アニメ『ホリミヤ』第1話あらすじ・ネタバレ感想!ふたりの出会いで、世界が変わる。

アニメ『ホリミヤ』第1話「ほんの、ささいなきっかけで」あらすじ

出典:アニメ『ホリミヤ』公式ページ

2007年からウェブサイトで連載されていたウェブ漫画『堀さんと宮村くん』をもとに、構成を新たにした『ホリミヤ』が待望のアニメ化となりました。

『ホリミヤ』は「つながって、組み合って、世界は日々、変わってく。」というコピーの通り、それまで接点のなかった高校生、堀さんと宮村くんの出会いを中心に、高校生たちの青春が描かれた人気作品です。

田中泉田中泉

筆者もウェブサイトでの連載を追っていたので、今回『ホリミヤ』としてアニメがスタートするのは非常に嬉しかったです。

シリーズ累計600万部の人気漫画のアニメ化ということもあり、SNSでも大きな注目を浴びていた『ホリミヤ』。

さっそく第1話のあらすじ・ネタバレを見ていきましょう。

\\『ホリミヤ』を見るならここ!!//

今すぐ無料でU-NEXTで見る

【ネタバレ】アニメ『ホリミヤ』第1話あらすじ・感想


堀と宮村、ふとしたきっかけからの交流

物語の主人公は、クラスの中心的な存在である堀京子。

ある日、仲間内で放課後にカラオケに行こうと誘われますが、いつも断ってすぐに帰ってしまいます。

クラスメイトたちには「男がいるのでは?」と疑われている堀ですが、両親共働きの家で家事をこなし、歳の離れた弟の世話をしている家庭的な一面がありました。

授業が終わるなり慌ただしく帰っていたのは、そんな背景があったのです。

田中泉田中泉

弟を迎えに行った帰り、楽しそうに友達と帰っている高校生を見る堀。やっぱり本当は友達と遊びたいなんて気持ちもあるのかもしれません。

ある日、堀は鼻血を出したまま帰ってきた弟の創太を玄関で迎えます。

そこには、ピアスだらけのいかつい男性が…。

堀はそんな男性に驚きますが、創太を家まで送ってくれたお礼にとお茶を出します。

お茶を飲んでいるとき、男性から「堀さん」と呼ばれたことに戸惑います。

同じ学校に通っていると知りますが、堀にとって目の前の男性はどうしても見覚えのない人物。

男性は、同じクラスの地味で目立たない男子、宮村でした。

それまで全く交流のなかったふたりでしたが、創太が懐いたことで、宮村はその後も堀家に通うようになっていきます。

長髪、メガネ、無口であるため、クラスからは「暗い」「オタク」といったイメージを持たれていた宮村でしたが、堀は交流が続くうちに「漫画は好きだけどオタクではない」「勉強が苦手」「実家はケーキ屋」「下まつ毛が長い」といった一面を知るようになっていきます。

普段家事を任されている堀にとって、スーパーのタイムセールでの買い物は必須。

16時まで安売りしている卵を買おうとチラシを見ていた堀でしたが、急遽委員会が入り、スーパーに寄ることが難しくなってしまいます。

しかし、堀は宮村にスーパーで卵を買うようにメールしていました。

卵のセールが終わってしまう20分前に慌ててスーパーへと向かう宮村は、メガネを外してダッシュ。

途中、堀の友人である由紀に遭遇しますが、普段とは違う格好のために気づかれることはありません。

なんとか卵を買って帰った宮村は、その日も堀家で夕飯を食べることに。

由紀に遭遇するも気づかれなかったと話す宮村に、堀は普段の姿をあまり他の人に見られたくない、と呟きます。

それを聞いた宮村は、家事を頑張る堀の姿を自分も他の人に見られたくない、と返すのでした。

田中泉田中泉

無意識かもしれませんが、確実に友達以上の存在になりつつあるのが見てとれる一言。キュンキュンしてしまうやりとりでした。

宮村の秘密

季節は夏。

宮村は自分の身体に大きな刺青が入っていることから、プール授業への参加を懸念しています。

9つあるピアス穴に加え、刺青まであることに驚きつつ、呆れる堀。

そんなふたりは放課後だけでなく、学校でも少しずつ会話するようになっていました。

田中泉田中泉

宮村はそれぞれの耳に4つずつ、口にも1つのピアス穴と、かなり大きめの刺青を隠すために髪を伸ばしたり、真夏でも夏服を避けている様子。それが原因でどことなく近寄りがたい雰囲気になっていたんですね。

ふたりの様子が気になっていたのは、同じクラスの石川。

それまで接点のなかったふたりが頻繁に話していることから、石川は宮村に堀と付き合っているのか尋ねます。

突然の一言に焦った宮村は、「自分は釣り合わない」「仲良くしてもらっているだけ」と答えます。

石川と話すうち、宮村は石川が堀のことが好きであると気がつきます。

突然の告白

宮村は体育を一緒にサボるうち、石川に刺青やピアス穴といった秘密を打ち明けます。

その日、石川は堀に告白すると宮村に宣言。

堀が石川に呼び出されたとき、宮村は「創太の迎えは自分がする」と伝え、堀を送り出すのでした。

宮村は堀家に行くも、「もしも告白を受け入れたら、もう来れないかもしれない」と考えます。

しかし、帰宅後の堀に呼び出された宮村は、堀に「そんな気持ちで家に来ていたなんて」と怒られるのでした。

堀にとって、「株が下がってしまう」という宮村の心配は不要でした。

むしろ映画を観て寝てしまった後に面倒を見てくれる人、宮村の分の食材が無駄になってしまうことに憤っていたのです。

田中泉田中泉

堀さんらしい怒りの矛先というかなんというか…(笑)ひとまず、これからもふたりの交流が続くようで良かったです。

石川からの告白は、普通に断ったと言う堀。

翌日、学校では失恋から消耗していた石川を慌ててフォローする宮村の姿がありました。

アニメ『ホリミヤ』第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

「微炭酸ラブコメ」と銘打ってる通り、高校生の抱える葛藤や現実が垣間見えるところも魅力の『ホリミヤ』。

ただキラキラしているだけではない、青春が描かれる『ホリミヤ』には、今後もさまざまなキャラクターが登場します。

堀と宮村の気になる関係性はどのように発展していくのでしょうか。

来週も気になりますね。

\\『ホリミヤ』を見るならここ!!//

今すぐ無料でU-NEXTで見る

▼次回第2話も続けて読む▼