで終末医療を受ける母親・貴子(原日出子)を見舞いたかったのです。

そしてまた同じころ、沖縄。

小宮山泉(広瀬すず)は知念辰哉(佐久本宝)とボートで島へ遊びに行きます。

到着早々に散策していると遺跡のような場所を見つけました。

奥へと進むと人影に気づき、辰哉かと思って声をかけますが、見知らぬ男性でした。

男性はこのあたりをフラフラ、一人旅していると言いました。

そして、ここにいることは誰にも言わないでほしいとも言いました。

テレビでは未解決事件の逃亡犯を追う特番が大々的に放送されます。

それを見ているのは刑事課の面々。

一年も逃げ果せている八王子の事件の犯人、山神一也についての話題が声高に流れていました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『怒り』を視聴する

愛子(宮崎あおい)と、洋平(渡辺謙)と、田代(松山ケンイチ)

ある日、愛子は田代と出かけることにします。

愛子が二階の自分の部屋で支度をしている最中、一階には田代と洋平の二人きり。

あるきっかけで田代は、愛子が家出中どういうところで何をしていたのか、つまり風俗嬢をしていたことを知っていたと言いました。

小さな町の中の噂で耳にした、と。

洋平は娘を教育しきれないことを悔しく思い、その気持ちを吐露しました。

情けない姿をさらす洋平に対して、田代は「愛子といるとホッとする」と言いました。

自然といろいろ話したくなる、と。

まだ話は途中でしたが、おめかしした愛子が二階から降りてきて二人は出かけていきました。

それから少しして、愛子は洋平に、田代と一緒に住みたいと言い出します。田代も同意していると。

二人が住むアパートの契約に立ち会った洋平は、大家と田代の会話を聞いていました。

ここへ来る前は何をしていたのかを詳しく聞く大家に、田代は軽井沢のペンションで住み込みで働いていた、と話します。

洋平はそういえば、と自分の勤務先に田代が持ってきた履歴書を見返し、そこに記してあったペンションへ行きます。

そこで働いていたことは事実でした。しかし、高橋という名で働いていたことを知りました。

愛子にそのことを話すと、愛子は実は本当のことを知っていた、と田代のことを話します。

父が仕事で借金をして返しきれなくなり、貸し手はヤクザに権利を売り、追い詰められた両親はともに自殺。

ヤクザは息子である田代に借金を払うよう追い立てるので、偽名を使い逃げているとのことでした。

新宿の風俗店で働いていた愛子には、ヤクザの怖さは痛いほどわかっていました。

たまたま目にしたテレビで流れていた指名手配犯が、田代に似ていることを不安に思った洋平は、明日香にそれを話しました。

明日香は愛子に直接、田代が八王子の事件の犯人じゃないか心配していると言いに行きます。

しかし愛子は、事件の頃に田代が何をしていたか、そしてそれ以前のこともすべて知っていました。

明日香や洋平が思っているより、ずっと二人は信頼し合っていたのです。

洋平は、明日香に「自分の娘が幸せになれるはずがないと決めつけていないか」と問われ、言葉を返せませんでした。

>>【31日間無料】U-NEXTで『怒り』を視聴する

優馬(妻夫木聡)と、貴子(原日出子)と、直人(綾野剛)

あるとき優馬は、いわゆるハッテン場で相手を探していました。

隅の方で一人うずくまる人物が気になって押し倒します。彼は大西直人(綾野剛)。

スッキリしたあと、二人は一緒に晩御飯を食べます。

あれこれ質問する優馬に、直人は最初「言いたくない」と突っぱねていましたが、やがてまだ上京したばかりで知り合いのところを転々としていることを話しました。

そんな直人に、優馬は「泊まるとこ決めてないならうち来る?」と言いました。

ラーメン屋のテレビで流れているのは、刑事課が期待を寄せている未解決事件の番組でした。

数日後、仕事を終えた優馬は、友人と恋愛の話をしながら食事をし、帰宅途中で直人の後ろ姿を見つけます。

直人はコンビニでご飯を買って、優馬が帰るまで家の側の公園で過ごすのが日課になっていました。

なんだか体調が悪そうな直人を見て、優馬は「具合が悪いなら昼間も家で過ごしていていい」と言います。

ただ、お前のことなんて信じていないから物がなくなったりしたらそれなりの対処はする、などと言いながら本心は信じたいというのを見抜くように直人は「信じてくれてありがとう」と言いました。

