『ホテルデルーナ』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!IUとヨ・ジング共演で話題のホラーラブコメ!

韓国ドラマ『ホテルデルーナ』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!IUとヨ・ジング共演の話題作!!

出典:Mnet

IUヨ・ジング共演で話題となった作品!!

1000年を生きるホテルデルーナの女社長と真面目なエリートホテリアーの男性が恋をする、ファンタジー・ホラー・ラブコメディ。

ポイント
  • ドラマの舞台は死者が泊まるホテル「デルーナ」。
  • 1000年も生きている女社長をIUがキュートに演じ、エリートホテリアーをヨ・ジングがかっこよく演じています。
  • 生きること、死ぬこと、出会いや別れ。ただのコメディーではなく泣けるシーンも多く内容は充実。
  • 『美男ですね』などのヒットメーカーのホン姉妹脚本なので面白いこと間違いなし!!

それでは、さっそく韓国ドラマ『ホテルデルーナ』をネタバレありでレビューしたいと思います。

『ホテルデルーナ』主要キャスト

IU / 役:チャン・マンウォル

韓国ドラマ『ホテルデルーナ』

出典:Mnet

  • ホテル「デルーナ」の女主人
  • お酒が好き、車が好き、お金が好き。
  • 気難しい性格だが、寂しがり屋で深い悲しみを背負っている。

ヨ・ジング / 役:ク・チャンソン

韓国ドラマ『ホテルデルーナ』

出典:Mnet

  • 海外留学を終えて帰国したエリートホテリアー
  • 父の行いのせいでデルーナの99番目の総支配人となる
  • マンウォル(IU)の仕業で幽霊が見える目を持つことに
  • 真面目で優しく笑顔がキュートな男性

シン・ジョングン / 役:キム・ソンビ

『ホテル・デルーナ』

出典:Mnet

  • ホテル「デルーナ」のバーテンダー
  • 500年以上デルーナで働いている
  • 気難しい昔の人というイメージだが、たまにおちゃめなところも

ペ・ヘソン / 役:チェ・ソヒ

『ホテル・デルーナ』

出典:Mnet

  • ホテル「デルーナ」の客室長
  • 200年の時をデルーナで勤務している
  • ある一族に深い恨みを抱いていて、逝けないでいる

P.O / 役:チ・ヒョンジュン

『ホテルデルーナ』

出典:Mnet

  • ホテル「デルーナ」のフロントマン
  • 一緒に逝くため妹を待っている
  • 学生の頃、若くして死んだが明るく茶目っ気たっぷりの青年

【ネタバレ】『ホテルデルーナ』あらすじ・感想


幽霊が泊まるホテル「デルーナ」

そのホテルは死者が魂を癒すために泊まるホテル。

夜になると姿を現します。

ある時、生死の境をさまよっていた男が誤ってそのホテルに足を踏み入れてしまいました。

そこに現れたのが女社長のチャン・マンウォル(IU)です。

赤い口紅が目立つ綺麗なマンウォルは男に残酷なことを告げました。

「助けてやるかわりに息子を差し出せ」

20年後、男の息子チャンソン(ヨ・ジング)は海外留学から韓国へ帰ってきたところでした。

そこでマンウォルと運命的に出会うことになります。

長い黒髪に派手な服装、目立つ帽子。地下鉄で突然現れたマンウォルはチャンソンに幽霊が見える目をプレゼントします。

Tomomo

誰しもが喜ばないプレゼントですよね。幽霊が見えるなんて怖すぎます。

幽霊が見えることであたふたするチャンソン、それを嘲笑うマンウォル。

2人の出会いはコメディそのものでおかしくて、可愛くて印象的でした。

ホテル「デルーナ」に招待されたチャンソン。

99番目の総支配人にならないかとマンウォルに誘われますが、丁寧にお断りします。

TomomoTomomo

しかし、幽霊が見えるチャンソンはマンウォルから離れられない運命ですよね…。

マンウォルの傍にいるうちにホテル「デルーナ」のことや、死者のこと、マンウォルの時折見せる小さな優しさに触れ、チャンソンはデルーナでの総支配人を引き受けます。

TomomoTomomo

第1話から面白いストーリーになっていました。

女社長のマンウォル、そしてデルーナは美しく描写されていて死者しか泊まれない幻想的な雰囲気も兼ね備えていました。

Tomomo

これから始まる物語が気になってしょうがない、そんな1話でしたね。

ホテリアー達の悲しい過去

主に登場するホテリアーは3人です。

バーテンダーで一番長くデルーナで働いているキム・ソンビ(シン・ジョングン)。

李氏朝鮮時代を生きた儒生で、無念の死を遂げていました。

次に古い客室長のチェ・ソヒ(ペ・ヘソン)はキム・ソンビと同じく李氏朝鮮時代を生きた人です。

嫁いだ先で女の子を出産しますが、その娘を亡くし恨みを募らせて死にました。

最後に紹介するのは一番若いチ・ヒョンジュン(P.O)。フロントマンです。

幼い妹を残して無念の死を遂げたヒョンジュンは、長い間フロントマンとして働きながら妹と一緒に逝こうと待っていました。

3人共、無念の死を遂げたようには見えないほど笑顔が素敵で明るいホテリアーです。

TomomoTomomo

終盤になるまで3人の過去については詳しく触れることはありませんでしたが、少しづつ明らかになるにつれ、そんな恨みつらみを抱えていたんだと思いました。

人は誰しもこの世に思いを残したまま死んでいきます。

その思いをドラマチックに描いている『ホテルデルーナ』。

各話で何かしらの思いを抱えた死者が登場しますが、その死者を巡って社長のマンウォル、総支配人のチャンソン、ホテリアーの3人、それぞれの思いが垣間見れました。

TomomoTomomo

未練なくこの世を去る人なんてほんの一握りなのかもしれませんね。

叶わぬ想い

女社長のマンウォルは生きているのか死んでいるのかわからない存在です。

そして総支配人のチャンソンは正真正銘生きている人間です。

そんな2人が喧嘩しながら距離を縮めて想いを通わせるようになります。

しかし、この世を去るべき存在のマンウォルはいずれ三途の川を渡り逝かなければなりません。

それがわかっていても好きな気持ちは止められないものです。

Tomomo

別れの時が近づくと目に涙を溜めて「愛してる」と言い合う2人はとても印象的でした。

生まれ変わって再び出会うために、マンウォルは1人三途の川へと向かいます。

トンネルに消えていくマンウォルを見送るチャンソンは今にも追いかけて行きそうでした。

エンディングは再会したかのような映像でした。

本当に再会を果たしたのか…それにしては早すぎるような…という不思議な感じでした。

TomomoTomomo

自然の摂理に従って別れた2人でしたが、再び出会ってまた恋してほしい。

そう思っていたので満足なエンディングでした。

『ホテルデルーナ』まとめ

ホテルデルーナ』最終16話最後のエピローグに驚愕の展開がありました。

ホテル「デルーナ」の女社長マンウォルが逝ったことで主人がいなくなった月の宿に新しい主人がやってきたのです。

それを演じているのが人気若手イケメン俳優のキム・スヒョン

TomomoTomomo

続編があるのではないかと話題になりました。

『ホテルデルーナ』の本当のエンディングはないのかもしれませんね。

人は日々亡くなっているのですから…。亡くなった人の魂を癒す場所、月の宿。

TomomoTomomo

とても記憶に残る作品となりました。

『ホテルデルーナ』とてもおすすめです。ぜひご覧いただきたいです。