韓国ドラマ『華政[ファジョン]』キャスト・あらすじ・ネタバレ・動画情報まとめ!知られざる悲劇の王女の生涯

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』キャスト・あらすじ・ネタバレ・動画情報まとめ!

出典:FOD

全50話の中で、一人の公主・貞明公主と4代の王が統治した時代を描く韓国ドラマ『華政[ファジョン]』。

韓国時代劇にすっかり魅了され、今では朝鮮史を学びたい!とまで思っています。

4代の王との激動の時代を公主としてどう生きていくのか!?

公主が守るべきものは何か!?

卑劣な王と王宮の争いを描く歴史大作ドラマ『華政[ファジョン]』をさっそくレビューしたいと思います。

『華政[ファジョン]』ってどんなドラマ?


『華政[ファジョン]』ってどんなドラマ?

『華政[ファジョン]』ってどんなドラマ?②

17世紀前半、異母兄の光海君によって慶運宮に追いやられ、6年もの幽閉生活を送った貞明公主。

朝鮮第14代王・宣祖と仁穆大妃の間に生まれた嫡流の王女でありながら過酷な運命に翻弄された彼女は、その82年の生涯の中で19代王・粛宗まで8人の王の治世を見守った。

『華政[ファジョン]』ってどんなドラマ?③

『華政[ファジョン]』は、貞明公主が長崎の硫黄鉱山で火薬製造を学び、朝鮮に戻って<火器都監>で活躍するというフィクションを織り交ぜ、光海君と仁祖の治世を壮大なスケールで綴った話題作。

脚本を手がけたのは、『ホジュン~宮廷医官への道』『馬医』『トンイ』『イ・サン』など数々の人気時代劇を世に送り出してきたキム・イヨン。

メイン演出を『私の心が聞こえる?』『アラン使道伝』『男が愛する時』のキム・サンホが務め、『太王四神記』『シンイ-信義-』のキム・ジョンハクプロダクションが製作を担当。

韓国ドラマ界屈指の一流制作陣がチャ・スンウォン、キム・ジェウォン、イ・ヨニほか豪華キャストを迎え、激動の時代を駆け抜けた男女の熱い人間ドラマを描き出した。
出典:ポニーキャニオン

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』主要キャスト

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』相関図

出典:BSフジ

チャン・スンウォン / 役:光海君

チャン・スンウォン / 役:光海君

出典:BSフジ

  • 朝鮮王朝14代王・宣祖の息子
  • 側室の息子であるため、父王から悲痛にも拒まれる
  • 異母妹の貞明公主だけには唯一心を許せる

イ・ヨニ / 役:貞明公主/ファイ

イ・ヨニ / 役:貞明公主/ファイ

出典:BSフジ

  • 朝鮮王朝14代王・宣祖の愛娘
  • 光海君即位後、殺害されそうになるが倭国で生き復讐を誓う
  • 初恋の相手ホン・ジュウォンを忘れられずにいる

ソ・ガンジュン / 役:ホン・ジュウォン

ソ・ガンジュン / 役:ホン・ジュウォン

出典:BSフジ

  • 父も王宮に仕える高官の長男
  • 幼い頃に出会った貞明公主が忘れられない
  • 高い向上心と抜群の判断力で光海君を支えていく

キム・ジェウォン / 役:綾陽君(仁祖)

キム・ジェウォン / 役:綾陽君(仁祖)

出典:BSフジ

  • 朝鮮王朝14代王・宣祖の五男である定遠君の息子で、光海君の甥にあたる
  • 王族でありながら、劣等感と嫉妬の中で育つ
  • 光海君から王座を奪うためクーデターを起こし、のちに王座を掴む