二人の仲が深まったころ、直人は優馬に今度母親のところに連れて行ってほしいと言いますが、勘弁してくれと突き放されてしまいました。

しかし結局、優馬は次に母のところを訪れるときに直人を連れて行きました。そして、“友達”として紹介しました。

いつの頃からか直人は、優馬の母がいるホスピスで昼間を過ごすようになりました。

他愛ない話をしたり、そこへ優馬も加わって三人で談笑したりする日々。

しかしある夜、優馬は走ってホスピスを訪れ、部屋の入り口で待っていた直人に「俺、なんて言えばいい?」と言いながら涙を堪えて部屋に入っていきます。母親が亡くなったのです。

直人は背中で聞いていることしかできませんでした。

優馬は、親戚だけではなく高校や大学の仲間も来ることになった葬式に、直人を呼ぶことができませんでした。

そのことを詫びながら、しかし墓なんて作って意味があるのか、なんて話をしました。

母の後は自分が入って、そのあとは誰も入らない。自分はゲイだからという理由で。

優馬が直人に「お前も一緒に墓入るか?」と聞くと、「別に、いいけど。」と返す直人。

それを受けて優馬は冗談だよ、と笑いますが、本心でした。

あるとき、優馬の友人が電話をしてきて、仲間内の二人が空き巣に入られたという話をします。

それぞれ住まいは品川と池袋で離れているのに手口は同じということから、案外共通の知り合いが犯人なんじゃないかというのを聞き、心の隅に僅かばかり引っ掛かりを覚える優馬。

その電話をしている最中に通りがかったカフェの店内に直人を見つけますが、向かいの席で楽しそうに笑っていたのは女の子でした。

翌日の夜、それとなく本来見た場所と違うところで直人に似た人を見たとカマをかけると、それ俺じゃないよと否定されました。

昼間はパチンコを打ち、夕方からは家にいたと。

その嘘に、つい感情が高ぶり「中目黒のカフェで一緒にいた女は誰だ」と自分が見た本当のことを聞いてしまいました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『怒り』を視聴する

泉(広瀬すず)と、辰哉(佐久本宝)と、田中(森山未來)

泉は再び島を訪れ、前に遺跡で遭遇した男性に食料を届けます。

男性は、田中信吾(森山未來)と名乗りました。

あるとき、泉と辰哉は映画を観に那覇の街中に来ていました。

歩きながら、辰哉は自分の家族のことを話します。

父親は自分のことしか考えておらず、辰哉が小学生のころからデモに参加するようになり、母親もさじを投げてしまったと言います。

あんなことして本当に何か変えられるのか疑問を持っているとも言いました。

二人が歩いていると、田中が通り過ぎたことに泉が気づき、後を追います。

三人で居酒屋で飲み食いしながら、泉は自分の母の話をしました。

沖縄へ来るのは一度じゃない、母親が男性と問題を起こすとこうして来るのだと。

そして「母のことは好きだけど、母のような女にはなりたくない」と言いました。

かなり酔っぱらった辰哉と最終のフェリーで帰ると言い、泉は田中と別れます。

しかし、少し目を離した隙に、辰哉はフラフラとどこかへ行ってしまいました。

一人であちこち探しまわって途方にくれたところで、泉は外国人兵士二人組に襲われてしまいます。

辰哉は、それを影で見ていることしかできませんでした。

辰哉は田中の元を訪れます。田中は、泉が島に遊びに来ていたのは新しい環境に慣れるための息抜きだったと思う、と言いました。

ずっと島から出ずにいた田中は、やがて辰哉のところへ行き、母の営むホテルの厨房を手伝うようになります。

そして田中は、辰哉の元気がないことを察知し、何かあったのか聞くと、辰哉は“友達の話”として泉のことを話しました。

どうにかしたいけど本人が公にしたくないと言う、悲しいとか悔しいとかそういう次元ではない本気の怒りを伝えるのは難しいことだ、本気というのは目に見えないから伝えるのは不可能だと言う辰哉に、田中は「沖縄の味方になるとか立派なことは言えないけど、お前の味方にだったらいつだってなる」と言いました。

それから少し経ったころ、辰哉がホテルの宿泊客の荷物を車に積んでいる最中、田中が荷物を外に向かって放り投げだします。

自分ではどうにもならないことを考えていたら、悔しくなってきて当たってしまったという言い訳に、辰哉はそれが何なのか気になって聞いてしまいました。

すると、泉のことを知っていると言い出しました。あの晩のことを知っている、と。

自分も辰哉と同じく見ていることしかできなかったと言いました。

その夜、田中はホテルの厨房や食堂をめちゃくちゃにします。あまりに暴力的な破壊衝動。

そしてそのまま、ホテルを逃げるように去って行きました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『怒り』を視聴する

事件に新展開、犯人はいったい誰なのか?

