アニメ『ホリミヤ』第8話あらすじ・ネタバレ感想!男子に告白された由紀!断るための作戦は?

アニメ『ホリミヤ』第8話

出典:アニメ『ホリミヤ』公式ページ

堀と宮村だけでなく、周囲の人間関係にも少しずつ変化が見られ始めている『ホリミヤ』。

前回の第7話では、桜という存在により大きく動き始めている由紀と石川の関係が描かれていました。

田中泉田中泉

長く友達関係でいたからか、今更恋愛関係に発展しない……というパターンかもしれませんね。

第8話のサブタイトルは「偽ることで、見えるもの。」と、また物語が大きく動き出すことを予感させるもの。

さっそく詳しいあらすじをネタバレありでレビューしたいと思います。

\\『ホリミヤ』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

アニメ『ホリミヤ』前回第7話のあらすじと振り返り

堀と宮村が付き合い出して以降、気を使っているのか由紀は何かと石川に構うようになります。

ある日、ふたりはゴミ捨てに向かう途中、コーヒーを持っていた桜とぶつかり、桜のシャツを汚してしまいます。

由紀がハンカチを差し出す一方、石川は慌てて自分のジャージを着替えとして貸すことを提案。

驚く桜でしたが、照れながらもジャージを借りることに。

ジャージを借りた一件から、桜は恋愛相談したレミの言葉を思い出して積極的に行動しようと決意します。

数日後、桜は石川にジャージを返したときに手作りのクッキーを渡します。

クッキーをきっかけに桜との仲が深まった石川を、複雑な思いで見つめる由紀の姿がありました。

宮村は親戚の法事のため5日ほど学校を休むことになり、堀と付き合い出してからしばらく不在に。

携帯の充電器を忘れ、東京に戻ってきてから電源を入れ直した宮村は、そこに堀から「早く帰ってこい。バカ」とだけ書かれたメールを発見。

思わず家を飛び出した宮村は、エレベーターで同じく駆けつけてきた堀と再会するのでした。

【ネタバレ】アニメ『ホリミヤ』第8話あらすじ・感想


仙石とレミが付き合うきっかけは?

今でこそ生徒会の美男美女カップルとしておなじみの仙石とレミですが、そのきっかけは堀と宮村が出会う前にさかのぼります。

同じクラスだったふたりは、それまで明確な交流がありませんでした。

ある日、授業中に仙石がこっそり読書をしていることに気づいたレミは、何を読んでいたのか声をかけます。

男子から人気のレミに話しかけられたことに驚きつつも、仙石はゲーテを読んでいたと答えます。

レミはゲーテを読んだことがなかったものの、レミが「童話が好き」なことと読書家だったことを知った仙石は、自分の家にある本を貸すようになりました。

やがてそこには桜も加わり、本の貸し借りを始めます。

次第にレミは仙石の家を訪れ、「世界が終わる前日の話」を題材にした本について話したり、自分で本を選ぶように。

レミは仙石から髪型を褒められて以来同じ髪型にしたりと、ふたりの仲は急接近します。

田中泉田中泉

「もしも世界が明日終わるなら、仙石くんに告白する」というレミの告白、まさに青春って感じですね。

やがて告白を経て付き合うようになりますが、レミは仙石の本音を隠すところが好きだと思うのでした。

宮村が暴力的なキャラに?

ある日、「使っていないマニキュアが宮村に似合いそうだったから」という理由から、堀の部屋で足にマニュキュアを塗られる宮村。

いつもとは違う目線を新鮮に思いつつ、宮村はつい出来心で堀の頭を足で軽く踏んでしまいます。

「レベルアップしそうだったから」と苦しい言い訳をする宮村でしたが、堀は怒るどころか暴力的な宮村を想像してまんざらでもない様子です。

そこからキャラ変を提案された宮村は、翌日から石川や仙石への接し方を変えようとします。

田中泉田中泉

みんなすぐに「堀の仕業だ」と気づくあたり、堀の無茶な要求が読まれてて面白かったです。特に生徒会とのトラブルで頭突きされていたからか、仙石の怯えようがすごかったですね(笑)

「思い出した頃に暴力的になるから」と堀に伝えつつも、学校でふたりきりになったことをチャンスとばかりに暴力的なキャラを演じる宮村。

あまりに熱が入りすぎた結果、通りがかった同級生に怯えられるのでした。

由紀が受けた、突然の告白

堀と宮村がそんな一件を由紀に話していると、深刻そうな表情の由紀から恋愛相談を受けることに。

なんと、由紀は知らない男子に告白されていたのでした。

思いもよらぬ告白に動揺した由紀は、返事を数日にわたって保留にしていました。

「断るのに、石川に彼氏のフリをしてもらえばいい」というふたりの提案により、由紀は石川と告白してきた男子のところに行こうとします。

田中泉田中泉

面白がってついていこうとする堀、すぐに彼氏のふりができるか石川に聞く宮村とノリがいいふたり。付き合い始めてから、ますます似てきていますね。

由紀に告白してきたのは、違うクラスの柳という男子でした。

「石川の方が少しだけイケメンだから」と彼氏のふりをしてもらう人を選んだ理由として語る由紀でしたが、付き合っている感じを出すために手をつなごうと提案する石川には少し照れている様子。

告白してきた柳に「彼氏がいるから」と断る由紀でしたが、いざ会ってみると柳ははるかにイケメンで爽やかな人物でした。

由紀が付き合うことを断ってもすんなり受け入れ、石川は「生きててすいません」と心の中で呟きます。

「高級食材は好きじゃない」という理由から柳を振った由紀は、柳が極端に目が悪いということを知ります。

柳に「堀と勘違いしたのでは?」と聞きますが、間違っていないと返されるのでした。

アニメ『ホリミヤ』第8話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

堀と宮村、仙石とレミ、石川と由紀という3組の男女の物語が描かれた第8話。

特に、告白された由紀が石川に偽りの彼氏を演じてもらうエピソードは、今後のふたりの関係性が変わるきっかけになりそうです。

「付き合っている」ことになったふたりのことを知った桜はどんな行動に出るのでしょうか。

折り返しも過ぎた『ホリミヤ』の展開は、これからも気になりますね。

\\『ホリミヤ』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

アニメ『ホリミヤ』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第9話も続けて読む▼