ハン・ジュワン / 役:カン・イヌ

ハン・ジュワン / 役:カン・イヌ

出典:BSフジ

  • 莫大な資産家カン一族の息子
  • 自らの出生の秘密を知り、生きる希望を失う
  • ホン・ジュウォンとは幼い頃からの旧友そして、貞明公主が初恋の人

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』あらすじ

時は、朝鮮王朝第14代王宣祖時代。

壬辰倭乱(文禄の役)から10年後、次に王になる「世子」になかなか認められない宣祖の息子・光海君。

側室の息子であることから宣祖から無残にも嫌われており、不遇と苦痛の日々を耐え忍んでいました。

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』あらすじ

出典:BSフジ

後の「暴君」で知られる光海君ですが、実は彼の唯一の心安らぐ相手が、異母妹である貞明公主の存在であったのです。

先王宣祖が崩御した後、再び王位継承権問題が勃発。

宣祖の正室(大妃)にも息子・永昌大君がいたので即位を望むのですが、まだ幼く、ましてや王の器ではない。

そこで光海君が、大妃もその子どもたち(貞明公主と永昌大君)を必ず守るという約束で、第15代王「光海君」が誕生します。

ですが、光海君を支える者たちの策略で、永昌大君や大切な貞明公主も死亡したと聞かされる光海君。

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』あらすじ②

出典:BSフジ

怒りのやり場のない光海君は、放心状態に…。

しかし、貞明公主は亡くなっていなかった!

美しい女性に成長したが、身分の関係で男装をし、名を変え、復讐を心に誓い、再び光海君の前に現れるのです。

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』あらすじ③

出典:BSフジ

逆境にも負けず、たくましく生きる王女は果たして…。

光海君への復讐心は!?

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』を視聴できる動画配信サービス

『華政[ファジョン]』をは、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年10月1日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】韓国ドラマ『華政[ファジョン]』感想レビュー

知られざる王女「貞明公君」とは!?

朝鮮王朝14代の王・宣祖と、正室である仁穆王后との唯一の嫡流王女。

父・宣祖が50代の時に産まれた娘でもあり、溺愛されてきたとのことですが、とてもハツラツとし好奇心旺盛な「男前プリンセス」が描かれています。

今作で、貞明公主を演じたイ・ヨニ

まだ若いながらも王女の貫禄を備え持ち、ありとあらゆる歴代の王、そして王宮の重鎮たちと対等に戦ってきた姿、そして倭国に売られてからの男装シーンなど、女性としてとても憧れの存在になったに違いありません。

実際の公主は、上述のとおり男勝りな性格ではなかったようです。

光海君が王位即位のために、公主の弟である幼い永昌大君が殺害され、後に9年間もの間、母の仁穆王后と共に幽閉されてしまいます。

その間、母・仁穆王后の心を癒すために書道の勉強をしており、このドラマのオープニングに出てくる「華政」と赤くインパクトのあるタイトルは、貞明公主の直筆であると言われています。

決して男勝りではないですが、この激動の時代を生き抜いてきた女性ですので、書道の筆跡にも力強さ、意思の強さが伺え、そんな強い女性だったのでは?と思えてなりません。

さらに、朝鮮王朝で一番長生きした王女としても知られています。

>>14日間無料【Hulu】で『華政[ファジョン]』を視聴する

貞明公君と共に生きたホン・ジュウォン

ドラマ内でも出てきましたが、貞明公主と生涯を共にした人物であるホン・ジュウォン。

彼もまた実在の人物で、父ホン・ヨンと共に光海君時代から王宮に貢献し、王宮では絶大なる一門の地位を築いていきます。

ホン氏と聞けば…韓国時代劇で比較的重要な人物として登場しているのですが、その一例で『イ・サン』に登場するホン・グギョンはホン家の子孫と言われています。

貞明公主とホン・ジュウォン、ドラマ内のような美しい恋愛だったかは定かではないのですが、実際に仲睦まじく子宝にも恵まれ、幸せな余生を共に送ったようです。

『華政[ファジョン]』では、イケメンと美女の絵になる2人でしたが、そんなホン・ジュウォン役を演じたのが、急成長の若手俳優ソ・ガンジュン

イ・ヨニ演じる公主を心底愛し守り抜く、男らしさで視聴者を魅了しました。

>>14日間無料【Hulu】で『華政[ファジョン]』を視聴する

「暴君」と言われた王光海君ですが…本当は?

朝鮮王朝で10代の王・燕山君と並ぶ「暴君」と言われている光海君。

彼のことが描かれるドラマは多くありますが、『華政[ファジョン]』では果たして「暴君」と描かれていたのか?