八王子の夫婦殺害事件に新たな展開があり、犯人は整形手術を受けていたことが発覚します。

手術を受けたとされる病院のエレベーター内の映像が公開されたのです。

優馬、洋平、辰哉はそれぞれテレビでその情報を目にします。

身近な人への疑惑は深まり、それぞれの行動が鍵となる。

その衝撃の結末は、ぜひ本編で確かめてみてください。

>>【31日間無料】U-NEXTで『怒り』を視聴する

ざっくりと感想を。

未解決事件で世間に晒された犯人像の写真が、直人とも田代とも田中ともとれる顔で、いやストーリー的にそうじゃないと成り立たないんだけど、顔だけじゃなくそれぞれ怪しい点や犯人との共通点があるから、私は最後の方まで誰が犯人なのかわかりませんでした。

なので、拙いあらすじを書きましたが、ちょっとでも興味を持った人には、ぜひ自分で結末を見届けて、私と同じ気持ちになっていただきたいです。

ちなみにあらすじとしては千葉・東京・沖縄それぞれでまとめて書きましたが、作品内では時系列順に同時進行で話が進んでいきます。

そして私は犯人がわかったとき「ハァ~…」ってなりました。

それと同時に犯人じゃない人がわかったときも、だいぶ心をえぐられたので、これを読んでいるあなたとそれを共有したいです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『怒り』を視聴する

好きな場面とかセリフを書きたいんだけど。

ネタバレなし、ということでかなり書けることが限られてしまうな…と我ながら計画性のなさに呆れています。

すごく好きなシーンに限って核心に触れるところだから書けないっていうね!

でも大体グッとくる場面だとかセリフっていうのは、“ここぞ!”というところにあるものだからね…そうなりますよね…。

一番好きなところは胸に秘めておくとして、とりあえずネタバレしないところで書きます。

これも千葉・東京・那覇それぞれで。

まずは槙親子の、というか洋平の愛子への愛。

娘が大切で大切で仕方ない父親、というのが割と生々しく感じられます。さすが渡辺謙

なんだか少し、恋とか愛とかそういう感情が行き過ぎてしまう娘が、心配で仕方ない父親。

でもそう育ててしまったのは自分、という葛藤のようなものが伝わってきて切なくなる場面が多々あります。

あと宮崎あおいが、ちょっと頭の弱そうな女の子を演じているのが新鮮でした。

次は優馬と直人について。私、この二人すごく好きです。

ひとまず、妻夫木聡のゲイ感がとても良い。

ハッテン場で初めて直人に会ってヤるんですけど、ゴムを口でピッ!て開けるところとか正直興奮する。

そこの場面、そんなに長くないけど超えっちです。

個人的にこういう類の愛のかたちが好きだからかもしれませんが、妻夫木聡と綾野剛ってよりは、彼らのシーンはずっと優馬と直人って感じです。

何その感想…伝えるの下手くそかよ…。

最後に泉と辰哉について。

甘酸っぱい関係の二人って雰囲気で、それぞれ親に対して抱えているものがある似た者同士なのかな、と思いました。

そこに介入してくる田中は、世話焼きまではいかないけど、二人より年が上だから見守ってくれる存在的な。

泉が襲われるシーンは結構見ててしんどいくらいリアルに感じました。

側にいるのに何もできない辰哉にオイィィ!とか思いつつ、実際そういう場に遭遇したら私も何もできないんだろうな。

少しでも共感したり一緒にドキドキしたり切なくなったり、愛着の湧く人物がいると『怒り』を楽しめる度が上がるので、ぜひそれぞれの人物像にも踏み込んで見てみてください。

>>【31日間無料】U-NEXTで『怒り』を視聴する

映画『怒り』まとめ

以上、ここまで映画『怒り』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 話が進むにつれて深まる疑惑、違和感。どの段階で犯人に気づけるか楽しめます。
  • 誰が犯人なのか疑いながら見るもよし、それぞれの物語に心を寄せて楽しむもよし!
  • 知り合って日の浅い、けれど信頼している相手がもし指名手配犯に似ていたら。あなたならどうしますか?