私には「人間味のある、温かな心を持つ王」に映りました。

本当に朝鮮を心から良くしたい。自ら民の犠牲を最小限にしたい。

こういったとても「暴君」だったとは思えない姿で描かれていたように思います。

そんな心温かな光海君を演じたのが、俳優歴が長いながらも今作で初の時代劇出演のチャ・スンウォン

目力があり、多少強面な容姿的に暴君である「光海君」は適任だったのでは?と思いますが、実は劇中での彼は悲痛で切なく、常に目に薄ら涙を浮かべた表情の方が多く、さらに取り巻く周りの意見に苦肉の決断をするなど、自身が置かれた境遇に苦悩する姿が王様光海君として描かれています。

>>14日間無料【Hulu】で『華政[ファジョン]』を視聴する

光海君から仁祖へ…そして貞明公主

光海君の甥・綾陽君(後の仁祖)が突然王座を脅かし、西人派を味方に付けてクーデターを起こし、光海君から王座を奪い取り「仁祖」として王座に付きます。

ここからドラマ後半は仁祖時代に突入しますが、仁祖時代も決して国が安定するわけではなかったのです。

仁祖も、最後まで自らの「理想の国」を築くことができなかったわけです。

その前に、『華政[ファジョン]』を見ていると「本当に仁祖は王座に付く器であったのだろうか?」と感じてなりません。

そこがドラマ後半における一番のポイントであったような気がします。

ここで仁祖を演じたのは、自身『ファン・ジニ』以来10年ぶりの時代劇、しかも初めての悪役を演じる俳優キム・ジェウォン

彼が演じる王には最初かなり違和感ありましたが、最後はやはり貫禄がありました。

仁祖が王になったことをずっと不満に思っていた貞明公主は、兄・光海君の最後の「公主、決して負けるではないぞ」という言葉を胸に仁祖と戦う決意をしています。

当初はあれだけ光海君のことを憎んでいたのに…しかし、やはり公主にとっては「いい兄上」であったことに違いなかったのです。

そのため、ドラマ後半の仁祖が亡くなる寸前まで、貞明公主は仁祖と戦うのです。

>>14日間無料【Hulu】で『華政[ファジョン]』を視聴する

富と権力で国を動かせる時代なのか!?

『華政[ファジョン]』における最大の焦点は、光海君・仁祖ともにドラマでの架空の人物カン・ジュソン(チョ・ソンハ)によって操られていたということです。

このカン・ジュソンは、明(=中国)との闇貿易などで富と財を手に入れ、カン一族を築き上げてきました。

王の政治の裏では、結局このような富と財を持つ者の権力とは大きな存在だったのです。

しかし、そんなカン・ジュンソには一人息子のイヌがおり、イヌは父のやり方に納得できず、始めは貞明公主の心を奪うために父を裏切っており、結局最後まで父に従うことはなかったのです。

やはり「自らの欲望だけでは、国は動かせない。そして、悪には必ず天罰が下る」ことを、改めてここで思い知らさせた気がします。

カン・ジュソン本人は、最愛の息子に銃が当たり殺害するという最悪な形になってしまったのですが、ここでやっと自分の悪行に気づいたかもしれません。

>>14日間無料【Hulu】で『華政[ファジョン]』を視聴する

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』まとめ

貞明公主の視点から描かれたこの激動の時代と、光海君・仁祖。

同じ時代を描いたドラマが多くある中、「女性目線」で描かれていた珍しい時代劇であった思います。

キャストに今を先ゆく若手イケメン俳優の起用や、王の役に同じく中堅イケメン俳優の出演など、「女性にも見てほしい時代劇」を製作されたように感じます。

やはり、どの時代も政治の世界は非常に厳しく、悲痛で、苦悩の連続なのだと、この4代の王を語る時代劇で痛感しました。

そして上述しましたが、「自ら蒔いた悪の種は、全て己に戻ってくる」という世の理はいつの時代にも共通しているのだなぁと改めて気づかされます。

後半、あまり光海君が出てこなかったのは、私としては非常に残念でしたが…(笑)

50話ほどの長編な時代劇ですが「このような勇敢な王女がいた」と、ぜひ知っていただきたいドラマです。

時代劇が初めての方でもストーリーに入りやすい作品なので、とてもおすすめです。

韓国ドラマ『華政[ファジョン]』をフルで見れるVOD一覧

u-next
Hulu

出典:Hulu

Huluの特徴
  1. 「海外ドラマ」好きにはもっともオススメなサービス
  2. 月額933円で、Huluオリジナル作品も楽しめる
  3. 14日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能
Amazonプライムビデオの特徴
  1. 月額400円は業界最安値
  2. 『ドキュメンタル』や『バチェラー』などオリジナル作品が楽しめる
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能
FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビ好きのための動画配信サービス
  2. 月額888円で、過去のフジテレビドラマや『人志松本のすべらない話』『笑う犬の冒険』『あいのり』などの人気番組が楽しめる
  3. 1ヶ月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能
TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能